CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 2011年03月 | Main | 2011年05月 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2011年04月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
箱折作業頑張っています[2011年04月30日(Sat)]
杉養蜂園さまから今週頂いている箱折作業です。

ローヤルゼリー粒分包ケース、プロポリス分包ケースの箱を作成しました。
自立応援団平成23年度総会[2011年04月29日(Fri)]
本日は、特定非営利活動法人自立応援団の平成23年度総会を行いました。
期日:平成23年4月29日(金)13:30〜15:00
会場:就労支援センターくまもと

ホップ2009年で小規模作業所から就労継続A型事業所へ移行し、雇用契約に基づく障がい者就労が実現しました。そして、訪問介護事業所あいえすヘルパーステーション運営を開始し、在宅支援活動を開始

ステップ2010年はグループホーム事業を開始し、地域移行支援としての居住環境を整備することができました。また、ふれあいフェスタでは地域の方と協働で事業を行い、地域との連携をするきっかけづくりができた1年でした。熊本市居住支援協議会設立準備会を立ち上げ、熊本市の障がい者・高齢者を含めた住宅確保困難者の支援活動が開始した1年です。

2011年はいよいよジャンプする年です。地域の方々との交流を図りながら、地域の福祉に今後も寄与できる自立応援団活動を展開してまいります。

総会では
第1号議案 平成22年度事業報告
第2号議案 平成22年度収支決算
第3号議案 平成23年度事業計画
第4号議案 平成23年度収支予算
を満場一致で可決承認されました。

記念講演では、きょうされん熊本支部 事務局長 宮田喜代志氏(自立応援団 理事)より「人は何のために生きるか?」をテーマに行いました。
私たちはどのように暮らせばよいか
「毎日を安全に暮らす」
「毎日を楽しく暮らす」
「毎日を確かめながら暮らす」
「人とつながりながら暮らす」
「自分をいつも思いながら暮らす」ことではないか。私たちはいつも独りで生きているように感じていますが、実はたくさんの人や物と繋がって生きている。

自立応援団の役目というのは、人が生きるために「集う」場所であり、そこに集った人を「つながる」場所であった。次の10年を考えたときに「広がる」場所になるセンターになることではないかとご提言いただきました。
当たり前のことかもしれませんが、一人一人が「共同体の一員として生きる」欲求を持つことが大事で、私たちは社会の中で生きていることを忘れてはならない。

障がい者権利条約では、社会モデルでの「障害」を定義しています。現在パブリックコメントで出ている熊本県障害がある人もない人も共に生きる熊本条例では、かなり減退の傾向が見られますが、生きている周りとの関係を見失っては生きていけません。私たちの役目はその関係づくりをよりいっそう高める方法を確認することではないかと提言いただきました。

国の方でも新しい法律づくりが進められており、大きく変わろうとしています。私たちの声をしっかりと受け止めて頂く為の運動を今後もしていかねばならないでしょう。
熊本日日新聞記事、西日本新聞記事[2011年04月28日(Thu)]

kumaniti0427.pdf
昨日、東日本大震災できょうされん熊本支部から派遣したことで、27日午前中記者会見を行なわれ、その時の記事が大きく出ていましたので、アップしました。
KKTでも昨日夕方のニュースで放映されたそうです。

こちらから→ 

nisinihon0427.pdf


皆様にご協力いただいた支援金は、今、現場で困っている方への支援活動として活用されます。皆様のご支援ありがとうございました。
しかしながら、お話を聞いていると、長い期間の支援が必要なようです。必要な支援内容も日々変わってきています。今後ともご協力お願い申し上げます。

今日もきょうされん熊本支部は、パルコ前で募金活動を行います。就労支援センターくまもとはゴールデンウィーク前で仕事がたくさん入っており、参加できませんが、5月12日の募金活動は参加したいと思います。
シール貼り作業[2011年04月27日(Wed)]
ゴールデンウィーク目前に控えお土産用のお菓子のシール貼りや箱折作業の依頼がたくさん来て、みんなで頑張っています!

熊本に来たら是非、ご購入下さい。皆さんに気持ちよく買っていただくために、ひとつひとつ丁寧に貼りました。

今日から更にペースアップして頑張っています!
2011年4月つばさ会運営委員会[2011年04月26日(Tue)]

tubasakai201104.pdf
やすらぎハウス いいかわさんより4月の運営委員会報告書を送って頂きました。

2011年度の役員体制も決まりました。支部総会で承認となります。
夏野菜に向けた取り組み[2011年04月25日(Mon)]
夏野菜の準備を農芸班は行いました。
近くで頂いた竹を使ってのエコ農業です。ここではトマト栽培を行います。
福島県相馬市の被災事務所製造の「味噌」の販売について[2011年04月24日(Sun)]

asagaotyumon.pdf

きょうされん東日本大震災対策本部本部長  西村 直様より下記の内容で、協力の依頼がありました。風評被害で作業所が存続の危機に陥っています。皆様のご協力をお願いします。私たちができることという事…。
このお味噌を食べて周りの方々に安全で、美味しいことを伝えることだと私は思います。
就労支援センターくまもとでまとめて注文を取りますので、ご協力頂ける方は、就労支援センターくまもと(п@096-288-1752まで)お願いします。

以下、転送文です。

桜前線が漸く東北に到達しましたが、朝夕はまだまだ肌寒い日が続いています。
 3月11日に発生した東日本大震災には、1万人以上の人が亡くなり、未だ1万人以上の人の行方が判明しない状況です。きょうされんでは、3月14日に「東日本大震災対策本部」を立ち上げ、JDF(日本障害フォーラム)の一員として、主に岩手県・宮城県・福島県の現地の支部と連携を図りながら、安否確認、被災状況の確認、物資の提供や人的援助などを行ってまいりました。各支部におかれましても、対策本部からの緊急な要請にもかかわらず、支援募金や物資の提供、職員の派遣など積極的にご協力いただき感謝申し上げます。この間の各支部や各事業所のみなさんの献身的な協力をみるにつけ「きょうされんは1つ」ということを実感しています。しかしながら、今回の被災地に対する支援は、連日のように余震が続く中で、復旧・復興までは相当の時間を要することが想定されますので引き続きご協力をお願いいたします。
 さて、今回の震災は単なる地震の被害だけではなく、津波被害さらに福島県の原子力発電所の破損による放射能被害と二重三重の被害が重なり合っています。
 なかでも、福島県の原子力発電所から近い地域においては、風評被害により、放射能の影響が全くない商品についても売れない状況となっています。南相馬市にあるきょうされん加盟のNPO法人あさがおでは、無添加で安全安心の手づくりの味噌を製造しておりました。しかし、小中学校の給食が実施されていないため、昨年製造し冷蔵庫で1年間の熟成を終えた大量の味噌が販売できない状況となっています。(青ばた味噌約1.2トン、しろ味噌約1トン)
 ついては、あさがお利用者の給料(工賃)を捻出していくため、全国の支部及び会員事業所から注文を募ることとしました。ついては、以下の要領でご協力をお願いいたします。ぜひ事業所の給食用として大口でご購入いただければ幸いです。

1.商品の内容
   ・青ばた味噌:1袋(800g)800円 (安心安全、味に徹底的にこだわっています。)
   ・しろ味噌:1袋(800g) 400円
    ※いずれも要冷蔵です。(10℃以下で保存)
2.商品のご注文
   ・注文は、別紙の用紙にご記入の上支部で集約していただき、4月27日(水)までに、きょうされん事務局までFAXしてください。
   ・ご注文は1箱(24袋)単位でお願いします。送料は無料です。
3.商品の発送
   ・5月9日〜12日にクール便で発送します。
4.代金の支払い方法
   ・あさがおから、支払い用の郵便振替用紙を同封いたしますのでお振込ください。
5.その他
   ・何かご不明なことがございましたら、きょうされん事務局(担当:佐藤・松本)までお問い合わせください。電話: 03-5385-2223 E-mail:zenkoku@kyosaren.or.jp
白川水源[2011年04月24日(Sun)]
俵山経由で白川水源に行きました。途中、俵山峠で風力発電施設を見学。天気が悪く、峠は寒かったけど、大きな風力発電に関心を示されました。水源地では、ペットボトルに水を入れて持ち帰りました。

Mさんは、新生学園に、戸田さんはお兄さんに水を持って行くとのことでした。
(皆さん心優しいひとばかり・・・。感謝)

帰りは地獄温泉に立ち寄り、露天風呂に入りました。混浴でしたが、女の人が入ってこないかなと期待しましたが男だけでした。
残念でした。
1日遠足気分で楽しい時間を過ごせたとの声!

これからも遊びに行きましょう!

熊本県立劇場さまよりご案内がきました![2011年04月23日(Sat)]

skmbt_c25011041811190.pdf

skmbt_c25011041811191.pdf

熊本県立劇場さまからご案内です。熊本県立劇場では平成17年から障がい者手帳をお持ちの方を対象に障がい者割引を実施されています。

熊本県立劇場の文化事業(こちらを参照ください →)
をご鑑賞の際は障がい者割引(50%割引)をご利用ください。
*お付き添いが必要な場合、お付き添いの方1名まで割引の対象となります。
農業日誌[2011年04月22日(Fri)]
 だんだん春らしくなってまいりました祝
 皆様いかがおすごしでしょうかウインク我々農芸班は現在、夏野菜のピーマン、トマト、ナス、キュウリの苗作りに追われています音符
 収穫物は端境期ですので、ありませんがよくよく考えてみると自然にも休みを入れた方が普通かなと自分に言い聞かせています馬
 地道な活動を今までやってきましたが、今年からは畑も倍になり、段々いそがしくなってきました走る
 僕の方も一人暮らしをはじめ、自分 で作った野菜で自炊していますそして気付いたのですが
健康、自然志向でやってきた自分ですが、意外に野菜の使いやすさにこだわっていることに気が付きはじめました。
 動物性肥料はつかってない為、あまり大きくないので人参なんかもごぼうぐらいですが、大きい方からつかってしまうのです…。
 これは男がなんだかんだでカワイイ女性にひかれる悲しい性にもにた感じあります、ので近代農業の合理的な受け入れるべきなのではと思う様になってきました新幹線自然農業と近代農業の両立はこれから必要なのでは思っているこのごろです電車
 僕も大人になってきたかな…。
                                   
           
| 次へ