CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

杜の伝言板ゆるるさんの画像
<< 2014年10月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NPO法人杜の伝言板ゆるる
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/10) 田口 由紀絵
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/09) NPO法人杜の伝言板ゆるる
「復興への道」報告会 (08/10) NPO法人みやぎ宅老連絡会
「復興への道」報告会 (08/10) オクタン
石巻の復興支援状況 (09/22) ミドリふぐ
石巻の復興支援状況 (09/22) 小沼
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/08) FNC@吉富まゆみ
助成金決定の感謝の言葉 (08/05) 田口由紀絵
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/02) ニューロネット株式会社
ICT支援応援隊 (08/01)
http://blog.canpan.info/yururu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/yururu/index2_0.xml
会計、税務、労務管理、認定NPO法人化... 組織運営力を高めたいNPO必見! [2014年10月01日(Wed)]
NPO法人組織運営力強化事業告知.jpg
一昨年までは新しい公共支援事業、昨年からは震災復興担い手NPO等支援事業として、宮城県が力を入れているNPO支援。
今年の支援内容が固まりましたので、その内容をお伝え致します。
※以下の内容は全て無料です!


■会計、税務・労務管理、認定NPO法人化の3本柱

今年は「会計」「税務・労務管理」「認定NPO法人化」を柱として実施する予定です。昨年は会計と認定NPO法人化の2本柱でしたが、そこに税務と労務管理が加わり、より総合的にNPOの組織運営をサポートすることになります。

■年内は認定NPO法人化

気になる実施時期ですが、まずスタートするのは認定NPO法人化。
こちらは11月後半から、「認定NPO法人制度を知る講座」が県内4か所(大崎市、石巻市、仙台市、大河原町)で開催されます。「認定NPO法人制度を知る講座」は制度の概要、メリット、認定要件など、まだ認定NPO法人制度のことがよくわからないという方向けの導入編講座となっています。
また12月にはセミナー(名称未定)が開催されます。このセミナーでは、認定NPO法人制度に詳しい東京の専門家を招聘し、基調講演を行うとともに、県内ですでに認定NPO法人を取得している団体による事例発表、パネルディスカッションを行います。実際に認定NPO法人を取得するにあたり、どんな苦労があったのか、取ってみてどんなメリットを享受しているのか、そのあたりはみなさんご興味を持たれていると思います。セミナーでは認定取得に動き出している団体向けの相談会も合わせて実施します。

■会計、税務・労務管理は県内7か所で!

年が明けてからは、会計と税務・労務管理の講座が始まります。
会計は昨年も実施した「NPO法人会計基準講座」の入門編と実践編です。入門編ではNPO法人会計基準の考え方を学ぶとともに、従来の収支計算書とNPO法人会計基準に基づく活動計算書の作り方の違いを学びます。まだ収支計算書で事業報告を行っている法人さんはまずこの入門編でNPO法人会計基準の考え方を知ってください。
実践編では例題をもとに、ワークショップ形式で実際に活動計算書の作り方を学んでいきます。こちらは会計知識があるか、NPO法人会計基準を理解できている中級者向けの内容となっています。

そして今年から新たに始まる税務講座と労務管理講座。
法人税、消費税の処理をしたり、確定申告、税務申告をしたりとNPO法人にも税務の知識は欠かせません。税理士事務所に任せている、という法人さんでもリスクマネジメントの観点からご自身で勉強しておくに越したことはありません。
また、法人の活動を拡げるにあたって、人材の雇用を考えている法人さんも多いかと思いますが、そもそも給与規定や就業規則の整備などあなたの法人では人を受け入れる準備が整っているでしょうか? 人を雇う以上、当然社会保険にも加入しなくてはなりませんが、その手続きの仕方はご存知ですか? 今回の労務管理講座では、このようにNPO法人が人を雇う上で知っておかなければならない最低限の関係法令、手続きについて学びます。

上記、会計講座と税務・労務管理講座は年明け1月から2月に(場合によっては12月から)、県内7か所(気仙沼市、栗原市、登米市、大崎市、石巻市、仙台市、大河原町)で開催します。

■会計・税務、労務管理は専門家による個別サポートつき!

