CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

杜の伝言板ゆるるさんの画像
<< 2015年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NPO法人杜の伝言板ゆるる
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/10) 田口 由紀絵
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/09) NPO法人杜の伝言板ゆるる
「復興への道」報告会 (08/10) NPO法人みやぎ宅老連絡会
「復興への道」報告会 (08/10) オクタン
石巻の復興支援状況 (09/22) ミドリふぐ
石巻の復興支援状況 (09/22) 小沼
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/08) FNC@吉富まゆみ
助成金決定の感謝の言葉 (08/05) 田口由紀絵
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/02) ニューロネット株式会社
ICT支援応援隊 (08/01)
http://blog.canpan.info/yururu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/yururu/index2_0.xml
「NPO法人のための税務・労務講座」も開催中です! <労務講座編> [2015年02月21日(Sat)]
「NPO法人 会計基準講座」と並行して
NPOのための 税務・労務講座』も開催されています。

1月20日から県内7カ所をめぐり、
残すところ、2/26(木)仙台会場のみとなりました。

午前に労務、午後に税務というスタイルで進められた講座。
まずは労務講座がどんなものか覗いてみましょう。

・・・○・・・○・・・○

労務講座の講師を務めて頂くのは、
社会保険労務士・キャリアカウンセラーの藤永弘子先生です。

藤永先生1.jpg

NPO法人には、さまざまな就労形態があり、必要な手続きも複雑に感じます。
まずは、それを藤永先生が、
有償・無償ボランティア、常勤・非常勤スタッフ、役員・・・と、
ひとつひとつ丁寧に説明下さいます。

参加者からの活動現場で感じている具体的な悩みにも、
その状況に寄り添って解説してくれ「なるほど」と満足の声
が聞こえました。

労災、雇用、社会保険などの各保険制度や、
労働契約、労働基準法についても、
例え話を用いて、NPO法人ならではの注意点やポイントを指摘下さいます。

労務も会計、税務とともに法人を運営していくうえで、
基盤となる大切な業務のひとつ。
そんな重要な位置にありながら、
ついつい後回しにしてしまいがちな労務管理。。。

それを、終始ユニークな話を用いながら、
参加者がリラックスして聞けるよう、お話下さいます。
先生のお人柄と細かな心遣いが感じられました。

藤永先生2.jpg

人を雇用する上での、
最低賃金を意識した、実践的な労働時間や給与の算出の仕方や、
健康保険・厚生年金保険料額表、雇用保険料率表、労災保険率表を用いた
保険料の算出方法についても講義下さいました。

参加者も自分の団体に置き換え考えることができ、
「そうすればいいのか」と良いヒント
になったようです。

法人を円滑に管理、運営していくためには、
労務手続、職場環境の改善などが必要不可欠となっています。

この機会に、日頃の組織の体制を見直してみませんか?

※講座の詳細は、HPのご案内をご覧ください。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 18:24 | NPO | この記事のURL | コメント(0)
「NPO法人 会計基準講座」開催中です! [2015年02月17日(Tue)]
1月14日を皮切りに、
県内7カ所で宮城県主催『NPO法人 会計基準講座』が開催されています。
みなさんはもう受講されましたでしょうか?

会計基準・全体.jpg

今回の講座の魅力は…

@ 入門編で、会計基準の概要を確認できる
A 実践編で、NPO法人にとって欠かせない報告計算書類の作り方を
  ワークショップを通して体験できる
B『個別訪問サポート』が受講者限定の特典として無料で受けることができる
C 決算前の大切な時期に、日常の会計事務を見直すことができる
D 会計基準の概要や報告計算書類に関連する、情報(資料)収集ができる


です。
それでは早速、講座の様子を簡単にご紹介します。

・・・○・・・○・・・○

分かりやすく丁寧な指導で人気のある成田由加里先生。

成田先生2.jpg

「今日の講義で一番ここが大事!」と始まった講義では、
NPO法改正により提出書類が
「収支計算書」から「活動計算書」に変わったことについて。

その意味・目的や双方の違い、
そして会計基準に則した「活動計算書」「貸借対照表」「注記」
といった計算書類の大切さについても分かりやすく説明下さいます。

先生の講義にうなずき聞き入る参加者も多くいました。

午後の実践編では、グル―プに分かれ、
ワークショップ形式で行われます。

ワーク中.jpg

まずは演習問題を解いていきます。
問題に沿って、出納帳を記帳。
それをもとに勘定科目を「仕訳」し、
「合計残高試算表」、「活動計算書」「貸借対照表」「財産目録」を実際に作成してみます。

実践していくなかで、
「今まで効率的な仕訳や出納帳の書き方がないか悩んでいたが、
とても参考になった。実務に取り入れてみたい」

という喜びの声も聞こえました。

会計基準演習.jpg

その後、グループごと大きな方眼紙に、
今演習した「活動計算書」「貸借対照表」を文字と付箋で埋めていきます。

「今は会計ソフトを利用しているから、指一本で必要なものが出てくるが、
実際に書いてみると、勘定科目を見直せるし、意識も違う」

と参加者も意欲的に取り組んでいました。

活動計算書.jpg

会計基準講座も残すところ
2/18(水)大崎会場
2/23(月)気仙沼会場
2/25(水)栗原会場

の3回となりました。
*日程、会場などの詳細は、HPのご案内をご覧下さい。

会計報告は組織の現状を振り返り、
周りからの信頼や共感を得ることにもつながる大切な業務。

今のうちから日常の会計業務を見直し、
決算に備えられるよう、本講座を活用頂けたら幸いです!

また、冒頭でお伝えしたとおり、
受講団体限定の「個別訪問サポート」サービスをご用意しています。
専門家が団体の活動場所に伺い、会計に関する課題・問題を無料でお手伝いします。

今後の活動をより円滑に進めるためにも、ぜひご参加ください!
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 09:53 | NPO法人会計基準 | この記事のURL | コメント(0)
「協働推進フォーラム 地方共助社会づくり懇談会in宮城」B [2015年02月06日(Fri)]
(協働推進フォーラム 地方共助社会づくり懇談会in宮城Aつづき)

協働推進フォーラムの最後を締めくくるのは、
「NPO等と行政による交流会」です。

「栗原・大崎」「仙南」「石巻」…と
県内6つの地域に分かれ、
NPOと各市町村の行政職員の「顔の見える関係づくり」を目的に行われました。

交流会2.jpg

当日は、行政よりもNPOの参加率が高かったため、
NPO同士の情報交換の場面が多かったグループもありましたが、
それも貴重な出会いの場となったようです。
閉会の挨拶があっても、話が途切れないグループがあったほど。

このような、交流を積み重ねていくことは、
お互いの活動を知り、地域課題を共有でき、
それぞれの活動の想いや夢を、現実へと近づけることにつながるのではないか。
交流会でのみなさんの様子を拝見して、そう感じました。

交流会1.jpg

・・・〇・・・〇・・・〇

協働推進フォーラムを終えて、
参加者の皆さんから、各プログラムもっと時間をかけて聞きたかった
との声を多数頂きました。

それだけ、みなさん各講話に興味があり、
有益な時間をお過ごし頂けたのなら幸いです。

地域課題を解決し、より住みよい地域社会をつくるには、
NPO、行政、企業等の多様な主体が協力し合い、
それぞれの持っているを力を活かした、「共助」「協働」精神が
これからさらに必要とされるのではないでしょうか。

