CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
Main | 会報及び発刊書のお知らせ »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
障害者と災害[2019年06月19日(Wed)]
特定非営利活動法人 自立応援団主催、多文化と共生社会を育むワークショップ、きょうされん熊本支部、熊本YMCA共催で「夢を語りて」の上映会を開催しました。被災地の記憶を伝え継ぐと言う事で、復興トークとして、南三陸町障害者自立支援協議会会長の鈴木清美さんをお招きして、東日本震災8年を語って頂きました。災害時にいろんな支援を頂く中で、地域住民の方々の働きによって、災害に強いまちづくりを進められています。その中で大事なことは、対話であると感じました。地域や環境によって夫々の思いがある中で、大事なこと「命」を大切にする事を中心に捉えての復興であること。語り部と言う活動を通して次世代への伝導をお話いただきました。熊本地震から3年経過した中、私たちも語り継がねばなりません。特に私たちの活動の中心としては、障害当事者の支援。災害は、特に障害当事者には大きな精神負担がかかります。
「夢を語りて」は、東日本震災における障害者と支援者の劇映画です。
ぜひ、多くの方に見て頂きたいと考えています。

アンケート結果はこちら → 20190602障害者と災害アンケート結果.docx

鈴木さんは、正常性バイアスという部分の使い方を指摘されました。つまり、あんまり大丈夫だと過信しないこと。その教訓は、益城町総合体育館で生かされました。住民が体育館の中に入れることへの要望が強い中、管理運営する熊本YMCAが、開放しなかった事で、翌日の地震での天井落下の際に無事ですんだ事です。早めの対応の大切さを語り継ぐことも大切です。

鈴木清美さん関連記事及び熊本地震関連記事はこちら → SKM_C224e19061911010.pdf
障がい者の地域生活支援 〜夜明け前〜[2019年03月21日(Thu)]
基調講演は、特定医療法人佐藤会 弓削病院副院長の西山浩介先生より、「障害者の地域生活支援」というテーマでお話をして頂きました。
きょうされん熊本支部共催。(社福)やまびこ福祉会、(社福)わくわく、(徳活)やすらぎ福祉会、(株)熊本地域共同システム研究所共済で開催しました。

過去の日本の状況を時代別にご説明を頂いた後、精神科における入院治療は、一般科に比べると3分の1強の状況の中、精神科特例によって、医師は3分の1、看護師は3分の2になっている現状を指摘したうえで、安上がりの治療環境では、地域共生や社会復帰は進まない。と訴えられました。政府が公表している資料から振り返り、認知症患者の急増(高齢化)と長期入院者の地域受け皿が乏しい現状から、医療的な課題と福祉的課題として、社会復帰した患者を受け入れ、支える福祉資源の充実と、医療と福祉サービス、介護保険等との連携を進める事が重要であるとお話されました。
病的状態では、「生産性の低下=人としての価値の低下」と誤認しやすい結果、自分を責め、自殺念慮が高まる事がある。つまり、「認知の歪み」は、精神疾患患者に特有のものではなく、社会全体に蔓延した「価値観」にある。私たちは、患者自身の自尊心を回復することが、治療面でも重要である事を認識し、「人としての尊厳」を認め合う事が大切である事をお話して頂きました。

夜明けまでは、日本の精神科医療の歴史を紹介し、呉先生が追及した医療や福祉とほど遠い現実がある中で、この映画を通して、当事者、医療スタッフ、福祉スタッフのパートナーシップの重要性を改めて感じた講演会を行う事ができました。
第22回きょうされん九州ブロック学習交流会 長崎大会[2019年02月16日(Sat)]
きょうされん九州ブロック学習交流会がアルカス佐世保、スピカで開催され、自立応援団からは、仲間4名職員4名が参加しました。大会のテーマは、「愛と平和を長崎から 〜つなげよう・なかまの絆〜」
九州各県から420名を超える方々が参加。熊本からは56名が参加しました。
オープニングセレモニーでは、長崎県立佐世保特別支援学校高等部ダンス部の皆さんと長崎支部の仲間部会が「よさこい演技」を披露!
特別講演では、「世界遺産に登録された潜伏キリシタン振興」について、平戸氏生月町博物館「島の館学芸員の中園成生さん。260年にわたる近況時代を経て、現在に至るまでを詳しく説明して頂きました。隠れキリシタン、潜伏キリシタンの方々がどのようにして信仰を貫いたのか。その地域の環境によって、違ったかたちになったように感じました。今の時代では考えられない事ですが、社会は惨いと感じました。「夜明け前」の映画でもそうですが、無知からくる偏見に対して、しっかりと学ぶ事ができました。
第4回 就労フェア 〜このまちではたらく〜[2019年01月18日(Fri)]
第4回就労フェアがウェルパルくまもとで開催されました。この会は、熊本市自立支援協議会就労部会が主催で毎年行われています。
就労支援センターくまもと、キラリアートファクトリーも「はたらく障がい者の発表」「展示・面談会」で参加しました。当日は、障がい者サポート企業・団体の認定証交付・表彰式等もあり、いろんな企業関係者も参加して頂きました。
アンケート結果はこちら ⇒ 就労フェアアンケート.pdf
公開講演会『障がい児・者の性発達とその支援』、『夜明け前』上映報告[2018年12月27日(Thu)]
講演会の様子.JPG
公開講座『障がい児・者の性発達とその支援』及び『夜明け前』上映が12月1日(土)、熊本市食品交流会館で行われた。当日は、保護者や支援者、仲間を含め120名以上の参加があった。『夜明け前』の上映に続いて、長崎大学の宮原春美先生の講演が行われ、後半にはシンポジウムとして、宮原先生、支援者、保護者、仲間との意見交換がなされた。さらに、『夜明け前』上映の時間を利用して、宮原先生より仲間向けにお話をいただき、大変充実した学びの場となった。
 『夜明け前』については、「知らないことがたくさんあって勉強になった。」、「保護者が、自分の子どものことを引け目に感じたり、周りの子どもや、保護者に過剰な遠慮をしたり、周囲の人も、偏見を持って見る人が少なくありません。そんな事をいまだに考えさせられる映画でした。」等の感想があった。
 一方、講演会やシンポジウムでは、「子どもが成人になり、一人で行動することも増えてきたこのタイミングでお話を伺えたことはとても参考になった。」、「親子であれば親自身の価値観や知識を本人に押し付けたりするのではないかという心配もあり、専門家の先生や正しい知識のある方から学ぶ機会があるいと良い。」といったご意見もいただいた。
 今回の公開講座は熊本では初めての企画であり、多くの方々の関心があることが分かった。これからも引き続き、この『障がい児・者と性発達とその支援』につての学びを深めていきたい。ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
クローバーの会 クリスマス会[2018年12月22日(Sat)]
IMG_2971.jpg自立応援団の利用者の皆さんの会「クローバーの会」のクリスマス会が、食品交流会館で盛大に開催されました。

キラリアートファクトリーの仲間たちによる「クリスマスソング」や、就労支援センターくまもとの仲間たちの日ごろのお仕事のお披露目「箱折競争」
その他、参加者を盛り上げるために、ダンスの披露もあり。で大いに盛り上がりました。

日ごろの活動では見る事の少ない笑顔がたくさん見る事ができた事がとても良かったと思います。
当日は、50名を超える参加があり、其々お持ちいただいたクリスマスプレゼントの交換。
そして、企業の皆様からたくさんプレゼントを頂きましたので、抽選会を行い参加者すべての方々にプレゼントする事ができました。

IMG_2976.jpg

モーニング娘のダンス披露


IMG_2978.jpg

今年一番の曲 「USA」


この会を企画して頂いたクローバー会クリスマス実行委員会の皆さんにすべてに感謝です。
はーとアラウンドくまもと平成30年度定期総会[2018年05月17日(Thu)]
はーとアラウンドくまもとの定期総会が、熊本市の協力で、ウェルパルくまもとにて開催されました。福島貴志会長より挨拶が行われた後、WAM助成報告・共同受発注事業・広報事業、販売報告がなされました。
平成29年度の反省や課題を踏まえて、30年度に向けた活動を行われる事が確認されました。
同会は、熊本市の障がい者施設等が集まり、主に共同受発注等の事業に取り組みを行いながら、障害当事者の工賃アップにつながる活動を行っています。
当日は、熊本市市議会議員の方々をはじめたくさんの来賓にもご参加頂きました。
その後、はーとアラウンドくまもとが昨年度から取り組んでいる「オーラルピース」に関する講演を、(株)トライフの手嶋社長をお招きして、オーラルピースの特徴、今後の可能性について、お話をして頂きました。飲み込んでも安全なオーガニック口腔ケア製品「オーラルピース」の製造・販売。革新的な技術とネットワークで、高齢化、障がい者雇用などの社会的課題解決に向けての活動は、とても共感する事ができました。
とっておきの音楽祭[2018年02月12日(Mon)]
今年もあります。「オハイエくまもと とっておきの音楽祭」
障害がある人もない人も一緒に街中で音楽を楽しみ音楽の力で「心のバリアフリー」を目指します。
詳しくはこちら ⇒ オハイエチラシ.pdf

日時:3月18日(日)
 オープニング  10:15〜10:45 花畑広場
 ストリート演奏 11:00〜15:00 各会場
 フィナーレ   16:00〜17:30 花畑広場

障害者施設販売で、はーとアラウンドくまもとが参加します。(キラリアートファクトリー)
お近くにお寄りの際は、ぜひ、キラリアートファクトリーの素敵なアクセサリーを手に取ってみてください。
共同商品開発[2018年02月10日(Sat)]
はーとアラウンドくまもと(会長 福島貴志)において、熊本市の作業所(19事業所)が参画し、施設商品の開発を今年度行ってまいりました。
今までの作業所の商品販売は、対面販売が主でした。数を作る事が難しいからです。福島における作業所のヒントをもらい、共同できる商品をつくり、流通に乗せよう!
これが狙いです。
目標は、東京や大阪での大都市での販売。

今回、の監修は、江戸時代細川藩のレシピ集「料理方秘」を解読し、200年前のレシピを再現しながらも、「料理方秘」に記されている「口伝塩梅」を心得、素材の持ち味を生かした滋味深い味付けと彩りにこだわり生まれた熊本城の「本丸御前」を手掛けた松村健司さん。

*料理方秘とは、1803年肥後藩細川家の御料理頭、村中乙右衛門が藩主の為に書き記したレシピ。細川藩主の健康維持を一番に考え、また素材そのものの味を大切に考えられている。

松村健司さん略歴
熊本の料亭「おく村」をはじめとし、多さkの料理屋を経て、アメリカのNYにて26歳の時、料理長に就任。30歳の時、世界一周の旅の客船で和食部門料理長として勤務する。福岡のホテル和食部門勤務。熊本の青柳で熊本城の本丸御前の仕事を手掛ける。2011年10月「料理方秘 神の水」をオープン

11月と12月に試食会を開催しました。
試食会におけるアンケートはこちら ⇒ 試食アンケート【集計結果】.doc
熊本市障がい者施設商品力向上等支援事業[2018年02月02日(Fri)]
2月2日ウェルパルくまもとにて、すぐに実践できる「楽しい!わかりやすい!買いやすい!」マルシェづくりという内容で、熊本市障がい者施設商品力向上等の支援事業が行われました。
熊本市、はーとアラウンドくまもとで昨年行われた「おとなりマルシェ」。
おとなりマルシェにおいて、覆面調査を行い、その状況を見ながらより、利用者にとって「楽しい!わかりやすい!買いやすい」を学ぶ事ができました。
就労支援センターくまもとは、店づくりの評価を頂きました。
ポイントは、どの商品をアピールしたいのか!そこに焦点を持って飾りつけをすることが大事で、特にアクセサリー系については、手に取る事がとても重要だという事です。
その時の売れ行き感も大事にしながら、陳列を途中で工夫する事が大事だと学ぶ事ができました。
お客さんの立場になって、考える事が大事ですね。

4回の販売会において平均50万弱の売り上げに繋がっています。次は3月1日です。
今回の学びを活かして、次につなげたいと思います。3月1日近くにお寄りの際は、見に来てください。
| 次へ