そしてそして、忘れてはいけないのは、会計・税務、労務管理の専門家による個別サポートもあるということ。それぞれ税理士、社労士の資格を持つ専門家があなたの法人の事務所へ訪問し、そのお悩みへの相談・指導に応じます。普通に依頼すれば、1時間●万円とかかるサポートを無料で受けられる、こんな機会はなかなかありません。
ただし、このサポートは無制限に実施できるわけではなく、いくつか条件があります。
まずは回数。1回あたり2.5時間のサポートが受けられるのですが、会計・税務サポートはのべ14団体のみ、労務管理サポートはのべ7団体のみです。そして、サポートを受けられる法人は上で説明した関連講座(会計・税務サポートであれば「NPO法人会計基準講座入門編」、「同実務編」、「税務講座」のどれか、労務管理サポートであれば「労務管理講座」)の受講団体に限ります。

■詳しくは杜の伝言板ゆるるまで...

いかがでしょうか?
今回は取り急ぎ、全体をざっと紹介しただけですので、もしかするともっと個々の内容を詳細に教えてほしいという方もいらっしゃるかと思います。今後は個々の内容ごとに詳細をお伝えしていくつもりですが、上記についてもっと詳しく話が聞きたいという方がいらっしゃいましたら、まずは杜の伝言板ゆるる(担当:大西)までご連絡ください。

告知版のチラシをダウンロードしたいという方はコチラ→NPO法人組織運営力強化事業告知版チラシ.pdf
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 18:02 | NPO | この記事のURL | コメント(0)
今年も秋晴れのもと、SAVE JAPANプロジェクト開催! [2014年09月24日(Wed)]
昨年に引き続き、仙台市にある蒲生干潟の保全、復元のために
活動している「蒲生を守る会」とともに、私たちゆるるが宮城県での
SAVE JAPANプロジェクトを
実施しています。
※SAVE JAPANプロジェクト詳細は、こちら

9月21日、SAVE JAPANプロジェクト「知ってほしい!身近に生きるいきもののこと、
環境のこと。 自然再生を考えるバスツアー」を、今年も秋晴れのもと、
総勢37名で開催しました。

蒲生干潟をはじめ、津波の被害を受けた沿岸部の自然やいきものたちが
どう再生しているのか、海岸域で進められている復旧工事はどう進んでいるのかを、
参加者の皆さんとともに見て、考えました。


まず開会式では、SAVE JAPANプロジェクトに協賛いただいている、
損害保険ジャパン日本興亜株式会社 仙台支店 課長の熱田さまから、
今回のプロジェクトの取組みについてお話いただきました。

★1 IMG_0777.JPG


引き続き、蒲生を守る会から、震災からの干潟の再生状況、
巨大な防潮堤が干潟にできることで起こる、生態系の変化について
説明がありました。


その後は、干潟の周辺を実際に歩き、再生した干潟や干潟に生きるいきものを観察。
★2 IMG_0853.JPG


干潟から、次の観察ポイントである、岡田新浜へバスで移動。
移動中は、今回講師にお迎えした、東北学院大学教授で、
震災後に「南蒲生/砂浜海岸エコトーン モニタリングネットワーク」を立ち上げた
平吹喜彦先生から、仙台市宮城野区の海岸地域で観察された生態系の変化
そして、様々な種類の植物がパッチワークのように残っている、岡田新浜について
説明いただきました。

参加者の方からは、「防災、減災によって過剰に自然が失われているよう」、
「震災から約3年半が経ち、少しずつ自然が戻りつつありますが、まだまだと感じました。
防潮堤は必要だと思いますが、自然を守りながら上手く建設されたらいいのですが、難しいですね」
といった感想がありました。


今回の取組みについては、月刊杜の伝言板ゆるる10月号で詳しく紹介しています。
ぜひ、ご覧ください!
月刊杜の伝言板ゆるる10月号は、こちら

次回のSAVE JAPANプロジェクトは、11月9日に、エル・パーク仙台で
「蒲生干潟と防潮堤〜自然を生かした防災計画と町づくりを考える〜」と題し、
シンポジウムを開催します。ぜひ、地域の環境、防災を考える1日に、ご参加ください。
詳細は、こちら → http://savejapan-pj.net/sj2014/miyagi/event/post_3.html
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 10:30 | SAVE JAPAN | この記事のURL | コメント(0)
続々・条例の会仙台取材 [2014年08月22日(Fri)]
こんにちは。
ゆるる事務局の大西です。

本日は朝から宮城野区松岡町に直行。
NPO法人麦の会代表の飯島茂さんに話を聞きに行くためでした。

麦の会は松岡町で『コッペ』という店を開いており、そこでパンやクッキーを作って販売しています。
スタッフには知的障がいを抱える方もおり、『コッペ』は就労支援の場所にもなっています。
ゆるるにも2週間に1度『コッペ』のパンを売りに来てくれるので、ゆるるスタッフにも馴染み深い団体さんです。
そして麦の会も条例の会仙台の構成団体であり、飯島さんはその立ち上げ以前から条例づくりに関わってきました。

P8220001.JPG
飯島さんです。

飯島さんからは主に知的障がい者支援の観点から、条例の会の取り組みの話を聞きました。
ただ、その内容は月刊ゆるる9月号に掲載させて頂くとして、この記事では別の問題を取り上げたいと思います。

それは、条例が制定されるまでのタイムスパン。
仙台市の計画では、条例制定を2016年4月としています。
15年12月の市議会定例会に条例案を提出する予定なので、実質残された時間は1年と3か月程度しかありません。

それまでに何をしなければいけないのか、市の計画に沿って記載します。
・現状の把握
・課題・論点の整理
・条例の骨格(構成案)の作成
・条例の中間案の作成
・パブリックコメント募集
・答申案の作成
・答申
と、こうなっています。
そして現在の進捗は、というと現状の把握の段階です。(市では8月31日まで障がい差別の事例募集をしています)

そして条例案を作っていく機関は仙台市障害者施策推進協議会となるわけですが、この協議会では条例制定の議論だけがなされるわけではなく、仙台市障害者福祉計画やその他直接条例とは関係がない内容もその場で話し合われます。
また、15年12月までに開催される協議会は7回。
残り7回の協議会の、限られた一部の時間を使って、上記のタスクを進めていかなくてはならないことになります。

ただ条例を作ることだけが目的なのであれば、制定までの期間も制定に至るプロセスもそこまで重視しなくてもいいのかもしれません。
しかし、条例の会仙台が、そしてもちろん仙台市も、目指しているのは条例を作った先、その条例を活かして差別のないまちづくりを進めることです。

そのためには条例づくりの段階から、協議会委員だけでなく、障がい当事者、一般市民、その他様々な立場の人びとの意見を集め、ぶつけあい、それぞれの理解を深めながら作る必要があります。
今現在の進め方で2016年4月の制定を目指すとして、どれだけ議論を深める余裕があるだろうか、条例の会仙台はその点を危惧しています。

ただ、幸いなことに6月25日に開催された第1回障害者施策推進協議会において、奥山恵美子仙台市長はこのように発言しています。

「ただ単に条例ができればそれで事がなるというほど単純ではないというのはもう委員の皆様方十分ご存じのことでございまして、世の中、一般がやはりこの問題を深く受け止め,自分たちの暮らしの中でどういうふうにそれを実践していけるかというところまで踏み込んでいかないと、なかなか本当に意味のある条例にはならないのではと考えております。そういう意味では、このことを多くの障害をお持ちの皆様、当事者の皆様、また市民の皆様とともにつくっていくというプロセスが大変重要ではないかと思っておりまして、協議会のほうにはぜひ今年度の時期におきましてはどのようにつくり上げていくことが望ましいかということにつきましても改めてご意見をいただければ大変我々もありがたいと思っているところでございます。ぜひ時間はかかっても、市民の皆様にじっくりご理解いただいて、そして実際に仙台のまちがこれによって5年後、10 年後には確かにあの時期を1つの節目として変わったと言われるような、そんな形になればと願っておりますので、ご尽力をお願いしたいと思うところでございます。」http://www.city.sendai.jp/kenkou/shougai/sesakusuisinkyo/pdf/260625/2601giji.pdf

この市長の言葉もあり、条例の会仙台では先日市長あてに下記の要望を提出しています。
・障害者施策推進協議会の中に、条例制定のためのワーキンググループを作ること。
・2年の期間で制定されることが望ましいですが、場合によっては検討の期間の延長も視野に入れ、内容の検討が不十分にならないようにすること。
・仙台市付属機関等の会議の公開に関する取扱要領第3条を厳守すること。協議会の傍聴ができる環境作りを進めること。傍聴者の定員を設けないこと。
・十分な予算措置を取ること。
・市民が十分な情報を得るための幅広い見地から、推進協議会での手話通訳の設置を行うこと。
以上。

市長の言葉通り、また条例の会仙台が要望する通り、きちんとしたプロセスを伴う中身のある条例が完成することを期待してやみません。

次回、第2回障害者施策推進協議会の開催は9月5日(金)です。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 14:32 | 月刊杜の伝言板ゆるる | この記事のURL | コメント(0)
続・条例の会仙台取材 [2014年08月21日(Thu)]
こんばんは。
ゆるる事務局の大西です。

9月1日に発行する月刊ゆるる9月号の特集記事を作成するため、条例の会仙台を取材中です。

前回のブログ記事では条例の会仙台の杉山さんと及川さんへの取材を報告しましたが、本日新たに追加取材を敢行しました。
取材相手は条例の会仙台事務局長の大江正義さんとメンバーのサラさん。

P8210003.JPG
大江さんです。
サラさんのお写真はゆるる9月号までお待ちください。
とても魅力的な女性、とだけお伝えしておきます。

前回取材した杉山さん、及川さんはどちらも肢体が不自由という身体障がいを持つ方。
そして今回の大江さんはポリオに起因する身体障がい、サラさんは統合失調症という精神障がいを持っています。

今回の特集は、仙台市が障がい者差別をなくすための条例を作ろうとしている、ということがメイントピックとなるわけですが、これまで4人の方のお話を聞いてきて一つ重要なことに気がつきました。
それは、条例を作ること自体が目的なのではなく、大切なのは条例を作るプロセスを通じて、健常者と障がい者間の相互理解を深めることだ、ということです。

今の社会において障がいを持つ人々がどのような苦労、嫌な思いをしているか、を障がいを持たない人と話し合い、両者がともに暮らしやすいまちを作っていくこと。
条例づくりは、健常者・障がい者それぞれが歩み寄るきっかけになりうるのではないか、と感じています。

しかし、話を聞けば聞くほどに、今回取り上げようとしている話の内容の深さを知ることとなり、どうまとめていけばよいものか、たいそう頭を悩ませているところです!
複数回の連載にするべきかどうか…うーん。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 20:23 | 月刊杜の伝言板ゆるる | この記事のURL | コメント(0)
条例の会仙台さんを突撃取材! [2014年08月18日(Mon)]
こんばんは、ゆるる事務局の大西です。

今日僕は仙台市太白区、地下鉄長町一丁目駅を降りてすぐの場所にある、CILたすけっとを訪問していました。
FB_IMG_14079115048763071.jpg

何をしていたかというと、条例の会仙台(正式名称:誰もが暮らしやすいまちづくりをすすめる仙台連絡協議会)の取材です。
条例の会仙台は、CILたすけっとを始めとする障がい者支援に関わる全24団体で構成されており、事務局はCILたすけっとの中にあるのです。

今回、条例の会仙台を取材した背景には、昨年「障害者差別解消法」が国会で成立したことに伴い、仙台市が条例を制定しようとしていることがあります。
それに対し、条例の会仙台は2009年から障がい者への差別をなくすための条例案づくりを続けており、このたびの仙台市の条例制定にも当事者として市民として参画し、市民案を提案しようとしています。

ということで、今日は条例の会仙台の代表杉山裕信さんに、そもそも障がい者差別とはなんぞや、差別をなくすための条例づくりとはなんぞや、といったお話を聞いてきました。
また、前被災地障がい者センターみやぎ代表の及川智さんからも、特に震災、被災地で感じた障がい者差別のお話を聞くことができました。

IMGP5214.JPG
左が杉山さん、右が及川さんです。

条例の会仙台の活動とは、障がい者差別とは、そのあたりの詳しい話は月刊杜の伝言板ゆるる2014年9月号に掲載する予定です。
ご興味のある方はぜひ、次号の月刊ゆるるをご覧ください。

また、9月7日にはエルパーク仙台で「第2回誰もが暮らしやすいまちづくりフォーラム2014」が開催され、9月15日には条例の会仙台も参加する「みやぎアピール大行動2014」が、せんだいメディアテークでの講演を皮切りに開催されます。
気になる方はどうぞそちらへご参加してみてください!
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 18:48 | 月刊杜の伝言板ゆるる | この記事のURL | コメント(0)
―夏ボラ2014事前学習会アンケート結果― [2014年08月15日(Fri)]
7月から始まっている「NPOで高校生の夏ボラ体験2014」も残すところ、あと9日間となりました。
各地のNPOのもとでボランティア体験に励む高校生の様子は、別ブログhttps://kacco.kahoku.co.jp/author/yururuで随時紹介中です。

さて、この夏ボラでは7月19日〜21日にかけて事前学習会という高校生向け集合研修を行っています。
そのときに高校生に回答してもらったアンケートの集計が終わったので、その一部を公開させて頂きます。
***************************************
アンケート回答者総数123名

Q.なぜ、夏ボラに参加しようと思いましたか?(回答を一つ選択)

49名 進路に役立つと思った
27名 人や社会の役に立ちたいと思った
26名 自分の成長につながると思った
12名 楽しそうだと思った
4名 先生から勧められた
2名 友だちに誘われた
0名 新しい友だちを作りたかった
0名 自分の地域のことを知りたかった
2名 その他
1名 記入なし


Q.体験希望の団体は、何を基準に選びましたか?(回答を一つ選択)

40名 体験プログラムの魅力
32名 通いやすさ
21名 スケジュール
14名 進路との関連性
13名 団体への関心
2名 その他
1名 記入なし


Q.今回の夏ボラに期待していることは何ですか?(回答を一つ選択)

51名 自身の成長
23名 進路に関連する学び
20名 地域社会に関する知識
10名 NPOに関する知識
5名 新しい出会い(同年代)
3名 新しい出会い(社会人)
2名 その他
9名 記入なし

***************************************

結果を見てみると、高校生の夏ボラ参加動機としては進路や自分自身の成長という回答が目立っています。
また、団体を選ぶ際の基準として最も多かったのは「体験プログラムの魅力」ということで、このあたりは来年の夏ボラを計画するにあたって参考にしていきたいところです。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 16:41 | 夏ボラ | この記事のURL | コメント(0)
第12回通常総会終わりました [2014年07月26日(Sat)]
P7260002.JPG

本日、特定非営利活動法人杜の伝言板ゆるるの第12回通常総会が開催されました。
平成25年度の事業報告および決算報告と平成26年度の事業計画・予算、それと役員改選案を無事承認して頂きました。

ご出席頂いた会員の皆さま、委任状をご提出頂いた会員の皆さま、どうもありがとうございました。

P7260017.JPG

総会のあとは、会員同士の交流会がありました。
話が盛り上がったためか、はたまた会場が狭かったせいか、会場は冷房が動いているかが疑われるほどの熱気に包まれました。

冷房の設定温度を下げるのが遅れてすみませんm(_ _)m
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 17:10 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
まきばフリースクールの武田理事長を電撃取材! [2014年07月11日(Fri)]
P7110001.JPG

突然ですが、このにこやかな男性はNPO法人まきばフリースクールの理事長である武田和浩さんです。
NPO法人KHJ宮城県「タオ」の理事長でもあります。
まきばフリースクールも「タオ」も引きこもりや不登校など、上手く社会に溶け込めない人たちを支援しています。


本日、事務局大西は月刊ゆるる8月号取材のため、武田さんを訪ね大崎へ行ってまいりました。
前日にアポを取っての強行取材でした。
武田さんはご自身が若い頃に挫折した経験をもとに、同じような境遇、もしくはもっとひどい境遇に置かれている人びとの力になろうと、その後の人生を費やしてきた方です。


ここでは、そのお話の中でとても印象深かったことを一つだけ紹介させてもらいます。
話というかキーワードですが、武田さんやまきばフリースクールが作り上げているのは「循環型コミュニティ」だということです。


不登校や引きこもり、その他、武田さんのもとに集まるのは、今の社会で生きる場所を見つけられず、自らの存在価値を否定してしまっている人びと。
でもまきばフリースクールにいると、なぜか誰かの役に立ってしまう。


たとえば、ある引きこもりの男性に毎日ある認知症のおばあちゃんと一緒に昼食時間を過ごしてもらったそうです。(まきばのシステム内にはデイサービスもあります)
しばらくすると、どうでしょう。
認知症のおばあちゃんはその引きこもりの男性に「あなた何やってるの、しっかりしなさい!」と気合を入れはじめたそうです。
じつはそのおばあちゃん認知症の症状が出る前は、町内会の役員を務め、面倒見がいいことで近所でも評判だったのですが、役員をやめ、旦那さんも亡くなってしまい、自分の役割がなくなっていたのですね。
そこにそれなりの年齢でありながら自立ができていない男性が現れた。
おばあちゃんにとって、その男性をしっかりさせることが新しい自分の役割になったのです。
そしていつしか認知症も治ってしまった……とのこと。


この例では、引きこもりの男性も、認知症のおばあちゃんも、それぞれお互いの役に立ってしまいました。
まきばフリースクールにはこのような例がたくさんあります。
というよりも、そのような相互作用が生まれるよう、武田さんが仕組んでいるのです。


武田さんいわく「まきばは無駄な存在が一切いない、循環型コミュニティだ」とのこと。
ビオトープなどの生態系を想像してみてください。
そこに生きている生物はすべて、その環境の維持に役立っていて、何一つ無駄なものはありません。
それがまきばフリースクールなのですね。


もちろんハードな話もあります。
聞いていて、とても生半可な気持ちでは続けられないと思いました。
「覚悟を決めなければ、こちらがやられると思ったから、覚悟を決めた」と武田さん。


さて、これからまきばフリースクールはどこを目指していくのか。
詳しくは来月発行の月刊ゆるる8月号をご覧になってください。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 19:20 | 月刊杜の伝言板ゆるる | この記事のURL | コメント(0)
今年のインターン生を紹介します! [2014年07月09日(Wed)]
岩手・宮城・福島の3県で、若者がNPOでのインターンシップを行う「住友商事 インターンシッププログラム」。
ゆるるは昨年に引き続き、受け入れ団体になっています。

今年ゆるるが受け入れるインターン生は、宮城教育大学の3年生、渡邉知賀子さんです。

昨年は2人を受け入れていましたが、今年は1人。1人だと何かと心細いこともあるかもしれませんので、そこはしっかりフォローしていきたいと思います!

いよいよ今日がインターンの初日!
緊張した面持ちで事務局の戸を叩いた知賀子さん。
礼儀正しく、真面目な印象を受ける彼女ですが、普段はあまり社会人との関わりが多くないそうで、それが自分のウィークポイントと考えているようです。
来年3月までの約9か月間のインターンを通して、より実際的な社会経験を積ませてあげたいなーと思います。

P7090002.JPG
「『伝える』術を身につける。」と目標を書いてくれた知賀子さんと、メインで知賀子さんをサポートしていくドヤ顔のスタッフ村上。

とりあえず、彼女には今月から本格始動する「夏ボラ」に関わってもらいます。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 14:51 | 住友商事インターンシッププログラム | この記事のURL | コメント(0)
今年も、インターン生がゆるるに [2014年06月30日(Mon)]
今年も、「住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム」で
インターンシップ生を受け入れることになりました!
「住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム」については、こちら


インターンシッププログラムは、2012年の宮城県内での受入を皮切りに、2013年には福島県、今年は岩手県も受入を開始し、3県でのインターンシッププログラムが展開されています。

プログラムは、「活動・研究助成」と「インターンシップ奨励プログラム」の2つで構成され、杜の伝言板ゆるるでは、今年7月から「インターンシップ奨励プログラム」で、1名の大学生を受入ます。

7月から始まる、インターンシップを前に、29日に宮城県、福島県、岩手県3県合同の入校式が行われました。

★DSCN0991.JPG
↑ 今年度のインターン生の自己紹介と、これからの抱負を思い思いに発表!

ゆるるでは、インターン生に「NPOで高校生の夏ボラ体験」や「月刊杜の伝言板ゆるる」の取材などに関わってもらう予定。

7月から、来年3月までの9か月に渡る長期間のインターンシップ。
大学生さんのチャレンジを応援するとともに、実りあるものになるよう、私たちも精一杯向き合って取り組んでいきたいと思います。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 18:24 | 住友商事インターンシッププログラム | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