CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2011年02月26日

ネットワークで支える!「産み育てヨコハマ・ハッピープロジェクト」活動報告シンポジウム

ネットワークで支える!「産み育てヨコハマ・ハッピープロジェクト」活動報告シンポジウム 

日時.平成23年. 2月26日(土)
10:30〜15:30

関東学院大学KGU関内メディアセンター


今そこにある“産後うつ”
2年間の活動の中で、多くの方に出会い「産前産後の女性を取り巻く課題」について、様々
な切り口で調査・研究や事業実践をされている現状を知り、また、そこには共通の課題も見
えてきました。このシンポジウムをきっかけに、さらに多くのみなさんとのつながりを築き
ながら、課題解決に向けた次のステップに進んでいきたいと思います。
予防のための気配りや早期の発見・治療など、身近な人ができることは?その周知の実践についても報告します。
●パネリスト 浦野晴美さん(育良クリニック院長・産科医)/山本詩子さん(山本助産院々長・助産師)
       宮崎弘美さん(ママブルーネットワーク代表)/谷野まどかさん(横浜市栄区福祉保健センター保健師)
●コーディネーター 金子美津子(「横浜の産み育てを考える会」代表・NPO法人まんま理事長)
●コメンテーター 土谷みち子さん(関東学院大学人間環境学部教授)
○第1分科会「産後うつ。家族はどう支える?」
○テーマ「ネットワークで支える!今そこにある.. "産後うつ.. "」
産後ケアの究極は専門の宿泊施設?その形態やソフト面について、国内外の事例を交え、利用する立場から考えます。
○第2分科会「産後ケアハウスが欲しい.. !?」
今ある支援施策が本当に活かされるために、利用側と提供側それぞれから見える、課題と改善点を明らかにします。
○第3分科会「産前産後の家事育児支援の現状」
プログラム
10:30〜12:00 分科会
13:00〜15:30 パネルディスカション
主催
●横浜の産み育てを考える会協力
●よこはま一万人子育てフォーラム/横浜市立大学付属病院小児科
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック