CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« クローバー会総会 | Main | 火の国未来づくりネットワーク総会・全体交流会 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
障害者の地域生活支援[2019年05月26日(Sun)]
人吉カルチャーセンターにおいて、「障害者の地域生活支援」をテーマに、講演会と「夜明け前の映画上映会が開催されました。
吉田病院の精神科医 輿野康也先生の講演で、障害者の地域生活支援には、家族の支援と地域の理解が必要である。患者は増えているそれは、テクノロジー時代も背景にあるが、うつ秒や不安症、発達障害によるものがある。また、高齢化社会という部分で、認知症の患者も増えている。
その殆どは生活トラブルを抱えている。また、貧困が背景にある場合もある場合もある。その為、家族関係が悪化しているケースも多々あるが、グループホーム等が圧倒的に少ないと言う課題と、多問題ケースが存在する場合があり、地域生活移行が難しい現状をお話して頂きました。
夜明け前の映画を通して、薬がない状況の中、自宅監置と言う施策の中で、精神障害者の人権が守られない時代背景の中、呉秀三氏が闘った歴史は、私たちに大きな力を貰ったと感じました。
家族の支援を通しての就労支援。そして啓発活動を通しての地域の理解を広げること。その先に気持ちのある方を育成していく事につなげなければなりません。私たちは、単なる支援をするのではなく、当事者と共に考えながら地域で生活していく為の活動をしていく事がとても重要だと感じました。

その後、昼からは人吉球磨きぼうの家の理事会が開催され、研修会に関する報告もなされました。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/zirituouendan/archive/1823
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント