CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 2015年01月 | Main | 2015年03月 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2015年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
きょうされん九州ブロック学習交流会 福岡大会[2015年02月28日(Sat)]
002.JPGきょうされん九州ブロック学習交流会 福岡大会が、北九州ロイヤルホテルにて開催され、就労支援センターくまもとからは仲間3名、支援員4名の合計7名で参加しました。

今回のテーマは、「ゴールじゃないんだスタートだ! 障害者権利条約を九州のすみずみに!」
基調報告では、昨年1月に障害者権利条約に日本は批准したものの、この1年を振り返ると、精神科病棟転換型住居問題や安永健太さん死亡事件裁判等、障害者権利条約とは相反する事があり、今回の九州ブロック学習会を通じて、当事者活動を広げ、新たなきょうされん運動を支える、新たな拠点づくりが必要なである事が報告されました。
その後の基調講演でもきょうされん常任理事の小野浩さんから、NHK・ハートネットTV1月5日放映「戦後70年 障害者はどう生きてきたか」を通じて、改めて障害者権利条約の大切な部分をお話頂きました。その中でも、きょうされん九州ブロックとしては、現在、福岡高等裁判所で行われている「安永健太さん死亡事件裁判」の支援を訴えられました。

懇親会では仲間たちが活躍。
平成28年度全国大会IN熊本に向けて、熊本のメンバーが参加者にアピール!!
熊本の魅力を発信することができました。
参加した皆さんにとってきょうされんの学習交流会はいかがでしたでしょうか?
たくさんの元気とこれからの運動についてしっかり勉強し充実した2日間になったのではないかと思います。
13万6千人の被後見人の選挙権回復がウィーンで国際的プロジェクトにより表彰プレスリリース(2015年2月20日)[2015年02月25日(Wed)]

Japan’s Revision of the Election Law


きょうされん事務局から

日本時間2/24早朝、長瀬 修さんから(現在、ウィーンに滞在)、
日本の「被後見人の選挙権回復」が国際組織であるゼロプロジェクトより
表彰されることになった旨の報が入りました。
関連するプレス情報をお知らせします。

被後見人の選挙権回復」が政治参加の先進的政策として、

国際的なプロジェクトである「ゼロプロジェクト」によって、

2月25日にオーストリアのウィーンで表彰される。

「ゼロプロジェクト」はウィーンを本拠として、

世界的に障害者の権利の実現を目指す取り組みである。

2013年は雇用、2014年はアクセシビリティをそれぞれ取り上げてきた。

本年は、2月25日から27日まで国連ウィーン事務所

(United Nations Office > at Vienna)にて、

政治参加と自立生活をテーマとして開催される。

50カ国以上から500名以上の障害者リーダー、政策決定者等が参加する。

会議は招待者のみが参加可能である。

同プロジェクトは、世界10カ国の11事例を自立生活と

政治参加に関する先進的政策として選出した。

日本の「被後見人の選挙権回復」(2013)はその一つとして選出された。



表彰式は2月25日に国連ウィーン事務所にて行われる。

日本からは、国を相手に選挙権の確認を求めて訴訟を起こし、

東京地裁で勝訴した名兒耶匠さんの父親、名兒耶清吉氏(NPO法人おおぞら理事長)、

名兒耶さんを献身的に支えた弁護団を代表して杉浦ひとみ弁護士

(東京アドヴォカシー法律事務所)、この取り組みに関して

国際的情報収集・情報発信を担った長瀬修(立命館大学客員教授、

国際育成会連盟理事)の3名が出席する。

この3名は、2月27日午前の「全ての人の投票の権利」に関する分科会

(議長:モリーン・ピゴット/インクルージョンヨーロッパ会長)にて報告も行う。


その他の10事例 http://zeroproject.org/policy-type/2015/

オーストリア(上部オーストリア):職業としてのピアカウンセリング(2008)

ベルギー(フランデレン地域):パーソナルアシスタント予算(2000)

ルクセンブルク:全国障害情報センター予算(1993)

ニュージーランド:選挙過程へのアクセス向上(2014)

スウェーデン:パーソナルアシスタント予算への権利(1993)、

> パーソナルオンブズマン(2000)

スペイン:投票と選挙過程への参加(2007)

南アフリカ:障害者議員の平等なアクセス(2006、2009)

ウガンダ:障害者議員枠(1995、1996、1997)

英国:公職への立候補支援予算(2012)

