CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 火の国未来づくりネットワーク総会・全体交流会 | Main | 障害者と災害 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
自立型人材の育成法[2019年06月06日(Thu)]
人と組織を自立させて成果を出す教育と言う縁台で、「原田メゾット」で有名な原田隆史さんの公園に参加しました。
自立型人間と言う内容に、経済的・精神的・社会的に自立する事。その成長の過程で、「時を守る」「場を清める」「礼を正す」が必要である事に共感。就労支援の場でも、職員教育の場でも必要な事だと思います。では、これからの教育は何が必要なのかと言う点で「態度の教育」「理念教育」「価値観教育」「職能教育」であると述べられ、下記の11項目を挙げられました。
1)忍耐力 2)闘争心 3)自己実現 4)勝利 5)自己コントロール 6)決断力
7)自信 8)予測力 9)判断力 10)集中力 11)協調性
その中で、心理的スキルをあげるためには、心づくりが重要であり、心を使うためには、1)目的・目標を持つ 2)イメージトレーニングを常に行う。
心を綺麗にする為には、再建の三原則として、清掃活動、奉仕活動、エコ活動
心を強くするためには、できることを継続し、心を整理する為には、予測と準備が必要であり、心を広くする為に互いに「ありがとう」を言い合える関係性づくりである事をお話いただきました。
こんな事業所にすることができれば、みんなが楽しい職場になると感じました。

メンタルトレーニングと言う事が昨今使われていますが、メンタルトレーニングの8つのスキルとして、、1)目的・目標設定 2)イメージトレーニング 3)プラス思考 4)セルフコントロール 5)集中力 6)セルフトーク 7)心理的準備 8)コミュニケーションである事を学びました。なぜなら感情が思考を支配するからと言うことでした。
さて、自立型組織の育成をその中で学びながら、存在感と不安感が左右すること。プラス思考の継続、1分間の振り返りと感謝の重要性がありました。自立応援団でも学びあいたいと思います。

SKM_C224e19061019470.pdf
この記事のURL
http://blog.canpan.info/zirituouendan/archive/1818
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント