CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 第2回熊本市ボランティアセンター運営委員会 | Main | 住宅確保要配慮者支援事業 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
居住支援法人研修会(応用コース)[2019年03月12日(Tue)]
高齢者住宅財団主催で、居住支援法人研修会が開催されました。熊本市居住支援協議会の取り組みを紹介する為に、参加しました。当日は、80名近くの方が参加し、住宅確保要配慮者への支援について共に考える機会になりました。

新たな住宅セーフティネット制度に関する取り組み状況が国交省九州地方整備局より全国の活動状況について説明がありました。
その後、福岡の居住支援の活性化に関わる取り組み紹介として、福岡県住宅計画課より、ご報告がありました。入居敬遠の実態としては全国共通の部分があり、家賃支払いの不安や高齢者世帯においては、見守りや残存家具の処置等が挙げられました。
その後、住宅供給計画について、セーフティネット住宅・登録事業者に関する等を中心にご説明を頂きました。

居住支援法人などからの活動事例は、NPO法人抱僕、(一社)そーしゃる・おふぃす、NPO法人やどかりサポート鹿児島より報告。

抱僕の活動は、多種多様で、債務保証事業や様々なメニューによる入居支援・マッチング事業、生活支援事業、強制地域連携事業等を行われています。生活困窮者に関する長年の経験からの支援を通して、多様な方々を受け入れているところに大きな学びがありました。
その根っこの部分は、人権であり、地域で生活する権利の保障を中心に捉えながら活動している内容でした。
そーしゃる・おふぃすは、法人後見を中心に様々な団体と繋がりあっての居住支援には、それぞれの専門性を活かした取り組みでした。
やどかりサポートにおいては、居住支援協議会との連携についてのお話が中心で、社協や社会福祉法人等との協定や市町村公営住宅との協定へ締結の期待等の説明がなされました。

新たな取り組みでもある本事業を通して、私たちはどう行動を起こすのか?今後、更に高齢化が進む中で、保証人等の問題は今後、解決しなければならない課題です。その中で当事者がどのように暮らしたいのか?この部分を大切にしながら、その方の暮らしのネットワークを作り上げていく事が求められます。1法人で抱えるのではなく、そこにある地域資源を生かしながらの活動がキーワードになるのかもしれません。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/zirituouendan/archive/1796
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント