CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 2012年08月 | Main | 2012年10月 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2012年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
農業体験♪[2012年09月27日(Thu)]
今日は、新入社員のFさんと、就労支援センターくまもとへ就職希望の方のお二人が農作業の体験に行きましたかわいい
Fさんは以前の職場も農作業を経験されていて、おいしいきゅうりやトマトを作っておられましたるんるん
本人はトマトが食べられない(好きではない)そうですが(笑)

日中はまだまだ暑いですが、半日第一農場にて頑張られていましたぴかぴか(新しい)
CIMG0244.JPG
農芸班の若手、Kさんが教育係としてお二人に作業の説明などされていましたが、私たちが思うより上手に教えることができておられて、その光景を見ることができ、とても嬉しかったですかわいい

Que sera sera-farm第一農場では、今後進展を見せる(であろう)ハーブ加工商品の原料、バジルもぐんぐん成長中ですひらめき
CIMG0246.JPG
ペットボトルキャップを頂きました[2012年09月25日(Tue)]
002.JPGシルバーバックス様よりペットボトルキャップを本日持って来て頂きました。\(^o^)/

仲間と一緒に計ってみました。
なんと88キロありました。

現在、1キロ30円なので、2,640円になります。ありがとうございます!

収益金はタイの山岳民族の子供たちの里親支援として活用されます。

1年間の学費及び生活費は56,000円です。
捨てるはずのものを少しの思いがあれば生かせます。皆さんのご協力お願いします!
つばさ会まつり 大成功!![2012年09月23日(Sun)]
今日は『第7回 つばさ会まつり』でしたかわいい
IMG_4577.JPG
つばさ会運営委員のみなさんも様々な役割を持ちながら、事業所の販売(ポップコーンや缶バッジ)もあせあせ(飛び散る汗)と、お忙しい一日でしたひらめき
今回のまつりのパンフレット(チラシにも掲載)の原画とまつりテーマ、共に就労支援センターくまもとのメンバーの作品が選ばれ、開会式では表彰式がありましたかわいい
IMG_4532.JPG
ダブル受賞に鼻高々グッド(上向き矢印)な職員H嬢でした(笑)
その他にも、まつりを盛り上げるため、ステージにもたくさんのメンバーが出演しましたexclamation
以前、ブログでもご紹介しましたQue sera sera Band名前を変え、Green Bandとして出演黒ハート
立派な指揮もあり、ゆる〜っと素敵な初ライブになりましたよるんるん
ポップコーンと火災事故に対する支援金付缶バッジは、おかげさまで上々の売れ行きでしたぴかぴか(新しい)
ご来場いただきましたご家族のみなさま、支援学校や関係機関の先生方、すべてのみなさま、本当にありがとうございましたぴかぴか(新しい)
災害時の支援について学ぶ[2012年09月23日(Sun)]
012.JPG
本日は福島県南相馬市で作業所を運営している青田さんをお招きして、被災地の現状と災害時の支援の在り方について学ぶ機会となりました。

青田さんのお話は、災害時の想定出来ない中での対応は、最終的に自己判断に委ねられる事を感じました。
ぎりぎりの状態で、何ができるだろう。
避難する決断と残る決断。
その中での現場の苦悩と行政の苦悩。
しかしその中でも目の前に起こる現実を受け止めて行かねばならない。

取り残されるのは、障がい者・高齢者そしてその家族…。
早めの判断で避難する決断の大切さ。
そして、復興に向けた支援の中で、取り残された方を如何に、地域・行政とつながりながら、支援していくのか?
想定外の中で我々にできることは限られているかもしれない。
でも、何かができるはず…。
同じ思いの仲間と一緒に行動する大切さを学ぶことができました。

青田さんの事業所には、9月10日〜14日まで就労支援センターくまもとの三井くんが支援に行ってきました。いろんな勉強もできたようです。ありがとうございました。
ボウリング大会に参加しました[2012年09月22日(Sat)]
005.JPG熊本ワイズメンズクラブ様からご招待を受け、YMCA会員スポーツ大会に参加しました。
会場は、交通センターの中にあるマスターボール
皆さん最後まで頑張り、なんと26位…
商品として入浴剤をGETしました!
参加した4人が力を合わせた結果です。

おめでとうございます

お楽しみ抽選会では外れてしまいましたが、賞品を頂いてみんな元気になりました。
ありがとうございます。
成績はというと
ストライクも出ましたし、スペアもしっかりGET
時々ガーターもありましたが、頑張りました。

001.JPG

入場行進では先頭のIさんが堂々と入場。
「貢町からやってきました。今日はがんばるぞー」
のアナウンスが流れるとみんなで、会場に向かって大きく手を振りアピール

008.JPG
大会終了後、熊本ワイズメンズクラブのみなさんと記念撮影
ありがとうございました!
施設見学[2012年09月20日(Thu)]
003.JPG熊本支援学校から高等部1年生のみなさんが就労支援センターくまもとに見学に来られました。

1年生かわいいですね…。いろんなお仕事についての質問がありサービス管理責任者の瀬戸口さんも嬉しそう!
「なんでこの仕事を始めたのですか」
の質問にたじたじでしたが…。

お仕事の楽しさや、その中にある辛さを理解しながら、将来の夢や思いを見つけるきっかけになればと思います。
今後、いろんなところを見て、体験しその中から多くのことを学んでほしいと願っています。

本日はありがとうございました。
みちのくひとり旅…[2012年09月19日(Wed)]
就労支援センターくまもとの職業指導員三井くんが福島の作業所支援に行ってきました。多くの学びがあったようです。一回り大きくなった三井くん かっこいい

彼のみちのくひとり旅日記…

9/10(月)福島支援初日です。私はえんどう豆という施設を担当することになりました。えんどう豆さんは、利用者定員14名の地活施設です。しかし原発事故の影響で、避難や体調をくずしてしまわれる方もおおく、平均7〜8名通われているとのことです。日中活動としては、さおり織りと缶バッジ作業を中心に取り組まれており、特に缶バッジは全国から注文が来ているとのことで、慌ただしく作業されていました。本日は初日で、仲間や作業の様子観察を中心に取り組みました 

9/11(火) 福島支援2日目。朝から施設駐車場の除草作業を行う。なかまが出勤したあとは、一緒に作業を行う。今日はさおり織りの準備を一人の仲間と協力しながら取り組めた。緊張からか表情が固かったので、落ち着けるように少し会話をしながら取り組んでいる。えんどう豆さんがゆっくりなペースを大事にする特長あるようなのだが、来客や職員体制から慌ただしい雰囲気になりやすく、落ち着けるよう支援していく必要があると思います。
被災地支援として、仮説住宅を見学しました。本日で一年半ですが、いまだにすまれている方も多いようです。また場所により放射能量に違いがあるので、復興進行状況に格差が出ています

9/12(水) 福島支援三日目です。1日の流れも大分把握できるようになり、少し慣れてきました。今日はさおり織りの準備を仲間と取り組んだり、昼休みに散歩に出掛けました。仲間の方は、ボランティアスタッフが入ることを喜んでくれるようで、笑顔で話しかけてくれます。なにもわかっていない状況で、役に立っているのか不安も感じるのですが、笑顔をもらい、逆に支援者側が元気をもらえています。夕方は海岸線の視察に出掛けています。宿泊場所からちょっと海岸の沿いに向かうと、全くなにもない荒れ果てた土地が広がっていました。まだ瓦礫も所々に残っており、見た瞬間鳥肌がたつくらいの衝撃を受けました。もとの姿に戻るには、まだ多くの時間がかかることをまざまざと感じました

9/13(木)福島支援4日目です。今日は南相馬の作業所合同でおこなわれる資源回収に参加しました。えんどう豆担当の時間は12:00〜13:00までの一時間でした。取り組みとしては、ひとつのスーパーの場所を借り、そこに地域住民が資源を持ってきてもらう。持ってきてくれた人にはそのスーパーで使えるポイント券を渡すとの仕組みでした。またその場所にリサイクル業者が引き取りにこられ、市からは補助金が出るとのことです。これにより、仲間や地域の方も交流を深める機会がふえるなど、関連するすべての部分にメリットがある仕組みに興味を引かれました

9/14(金)福島支援最終日 本日は、被災地視察として職員の方に海岸線や最近規整が解除された地域を案内してもらいました。海岸線は今だ多くの瓦礫がそのまま残っており、片付けが進んでいないことを感じました。福島は特に放射能の問題があり、瓦礫をどこに保存するのか、線量が高い地域の土地をどのようにしていくなど、他地域よりも難しい問題があることを知りました。熊本で感じていたイメージとの違いを知ることができました。 その状況で支援を継続していくためには、他人事とは感じず継続して協力することが必要だと思います。なかまたちの笑顔は素敵でした
当面の課題とは…。[2012年09月18日(Tue)]
当面する運動方針12.9.18.docxきょうされん常任理事会より「きょうされんの当面する要求運動の推進について」が届きましたのでアップしておきます。

熊本県においては、本年4月1日「障害がある人もない人も共に生きる熊本づくり条例」が施行されました。しかし中身は妥協した部分もかなりあり、求めていたものとの違いがあったというのは、ご存じの方も多いのかもしれません。しかし、広域相談員や地域相談員が設置された事はとっても大きいこと。相談する場所がそこにできたのですから。その中で差別禁止法制定に向けて、動いています。私たちは、今後、国が策定しようとしている差別禁止法に関して注視しなければならないでしょう。
暮らしづらさがある。生きにくさがある多くは、差別と偏見から生じるものが数多くあります。
障害は、個人の障害ではなく、社会にあるという認識を多くの方に理解して頂くことが、まずの第1歩かもしれません。一人でも多くの方に障がい者差別という部分の認識を理解して頂き、そこに地域での暮らしにくさと社会での生きづらさがあることを理解して頂きましょう。
つばさ会まつり[2012年09月17日(Mon)]
第7回つばさ会まつりが開催されます!

つばさ会とは…
きょうされん熊本支部は県内の福祉施設約70事業所が加盟している障がい者団体です。つばさ会は、熊本支部内の利用者部会の名称です。

今年のテーマは
「みんなで団結!つばさ会まつり!!」
就労支援センターくまもとの釣谷勇太さんの作品が選ばれました手(チョキ)
原画は口元明歌さんの作品
手でハートが作られたかわいい作品です。プログラムの表紙に掲載してあるので楽しみですexclamation

多くの方に参加して頂き、まつりを楽しんで頂きたいと思っています。
チアリーディング、熊本西校和太鼓、ゴスペルライブ、かあちゃんず(楽器演奏)
子供たちの演奏としては、かっぱ保育園の体操・歌、託麻西小学校金管バンド
などなど盛りだくさんのイベントがあります。

各作業所のフリーマーケットも楽しみです。*就労支援センターくまもとも参加します!
詳しくはこちらのチラシをダウンロード下さい → KMBT_C20020120917155307.pdf

期日:平成24年9月23日(日)
時間:10:00〜15:30
会場:ゆめタウンサンピアン 第4駐車場
第20回療育講座[2012年09月16日(Sun)]
くまもと発達障害親の会「めだか」さまより、第20回療育講座のご案内を頂きました。
就労支援センターくまもとの掲示板にも掲載しておりますので、詳しくはご覧ください。

今回の演題は「発達障害の困難ケースを考える」 〜2次障害・虐待・触法などから考える〜
日時:平成24年10月7日(日) 13:00〜16:30
会場:熊本市男女共同参画センター はあもにい
   熊本市中央区黒髪3-3-10 п@096-345-2550
定員:350名
会費:一般1500円 会員1000円(資料代として500円込)学生 無料(資料代として別途500円別途追加あり)

本件についての問い合わせ先
090-3987-0028(吉永さままで)

| 次へ