CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

ゆとりすと

障がいがあろうとなかろうと、
人生を楽しまないなんてもったいない!!
いまこそCHENGEからCHANGEへ変わるとき!
「ゆとりすと」はあなたです。


最新記事
最新コメント
髭爺
宮崎シーガイヤ ジョギング・ユニファイド大会 (05/14) 北九州のS保育士です
宮崎シーガイヤ ジョギング・ユニファイド大会 (05/10) to なつ姫 from 髭爺
晩御飯 (11/09) なつ姫
晩御飯 (11/09) to 隊長♪ from 髭爺
年甲斐もなく(>_<) やっちまったぁ〜3 (11/07) 隊長
年甲斐もなく(>_<) やっちまったぁ〜3 (11/03) ちーちゃん
なんだぁ〜? (09/24) ちーちゃん
全肢連全国大会が開催 (09/04) ちーちゃん
全肢連50周年記念式典 (09/03) to やくもパパ from 髭爺
校外学習へ、いざぁ〜(^_^)v (08/24)
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新トラックバック
Google

Canpn
ゆとりすとブログ
光の芸術を久々に仰ぎ見たぁ〜〜(^o^)丿 [2009年02月25日(Wed)]


光の芸術「虹」 


その名をまた
英語ではレインボー(rainbow)「雨の弓」
フランス語ではアルカンシエル(arc-en-ciel)、
「空に掛かるアーチ」

といわれているが、

昔から虹の袂を掘り起こせが財宝?
眠っているぅ〜!だったけ???。

isseiを保育園に送り届けた帰り道のこと、
思わず虹を追いかけてみたが、

追いかければ追いかけるほど、
手の届かぬところへぇ〜〜(^_^.)

久しぶりに虹のアーチを
目にすることができた(^_^)v

なんだか得した気分音符









いまだ原因不明の使用禁止文字列 [2009年02月22日(Sun)]

昨日、せとぼんさんが、わがブログに
書き込みをトライされました。

しかし、投稿内容に禁止されている文字列が
含まれているということで、
せとぽんさんは書き込みができませんでした。

私も同じ文面を別のテキストエディターで作成し
てアップしてみましたが、やはりダメでした。

どうしてでしょうね??

ちなみに、その内容とは、
ここから↓
**************************************************
うちの若い職員が、自主企画の研修で、
北欧に行って、ブログで報告を書いています。

 それを読んで、私は、こーろーしょーの制度(無)設計を
「前提」に考えないことにしました。

 自治体だけでは、現場に弱いので、
NPOや研究機関との協働で、制度設計できないかな
と思っています。
***************************************************

なぜ書き込みができなかったのでしょうね?!
せとぼんさんじはその原因が分からずに
夜も眠れなかったそうです。

だれか、原因と探求できる方はいらっしゃいますかぁ〜?
無事に [2009年02月22日(Sun)]
お別れ遠足も無事に雨に降られることもなく終わりましたぁ〜(^^)v

これで親子一緒の遠足は終り。

小学校にいったら今度はどんな遠足が待っているのか、楽しみだねぇ〜(^O^)/


お別れ遠足が始まったぁ〜♪ [2009年02月22日(Sun)]

みやざきフローランテにきたぁ〜ょ♪

天気も今のところ曇天で何とか午前中は持ち越しそう〜!

今日は家族4人で参加しる予定が空模様が怪しいので断念(>_<)
ちょっと寒ぶぅ〜(・∀・)


2月20日はISSEIの6歳の誕生日だったぁ〜! [2009年02月22日(Sun)]

なんと、ISSEIは6回目の誕生日を
迎えることが出来まちたぁ〜音符

ひとえに皆ちゃま方の暖かい
ご声援のお陰でちゅ(^o^)丿



でたぁ〜〜拍手
今年はチョコレートケーキだぁ〜!
やったぁ〜〜〓


いやぁ〜、てれちゃうなぁ〜!
ロウソクが6本もあるじょぉ〜!

一息でふっ〜〜〜できるかな。


えへぇ〜〜、
どうぉ、美味しそうでしょ〜!

今日は大好物の鳥のから揚げと
チョコレートケーキ♪

本当に6歳かぁ〜!
良くここまでこれたよなぁ。

生まれたときの予想からすると、
あれは何だったんだろうかぁ〜、

ともあれ、もうすぐピッかピッかの
一年生。

これから楽しみだにゃ。

さて、明日は保育園の
お別れ遠足なんだ。

3年間振り返ると、
本当にあっという間で、

やっぱ、保育園があったから
ここまで成長できたんだよね!

本当に感謝でちゅハート




よっ音符

あにきぃ〜!
誕生日おめでとなぃ〜〜♪


乳母車マークって知っていましたか? [2009年02月21日(Sat)]
乳母車がまちを拓く!

スウェーデンを訪れた人は口々に
「スウェーデンの街づくりや、車いすの
ためになされている」と。

しかし、敬愛する光野氏は、複数の
著書中で、「実は、なんと乳母車の
ための街づくりだったのだ!」
と書き記されている。

皆さんは今までに乳母車マークを
日本で
目にされてことがぁ〜・・・・・・?!

スウェーデンでは待ちのいたるところに、
乳母車マークがべたべたと張られており、
その数は車いすマークより断トツに
多いのだとか。

バスには乳母車用のスペースが
3台分設けてあり、しかも、乳母車を
押している人は無料なんだそうです。

そして、バス停で乳母車で待っていると、
バスの乗客が「それぇ〜っ」とばかりに
持ち上げて手伝ってくれんだそうです。

どこかの国じゃ、まだまだ身障者用の
駐車スペースに、平気でとめている車を
よく目にしますが、スウェーデンでは
ありえなぁ〜〜ぃ!


ところで、みなさぁ〜ん(^o^)丿

どこかで乳母車マークを目にされたら、
ぜひ写メしておくってくださぁ〜い!!



普段何気なく使っているリハビリテーションとはなんぞい? [2009年02月19日(Thu)]

リハビリテーションって、なぁ〜んだはてな

普段何気なく、軽々しく話している
リハビリ、リハ、ってその発端は
いったいどこ??

病人、あるいは交通事故などで障害を
受けた人に対して、今まで備わっていた
機能を最大限に回復させると同時に、
機能の低下や損失、怪我や病気の場合に、
精神的・身体的な快適さを得られるよう
援助するための、医療的、心理的、社会的、
職業的な処置方法をリハビリテーション
といいます。

もともと、リハビリテーションはラテン語の
Habil(有能、役立つ、生きる)という言葉から
生まれ、病気や怪我などをした場合に元の
Habilの状態に戻す、つまりRe-Habilして
いくという意味なのです。

リハビリテーションという概念や言葉は、
今や医療や福祉の世界ばかりでなく、
私たちの普段の生活の中でいろいろな
場面で使われていますが、リハビリテーション
という言葉が使われ始めたのは、
第二次世界大戦のころ1940年頃に端を
発するといわれています。

負傷したパイロットを早期に戦場に
送り返すために系統的に治療し復帰させ
労働力不足を補うために誕生したのが
そもそもリハビリテーションの始まりでした。

それから、50年代に入り、生まれつき身体に
障がいを持つ児童に対する治療方法として
前回ご紹介をしたハビリテーションという
機能を有能化していく考え方が広まって
いくことになるのです。

「リ」がつくのと付かないのとでは、随分
意味合いが異なってきますね!


さてぇ〜、失われたヘアは、
リハビリしたらふさふさにぃ〜、

ならないよなぁ〜〜落ち込み







ハビリテーションは、とても先駆的な考え方なんじゃ!  [2009年02月18日(Wed)]

ハビリテーションとはいったいなんじゃろかぁ〜?

それは、イギリスやオランダ・アメリカなどで1950年代に
生まれつき身体障がいを持つ児童に対するケアの中で、
児童やその家族などの状況やニーズへの関心や理解が
深まっていったそうな。

そしてイギリス・オランダ・アメリカなどでは児童に対する
「ハビリテーション」の考えが発達していったそうなぁ〜。

生まれつき機能障がいを持つ児童、あるいは自閉症や
その他、生まれてから早期に 機能障がいを持つ児童は、

「元に戻す」っちゅうのではなく、その状況を基点として、
その人の持つ機能の発達に焦点を当てなければなら
ないっちゅう考えなんじゃな。

つまり、回復を見込んで治療するのではなく、
その機能を有能化していくということなんじゃ〜。

スウェーデンでもこの治療に対する新しい考え方が
広まり、施設や今まで家庭の中で隠れるように
暮らしていた脳性マヒによる障がいを持つ児童たちに
対して、理学療法、知的能力刺激などの治療などが
はじめられることになったんじゃそうな〜。

それはやがて教育界や医療の分野においても、
「生まれつき、あるいは早期に機能障がいを持つ児童は、
回復という次元で治療、療育することは出来ない」という
考えかたは観点が広まることになったんじゃなぁ〜!

そしてから、今までのように障がいというものを治す
対象として、医療や療育の範囲で治療によって社会
参加をさせるという視点から、障がいを持ちながらも
社会参加出来るための条件を、社会的にも整えて
いかなければならないというように、考え方が
変わってきたんじゃ。

障がいを持つ人に必要なのは、障がいを治す
治療ではなく、障がいを持つという状況で生活する
上での援助と周りの理解がとても重要である
ということなんじゃなぁ。

そして、1950年代に生まれた「ノーマライゼーション」
という理念によって社会化され、70年代に入ると
制度化されるというように、現在に至るスウェーデンに
おける障がい者福祉の基盤となっているのじゃそうな。

ねっねぇ〜!ハビリテーションの考え方、
とっても良いでしょう!

もっともっと勉強しなくちゃいけないですけどね。

つづくぅ〜!
ハビリテーションとリハビリテーション。 [2009年02月17日(Tue)]

ハビリテーションリハビリテーション
ってどうちがう?

一般的になじみの深い言葉は、
リハビリテーション。

何気なく口にしている言葉で、
あらゆる状況で使われ
違和感のない言葉。

しかし、昨日パンテーラジャパンの
光野有次社長とスウェーデンの
療育体制についてお尋ねしたところ、
スウェーデンでは、リハビリテーション
ではなくハビリテーションである
という事実。

思わず、ハッと息を呑んでしまった。

リハビリテーションとハビリテーションでは、
根本的に意味合いが異なるからである。

しかもスウェーデンでは50年代から
ハビリテーションの
概念が普及していたという。 

これにはおもわず・・・・・・。

新たな衝撃波が脳裏を襲ってきた。

それってどういうこと??
醤油ってこと(^_^.)

それで調べてみることに。
リハビリテーションは、ラテン語のHabil
(有能、役立つ、生きる)という
言葉から生まれ、
そのHabilの状態に戻す、
つまりRe-habilしていくという意味だとか。

っということは、
ふと素朴な疑問がわいてきちゃいました。

「元に戻す??」

リハビリテーションは、例えば足の骨を
骨折した場合、治療し、以前のように
歩けるように再適用すること。

ん??

んだば、
障がいをもって生まれてきた
場合はどうなの??
元に戻すことのできない?!

っとすると、リハビリじゃなくて、なんなの???

それがハビリテーションという
概念だったのです。

これって
興味深くありませぇ〜〜ん音符


つづくぅ〜〜♪




つくしんぼ [2009年02月15日(Sun)]

つくしがいっぱい土手に芽吹いているぞぉ〜♪

春はもうすぐそこだぁ〜(^O^)/>
| 次へ
プロフィール

髭爺さんの画像
<< 2009年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
リンク集
RSS新着情報

モバイル用QRコードだよん♪
にほんブログ村 家族ブログへ