主催者の開会挨拶でも、
「行政では担いきれない課題を克服するために、
NPOの存在はこれから欠かせなもの重要なものになる」
とのお話がありました。

今まで自分たちの力だけでやろうとしていたものを、
市民と行政が、ともに役割分担しながら担っていく「新しい共助」のスタイル。

お互いにこれを受け入れた時、
地域に寄り添った課題解決策が生まれるかもしれませんね。

111.jpg

様々な視点から、内容の濃いお話して頂いた、講師、パネリストのみなさま、
そして、参加頂いたNPO団体、市町村の行政職員のみなさま、
フォーラムがみなさまの出会いの場となり、無事終了できたこと、
心より御礼申し上げます。
ありがとうございました!!
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 11:54 | SAVE JAPAN | この記事のURL | コメント(0)
「協働推進フォーラム 地方共助社会づくり懇談会in宮城」A [2015年02月03日(Tue)]
(協働推進フォーラム 地方共助社会づくり懇談会in宮城@のつづき)

深尾氏の基調講演後には、
県内外で活躍するNPO法人4団体をお招きし、
パネルディスカッションが行われました。

コーディネーターは
当法人杜の伝言板ゆるる代表理事/内閣府 共助社会づくり懇親会委員の大久保朝江氏。

パネルディスカッション全体.jpg

「多様な主体の連携による共助社会を目指して」をテーマに
ディスカッションが繰り広げられました。

・・・〇

NPO法人 全国コミュニティライフサポートセンター(以下CLC)
理事長の池田昌弘氏からは
「生活支援員の研究と支え合う地域づくりの可能性」についてお話頂きました。

池田さん.jpg

CLCでは「だれもが地域で普通に」暮らし続けられる地域社会の実現を目指し、
地域のケアや支え合い事業を行っています。

池田氏は、様々な介護支援や支え合いができるようになってきた。
これからも今の環境を維持していきたい。
と意欲的に話されました。

その中で、今、重点を置いている取り組みが「生活支援員」の活動。
仮設住宅への訪問活動、生きがいづくり、住民間のコミュニティづくりなど、
今まで福祉に携わったことのない人が、専門家よりも志高く活躍されているそうです。

最後に、2015年4月に改正される介護保険制度については、
「市町村の自治体には、ぜひお金の使い方を工夫してもらいたい」
と切なる想いを述べられました。

・・・〇

NPO法人 FOR YOU にこにこの家の小岩孝子理事長からは、
取り組まれている、地域福祉ネットワーク
「ほっとネットin東中田」についてご紹介頂きました。

小岩さん.jpg

今、問われている地域のコミュニティ。
だからこそ、地域のつながりを大切にしようと、
様々なイベント等を通して、地域を元気にする活動をされています。

東中田地区の福祉関係19団体のネットワークを持つ「ほっとネットin東中田」は、
子供も大人もお年寄りも、病気や障害を持っていても、
全ての人が安心して生活できる地域を目指されています。

東中田地区にある施設や団体を
地域住民に知ってもらおうと始まったネットワーク。

今や児童館や学校、市民センター、町内会等とつながり、
ますます協働の輪が広がっているそうです。

東日本大震災後は、その教訓や生きる希望を伝えていこうと
この横のつながりを活用して、防災活動にも力を入れられています。

地域と「共に」、課題や想いを「形」にすることを志し、
これからも地域の元気を発信していきたいと笑顔で語られました。

・・・〇

NPO法人 あきた地域資源ネットワークあきた専務理事の鐙啓記氏からは、
秋田県の地域資源を活用した協働推進についてのお話。

鐙さん.jpg

楽しい地域づくりを目指す鐙氏は、
秋田県を舞台に様々なコミュニティビジネスに取り組まれています。
その鐙氏が秋田県で進めている協働プロブラムをご紹介頂きました。

1.男鹿半島・大潟を始めとしたジオパークの推進

  商工会や観光協会などと協働で男鹿の魅力を発信。
  新しい事を拒む土地柄も根づくなか、県外から入ってきた女性達を新たな担い手として、
  ともに男鹿の美しさを発信していきたい。

2.魚醤(しょっつる)や地魚のブランド力向上
3.災害に強い男鹿の地域づくり
4.秋田市の町中飲み歩き「アキタ・バール街」
5.コミュニティ・ビジネスの推進
6.焼き畑の復活と特産品づくり、ツーリズム
7.舞踏の聖地・秋田で国際舞踏・舞踊フェスティバル
8.秋田県のフリーマガジン「のんびり」の制作と若手育成

秋田県ならではのプロジェクトは、魅力的で、ユニークな取り組みばかり。
鐙さんの地元愛が伝わるお話でした。

・・・〇

「円卓会議」の取り組み事例からお話頂いたのは、
NPO法人 茨城NPOセンター・コモンズ常務理事・事務局長
/内閣府 共助社会づくり懇親会委員の横田能洋氏。

横田さん.jpg

企業、行政、金融、NPOなど多様な立場の関係者が集い、
どのように協働し、地域課題解決につなげていくかを協議する場として、
全国各地で行われています。

始めは意欲的でなかった行政も回を重ねるごとに
情報収集や交流の場として受け止めてくれた。
互いの考えや取り組みを知り、共有できる場になったと言います。

単体では難しい課題も、共助により可能になる。
東日本大震災の時も「円卓会議」メンバーの横のつながりがあったお陰で、
メール一本で様々な支援活動ができたそうです。

当日配布された横田氏の資料の一文。
「NPOは制度の狭間にいる人に寄り添い、
課題解決のための事業をつくったり、社会に発信できる。
それにより見えなかった課題が周りに伝わり、
寄付やボランティアなど共助の機会を増やすこともできる。
当事者とともに活動していく中で、心の壁や制度の壁をなくしていければ、
共助社会に近づくだろう」

横田氏が共助社会について論じた新聞記事の中のメッセージの一部です。
横田氏の想いが詰め込まれているように感じました。

・・・〇

4名のパネリストから
多様な「協働」の事例、現状がお聞きできました。

協働とは、個性、役割、分野の違う人たちが、
それぞれの持つ力を活かし、互いに協力し合い、
同じ目標に向かって進んでいくこと。

様々な社会問題や課題が取り巻く現代で、その必要性は高まっています。
今回のお話を聞いて、ちょっと視野を広げてみれば、
身近なところに「協働」「共助」のきっかけが待っているのかもしれないと
改めて感じました。


「NPO等と行政による交流会」へとつづく。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 18:30 | SAVE JAPAN | この記事のURL | コメント(0)
「協働推進フォーラム 地方共助社会づくり懇談会in宮城」@ [2015年02月03日(Tue)]
1月28日に内閣府、宮城県主催の
「協働推進フォーラム 地方共助社会づくり懇談会in宮城」が開催されました。

今注目される「協働」をテーマにした基調講演。
各地で共助社会を実践されているNPO法人の方々を迎えてのパネルディスカッション。
そして「顔の見える関係づくり」を目的にしたNPOと行政職員による交流会
と盛り沢山の内容で進められました。

全体.jpg

県内外からの参加者は総勢73名。
「勉強になる良い話が聞けた」「実際に取り組んでいる方の実例を聞けてよかった」
など喜びの声も頂戴しました。

それでは、簡略ではありますが、フォーラムの様子をお伝え致します。

まずは、基調講演「協働による市民社会の可能性を探る」。

お話頂くのは「きょうとNPOセンター」を設立後、
日本初のNPO法人放送局「京都コミュニティ放送」を立ち上げ、
現在は「公益財団法人 京都地域創造基金」理事長でいらっしゃる深尾昌峰氏です。

深尾さん.jpg

「持続可能な地域社会の創造に向けて」と題し、
地方やNPOの現状、これからあり方をお話いただきました。
そのポイントをまとめてみると・・・

・・・○・・・○・・・○・・・○・・・○・・・

●現代で問題視されている「少子高齢化」について

都市部では実感しにくく、地方の問題だと言われているが、
「介護難民」や「買い物難民」が都市部でも急増している。
少子高齢化の問題を具体的に考えていかねばならない。

●地方消滅論について

地方には、たくさんの資源がある。
東京がその地方の資源を吸い取るという従来の構造を見直さなければいけない。
人口減少をチャンスにかえ、
自分たちで地域を守り、構築し、地域構造を見直そう。

●NPOの現状

NPO団体の活動が盛んになるのに並行して、
NPOに関する制度・仕組みが発達し、
本来持っていた先駆性や自立性といった市民活動らしさが回収されてしまう。

●今の「当たり前」は誰かの「ほっとけない」から始まっている

社会課題の解決は、
課題に気づき「ほっとけない」と思った人が行動を起こすことから始まる。
その人たちの草の根活動を経て、社会に広がっていく。

それが浸透したところで、
社会全体の課題、自治体の政策課題になり、
税金を投入したり、制度になったりする。

NP0等の活動がはじまる「ほっとけない」の時点で、
その活動に共感し、支えようとする共助の領域を
いかに豊かにしていくかが大切であり、
それが未来の地域の形につながっていく。

●信用金庫の役目

地域に根差した存在である信用金庫。
信用金庫自身も、
自分たちがNPOと行政のつなぎ役なれるのではないかと気づき始めている。

●共助社会に必要な人材

NPOの活動に共鳴し、支えてくれる人達とどのようにつながるか。
応援してほしい人と応援したい人とが、
地域について考えていく機会をつくる。
お金だけじゃない関係性大切である。

さらにそれをデザイン、プロデュースしていく人材、
行政の立場、企業の立場、市民の立場と双方に立てる人材が
今後必要になってくる。

・・・○・・・○・・・○・・・○・・・○・・・

以上が、深尾氏が短い時間で伝えようと熱弁下さった内容です。
持続可能な地域づくりに向けて
身近なところにも、足がかりとなる様々なヒントが隠れていることを教えて頂きました。

参加者.jpg

うんうん、とうなずきながら熱心に聞いていた参加者に
きっと届いたことでしょう。

深尾さん、貴重なお話、ありがとうございました!

>>
次プログラム「パネルディスカッション」へつづく。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 12:16 | SAVE JAPAN | この記事のURL | コメント(0)
1/14〜開催!「NPO法人会計基準講座」・「NPOのための税務・労務講座」 [2015年01月07日(Wed)]
1月14日を皮切りに開催する宮城県主催「NPO法人会計基準講座」、
「NPOのための税務・労務講座」のお知らせです。


県内では、これから、気仙沼、栗原、大崎、登米、石巻、仙台、大河原の県内7か所で
開催します。

ご参加、お待ちしています!

詳細は、こちら
http://www.yururu.com/kokuti/2015/01/npo7-1.html
キャプチャ.JPG


パンフレットのPDFデータ、申込用紙はこちらからダウンロードできます→税務・労務・会計パンフレット(内容).pdf 税務・労務・会計パンフレット(申込用紙).pdf
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「NPO法人会計基準講座」

平成24年4月から施行されている特定非営利活動促進法改正では、
NPO法人の会計書類が今までの「収支計算書」から、「活動計算書」へ変更になりました。
今回の「NPO法人会計基準講座」内でも、収支計算書と活動計算書の違いや、NPO法人会計基準についての概要を入門編で、
そして実践編では、実際に財務諸表を記入するワークショップも予定しています。
入門編、実践編どちらかのみのご参加も歓迎です!


○日時:各回共通 入門編10:00〜12:00  実践編13:00〜16:00

仙  台 1月14日(水)みやぎNPOプラザ(仙台市宮城野区榴ヶ岡5)
大河原 2月9日(月)宮城県大河原合同庁舎(柴田郡大河原町字南129-1)
登  米 2月10日(火)登米市迫公民館 視聴覚室(登米市迫町佐沼字中江2-6-1)
石  巻 2月16日(月)みやぎ生協文化会館アイトピア ホールA(石巻市中央2-7-3)
大  崎 2月18日(水)大崎市市民活動サポートセンター 大会議室(大崎市古川駅前大通1-5-18(ふるさとプラザ内)
気仙沼  2月23日(月)気仙沼中央公民館 会議室1、2(気仙沼市魚市場前1-1)
栗原   2月25日(水)栗原市市民活動支援センター 多目的ホール(栗原市築館伊豆2-6-1)


○申込み:申込フォームよりお申込みください(http://goo.gl/LjqPn5
       または、下記連絡先までTEL、E-mailにてお申込みください。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「NPOのための税務・労務講座」

人を雇い入れるにあたって必要となる最低限の労務管理の知識や
手続きをご存じですか?法人が支払うべき税金についてはいかがでしょうか?
今回は、NPO法人が特に苦手としている税務・労務に関する1日型セミナーを
県内7か所で開催!
※税務、労務どちらかのみのご参加も歓迎です!

○日 時:各回共通 労務管理講座10:00〜12:00 税務講座13:00〜16:00

栗原   1月20日(火)栗原市市民活動支援センター(栗原市築館伊豆2-6-1)
石巻   1月22日(木)みやぎ生協文化会館アイトピアホール(石巻市中央2-7-3)
大河原 1月27日(火)大河原中央公民館(柴田郡大河原町字町196)
大崎   1月29日(木)大崎市市民活動サポートセンター(大崎市古川駅前大通1-5-18)
気仙沼 1月30日(金)気仙沼中央公民館(気仙沼市魚市場前1-1)
登米   2月12日(木)登米市迫公民館(登米市迫町佐沼字中江2-6-1)
仙台   2月26日(木)宮城県婦人会館(仙台市宮城野区榴ヶ岡5)


○申込み:申込フォームよりお申込みください(http://goo.gl/jFRtkb
      または、下記連絡先までTEL、E-mailにてお申込みください。
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【共通事項】

○定 員:30名
○対 象:県内のNPO法人及び概ね1年以内のNPO法人の設立(認証取得)を検討している団体、個人等
○参加費:無料
○主 催:宮城県
○企画・実施:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる
○連絡先:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる
〒983-0852 仙台市宮城野区榴岡3-11-6 コーポラス島田B6
TEL 022-791-9323 FAX 022-791-9327
E-mail npo@yururu.com
URL http://www.yururu.com/
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 18:03 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
黄色いレシートキャンペーンのご協力ありがとうございます!! [2014年12月11日(Thu)]
皆さん、
イオン 幸せの黄色いレシートキャンペーン」をご存じですか?

様々な社会貢献活動を行っているイオンが、実施しているもので、
毎月11日の「イオン・デー」にお買い物すると、黄色いレシートが発行されます。
そのレシートを、地域で活躍するボランティア団体名が書かれたBOXに投函頂くと、
レシート合計金額の1%が団体に寄贈されるシステムです。

ということで、本日11日!
「杜の伝言板ゆるる」BOXが設置されている、イオン中山仙台店へ行き、
インターン生の知賀子さんとともに、皆さんにご協力を呼びかけてきました。

2黄色いレシート.jpg

レジを済まされた皆さんからは、
黄色いレシートとともに、「お疲れ様」などの温かいお言葉を頂戴しました。

小さなお子さん達も
一生懸命背伸びをしてBOXにレシート入れてくれました。

1黄色いレシート.jpg

皆々様、たくさんのご協力、誠にありがとうございました!!
投函頂きましたお気持ちを活動につなげて参ります。
今後ともご声援よろしくお願い致します!
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 19:44 | 黄色いレシートキャンペーン | この記事のURL | コメント(0)
いしのまき大同窓会in石巻 [2014年11月25日(Tue)]
11月22日に開催された、NPO法人いしのまきNPOセンター主催
「いしのまき大同窓会in石巻」に参加してきました!

午前中は大同窓会に合わせて開催された、「被災地を知るバスツアー」に参加し、
東松島市野蒜地区、石巻市門脇小学校近辺を巡りました。

今回のバスツアーでの語り部ガイドは、
石巻観光ボランティア協会の齋藤会長といしのまきNPOセンタースタッフ四倉さん。


写真 (1).JPG
現在のJR野蒜駅。店舗が入っているほか、震災当時の様子がわかる
写真パネルが複数展示されています。

写真 (2).JPG
その後門脇小学校〜宮城エキスプレス鰍ウんの東日本大震災の記録と記憶を伝承するスペース「石巻 3.11あすのためのミュージアム」、山コ平塚水産鰍ウんを見学させていただきました。

宮城エキスプレスさんのミュージアムには、石巻日日新聞の3/13日号も展示されていました!
写真 (3).JPG

バスツアー後は、いよいよ大同窓会。

今年3月には、東京で首都圏在住の石巻出身者や、ボランティアなどで石巻につながりがある方々と交流を深めた大同窓会ですが、石巻では初めての開催です。

当日は、地元石巻市民のほか東京、神奈川をはじめとした首都圏、そして関西方面の出身者、
ボランティアら130人が参加。

10364019_868752049823268_23755055816159533_n-thumbnail2.jpg

月刊杜の伝言板ゆるるの取材を通して、震災後お会いし、その後なかなかゆっくりと顔を合わせてお話する機会がなかった石巻の団体さんにも、お会いすることができました。

震災後、様々な人・団体がつながって、復興に向け取り組まれています。
こういった出会いの場を通して、新しいつながりが生まれ、石巻が盛り上がっていくのだな、と感じました。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 10:43 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
11月21日〜「女性と防災せんだいフォーラム」開催 [2014年11月11日(Tue)]
来年3月14日〜18日にかけて、第3回国連防災世界会議が仙台市で開催されます。
詳細は、こちら

3月開催の国連防災世界会議に向け、機運を高めていくため、様々な取組みが行われています。

今月の月刊杜の伝言板ゆるるに、公益財団法人せんだい男女共同参画財団
エル・パーク仙台管理事業課 荒井さんからご寄稿いただいた
「仙台から発信! 女性と防災テーマ館」も、その取組みの一つです。


月刊杜の伝言板ゆるる11月号PDFは、こちら


今月11月21日(金)〜24日(月・祝)の4日間、エル・パーク仙台を会場に
「女性と防災せんだいフォーラム」が開催されます。

1121キャプチャ.JPG

仙台の女性たちが中心となって、被災地の経験と“これから”を発信する4日間に
ぜひ、ご参加ください。

女性と防災せんだいフォーラムリーフレットは、こちら
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 15:28 | 月刊杜の伝言板ゆるる | この記事のURL | コメント(0)
明治ホールディングス株式会社からのお菓子寄贈プログラム [2014年10月30日(Thu)]
このプログラムは、明治ホールディングス株式会社さまの社会貢献活動の1つ。

お菓子寄贈プログラムは、株主さまの意思によって株主優待品を全国の障がいのある児童の支援団体へ寄贈する、「寄贈選択制度」によって、実施されています。

2013年度は、全国253団体へお菓子が寄贈されました!
詳細は、こちら
http://www.meiji.com/investor/stock_info/contribution/

今年も、明治ホールディングス株式会社からのご好意で、
宮城県では、私たち杜の伝言板ゆるると、せんだい・みやぎNPOセンターさんを
通じて、県内の障がいのある児童の支援団体へ寄贈させていただくことになりました!

今年は、どんなお菓子が子どもたちを笑顔にするのかひらめき
私たちも、到着後の団体の皆さんからお話を聞くのが楽しみです。


Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 15:22 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