CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

しゅ まりこさんの画像
しゅ まりこ
プロフィール
ブログ
カテゴリアーカイブ
<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク集
最新コメント
深谷与那人
今年も 町たんけんをよろしくお願いします (03/05) しゅ まりこ
1月12日(日)は ガイドブック完成のつどい! (01/07) 朱 まり子
山急で 京都駅まで 一直線 (09/04) しばけん
山急で 京都駅まで 一直線 (08/06) 朱 まり子
昭和は懐かしい (06/05) 伊東 保泰(イトウ ヤスヒロ)
昭和は懐かしい (05/22)
月別アーカイブ
https://blog.canpan.info/0622/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/0622/index2_0.xml
子どもの笑顔を真ん中に、あらゆる年齢の人たちが認めあい、育ちあう。
年齢・性別・思考回路が違う人との出会いから、豊かな地域をみんなで創りたい!
下の項目以外のカテゴリーへは、左の「カテゴリーアーカイブ」からどうぞ。
町たんけん
 ・ 山科かるた 

夏休み最後の「町たんけん」は清水焼づくり![2019年08月20日(Tue)]
今日は、清水焼団地に行きました。
ここは、登り窯からでる煙や騒音の問題を解決するために、1968年に移転してきた工業団地です。

今日は、コトブキ陶春さんの先生たちに教えて貰いながら、お皿や茶わん、花瓶をつくります。
なかなか、うまくいかない人。
バッチリと満足気に、あっという間に出来上がる人。

DSCF0674.JPG

DSCF0686.JPG

DSCF0699.JPG

これを乾かして、形に整えてくださって、素焼き、釉薬をかけて本窯とまだまだ続く工程。
10月に自分のものが、どんなふうになって届くのかな?

午後はお店をグループで回り、お店に並んでいる陶器が、こんなに大変な過程を経て出来上がったことを知ってるからこそ、感激していたね。

DSCF0706.JPG

帰り路では、新幹線がビューんと走るのを見て、山科駅に戻りました。

DSCF0712.JPG

次は9月1日。また、いっぱい楽しい所に行こうね。
第2回は、薬になる植物たんけん![2019年08月18日(Sun)]
2回の「町たんけん」は、山科区にある2つの薬草園を訪ねました。

午前は、京都薬科大学の薬草園です。
大学のグラウンドのすぐ近くにある、「御陵園」でいろんな薬になる植物を見せて頂きました。

DSCF0545.JPG

DSCF0566.JPG

そのあと、大学の資料室も訪問。
古いいろんな資料があり、みんな熱心にみていました。

DSCF0584.JPG

薬大のあとは、日本新薬の植物資料館へ。
かなり暑い日でしたが、変わった植物、不思議な植物、
色々見せて頂きました。

DSCF0594.JPG

DSCF0610.JPG

毎年のことですが、セミの抜け殻が鈴なり。
植物よりも、抜け殻が気になるようでした。
日本新薬でも、古い資料が置いてある資料館の方も見学。

DSCF0622.JPG

薬のことを勉強する大学と、薬を研究して販売している会社の資料を色々見せて頂き、
何だか、物知りになったようなみんな。
おうちに帰って、いろんな話が出来たかな?

お世話になりました、先生方、本当にありがとうございました。
2019年の町たんけん、夏休み 第1回がはじまりました[2019年08月18日(Sun)]
今年も、15名の子どもたちとの「町たんけん」が始まりました。
2002年からなので、17年目になります。
最初に参加して下さっていた子どもたちは、もう、みんな大人。
あっという間です。

今年度は、最高学年が4年生です。
1年生から4年生までで、ワイワイガヤガヤ とっても仲良し。
みんなが互いを大事に出来そうな、ゆったりとした今年の雰囲気です。

7月28日(日)は、初日で、グループの名前を考えたり、
山科というところはどういうところかという話をきいたりしたのち、
「山科かるた」で大いにもりあがりました。

午後は、小野にまで「町たんけん」。
隨心院では、江戸時代の絵地図を見ながら、昔と今を比べたり、
小野小町が使ったと言われている井戸をみたり、
大きなかやの木をみたりしました。

DSCF0494.JPG

DSCF0502.JPG

DSCF0513.JPG

DSCF0535.JPG
4月に、山科区のきずな支援事業の報告会に行きました。[2019年07月19日(Fri)]
だいぶ前のことになり、季節が変わっていますが、
4月20日に、前年度やった事業報告ということで、きずな支援の助成金を頂いたことに関して、報告をさせて頂きました。

2019-04-20 15.24.57-1.jpg

こういうことを、町たんけんでするのは久しぶりです。
毎年、いつまで出来るのかなぁと思いながら、やっぱり続けてしまう・・・
だって、子どもたちは、どんどん新たな人が生まれ、育っているのですもの。
とは言え、なかなか難しいのですが。

2019-04-20 15.25.14-1.jpg

2019-04-20 13.34.43.jpg
新年度の募集をしています。[2019年05月20日(Mon)]
お久しぶりです。
只今、7月から始まる「町たんけん」の新メンバーを募集中です。

今年度は、山科区の「きずな支援事業助成金」の3年目になります。
なので、この助成金は今年度限りの申請となるので、今年は、やりたい事を一生懸命やらねば・・・です。

やりたいことって?
それは、ずっと思っていたことなのですが、
子ども自身が、子どもに向けて発信するガイドブックをつくるということです。

実は、申請前の相談会で、助成金担当の方から、
子どもの作ったガイドブックというのが、そんなに価値があるのかな・・・
みたいなことを伝えられてしまいました。

その際、ふと、思い出したのが、「町たんけん」1年目の和菓子作りのこと。
「修学旅行の高校生でもうまく作れないのに、小学生がつくるんですか?」という言い方をされ、「やる気のない高校生と、興味津々の小学生、どっちが一生けんめい作ると思われますか?」と答えました。
実際、そうでした。
上手には出来なかったかもしれないけど、
一生懸命な姿、お土産に持ち帰ることに大喜びな姿、工場の方も、とても喜んで下さいました。

ガイドブックも、きっと、そんな、子どもの持つ力を感じて頂けることになると思います。

まだ、助成金が決定したわけではないですが、
なんとしても、創ろうと思っていますから、必ず作成します。

現在、12名(1年、2年、3年、4年)のお申込みがあります。
宜しければ、御一緒にどうですか?
お待ちしています。

IMG_20190520_0001.jpg
「山科かるた大会」沢山で楽しみました![2018年11月25日(Sun)]
今日は、年一度の「山科かるた大会」でした。
午後1時過ぎから沢山の子が集まり出し、
その場で、一人ひとりがみんなの前で披露する「やましな〇×クイズ」をつくります。

DSCF0275.JPG

プログラムの最初は、中村武生さんのパワーポイントを使ったお話。
東海道のことを、かるたの札を交えて、お話下さった。長い話だったけど、みんな、すご〜く静かに、けど、知っていることは、どんどん、講師より先に話しだしたりもしながら、楽しく学びました。

DSCF0280.JPG

その後、〇×クイズ。
書いてくれた子が29人もあって、どうなるかなぁ〜と思ったけれど、
物凄く盛り上がり、最後の1問まで、気持ち良く過ごせました。

DSCF0297.JPG

最後は「山科かるた」であそぶ。
2回目実力別のグループにしたので、みんながかるたを取ることが出来、
楽しかったようです。

今回は、親も一緒に来て下さるご家庭が多く、いい雰囲気。
子どもたちが主役にしたいと思っても、このようなイベントでは難しいのですが、
今回のように、クイズを考え、みんなの前で問題を出し、そしてあそぶ。
すごく、みんなが自分らしく動いていました。

DSCF0303.JPG

年に1度は、こういうことをやりたいなぁ。

子どもの考えたクイズ・・・〇か×下で、場所を移動するですが、
その一部(紙を上から半分程)ご紹介します。
・JRやましなえきは、むかし、ちがうばしょにありました。
・やましなそすいは、びわこからかもがわまでつながっている。
・安朱の名前の由来は、安祥寺川と朱雀門からきている
・やましな駅は、やましなに2こある。
・山科には70年前につくれた日時計がある。
・こうしょうじ(なんでんようちえん)にすんでいたのは、さいちょうさんである。
・京阪けいしん線の四ノ宮駅は山科区にある。
・みどりのこみちは、むかしえきだった。
・百々小学校には、校舎が全部で3つある。
・かんしゅう小学校のとなりに、かんしゅうこうえんがある。
・やましなには、てんもんだいがある。
・山科区は、前は東山区だった。
・かさんてんもんだいで、おもにかんそくしているのは月である。
・だいごじには、金どうがある。
などなど。難問、奇問・・・色々ありました。
山科にお住まいの方、〇か×かわかりますでしょうか?

次回12月の「町たんけん」は、みんなの希望で、「山科本願寺の跡」を探しに行きます。
「まちなかの、考古資料館・疏水を歩く」との2つからの多数決になりましたが、ぐっと地味なテーマである山科本願寺を8割の子どもの多数決で決めました。
このあたり、16年もやっているのに、子どもの気持ちが、未だに、よくわかりません・・・。
日本で初の水力発電所へ[2018年08月15日(Wed)]
8月10日、蹴上水力発電所を見学させて頂きました。

疏水の工事をしている時、水車動力での発電を考えていたけれど、
アメリカに行って、水力発電が良いと計画を変更して・・・と言う話は良く聞いていたけれど、実は、蹴上にあるレンガ建てのとても雰囲気のある建物が、当時のものだと、勘違いをしていました。

DSCF9627.JPG

最初の発電設備があった建物は、現存していないとのこと。
そうなんかぁ〜
というわけで、今回はあこがれのレンガの建物ではなく、
3回目の建物になる水力発電の設備を見せて頂く。

