CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 2014年10月 | Main | 2014年12月 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2014年11月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
2014年度きょうされん居宅支援についての学習・意見交換会[2014年11月27日(Thu)]
11月27日愛知県産業労働センター ウィンクあいちにて、2014年度きょうされん居宅支援についての学習・意見交換会が開催されました。
障害者が65歳になると、それまで受けていた障害福祉サービスから介護保険に半ば強制的に移行させられます。訪問介護を障害福祉で受給された方の多くは65歳以上になると介護保険に移行される問題があります。愛知県における運動は、重度訪問介護を認める形になり、私たちに勇気を頂く部分がたくさんありました。地域には苦しんでいる仲間たちがたくさんいます。
年収200万円未満の障害福祉サービスの利用料は無料ですが、介護保険では1割の負担が求められます。それでは生活できないというのが今の現状です。この問題ついて一緒に考えていきましょう。
きょうされんは、居住支援ならびに利用計画の策定に関する要望書を出しています。その中で、居宅支援について下記の要望書を提出しています。
1 重度訪問介護の充実を図ること。
ア 重度訪問介護の対象者を障害の内容や程度で限定せずに「日常に長時間の常時介護が必要な」すべての障害のある人を対象とする事。
イ 利用範囲を限定すべきでなく、通勤・通学・入院、一日の範囲を超える外出、運転介助にも利用できるようにし、制度利用等の支援、見守りも含めた利用者の精神的安定の為の配慮も利用基準の範囲とする事
ウ 時間当たりの報酬単価が低い為、抜本的な改善を行う事

2 すべての地域で必要とされる支援を受けることができ、継続的に専門性の高いヘルパーが安定して働くことができるよう基本報酬単価を大幅に増額する事。また国庫補助の上限額設定の為に、必要な支援量が限定されないようにすること

意見交換会でもヘルパーの確保が難しい問題がたくさん出ていました。それぞれの事業所で工夫をしているものの限界があります。特に夜間及び早朝の訪問介護。しかし、24時間の介護が必要な方もおり、その支援を継続していくには何らかの整備が必要です。この学習会を通じて、それぞれの課題を共有すると共に、今後の居宅支援について一緒に学ぶ事ができました。

当日は、阿蘇中岳の噴火で飛行機が飛ばない状況でかなり遅れての参加となりましたが、愛知にいってたくさんの元気をもらえたように感じています。 
居住者会議・・・??[2014年11月27日(Thu)]
今日は、オレンジハウスの居住者会議るんるん


世話人さんがホットケーキを焼いてくれました揺れるハートあまーい生クリームも添えてぴかぴか(新しい)



写真は、食べる事優先で撮り忘れちゃいました(笑)



お腹も満たして、さぁいざ会議ーーーーexclamation×2と思ったら・・・参加者1人がく〜(落胆した顔)



あら??????

みんなホットケーキ食べてたよね??(笑)



まぁ最初はこんなものか〜〜バッド(下向き矢印)次の居住者会議に期待して・・・


結局ホットケーキを食べながら、雑談会になってしまいました目これはこれで楽しかったですけど揺れるハート








その後食堂をクリスマスversionにしてみましたぴかぴか(新しい)

ORクリスマス飾り.jpg





ORクリスマス飾り付け.jpg




完成わーい(嬉しい顔)

OR会議北村.jpg






しまった・・・。





クリスマスツリーがないあせあせ(飛び散る汗)





大きいクリスマスツリーかわいい理事長にお願いしなくっちゃ黒ハート
就労支援・医療福祉連携研修会[2014年11月21日(Fri)]
地域生活支援センターアシストさん主催で開催された「就労支援 医療福祉連携研修会」が、弓削病院3階会議室で行われました。
医療に関する精神障害者、発達障害者のお話を聞くことができ、改めて勉強になりました。支援員として、どのような視点で見守りつつ、支援をしながら医療機関と連携をすべきか。職員と共有しながら進めていきたいと思います。
その後は、グループワークで様々なケースに関しての連携について情報交換を行いました。
就労分野における連携の多くは、生活の部分で関わりが大きくあり、日ごろの生活状況や精神状況を連携しながら支援する場合が多いのですが、ひとり暮らしをされている方などは、その部分が見えにくい面があります。通院の際等の時に、連携ができるようになればという意見もでました。そのほか、ケースによった支援を情報交換する事ができました。
サービス提供責任者研修[2014年11月18日(Tue)]
006.JPG居宅介護・重度訪問介護事業所ネットワーク定例会が11月18日(火)地域活動支援センターいんくるにて開催されました。
本日は、居宅介護事業所、重度訪問介護事業所等で従事されているサービス提供責任者を対象とした研修会を開催。モニターリングや契約時のアセスメント手法について学ぶと共に、各事業所準備して頂いたアセスメントシートや介護計画書、モニタリング等の用紙をご持参頂き、その特徴を発表して頂きました。
各事業所いろんな考え方で、アセス、計画、モニタリングをされており、できるだけ無駄を省きつつ、担当ヘルパーに伝える工夫がありました。
良いところをお互いに参考にしながら、サービスの質の向上に繋がればと思います。
9時まででしたが、熱のこもった研修となり、時間をオーバーしての研修会となりました。
今後も互いに繋がりあいながら、障がい者の在宅支援を担う事ができればと思います。
あいぽーと文化祭 〜エコキャップ選手権〜[2014年11月16日(Sun)]
005.JPG第6回あいぽーと文化祭が、熊本市大江にあるウェルパルくまもとで開催され、就労支援センターくまもとからも仲間たちが元気に参加しました。
この文化祭は、熊本市市民活動支援センターあいぽーとが、市民活動団体の活動に直接触れる事で、市民に市民活動団体やNPO団体を知って頂き、活動や団体への理解を広げる事を目的に行っており、今年で6回目を迎えます。就労支援センターくまもとも今回で4回目の参加となりました。
エコキャップ選手権として、ペットボトルキャップをご持参頂いた方に感謝状と、綿菓子をプレゼント。
ペットボトルキャップを換金し、タイの若竹寮支援を熊本YMCAを通じて、行っており、本日は、3R部の二人がお手伝いして頂きました。
今回は、全部で6団体、4個人が持っていただきました。ペットボトルキャップを焼却するのではなく、社会貢献として広がれば、熊本の環境もぐーんと良くなるはず…。
もっと、広がればと思います。当日は、143.33sの寄贈となりました。ありがとうございます。
就労支援センターくまもとは、年間を通じて、ペットボトルキャップを集めています。いつでもご相談下さい。
熊本県立大学白亜祭[2014年11月14日(Fri)]
11月8、9日熊本県立大学白亜祭がありました今年初めて参加しましたかわいい
販売したのは焼き鳥、ジュース、フライドポテト、うどんをだしましたぴかぴか(新しい)

2日間参加していろんなお客さんに買ってもらいいろんな経験もさせてもらいました
1日目は仲間が12名が参加2日目が7名の参加でしたわーい(嬉しい顔)

今年の出店はこれが最後になりましたが来年もいっぱい祭りに参加したいと思いますひらめき

熊本県立大学の白亜祭実行委員会の皆さんお世話になりなりましたわーい(嬉しい顔)

1.gif

2.gif

3.gif

4.gif

田原坂ウォークラリー2014[2014年11月13日(Thu)]
 11月3日(祝・月)に田原坂公園のウォークラリーに参加しました。朝8時に理事長に見送られて集合場所の北熊本を出発しました。途中のお弁当屋さんで仲良くお弁当を買って9時過ぎには田原坂に到着。今回で最後ということもあり、会場はたくさんの参加者でにぎわっていました。
 受付をすませると仲間たちは始まるのが待ち遠しいような感じで、歩く準備をしてはしゃいでいました。7,5キロという普段なかなか歩くことのない距離を、スタンプラリーをしながら一緒に歩きました。我先にとゴールを目指す仲間、きれいな景色を見ながら自分のペースで歩く仲間、みんな思い思いに歩いていました。ゴールまで残り1キロという立札からの急な坂道は、さすがにみんな息を切らしていました。
 ゴール後にはだご汁がふるまわれ、みんな口々に「疲れた…」とつぶやきながらおいしそうに食べていました。午後からはお楽しみ抽選会があり、豪華賞品の発表の時には「当たれ!当たれ!」と仲間たちみんなで抽選券の番号を何度も確認していました。結果は仲間1人がスイカサイダー3本当たるという苦笑いな結果でした。その3本のスイカサイダーを「ブルーレイがほしかったのに!」と楽しそうにみんなで回し飲みしていました。帰りの送迎では疲れが出たのか、みんなほとんど無言でした。
くまもとハートウィークについて[2014年11月12日(Wed)]
熊本県健康福祉部 障がい福祉局からのご案内を配信いたします。

