CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 2011年07月 | Main | 2011年09月 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2011年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
誕生[2011年08月31日(Wed)]
あいえすヘルパーステーションの中野さんの第2子が誕生しました!
おめでとうございます!

まだ生後2週間。とっても可愛いですね。作業所も明るくなりました。

ジャガイモ植え付け作業[2011年08月30日(Tue)]
 今日はジャガイモの植え付け準備をしました。もちろん耕してません。
ミゾ掘ってウネづくりです。あとは種芋を植えてマルチを張って草を枯らします。
 腰が痛い〜
平成22年度事業報告書[2011年08月29日(Mon)]
平成22年度事業報告書を添付します



収支決算書です



財産目録です

平成23年度事業計画書[2011年08月28日(Sun)]
事業計画書を添付します



収支予算書を添付します

第2次東日本大震災義援金[2011年08月27日(Sat)]
第2次東日本大震災義援金として皆様が頂いた寄付金をきょうされん熊本支部に寄付させて頂きました。

皆様のご協力の結果、16,538円の寄付が集まりました。
誠にありがとうございました。

12月に第3回目を行いたいと思います。皆様のご協力お願い申し上げます。
インターンシップ終了[2011年08月26日(Fri)]
今日で5日間のインターンシップが終了しました。お疲れ様でした。
9月から学校が始まりますね!実習の疲れを癒して学校でも頑張って下さい。
改正障害者基本法のもと、障害者総合福祉法はどうなる?[2011年08月25日(Thu)]
講師に障害者協議会(JD)常務理事、きょうされん常務理事、藤井克徳氏(内閣府障がい者制度改革推進会議 議長代理)をお招きしてニュースカイホテルで開催されました。

藤井氏は、「障害分野からみた東日本大震災」として今回の特徴は、広域性(約1千キロ)同時に起こった災害である。その中で、被害の本質として、「障害を持った故に命を亡くした。」「障害を持った故に行方がわからない。」点を挙げられました。

次に震災後の問題として避難所生活における問題点がある。
障害者の居場所がない。そのため「路上生活」または、「壊れかけた自宅生活」という選択しかなかった点。次に、安否確認が必要な時に行政からの協力を得ることができなかったという問題。(調査活動 南相馬市のみ 他の自治体は個人情報保護を盾に情報協力がない)

今後の問題として、在宅支援や仮設住宅(障害者には使いづらい。病院などから離れている)。居場所としての日中生活の場としての事業所開設支援を挙げられました。
 
そして、「震災は障害者を締め出す現象である。」ということが今回の震災を通じて感じているが、震災が起きても障害者が排除されない地域を目指すべきではないか!という提言をされました。まったくその通りです。つまり「標準値を取り戻そう!」⇒障害者・高齢者が住みやすい地域、社会へということです。

障がい者制度改革推進会議の設置と背景として、「障害者運動」であった点を指摘されました。
1障害者権利条約であり、「どうしたら繋がるか」ということで、本条約を日本の法律にすることが大事である。
2自立支援法訴訟(基本合意文書二−2 二−3)
3日本障害者フォーラムの存在(障害者当事者の全国組織11その他2団体で構成)されているが、私たち抜きに私たちの事を決めないで(人選混乱を防いだ。当事者を入れることができた)

総合福祉法の今後の争点として、「理念」「障害の範囲」「基本法の第2条のレベルを下回らない」「障害程度区分にかかる新しいもの(ニーズにフィットしたもの)」「サービス体系」「障がい者就労(労働者の誇り)」であることを指摘された。
更に障がい者就労の点で、「賃金補填という考え方」「人的支援」「仕事の確保(税制優遇)」についても検討していかねばならない!

しかし、今回の改正でばら色のものになるわけではない。現場実践と制度は両輪は、とても関係が深いものであり、日々の実践を通じて社会に向かって働きかけることが必要であり、自分が問われるという点を意識することが大事である。更に「制度」が悪くてもやらなければならない現実があることを指摘されました。

そして残された政策課題として「社会的扶養」「財政(消費税問題)…年間の国家予算 障害分野であげてもらえないか?」という点を挙げられました。
介護情報公表調査[2011年08月24日(Wed)]
本日、NPO法人九州評価機構から調査員の方が来られて、介護保険法115条の35に基づく調査をして頂きました。
調査の結果は、熊本県知事指定の熊本県指定情報公表センターのホームページに掲載されます。

当事業所の介護サービスに関する情報がホームページ上で公開されますので、どうぞご覧ください!
インターンシップ受け入れ開始[2011年08月22日(Mon)]
本日より、以前実習に来られたIくんが、夏休みの期間を利用してインターンシップで来られました。5日間ですが、よろしくお願いしますウインク
テーマ見守り支援[2011年08月19日(Fri)]
熊本市居住支援協議会の部会では、見守り支援活動について、協議を行いました。高齢者・障がい者の入居後の支援を行うことにより、孤独死等に関する問題も上がりました。その中で、地域包括支援センターにどう繋げていくかが大きなポイントになるのではないかと感じました。障がい者に関しては、相談事業所との連携をどう構築していくかがポイントなのかもしれません。
| 次へ