CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ゆとりすと

障がいがあろうとなかろうと、
人生を楽しまないなんてもったいない!!
いまこそCHENGEからCHANGEへ変わるとき!
「ゆとりすと」はあなたです。


最新記事
最新コメント
髭爺
宮崎シーガイヤ ジョギング・ユニファイド大会 (05/14) 北九州のS保育士です
宮崎シーガイヤ ジョギング・ユニファイド大会 (05/10) to なつ姫 from 髭爺
晩御飯 (11/09) なつ姫
晩御飯 (11/09) to 隊長♪ from 髭爺
年甲斐もなく(>_<) やっちまったぁ〜3 (11/07) 隊長
年甲斐もなく(>_<) やっちまったぁ〜3 (11/03) ちーちゃん
なんだぁ〜? (09/24) ちーちゃん
全肢連全国大会が開催 (09/04) ちーちゃん
全肢連50周年記念式典 (09/03) to やくもパパ from 髭爺
校外学習へ、いざぁ〜(^_^)v (08/24)
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
Google

Canpn
ゆとりすとブログ
年甲斐もなく(>_<) やっちまったぁ〜2 [2011年10月31日(Mon)]


今朝、救急搬送されたERのある病院に再診のために訪れた。

受付で診察券と昨日救急搬送されたのですが、っというと、あっ、診察と検査予約が入っていますので、整形の待合室へと促され、待つこと30分

名前が呼ばれて、松葉杖をつきながら行くと、看護師が松葉杖ですとドクターに告げた。

ドクターは比較的若い感じて、親切丁寧に説明をしてくれた。
エコーを取りますね。っと言われベッドにうつ伏せに。エコーの画像を覗き見ることはできなかった(>_<)

それで、入院は2日のベッドが空きましたので、午前中に入院をお願いします。
手術は4日金曜日の午後の時間帯と決まった。

ここでも手術と温存療法について説明があったが、やはり、トータルで感知する時間を考えた場合は手術でも温存療法でもおなじ。
しかし、早い社会復帰を望まれるのであれば、手術の方が選択肢としてはようで省とのこと。

また、温存療法の場合は自然にアキレス腱がつながるので、再断裂の可能性は高いとの説明。

私はすかさず、全社でお願いした。
おそらく術後の経過とリハビリの結果が良ければ、退院後1〜2週間で車の運転もできるようにはなるけれど、リハビリは欠かせず、しばらくは松葉杖の生活は余儀なくされそうなかな(>_<)

今日はこの後血液検査とレントゲン、それと心電図を取ってもらって帰ってもらって結構です。

あっそ、ってな感じで、お蔭で月末の処理を無事に終えることができた。


松葉杖より車いすの選択肢はないのかなぁ〜?!
聞いてみようか!

やっぱり、車いすのデモ機はひつようだなぁ〜!

つづく・・・・・


年甲斐もなく(>_<) やっちまったぁ〜 [2011年10月31日(Mon)]
昨日10月30日は、次男坊 舜介の運動会。
あいにくの雨で体育館での開催でした。

予定通り、舜介の徒競走など恙無くプログラムも進み、いよいよ父親の団体競技の番に。

そこでアクシデントが起きてしまったのです(>_<)

親の意地と題した団体競技で、バトンがわりにハイタッチの後、ステージからジャンプして着地した、その瞬間、バぁ〜と炸裂したような感じで、右足の感覚がなくなり、大きく一回転。
大丈夫?大丈夫?という問い掛けに、ただ呆然とうん!大丈夫といいながらバトンを渡した途端、床にに崩れ落ちてしまった(>_<)

右足に感覚がなく左右の足首を交互に触ってみると、右足のアキレス腱がない!

あ"〜、やっちまったぁ〜!明日月末だし、月末処理が〜、どうでしょう、なんて考えている間に、園の保護者の中にいた男性看護師さんやPTのお母さんが私の周りを取り囲み、手際よく応急処置をほどこして貰っていた。

自分では気丈なつもりでいたが、顔面蒼白に一時期なっていたようだった(^_^;)

そして、生まれて初めての救急車に乗って、ERへ搬送された。

救急車の中は決して乗り心地の良いものではなかったが、ベッドの下には空気で調整するスタビライザァーのようなものが付いていて、ショックアブソーブしていた。

俯せ状態で担架に乗せられていたので、余り回りを見渡せなかったが、医療機器が完備し、これが空を飛べばドクターヘリかぁ〜、なんて呑気なことを考えていた。

それと、交差点に救急車が差し掛かる時には、助手席の隊員がサイレンを鳴らしているのだと、初めてしった。

ERに到着し、正にドクターヘリの場面を彷彿とさせるかのように、入口で研修医とナースが待ち受けていて、テキパキと救急隊員が状況を報告。

病院のベッドに移されて、ドクターの診察。
足元では、研修医にドクターが説明をしながら、一言、アキレス腱が切れていますね!

念のために足首のレントゲンを撮りましょう。

今日は、空きベッドがないので、シーネ(ギブスに類するもの)で固定をして、帰っ貰って大丈夫です。

明日、再度診察をして手術日を決めましょう!ということになった。

可能性として2日水曜日か4日金曜日が濃厚の様子であった。

手術の話しを聞いているときに、ドクターの手術でいいですね?との問いに、

ん?
手術しなくても良い方法あるんですか?と問い返すと、

なんとアキレス腱断裂を手術をしないで、自然に繋がるように足首を固定するやり方をするドクターもいるのと話であった。

いままでのアキレス腱断裂に纏わる認識がまたもや覆された瞬間であった。

つづく


プロフィール

髭爺さんの画像
<< 2011年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
リンク集
RSS新着情報

モバイル用QRコードだよん♪
にほんブログ村 家族ブログへ