DSCF9612.JPG

琵琶湖疏水の足跡を昨年度はしっかり学んできたけど、
新たな参加者には、少し、解りにくかったかも・・・。

DSCF9655.JPG

お昼は、冷房の効いた国際交流会館でお弁当を広げさせて頂きました。
そのあと、インクラインを見学し、帰路につきました。

DSCF9683.JPG

DSCF9685.JPG
日本新薬の植物園へ[2018年08月07日(Tue)]
昨日の町たんけんは、日本新薬さんの山科植物資料館に伺いました。
薬草植物や不思議な植物を見せて頂いたり、カレーみたいな匂いの葉、レモンの匂いのは、食べたらメチャあまい葉、いろんなものを五感を使って楽しませて頂きました。
大きな葉っぱ、枝になる実、眼でもいっぱい楽しむことが出来ました。

DSCF9483.JPG

こんなシマシマの虫もみました。

DSCF9479.JPG

DSCF9480.JPG

子ども達が喜んだのは「タラヨウの葉」
葉を棒か何かで傷つけると黒くなるのを見て、
みんな、すご〜い!って、大騒ぎ!
隣を見ると、葉にも「すご〜い!」の文字が。

DSCF9503.JPG

お土産に、クルミとアーモンドを頂いて、ごきげんなみんなでした。
2018年、町たんけん、出発です![2018年08月01日(Wed)]
みなさま、一年ぶりのアップになります。
7月22日、この猛暑のなか、「町たんけん」第1回を開催。
今日は、顔あわせです。
今年度は15名の募集に、ドンピシャの15名が応募くださいました。
多分、山科区のきずな支援事業で実施出来るだろうと思っていますが、
いろんな所に行きたいと思っています。

さて、この日も暑い、暑い日。
でも、折角だし、みんな、町たんけんでの「たんけん」を楽しみに来たらしいので、かるた遊びをした後、水筒を持って、帽子をかぶって外に出ました。

<山科醍醐こどものひろばげんきスポット0−3>で集合し、
そこから目と鼻の先にある、「蓮如上人お指図の井戸」を目指しました。
でも、講師の中村武生さんは、
そこに行くまでに、もう、子どもたちに伝えることがあるみたい・・・
なるほどなぁ〜
白壁と、その主の懐具合の話。
蔵では屋根の窓の所に書かれた「水」の文字のこと。
まぁ、子ども達だけでなく、大人も興味津々。

DSCF9429.JPG

お指図の井戸を見た後、

DSCF9430 (2).JPG

DSCF9435 (2).JPG

直ぐ近くなので、南殿跡にも行く。
ここは、山科本願寺(1483年から50年の間 栄えた山科のお寺)の離れているけど、一部。

道標をみたり、蓮如さんの像をみたりしていたら、

DSCF9442 (2).JPG

どうぞ中に・・・と、お寺の方が勧めてくださり、
幼稚園のなかに入りました。
土塁や池だったところ、築山。
実はここ、ブログ執筆者の保育園時代の園庭。
(幼稚園になる前は、保育園でした)

暑いけど、
虫に刺されてかゆいけど、
足取りも軽いみんな。
文句の出ないことにもビックリ。

8月に2回町たんけんをします。
暑いから長時間は避ける予定に変更します。
少しでも暑さが和らいでいるとイイナ。
町たんけん、3回が終了しました。[2017年08月05日(Sat)]
昨日で、夏休み町たんけん3日間が終了しました。
暑い夏に行くのは、平日しか行けないところを訪問するため。
お世話になった皆さま、ありがとうございました。
参加したメンバーのみなさん、暑い中、頑張って歩けたね。
一度も、もうしんどくて歩けないよ・・・という声を聞くことはありませんでした。
スタッフの皆さんも、お疲れさま。
2日目の訪問先は、日本新薬株式会社 山科植物資料館さま ゆうなぎの水。
昨日の訪問先。福田金属箔粉工業株式会社さま 田村麻呂公園。
色々、私たちも学ぶことが出来ました。
大勢がお世話になり、ありがとうございました。

2日目 山科植物資料館にて
ずっと、丁寧な解説をしていただきました。
特に、今回は動く植物のお話が面白かったです。
DSCF7423.JPG

ゆうなぎの水では、冷たい水に足を付け、湧き水を実感しました。
石ばかり拾う子もいたり、同じ水遊びと言え、夫々の子の興味が多様で、楽しかったです。
DSCF7554.JPG

福田金属さんでは、金属の粉末や板状になったもの、原料などを見たり、
工場内の見学をしました。実験もして頂きました。
DSCF7831.JPG

午後は、中臣遺跡を歩きました。
十三塚古墳の一つにいったり、かまど跡、石器が発見されたところなど、色々歩いて、
地面の高さなどについての話も聞いたり、色々実感を伴う学びとなりました。
DSCF7891.JPG
| 次へ