CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 2013年12月 | Main | 2014年02月 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
国会請願及び募金活動にご協力ください[2014年01月27日(Mon)]
特定非営利活動法人自立応援団は、きょうされん第37次国会請願署名募金活動を行っています。
「障害者権利条約に恥をかかせないで!」
世界のルールを日本でも
をテーマに3つの請願項目をお願いします。

1 障害者支援法は、「骨格提言」にそって早急に改正してください。特に以下の点について見直して下さい。
・障害に伴う支援は原則無償とし、これ以上負担をさせないこと
「自立応援団のグループホームで生活している方で、一般就労している為、1割負担がかかっている方もいます。一般就労で頑張れば頑張るほど負担が大きいのです。」
・地域活動支援センターへの公費は自立支援給付事業と同水準にすること
・事業所に対する日割制度は経営や支援を安定させる観点から改める事
「グループホームは特に自宅に帰られたり、入院されるとその分請求ができません。だからと言って、世話人さんを休ませると支援ができないことに繋がります。安定的な支援をする為にも日割制度から月額報酬をお願いしたいのです。」

2 介護保険優先原則を見直し、本人の希望で必要な支援を選べるようにしてください。
「訪問介護を受けている方は、65歳以上になったら1割の自己負担がいきなり発生してしまいます。生活が厳しい中で1割の負担は難しいのです」

3 一人の市民として安心して暮らせるよう障害基礎年金を引き上げてください。
「障害がある人の56%が年収100万円以下、99%が年収200万円以下です。就労継続支援A型を利用されている方でも、年金と給料合わせても年間130万円程度。ワーキングプア(年収200万円以下)を下回る所得水準にあります。障害基礎年金を引き上げて頂く事をお願いしています。

多くの皆様の署名活動が社会を動かす一歩です。皆様のご協力お願いいたします。

署名に関するQ&Aはこちら・・・ → 1,第37次国会請願署名・募金運動Q&A.pdf

署名活動にご協力いただける方は下記までご連絡ください。
就労支援センターくまもと
熊本市北区貢町780-8
п@096-288-1752


意翼塾参加者募集[2014年01月26日(Sun)]
きょうされん熊本支部 つばさ会(利用者部会)より仲間学習交流会のご案内を頂きました。
内容は「じぇじぇじぇ!! わたしたちのくらしどうなるの?」いざ水俣へ!! 水俣でがんばるDAYです。
詳しくはこちら→ バス
意翼塾とは…
なかまのみなさんがこの交流会に参加することにより
意欲をもって何事にもとりくめるようにとねがいを
こめ「意欲」とつばさ会の「翼」という字をかけて、
『意翼塾』としました。

ほっとはうすさんの「水俣病をつたえるプログラムを聞いて、水俣廟(みなまたびょう)について学びながら、全国利用者部会報告(ぜんこくりようしゃぶかいほうこく)を通じて私たちの今後(こんご)のくらしについて意見交換(いけんこうかん)を行います。

日時:平成26年2月21日(金) 11:00〜15:00
場所:水俣市総合もやい直しセンター 水俣市牧の内3-1 п@0966-62-3120
   「もやい館」 もやいホール

熊本日日新聞社に掲載されました[2014年01月16日(Thu)]
「障害者の製品内覧会」という内容で熊本日日新聞に掲載されました。
記事はこちら → KMBT_C20020140127205048.pdf

就労支援センターくまもとも参加しました。当日は、就労支援センターくまもとの作品の紹介や働いている様子を知って頂く為にメンバーも参加し、シール貼りなどの実演もしました。

その真剣なしごとぶりにみなさん関心を持って頂いたようです。
平成25年4月より障害者優先調達法が施行され、国や地方自治体などの物品・サービス発注についてできるかぎり障害者就労施設から購入するように定めた法律です。
多くの方々に、作業所で働いている仲間たちの仕事ぶりを見て、知って頂く事で、お仕事が増えればと願い、企画しました。

はーとアラウンドくまもとは、現在就労支援センターくまもとをはじめ19の団体が参加し、活動を行っています。今度は2月11日〜12日ゆめタウンはませんで販売会です。
これからも皆さんの応援よろしくお願いします。
「アール・ブリュット・ジャポネ展」[2014年01月15日(Wed)]
熊本市現代美術館で開催してiいる「アール・ブリュット・ジャポネ展」
2月23日までです。ぜひ、この機会に鑑賞してみませんか。

チラシはこちらから → 06 チラシ.pdf

1 日時  
  平成25年12月7日(土)〜平成26年2月23日(日)
  午前10時から午後8時(展覧会入場は午後7時30分まで)
2 場所 
  熊本市現代美術館  
3 観覧料
  一般/1,000円、身障手帳等・65歳以上/800円
* アール・ブリュット・ジャポネ展について
2010年3月から2011年1月までパリ市立アル・サン・ピエール美術館で開催され、12万人もの来場者を魅了した展覧会の凱旋展です。
作家数63名(内、県内の作家1名)、作品数約600点を展示。

*アール・ブリュットとは
フランスの画家ジャン・デゥビュッフェが考案した概念で「生(き)の芸術」と訳されています。美術の専門的な教育を受けてない人が伝統や流行などに左右されず、自身の内側から沸きあがる衝動のまま表現した芸術と解釈され、作家には障がい者が多く含まれます。アウトサイダー・アートとも呼ばれています。
祝★成人[2014年01月13日(Mon)]
今日は成人の日でするんるん
なんと今年は就労支援センターくまもとに、3名の新成人がいらっしゃいますぴかぴか(新しい)
おめでたいですねリボン
ということで、成人式に潜入してきましたexclamation
IMGP4782.jpg

式典後におこなわれたもちつき披露にて、マスコミ取材を受けるTさんかわいい
DSCF3598.JPG
ドキドキ・・・揺れるハート

室内では慶誠高等学校茶道部のみなさんが点ててくださったお抹茶をお茶菓子とともにかわいい
DSCF3602.JPG
日本人でよかった・・・揺れるハート

めでたく本当に大人の仲間入りですひらめき
DSCF3603.JPG
『実感はわかないけど、これからは責任もある(と思う)ので、色々がんばります』
と話してくれましたぴかぴか(新しい)
ひとつひとつ、ともに学びながら毎日をエンジョイしましょうねるんるん
本当に、おめでとうございますぴかぴか(新しい)
仕事はじめ[2014年01月06日(Mon)]
かわいいあけましておめでとうございますかわいい

就労支援センターくまもとは今日から本年の営業をはじめますかわいい
仕事はじめと言えば恒例のexclamation初詣に、みんなで行ってきましたひらめき
今年も仕事がうまくいきますように・・・
今年もたくさんのハッピーがおとずれますように・・・
おいしいものがたくさん食べられますように・・・笑


みなさんそれぞれの今年の希望を願われたのではないでしょうかるんるん
でも、初詣などのお参りって、実は煩悩を願ってはいけないそうですねあせあせ(飛び散る汗)
とは言えども・・・

今年もみんな健康で、毎日平和に仕事ができますようにひらめき
image.jpg
本年もよろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)
新年あけましておめでとうございます[2014年01月01日(Wed)]
旧年中は、特定非営利活動法人自立応援団の活動にご理解・ご協力を頂き誠にありがとうございました。本年も更にスタッフ一丸となって取り組んできたいと思います。
本年もよろしくお願いします。

昨年は、就労継続支援B型事業所を開設し、多機能型の就労支援センターくまもととして活動を4月から始まりました。主にA型では封入作業や箱おり作業等の軽作業、リサイクル活動、農芸班活動を行い、B型では主にシール貼り作業等を頑張ってきました。
多くの企業の皆さんのご協力もあり、たくさんのお仕事を頂きながら活動を広げています。
今年は、一般就労に向けた取り組みとして昨年から積極的に取り組んでいる施設外就労や施設外実習を更に進めていきたいと考えている次第です。

暮らしでは、下硯川町にグループホームオレンジハウスを開設しました。アパートの独立型のホームで将来は、一般アパートで生活できる支援を行っていきたいと計画しているところです。

くらし、就労を通じての地域での自立から自律に向けた支援をこれからも継続していきたいと思います。今後ともよろしくお願いします!