CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

杜の伝言板ゆるるさんの画像
<< 2015年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NPO法人杜の伝言板ゆるる
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/10) 田口 由紀絵
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/09) NPO法人杜の伝言板ゆるる
「復興への道」報告会 (08/10) NPO法人みやぎ宅老連絡会
「復興への道」報告会 (08/10) オクタン
石巻の復興支援状況 (09/22) ミドリふぐ
石巻の復興支援状況 (09/22) 小沼
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/08) FNC@吉富まゆみ
助成金決定の感謝の言葉 (08/05) 田口由紀絵
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/02) ニューロネット株式会社
ICT支援応援隊 (08/01)
http://blog.canpan.info/yururu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/yururu/index2_0.xml
7/25 講演会「市民活動を考える 〜忘れかけている社会変革の運動性〜」 [2015年07月29日(Wed)]
7/25に行われた杜の伝言板ゆるるの通常総会後、
講演会「市民活動を考える 〜忘れかけている社会変革の運動性〜」
が開催されました。

_MG_0446 (300x200).jpg

ソーシャルビジネスやコミュニティビジネスに注目が集まり、
NPO(市民活動)が持つ本来の役割や想いよりも、事業性に傾きがちな組織も多い近年。
社会変革を意識し、市民活動の在り方を改めて考える機会にしてもらいたいと、
認定特定非営利活動法人日本NPOセンター常務理事
の今田克司さんを講師にお招きし、お話いただきました。

_MG_0513 (200x300).jpg

NPOの社会的役割や、
NPOにとって、どのようなアカウンタビリティ(説明責任)が求められているか、
また、日常で疑問に思った
「これってどうなの?」「こういうアイディアはどうだろう?」を、
自分たちの力でどうやってまとめ、つなげていくか。
という「市民力」の現状や必要性などについても説かれました。

_MG_0498 (300x200).jpg

最後の質疑応答時間では、
市民活動の在り方で、事例になるような取り組みは?
社会問題について考える時間や場所がないのではないか?
社会問題と教育が分かれているため、
若い世代に「市民活動」が根付かないのではないか?
など、みなさんの考えや想いが行き交い、共有される有意義な時間となりました。

今田さん、貴重なお話をありがとうございました!
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 12:08 | NPO | この記事のURL | コメント(0)
ご報告partU「海岸のお花畑復興プロジェクト」 [2015年07月15日(Wed)]
7/5に開催されたSAVE JAPANイベント当日の撮影は、
ボランティアのみなさんにもご協力いただきました。
とても良い写真を沢山撮って頂き、一部しかご紹介できないのが残念なのですが
ご覧ください!

また、NPO法人名取ハマボウフウの会さんのホームページでも
当日の様子が紹介されていますので、合わせてご覧くださいませ。

1集合写真 (300x207).jpg

IMG_0008 (300x225).jpg

3DSC_0022 (300x194).jpg

4DSC_0015 (300x199).jpg

5IMG_0618 (212x300).jpg

6応援メッセージ (300x219).jpg

自然豊かな海岸を次世代へつないでいきたいと、
名取市の閖上海岸で、
2001年から活動を続けている名取ハマボウフウの会さん。

震災で壊滅的な被害を受けながらも、
まちの復興とともに、海辺も復興させることが
地域の元気につながるんじゃないか。と活動を続けています。

仙台空港が近い海岸上空には沢山の飛行機が飛び交います。
乗客がこの海岸を見下ろした時、
ハマボウフウをはじめとする海浜植物が咲き誇る、
感動するような「海岸のお花畑」をつくるのが夢なんだ。
と笑顔で話してくれた言葉。
月刊「杜の伝言板ゆるる」6月号でもご紹介していますが、
ずっと心に残っています。

こうやって地域のために、環境のために、未来のために
地道な活動を続けているみなさん。
とてもかっこよかったです。

ご参加、ご協力いただきました皆々様、誠にありがとうございました。
秋のイベントにつきましては、またお知らせいたします。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 13:05 | SAVE JAPAN | この記事のURL | コメント(0)
「海岸のお花畑プロジェクト」開催のご報告 [2015年07月07日(Tue)]
SAVE JAPANプロジェクト2015
「海岸のお花畑プロジェクト」
が7/5(日)開催されました!

雨天のため延期開催となった今回。
それにも関わらず、
県外はじめこのイベントを楽しみに駆け付けてくださった方々総勢75名が
名取市閖上海岸に集結しました。

1.jpg

熱くもなく、寒くもなく、心地よい海風が吹くなか、
子どもも大人も一緒になって、
ハマボウフウを移植したり、
「黄色いハンカチ」へメッセージを書き、
復興のシンボルとして海岸へ掲げたりしました。

4.jpg

ハマボウフウを知ったのも、見たの初めてという方も多く、
「貴重な体験になりました!」
「今後もこのようなイベントがあれば参加したい」
とお喜びの声もたくさんいただきました。

これをきっかけに、参加されたみなさんが、
自然環境へ関心を持たれるようになったり、
名取ハマボウフウの会さんの地道な海岸保全活動の取り組みや
今も復興途中にある閖上地区周辺を応援する機会へと
つながっていけばうれしく思います。

3.jpg

参加者みなさんの手で、
傷つけないように、そっと優しく、
ひとつひとつ植えられていったハマボウフウ達。
元気に育ち、かわいい花が咲く時が楽しみですね。

10月末〜11月はじめに第2弾を企画中です!
 決定しましたら、ご案内いたします。

◎7/6(月)付の河北新報・朝刊にも掲載されました!

◎みなさんが本当に楽しそう作業にされている良い写真がたくさん撮れました。
 のちほど改めて更新・紹介します。


Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 05:50 | SAVE JAPAN | この記事のURL | コメント(0)
7/25講演会「市民活動を考える 〜忘れかけている社会変革の運動性〜」のお知らせ [2015年07月03日(Fri)]
7月25日(土)!!
認定NPO法人日本NPOセンター常務理事・一般財団法人CSOネットワーク 代表理事
でいらっしゃる今田 克司 氏を講師にお迎えして、
「市民活動を考える 〜忘れかけている社会変革の運動性〜」
と題した講演会が開催されます。

講演会ちらし.jpg

近年は、SB/CBに注目が集まり、事業性ばかりが目につくNPO・・・
社会変革を意識し、運動性を持った市民活動の在り方を考える機会として、
ぜひご参加ください。
※SB:ソーシャルビジネス/CB:コミュニティビジネス

=講演会「市民活動を考える 〜忘れかけている社会変革の運動性〜」=
■日時:平成27年7月25日(土)15:30〜17:00
■会場:みやぎNPOプラザ(仙台市宮城野区榴ケ岡5)
■内容:近年は、SB/CBに注目が集まり、事業性ばかりが目につくNPO。
    社会変革を意識し、運動性を持った市民活動の在り方を考えます。
■講師:今田 克司 氏
(認定NPO法人日本NPOセンター常務理事・一般財団法人CSOネットワーク 代表理事)
■参加費:無料
■定員:40名(席に空きがある場合は、当日参加も可能)
■申込方法:参加者名、ご住所、TEL、FAX、E-mailを、
TEL、FAX、E-mailのいずれかでお知らせください。
      ※下記「お申込フォーム」からもお申込を受付けております
       →http://u111u.info/mdb1
■主催:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる
■共催:宮城県(みやぎNPOプラザ)
■申込先:認定NPO法人杜の伝言板ゆるる
     仙台市宮城野区榴岡3-11-6 コーポラス島田 B6
     TEL:022-791-9323 FAX:022-791-9327 E-mail:npo@yururu.com 
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 16:08 | 杜の伝言板ゆるる | この記事のURL | コメント(0)
住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム インターンシップ奨励プログラム 入校式開催! [2015年06月30日(Tue)]
P6280017.JPG

今年も、「住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム」でインターンシップ生を受け入れることになりました!
ゆるるとしては、受入団体になって3年目となります。

東日本の再生過程にユースが主体的かつ継続的に関わることで、多くのことを学び、経験し、地域や社会のさらなる発展の担い手として成長することを期待して、2012年の宮城県内での受入を皮切りに、2013年には福島県、今年は岩手県も受入を開始し、3県でのインターンシッププログラムが展開されています。

杜の伝言板ゆるるでは、今年7月から「インターンシップ奨励プログラム」で、1名の大学生を
インターンとして迎えることになりました。

7月から始まる、インターンシップを前に、28日に宮城県、福島県、岩手県3県合同の入校式が行われました。

P6280011.JPG
↑ 今年度のインターン生の自己紹介と、これからの抱負を熱く語っています!

ゆるるでは、インターン生に「NPOで高校生の夏ボラ体験」や「月刊杜の伝言板ゆるる」の取材などに関わってもらう予定です。

7月から、来年3月までの9か月に渡る長期間のインターンシップ。
インターンの学生さんがすこしでも、NPOの存在意義を理解し、充実した時間を過ごせるように、スタッフ一丸となって取り組んでいきたいと思います。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 17:54 | 住友商事インターンシッププログラム | この記事のURL | コメント(0)
7/5(日)延期開催決定!SAVE JAPAN「海岸のお花畑復興プロジェクト」 [2015年06月29日(Mon)]
先日開催予定でした、
SAVE JAPANプロジェクト「海岸のお花畑復興プロジェクト」は、
誠に残念ながら、雨天のため延期となりました。。

よって、ご案内しておりましたとおり、代替日の7/5(日)に開催します。
晴天・小雨の場合の時間、内容等は同じですが、
今回は、雨天の場合でも楽しんでいただけるスケジュールも設定いたしました!

★雨天時(予定)
 海岸で海浜植物の観察)→メープル館見学(お買い物等、自由行動)
 →閖上まちカフェ(地元の集会所)へ移動
 (名取ハマボウフウの会の団体・活動紹介、黄色いハンカチへメッセージ記入&写真撮影)

IMG_0592 (225x300).jpg

ハマボウフウの花が観察できる、この時季だからこそのイベントです!!
ふるってご参加くださいませ!

詳細はこちら↓をご覧ください
http://savejapan-pj.net/sj2015/miyagi/event/post_2.html
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 09:54 | SAVE JAPAN | この記事のURL | コメント(0)
7/11(土)『第2回 市民社会研究フォーラム@仙台』開催します!! [2015年06月16日(Tue)]
2015年度『第2回 市民社会研究フォーラム@仙台』 が
7月11日(土)に開催されます!!

0711市民社会研究フォーラム@仙台.jpg

フォーラムを主催する「日本NPO学会震災特別プロジェクト東北班」は、
東日本大震災後のNPOの取り組みについて、
NPOの実践者と研究者が相互に学びあう機会を創出しております。
興味のある方はぜひどなたでもお越しください!

【プログラム】
13:35〜14:50 <テーマ> 
         復興コミュニティ・デザインにおけるNPOの役割

        <講 師>
         新井 信幸氏(東北工業大学工学部建築学科・准教授)
       
         1972年生まれ。川崎市出身。千葉大学博士課程修了。
         財)ハウジングアンドコミュニティ財団・研究員を経て、
         2009年4月から現職。専門は建築計画・まちづくり。
         主な研究テーマは、復興コミュニティデザイン、住宅
         困窮者のための居住支援、住宅ストックの活用方策。
         現在は、仙台市内にて仮設住宅から復興公営住宅に向けて
         共助型のコミュニティ形成を目指して支援を実施中。
         その他、仙台・荒浜の再生にむけた住民主導の活動を支援。

14:55〜16:10 <テーマ>
         地域コミュニティは大きな家族〜継続していくための試み〜

        <講 師>
         馬場 照子氏(NPO法人亘理いちごっこ理事長)
        
         岩手県盛岡生まれ。東北学院大学経済学部卒。
         結婚を機に宮城県亘理町に暮らす。5人の子どもを育て
         ながら、コーラスグループ、お話の会、朗読奉仕の会、
         クッキングサークル立上げ。2009年宮城学院女子大学食品
         栄養学科入学するものの、2011年3月に震災発生。
         2011年5月に亘理いちごっこ設立し、NPO法人格取得に
         際して代表理事就任。
         現在では同大学同学科を中退し、宮城県南域において唯一
         の多機能型コミュニティスペースを創出し活動を続ける。

16:15〜17:00  日本NPO学会震災特別プロジェクト東北班からの報告

=2015年度 第2回『市民社会研究フォーラム@仙台』=
●日   時:7月11日(土) 13:30〜17:00(13:15受付開始)
●場   所:東北大学経済学部棟4階 大会議室 (仙台市青葉区川内27-1)
●参 加 費:1,000円
●申込方法:下記連絡先にTEL・E-mailで申込み。
       申込時、氏名、所属、E-mail、TELをお知らせください
●申込締切:7月9日(木)
●主    催:日本NPO学会震災特別プロジェクト東北班
●連 絡 先:日本NPO学会震災特別プロジェクト東北班
      担当:専任研究員 菊池
E-mail:npo-chosa@yururu.com
       TEL:022-791-9323(認定NPO法人杜の伝言板ゆるる内)      
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 15:01 | 日本NPO学会震災特別プロジェクト | この記事のURL | コメント(0)
「2015年度ニコニコこども基金」のご案内 [2015年06月11日(Thu)]
「2015年度ニコニコこども基金」のご案内を、NPO法人せんだい・みやぎNPOセンターさまからいただきました。

募集要項は、こちら → 2015年度ニコニコこども基金 募集要項

詳細は、下記の通りです。
何か疑問・質問等がありましたら、問合せ先に直接ご連絡ください。

1、対象
営利を目的とせず、公益的・社会的な活動を継続的に行う
宮城県石巻市、もしくはその周辺地域において特に子供をテーマとして活動を行っている
団体に限ります。なお法人格の有無は問いません。


2、募集事業
@ 子ども達が地域の人々と共に取り組む地域活性化のイベントや事業。
A 子ども達が地域の課題に触れ気付きや解決に取り組む事業。
B 子どもを取り巻く環境改善を目的とした事業。
C 子どもの顕在化した課題解決を目的とした事業。

3、助成金額と助成額
総額140万円(助成額1万円単位、補助率100%)

@ 団体のステップアップコース 2 団体 上限 50 万円

すでに継続的な活動をしている団体が、これからの石巻に必要と思う子どもへの活動を応援します。

 
A 団体の立ち上がり期応援コース 2 団体 上限 20 万円

震災直後のニーズから変化するこの時期に則し、新たな活動を始めた団体の立ち上がり期を応援します。(団体設立 2 年未満を対象とします。)


4、応募締切

2015年6月30日(火)当日消印有効

5、問合せ先
カルビーニコニコこども基金事務局 
NPO法人せんだい・みやぎNPOセンター(担当:今野・伊藤)
〒980-0804 宮城県仙台市青葉区大町 2-6-27 岡元ビル 7F
TEL:022-264-1281 FAX:022-264-1209
E-mail:minmin@minmin.org
URL:http://www.minmin.org/?p=2908
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 14:03 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
6/27「海岸のお花畑復興プロジェクト」会場下見へ [2015年06月05日(Fri)]
6/27「海岸のお花畑復興プロジェクト」会場下見のため、
NPO法人名取ハマボウフウの会の理事長
今野さんにご案内いただき、
名取市閖上海岸に行って参りました!

流木などが点在する広大な海岸は、ほとんど一面砂地。
そんな中で、
手作りの柵に囲まれたハマボウフウの保護区には、

保護区.jpg

白い花をつけたハマボウフウや
ピンク色のハマヒルガオ、紫色のハマエンドウが
かわいらしく咲いていました♪

海浜畑.jpg

ハマボウフウの栽培畑も見せていただきました。
元気なハマボウフウが畑一面に植えられていました。

栽培畑.jpg

畑は、雑草対策が大変なんだ。という今野さんですが、
見せていただいた畑は、とてもきれいに整えられていました。
みなさんの努力を感じずにはいられませんでした。

これからも海浜植物の保護・再生活動が進められ、
名取ハマボウフウの会さん、そして地元のみなさんが夢見る
『海岸のお花畑』が海辺を彩る日が楽しみです。

みなさんも、ぜひ応援ください♪
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 18:53 | SAVE JAPAN | この記事のURL | コメント(0)
みやぎNPOプラザで事務室使用団体を募集します [2015年06月01日(Mon)]
私たち、杜の伝言板ゆるるが指定管理を行っている、「みやぎNPOプラザ」
みやぎNPOプラザについては、こちら

現在プラザでは、事務室使用団体を募集しています。
http://www.miyagi-npo.gr.jp/plaza/index.htm

キャプチャ.JPG

「拠点がほしい」、「団体の事務室があったらな」
そんな想いをお持ちの皆さん、事務室募集は定期的に募集するものではありませんので、
ぜひこの機会に、ご検討ください!

※見学もできますので、プラザまでお問合せください。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

■募集施設および募集団体数
・事務室(大) 1団体
・事務室(中) 2団体
・事務室 (小) 3団体

■使用料
・事務室(大) 月額 18,500円(税込)
・事務室(中) 月額 9,200円 (税込)
・事務室 (小) 月額 4,100円 (税込)

■申込み締切
7月15日(水)

■公開ヒアリング・選考審査会
7月24日(金)

■選考結果連絡
7月25日(土)
8月1日(土)より順次使用開始
※使用開始日は施設によって異なります

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 13:46 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