--------



今回表彰される名兒耶清吉さんは、

TOMOの2013年9月号特集でインタビューをさせていただいた方です。



ゼロプロジェクトによる日本のとりくみの紹介は、以下のURL参照

http://zeroproject.org/policy/japan-2/
障害者の社会参加に電動車いす給付を認める判決に関する続報![2015年02月24日(Tue)]
先日、「障害者の社会参加に電動車いす給付を認める判決を支持し、控訴しないキャンペーンにご賛同を!」をアップさせていただきまいしたが、[筑後市の控訴断念表明で事実上確定はしていましたが、控訴期限を過ぎ法的にも判決が確定しました。
裁判ニュース5号を頂きましたので、アップします。最終号です。
電動車いす裁判ニュース第5号.pdf
平成26年度熊本市社会福祉協議会 福祉大会[2015年02月23日(Mon)]
熊本市市民会館崇城大学ホール 大にて平成26年度熊本市社会福祉協議会福祉大会が開催され、ご招待を頂きましたので参加してきました。
14年ぶりにこの会が再開され、「市民みんな主役!みんながつながり、みんなで支え合う熊本市を目指して」の大会テーマで開催。1500名の方々が参加されました。
個人・団体表彰式の後に行われた大会宣言には、ジュニアヘルパーとして活躍している小中学校並びにジュニアヘルパーを卒業後、相談役としてジュニアサポーターを支援している高校生の二人が行い、小学生、中学生、高校生も熊本市民の一員としてできる事について宣言されました。
ボランティア活動を通じての喜びや地域の民生員の方々との交流を通じての学びがあった事の報告を受け、子どもたちの社会参加を積極的に受け入れている地域の大切さを感じたところです。
2部は、皆様ご存知のTVキャスター 草野仁さんの記念公園。NHK入社後、主にテレビキャスターを通じて学んだ経験のお話を通じて、「いつもチャレンジ精神で」という内容でお話を聞くことができました。
自分が行う仕事は、自分のやりたい事ばかりではなく、周りから必要とされてやる事や、社会から必要とされてやる事も多くある。でも、自分のやりたい仕事以外はどうしても消極的になりがちではあるが、人は大きな可能性を持っていて、それを周りが第3者的感覚で見て依頼する事があり、それが自分にとって大きな成長に繋がること。そして自分で限界をつくるのではなく、何事にも積極的に参加する事が若さの秘訣でもあるというお話でした。
就労支援センターくまもとのお仕事の中にもこのような場面が多々ありますね。新しい仕事や自己分析では難しい仕事をする機会があります。だからといって消極的になるのではなく、それをチャンスと考える事が重要なのかもしれません。仕事を通じて、いろんな学びをしながら一緒に成長する事ができれば良いですね
「JA植木まつり」に遊びに行きました![B型きらり活動][2015年02月20日(Fri)]

今日はここ!

2015.2.25.009.jpg

JA植木まつり に遊びに行きました!




まずは 花より団子!
2015.2.25.005.jpg

みんなで焼きそば屋台の列に並びます!

2015.2.25.004.jpg

焼けるのが待ち遠しいです!ぴかぴか(新しい)



天気が良いので晴れ芝生でご飯を食べました!


2015.2.25.006.jpg

ゆっくり みんなで 植木を見て回りました。
一本一本、木の名前を読み上げていくメンバーさん。
面白い名前の木がいっぱいクリスマス
2015.2.25.007.jpg

植木を見終わり、
「では、車に乗って帰りましょう。」
と伝えると・・・

あれ?
2015.2.25.008.jpg

あれ、あれあれ?
2015.2.25.009.jpg

おーい!!まって〜もうやだ〜(悲しい顔)





いつものように、

どんどん先に行ってしまう、S&Yでしたたらーっ(汗)



めでたし

めてたし?
熊本城マラソン完走!![2015年02月20日(Fri)]

なんと!

あの!

熊本城マラソンで!!

就労支援センターくまもとA型の


工藤利博さんが!!


42.195kmを完走いたしました!!

すごい!
しかも参加者9297人中
1295位!!

タイムは
3時間51分11秒!!
4時間を切る好タイム!
すごすぎる!!


これからの活動にも期待しています!!


tosikun.jpg
笑顔がステキな工藤利博さんわーい(嬉しい顔)

toshikunsinbun.jpg
新聞にも載りました!
障害者の社会参加に電動車いす給付を認める判決を支持し、控訴しないキャンペーンにご賛同を![2015年02月12日(Thu)]
心臓の障害を抱えた筑後市の女性が、自力で移動が困難だとして、市に対して電動車いすを購入する為の費用の支給を求めた裁判について、大阪の山名さんからの情報を頂きました。特定非営利活動法人自立応援団として、その趣旨に賛同しアップいたします。
2月10日の各紙の福岡県の社会面には、日経も含め大きく掲載されています。

<拡散してください>
重い心臓病の歩行困難障害者が、電動車いすの補装具申請を却下された行政措置を不当と訴えた裁判で全面勝訴しました。
これは全国で同じように電動車いすの申請を受け付けられなかったり、判定で必要ないとされた障害にとって、とても希望を持てる重要な判決です。
社会参加のための電動車いす給付を当然とする福岡地裁判決に従い、控訴せずに確定させることを求めるキャンペーンにご賛同ください。(山名 勝)
こちらから → exclamation×2
熊本県立熊本支援学校東分教室より実習生[2015年02月12日(Thu)]
熊本県立熊本支援学校東町分教室より、就労支援センターくまもとに1週間の職場体験に来られました。今回の実習では、箱おり作業やシール貼り作業を行いました。
職場体験を通じて、私たちもいろんな学びがあった1週間でした。
これからの学業生活を通じて、更に成長されていくことでしょう。

学校からもお礼のお手紙を頂きました。感謝申し上げます。
センターボウルに行きました![2015年02月06日(Fri)]
今日はここ!

400px-Kumakou.jpg

無くなる事が決まってしまった。

センターボウル
もうやだ〜(悲しい顔)

に ボウリング をやりに行きました!

b-5.gif
一緒に来た職員もメンバーがより多くピンを倒せるようアドバイスに  が入りますexclamation×2

b-6.gif

b-1.gif

b-8.gif

b-4.gif
写真がブレブレですいませんあせあせ(飛び散る汗)

b-2.gif

メンバーの投げるボウルは、コースの途中で思わぬ方向に曲がり、ストライクを取ってしまったりexclamation
と、おどろきと、面白味でいっぱいのボウリングとなりました!
2ゲーム楽しんで、帰りの車の中ではみんなぐったり…。眠い(睡眠)