NHK・Eテレ、「バリバラ」でお馴染みの落語家 桂福点さんによる講演会
詳しくはこちら ⇒ doc20141111145532.pdf

日時:平成26年12月16日(火)
   13:00〜15:30 受付開始:12:30
会場:くまもと県民交流館パレア10階 パレアホール
参加料:無料
定員:300名

希望される仲間たちと一緒に参加したいと思います。

地域共生社会づくりを考える全国フォーラム[2014年11月11日(Tue)]
行政から支援者・事業者・当事者まで,高齢者・障害者から生活困窮者全般まで,なにもかも横断して,これからの福祉社会の在り方と考えようという,内容が濃すぎるくらいのフォーラムです。
3,000円と有料ですが,これだけの人を集めて,これだけ内容の濃いフォーラムであれば,十分に価値があると思います。

詳しくはこちら ⇒ Microsoft PowerPoint - 地域共生フォーラムチラシVOL14 [互換モード] (2).pdf

T特別講演「介護保険から生活困窮者支援、そして地方創生を語る(仮題)」
☆山崎史郎内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局長代理(前消費者庁次長、元厚生労働省社会援護局長)

U講演「サイレントプアから見える我が国社会の現実と希望(仮題)」
☆勝部麗子豊中市社会福祉協議会事務局次長兼地域福祉課長(大阪府豊中市)
※NHKサイレントプアのモデル

V水俣で生きる〜胎児性・小児性水俣病患者等のくらしを伝える
・小規模多機能ホーム「ほっとはうす」メンバー+★加藤タケ子施設長(水俣市)
・訪問サービスと街中サロンNPO法人はまちどり★太田清理事長(水俣市)

W地域共生ケア・地域の縁がわ、そして地域包括ケア&まちづくりを考える
・地域の中で「たんぽぽハウス」物語(阿蘇郡西原村)
 ★上村加代子たんぽぽハウス施設長
・社会福祉施設の地域展開「菊池れとろ館」(菊池市)
 ★冨田洋子特別養護老人ホーム一本松荘施設長
・住民と専門組織の協働で築く地域包括ケア(山鹿市)
 ★NPO法人よんなっせ山鹿
・「べてるまつり」(8月29・30日、北海道浦河町)参加報告
<コーディネーター> ★小田勝範熊本県土木部審議員(前健康福祉部審議員)

Xシンポジウム「我が国社会の希望をつくる〜地域共生社会づくりを考える」
・全国を駆け巡る
 ★池田昌弘全国コミュニティライフサポートセンター理事長(仙台市)
・地域にこだわるケア
 ★川原秀夫全国小規模多機能居宅介護事業者連絡会代表(熊本市)
<コメンテーター> ★良永彌太郎熊本学園大学社会福祉学部教授・熊本県社会福祉協議会会長
<座長> ★森枝敏郎熊本県地域福祉実践研究会代表・くまもと福祉のラウンドテーブル代表幹事

Y放課後〜当事者・スタッフが語る「過去、現在、夢・未来」(リレートーク等)
<コーディネーター> ★西島衛治九州看護福祉大学教授+当事者+支援スタッフ(予定
第2回ゆうし祭[2014年11月08日(Sat)]
11月8日に熊本支援学校にてゆうし祭が開催され、就労支援センターくまもとからも参加しました。就労支援センターくまもとは、ポップコーンや季節の野菜を販売。
卒業生の方々にも声をかけ参加できました。天気も良く、楽しい販売会となりました。

お手紙を頂きました → KMBT_C20020141119150632.pdf
| 次へ