CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 2017年10月 | Main | 2017年12月 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2017年11月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
さくらカードの改善を求めるつどい[2017年11月29日(Wed)]
2016年4月より、おでかけパス券が廃止され新たに、おでかけIC制度に移行されました。障害当事者の意見が反映されずに進む過程に障害者権利条約に批准した国として、とても悲しく思います。その直後、熊本地震が起こり住まいを失い、仕事も失う混乱期。それからの避難所生活から、仮設住宅に移る方々がおられる中で、復興に向けて熊本も動き出しました。その中で、困難な生活を強いられている障がい者に目を向けて頂きたい思いを持った方々と集う事を目的に、さくらカードの改善を求めるつどいが開催されました。

障害者・児の生活を豊かにする会からは、「そもそも無料だった!さくらカードのあゆみ」を報告頂きました。
1994年7月に「高齢者・被爆者・障害者に無料パス券を実現する会」が発足。市長、市議会、議長への陳情を行い、10,694筆の署名を集め、1996年にさくらカード無料パス券がスタートしたものです。(当時の予算3億円。1997年には6億円の予算で行われました)

熊本の公共交通機関は、ほとんどがバス若しくは電車です。しかも環状線が少ない為、市街中心部での乗り換えが必要で、時間もお金もかかる中、障がい者の移動手段は、バスかタクシーしかありません。(タクシーは高額で利用しにくいのが現状です)障害者権利条約20条では「個人の移動を容易にすること」が謳われています。障害者年金約6万円、生活保護の生活扶助費約7万円での生活が強いられる中、無料だったさくらカードにどれだけ助けられてきたのか。
施設への通所や病院受診の際に必要な移動における支出は、当事者にとって大きな負担だと思います。

しかし、2003年有料化の動きができました。さくらカード有料化に反対する署名が10,341筆集める中、2005年おでかけパス券が導入され、年額2,000円の定額負担若しくは、おでかけ乗車券(1割負担)の2種類が設けられ、どちらかを選択できる制度がスタートしました。
市議会でも会派を超えて、多くの議員が「障がい者は無料で」と発言し、付帯決議でも「利用が減少する事も懸念される」「市民を含めた広範囲での意見集約が必要」「利用者の減少につながらないように、利用者の一部負担方式、障がい者や低所得者対策については、議会の意見を十分に尊重し、本予算の執行に当たっては慎重を期されるように強く要望する」とされた中で、スタートしたとの報告がありました。

意見交換会で出された意見は、合理的配慮のない差別を受けながら利用している現状での不満や不安。利用者は、知的・精神・身体の順で頻度が高い中、見た目ではわかりづらい障害者への合理的配慮への要望があがりました。特に深刻なのは、今まで年間2,000円だった負担が10倍以上の負担になっているところです。生活の質を落としながら一日500円以下での生活を強いられている方もおられます。私たちは、これからどのような社会を目指すべきでしょうか?

少子高齢化が進む中で、税収入は深刻な問題の一つなのかもしれません。しかし、社会保障が削られるという事は、命を削る事と一緒だと思います。そのような熊本で良いのか?みんなで考えなければならない事だと思います。障害を持った時点で、その人の将来は見えなくなってしまうのが、今の社会です。夢を持って暮らす事ができる社会を一緒に考えてみましょう。

きょうされん熊本支部から、アンケートで見えてきた障害を持つ人の暮らしの実態という事で、福島支部長(特定非営利活動法人 自立応援団 理事長)より、報告を頂きました。
年間100万円以下の生活をしている障害者が全体の5割以上を占める中で、家族と生活するしかない方々が多い。勿論グループホームなどの制度もありホームでの生活者も増えてきているものの、その生活の実態は、障害者年金、生活保護費の生活扶助費を切り詰めた生活で、ギリギリの生活をしている方が多い実態を説明されました。
家族との生活者は、遊興費等にも使っていますが、ホーム若しくは、一人暮らしの障がい者は、使うお金がない実態がより鮮明に見る事ができます。

親なきあとの暮らしをどう見るのか?
あたりまえにはたらき、選べるくらしとは?

障害者・高齢者にもある一定程度の負担をという考えがある中で、一定程度の負担とは何?
既に年間100万円以下で生活をしている方にそれを言う事は、私たちは違うと思っています。
生活保護費も減額されようとしています。その時の説明も同じ考えの元にあったように感じています。

今一度、みんなで考えて欲しいと願いします。
一定程度の負担とは?
共生社会の実現と声高々に呼ばれていますが、障害がある人もない人も共に生きるという事は、他の者との平等を基礎として、あるべきで、その基礎は所得保障があってからのものです。
負担を平等に分ける事から始めるのではなく、困っている方に対しての生活保障の確保が第一にあるべきだと思います。

今回のさくらカードの改善を求める集いは、共生社会実現の為の一歩です。移動困難な方への移動を容易にする施策があることで、その方への権利の保障を実現する事に繋がると考えます。
熊本をより、暮らしやすい街にするために、一緒に考えていきましょう!
第10回火の国ボランティアフェスティバル天草[2017年11月19日(Sun)]
ボランティアフェスティバルも今年で10回目を数えます。昨年度予定されていた上益城大会は、熊本地震の為に中止となりましたので、2年ぶりの開催です。
基調講演は、潮谷義子さん。熊本地震から1年半を振り替えつつ、被災地支援と心のケアの必要性や少子高齢化に対応した防災について、お話を頂く中で、必要なツールとして、ボランティア活動の重要性。自助、互助、共助、公助の役割分担は、市民協働の視点が求められる意義について、学ぶ事ができました。その後、第1分科会に参加し、「熊本地震から見えた・感じた・分ったボランティア活動」に参加。それぞれのパネリストから、住民参加型の震災支援について報告がありました。組織的な活動を行うには、個人情報保護の課題も…。情報共有する仕組みづくりが今後、求められます。西原村災害ボランティアセンターからは、様々な活動を通して、ボランティア・NPO等の調整の難しさを生活課題発掘チームとの連携により、進められた報告がありました。いろんな団体との協働の視点の大切さがわかりました。熊本市からは学生ボランティアの活動を通して、ボランティア受け入れに関するボランティアの重要性について報告があり、地域+ボランティア+行政の連携の大切さを3名のパネリストから感じたところです。
さて、福祉事業所として運営している自立応援団としての今後の課題をお話を聞きながら、感じた事は、地域との連携、行政との連携、県外を含めた福祉団体との連携が必要だという事です。
それは、日ごろの活動を通しての実践が求められます。
地域や他団体との連携は、互いの顔が見える関係を構築する事です。いろんな集まり等に参加すると共に、自立応援団が行っている活動を如何に伝えていくのか?
通っている仲間たち、そして暮らしている仲間たちの命を守る為にも日々の実践の大切さを感じたところです。
2日目は、作品表彰式の後、特別講演会があり、高野山真言宗別格本山 篠栗四国総本寺の林住職のお話でした。「共に育つ」という事で、ボランティアの意義をお話頂きながら、マニュアル社会+人としての関わりについて…。
互いの気持ちを大切にすることが、自らを高める事になる。心をゆたかに生きる事の素晴らしさについて学ぶ事ができました。
フードパル熊本創業20周年記念祝賀会[2017年11月13日(Mon)]
11月13日ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイホテルにて、開催されました。当日は、操業開始の際の初期のメンバーから地域の方々や現在活動を行っている企業の方々が参加。
自立応援団も企業の一つとして参加させて頂きました。
主催者の挨拶、来賓の挨拶からこれまでの苦労や20年を迎えた喜びに深く感じ入る会となりました。
全国初の生活者交流型食品工業団地として、平成2年に熊本市が食品工業団地基本計画を策定し、平成9年11月以来、1,636万人が来場されています。地域農業との連携を行い、平成20年農水省・経産省による農商工連携88選に選定されました。
自立応援団が運営している就労支援センターくまもと、キラリアートファクトリーもフードパル熊本に入っておられる企業の皆様からの業務委託を受けながら、障がい者雇用を進めています。
今後も長いお付き合いの中で、就労支援に繋げる事ができればと感じています。
フードパル熊本のビジョンとして、地域農業との連携強化、産業観光 誘客の確保、新製品開発の柱がありますが、私たちもフードパル熊本のメンバーとして、地域との連携を更に深め、私たちが取り組める活動をこれからも進めていきたいと思います。