CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 2012年02月 | Main | 2012年04月 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2012年03月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
リサイクル班より[2012年03月31日(Sat)]
kankyo.pdf
フードパル内にある「就労支援センターくまもと」といい、障がいのある人たちが働くことを通じ
て社会参加をし、企業との連携や地域とのふれあいの中で、その人がその人らしく暮らしていく事を目的としています。
就労支援センターくまもとの「リサイクル班」は、地域の方々が住みやすい環境をつくるために、
日々活動をおこなっています。地域のみなさまのご家庭からリサイクルごみなど回収して事業所にて分別作業をし、買い取り業者へ持っていくという過程を障がいのある人たちの仕事とし、買い取りで得たお金を働くみんなの賃金に充てています。
この廃品回収は、障がいのある人たちの社会参加・地域貢献と環境保護に加え、地域のみなさまの
お役に立ちながら交流を図れると考えています。ご協力をよろしくお願いします。
里芋の植え付け作業[2012年03月30日(Fri)]
120330_133122.jpg
今日はみんなで里芋の植え付けをしました。
新メンバーの方は植物や虫が大好きで、いつもその話しをしてくれます。
自然に対する感性が、僕と似ていて助かります。
将来が楽しみな逸材です。

理事長より
新しいメンバーが増えて、更に元気にパワーアップしたように感じます。今からどんどん作物が育つ時期を迎えました。皆さんのご活躍をお祈りしています。
敬和様との契約[2012年03月29日(Thu)]
本日は、ハーブティや健康茶を販売している敬和様との契約が完了しました!
箱折と封入作業の仕事です。仕事が広がるとうれしいですね。
貢町の春[2012年03月28日(Wed)]
002.JPG貢町にもやっと春の訪れを感じさせてくれる桜の花が開花しました。いちぶ咲程度ですが、綺麗な桜が私たちの心を和ませてくれます。ウグイスも「ホーホケキョ」とないています。

4月3日に入社式を行ったのち、新入社員を迎えて、お花見会を予定しているので、とても楽しみです。
九州看護福祉大学 平成23年度学術研究振興資金 研究発表会[2012年03月27日(Tue)]
九州看護福祉大学 平成23年度学術研究振興資金 研究発表会
超高齢化地域社会に対応した減災化保健福祉教育プログラムのモデル開発
〜認知症高齢者グループホーム等における災害時相互支援と連携のあり方〜

日時:2012年3月27日(火) 13時〜16時30分
会場:九州看護福祉大学 本館 424号室

があり、シンポジストとして参加してきました。
グループホームにおける災害時における支援について、北川先生による発表があったのち、福祉教育の中で、火災時などの緊急時の対応だけではなく、非常災​害時における支援についての教育の必要性が、提言されました。東​日本大震災を通じて、学生が学んだもの。など想定外の災害がおきた場合への対処の訓練が日頃から必要である。その中で、施設の役割として、地域とどう繋げるか。日頃からの繋がりが必要である事を報告させて頂きました。
面接[2012年03月26日(Mon)]
松橋養護学校をこの度卒業される方と、熊本養護学校を卒業される方の面接を行いました!
しっかりと自己PRもできました!ちょっと、緊張されていたようですねexclamation×2
4月3日が入社式です。フレッシュマンを迎えて、平成24年度も頑張ってまいります。よろしくお願いいたします。
熊本養護学校よりお手紙を頂きました[2012年03月25日(Sun)]
KMBT_C20020120325163805.pdf熊本県立熊本養護学校様より、職場見学のお礼文を頂きました!
ありがとうございます!今後も地域福祉活動に寄与できるよう職員も頑張ってまいります。今後ともよろしくお願い申し上げます。
3ヶ年計画作成に向けて[2012年03月24日(Sat)]
特定非営利活動法人自立応援団の3ヶ年計画の最終年度が今年で終わり、次のビジョンを計画策定する為のスタッフ会議を行いました。
この3年間は「ホップ」「ステップ」「ジャンプ」
という事で、自立応援団自身の自立した運営が大きな柱でした。
その結果、3年前に小規模作業所から就労継続A型事業所へ移行という大きな課題に向けた取り組みを開始した後、2年前に在宅支援としての訪問介護、居宅介護事業開始、そしてその半年後のグループホーム事業開始を行い、どうにか自立した運営ができるようになったと評価しています。

現在の課題として、
重度障がい者の就労支援が難しい環境であるという点と、グループホームから地域へという移行への支援づくりが必要なのかもしれません。

その中で話し合いをした結果、

「地域との「絆」を更に深めよう!」

という感じになりそうです。
@3年前から実施している「地域ふれあいフェスタ」を継続的に行い、地域との関係性を深めながら、もっと地域活動に参加する取り組みを行う。
A市民の方々に障がい者理解を深めて頂く努力を行いながら、障がい者問題を他の団体と連携しながら進めていく運動。
B認定NPO法人を目指し、より信頼される法人としての自立した活動を実施していきたいと思います。あと、数回の検討会が必要ですが、みんなと力を合わせていきたいと思います。

今日は、そういった意味で自立応援団の歴史を纏めてみました。
zirituouendanenkaku.pdf

今まではトップダウンで行ってきたので、結構無計画にやってきたと感じていましたが、少しは計画的にやっているようです。そういった意味でも組織づくりとして、次世代育成にも取り組まなければなりませんね。
販売会に参加しました![2012年03月22日(Thu)]
13331297309090.jpgビプレス広場で、作業所の販売会が行われました。今日は、就労支援センターくまもとの農芸班が毎日、心をこめてつくっている野菜を販売しています。
がんばりま〜す!
新しい農芸班のお仕事…[2012年03月21日(Wed)]
地域の企業の田上樹楽園様より、農芸班に新しいお仕事を頂けるお話をさせて頂きました。公園に植える花の管理業務です。現在の畑の前のスペースに花を置いて、水やり作業や草取り作業です。
花を置く場所の打ち合わせなどをさせて頂きました。
就労支援センターくまもとも花いっぱいになることでしょう!とても楽しみです。
本当に地域の皆様から支えられて活動ができています。
メンバーも新しい仕事ができて大喜び!
私たちも一生懸命花の管理をさせて頂き、ご期待に応えられるようみんなで力を合わせて頑張っていきたいと思います!
| 次へ