CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年03月23日

横浜市民協働条例に関する意見書を提出しました。

mini意見書提出(議会局).jpg
2013年4月から施行される横浜市民協働条例に関する意見書を「新しい協働を考える会」が3月21日に提出しました。
この意見書によこはま一万人子育てフォーラムは賛同しています。


<市民協働条例に関する意見書骨子>              
 横浜市市民協働条例が制定され、本年4月からの本格施行にあたって横浜市域で活動してきている多くの市民および市民活動団体の意見として以下の内容を提出します。
 本条例制定については議員立法として初の大々的な新聞折り込みによるパブリックコメントの試み、市民からの市民協働事業提案制度や市民協働契約の条例化など新たな取組は評価します。しかし、市民の自発性、柔軟性、独創性そのものを応援する市民のための市民による活動支援である条例の改正にも関わらず、パブリックコメントから条例改正までの期間は、2か月間しかありませんでした。そのため、パブリックコメントによって初めて条例改正が行われることを知った多くの市民および市民活動団体からは、主体的に関心を持って条例の内容を精査し、議論を行うための充分な時間(期間)がなかったため、公共を主体的に支えていこうする自分たちの意見や主張を反映した案が提案され、改正されたという実感が持てなかったという意見が多く挙がっております。
 したがって、多くの市民および市民活動団体は、主に以下3点の課題点は大変遺憾であったと考えています。

1.「市民活動推進条例」が市民側との十分な話し合いや合意の機会を持てずに全部改正とされたこと

2.「協働推進の基本指針」の見直し、改訂作業が行われていたのにも関わらず、その結果を待たず全部改正されたこと

3.市民および市民活動団体不在の中で、行政や各党間の調整などの不透明な経緯で策定されたこと

私たちは、1999年に市民活動と行政との協働に関する基本指針(横浜コード)が提案されてから14年、その精神と今回、本条例成立にあたって、全部改正となった「市民活動推進条例」が進めてきた成果をさらに成長、深化させていく条例になることを期待しています。また、今回、私たちは、議会の多数を占める会派からの議員立法の成立過程も学習しました。今後は条例の特性を踏まえた議員立法の在り方について慎重かつ丁寧な推進を再考して頂くことも切にお願い致します。
その一方で、私たちも市民側の意識啓発や議会と共に歩む市政を体現していくことを共に努力していきたいと思っております。


提出した意見書は>>こちらです。
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック