CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
熊本市のフードパル熊本内にある障がい者就労支援事業所です。事業所内での悲喜交々の活動をご紹介しています
« 今、障害者基本法改正を 〜障害者権利条約審査を前に〜  | Main | きぼう荘フェスタ2018 »
プロフィール

自立応援団さんの画像
自立応援団
プロフィール
ブログ
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
最新コメント
ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03) ゆき
ご結婚おめでとうございます(*^-^*)/ (12/03)
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09) 大塚瞬
『きらり活動』 (04/09)
『きらり活動』 (04/09) 福島貴志
美味しい野菜をつくる! (12/28) 翔子
美味しい野菜をつくる! (12/17) CANPAN 山田
清掃活動 (11/20)
最新トラックバック
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/zirituouendan/index2_0.xml
月別アーカイブ
WAMセミナーに参加して[2018年09月26日(Wed)]
持続可能な福祉社会への道と言う主題で講演を聞くことができました。
講師は、京都大学こころの未来研究センターの広井良典氏。
人口減少時代の社会構想から、真の豊かさに向けて経済指標より、幸福度を高めることの重要性に共感を覚えました。様々な「幸福」指標とランキングで、国連「世界幸福2016」では、1位はデンマークですが、日本は53位にとどまっていることを私たちは意識する必要があると思いました。
もちろん、経済成長も大切ですが、ある一定度経済成長を遂げた場合に大きく、幸福度の規定要因として考えられるものとして、広井氏は、コミュニケーション(人と人の関係性)、平等性(所得などの格差)、自然環境とのかかわり、精神的なよりどころを上げられました。
コミュニティをめぐる課題としては、「古い共同体が崩れ、新しいコミュニティができていない。」ことを挙げられ、特に日本においては、先進国の中でも社会的孤立がとても高い事が2001年の調査結果でも明らかになっています。

特に障害がある人にとって社会的孤立は深刻なことになっています。
戦後の日本人にとっての「居場所」は会社であった。しかし、団塊世代の退職や急速な高齢化、個人化の進展の中で、新たな「居場所」を模索しているのが現在の日本社会です。

二つ目の平等性として、これからの社会保障が求められます。社会保障費は年々増加していく中で、なぜ、日本の社会保障給付は「低くすすんだ」のか?
という点で、広井氏は、会社や家族が社会保障を代替する機能を果たしてきたことを指摘し、新たなセーフティネットの構造と進化の必要性をお話をしていただきました。人口が減少し、核家族化が進む日本で家族依存は到底難しいのです。

持続可能な福祉社会ビジョンとは、個人の生活保障や分配の公正が実現されつつ、それが環境・資源制約とも調和しながら長期にわたって存続できる社会。
そして、定常型社会として、経済成長を絶対的な目標とせず、十分な豊かさが実現されていく社会である。集団を超えた個人のネットワークを私たちはどのようにつくっていくのか?
自立応援団だけではなく、様々な団体や事業所とのつながりが、一人一人の豊かさを高めることにつながると感じました。そして、ホームで生活する仲間、仕事に通う仲間が、ネットワークを通して、多くの人との関わりで、幸福度が高まることを期待しています。また、在宅で生活している仲間にとって地域での暮らしを支える為にも地域の方々とのかかわりが重要であると感じました。
この記事のURL
http://blog.canpan.info/zirituouendan/archive/1776
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/1399318
 
コメントする
コメント