CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

杜の伝言板ゆるるさんの画像
<< 2016年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
リンク集
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
NPO法人杜の伝言板ゆるる
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/10) 田口 由紀絵
パブリックリソースセンター田口さまご来訪! (10/09) NPO法人杜の伝言板ゆるる
「復興への道」報告会 (08/10) NPO法人みやぎ宅老連絡会
「復興への道」報告会 (08/10) オクタン
石巻の復興支援状況 (09/22) ミドリふぐ
石巻の復興支援状況 (09/22) 小沼
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/08) FNC@吉富まゆみ
助成金決定の感謝の言葉 (08/05) 田口由紀絵
オンライン寄付サイト「GiveOne] (08/02) ニューロネット株式会社
ICT支援応援隊 (08/01)
http://blog.canpan.info/yururu/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/yururu/index2_0.xml
平成28年度海岸功労者表彰おめでとうございます! [2016年08月09日(Tue)]
報告がすっかり遅くなってしまいましたが、
毎年、NPOで高校生の夏ボラ体験プログラムの受入NPOであり、
昨年度、Save Japan Projectで協働させていただきた
から嬉しいご報告がありました!!

NPO法人名取ハマボウフウの会は、6月22日に、一般社団法人全国海岸協会が、海岸事業の推進、海岸の水防活動等、海岸愛護及び海岸事業に関する調査研究等の活動で特に功労があった方々(個人・団体)に対し、毎年数団体、表彰を行っている海岸功労者に選ばれたそうです。

ハマボウフウ表彰.jpg

やっぱり、「継続は力なり」ですね。
一緒に活動してきたゆるるとしても、感慨ひとしおです。

ぜひ、これからも、閖上海岸のお花畑のために、頑張ってください!
応援しています。
おめでとうございました。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 18:42 | SAVE JAPAN | この記事のURL | コメント(0)
第14回通常総会のご報告 [2016年07月25日(Mon)]
7月24日に、杜の伝言板ゆるるの第14回通常総会を行い、
平成27年度の事業報告および決算報告と平成28年度の事業計画・予算、そして定款変更・役員改選について承認いただきました。

DSCN0277.JPG
お忙しい中、ご出席くださったみなさまありがとうございました!


また、総会終了後は、交流会も開催され、理事、スタッフ、会員の皆様と、ゆっくり交流する時間を持つことができました。

引き続き今後とも、杜の伝言板ゆるるを、どうぞよろしくお願いいたします。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 13:47 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
今年も学生インターンがゆるるへ仲間入り! [2016年07月05日(Tue)]
 東日本大震災の被災地の地域再生と被災者の生活再建を願い、その再生過程に参加するユースを応援することを目的として、住友商事が立ち上げた「住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム」では、2012年から、岩手・宮城・福島の3県のNPOが学生インターンの受入団体となり、
NPOで、9か月、活動体験を行っています。

杜の伝言板ゆるるでは、受入団体となって4年目です。

先日、福島市市民活動サポートセンターにて、3県合同の入校式が開催されました。
今年度は、東北大学農学部2年生の橋実希さんが9か月、ゆるるで一緒に活動してくれる
ことになりました。
橋さんは、「このインターン活動で、NPO活動を実践的に学び、将来、被災地復興に貢献できる活動をしたい」と強い想いを語ってくれました。
IMG_5913.jpg
さっそく7月1日からインターン活動をスタートしています。
前半は、「NPOで高校生の夏ボラ体験」プログラムをメインに、高校生の体験先へ訪問し、
ブログでリポートしてもらったり、プログラム終了後、発行する「体験談集」の取りまとめなど
もおまかせしていきたいと思っています。
後半は、月刊杜の伝言板ゆるるの取材・執筆などを中心に、宮城県で活動している多様なNPOの状況を若い視点で、捉えて、多くの市民の方々に伝えていってほしいなと、ゆるるスタッフ一同いまからワクワクしています。

9か月間という長い期間ですが、学業と両立しながら、充実した時間を共に過ごせるよう、
全力でサポートしていきたいと思います。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 11:12 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
新年度スタート&会員募集のお知らせ [2016年06月01日(Wed)]
ゆるるの事業年度は、6月始まり、5月末締めです。

今日は、6月1日。
気持ちをあらたに、新年度スタートです。

新しい年度の始まりと合わせて、当法人の会員募集のお知らせです。

会員期限は、事業年度と同じく6月1日〜5月31日までの1年間。
入会は年間通して可能です。


皆さんの会費という応援で、当法人が毎月発行している「みやぎのボランティア・市民活動情報誌 月刊杜の伝言板ゆるる」は今年20年を迎えます。
毎月欠かさず発行できたのは、皆さんからの応援・ご支援のおかげです。


これからも縁の下の力持ちとして、様々な情報発信やNPOの皆さんのサポートを続けていきます。
会員として、私達の活動へご支援いただけますよう、よろしくお願いいたします。


※杜の伝言板ゆるるは、2014年1月に認定NPO法人に認定されました。
ゆるるへの寄付金は税制上の優遇措置(寄付控除)の対象となります。

詳しくは、お近くの税務署や税務相談室までお問合せください。


会員に関する詳細は、下記URLをご覧ください。
https://www.yururu.com/?page_id=11
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 15:07 | 事務局 | この記事のURL | コメント(0)
のんび〜りすみちゃん家が、クローズアップ東北に出演! [2016年05月06日(Fri)]
NPO法人のんび〜りすみちゃん家が、
NHK クローズアップ東北
(毎週金曜日 19:30〜19:58(東北地方)
 /再放送 土曜 10:55〜11:23)
で紹介されるそうです。

放映予定日は、6月17日(金)です。
※番組の放映時間・内容が都合により変更になることがあります。

地域に寄り添い活動を続ける
のんび〜りすみちゃん家の取り組みを、ぜひご覧ください!

>>追加情報!

5/20(金)7:45〜(約10分)にも
のんび〜りすみちゃん家で行われたイベントの模様が
NHKで放映される予定です!
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 14:18 | NPO法人 | この記事のURL | コメント(0)
「平成28年熊本地震」支援情報 [2016年04月22日(Fri)]
4月14日に発生しました
「平成28年熊本地震」におきまして、
被災された皆さまには、心よりお見舞いを申し上げます。
被災地の一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

被災地では、ボランティアセンターの立ち上げが順次はじまっております。
それに伴い、現地のボランティアや支援情報について、
みやぎ情報ネットでも情報発信中です。

随時更新されますので、
災害ボランティア活動や、物資的な救援等、
ご支援をお考えの方は、最新の情報をご確認ください。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 09:52 | 熊本地震 | この記事のURL | コメント(0)
『認定NPO法人』の活動紹介パンフレットが、ダウンロードできます! [2016年04月19日(Tue)]
以前のブログでもご報告いたしましたが、
先月の3月27日に、
宮城県主催「伝えたい!がんばる宮城のNPO」
〜認定NPO法人(特定非営利活動法人)活動紹介〜
を開催し、

会場にご来場いただいた方やNPOにご興味ある市民の皆様に
「認定NPO法人(特定非営利活動法人)活動紹介」パンフレット
を配布いたしました。

宮城県内の認定・仮認定NPO法人19団体(2016年2月末時点)
の活動をまとめたものです!

表紙のみ(ブログ掲載用).jpg

みやぎNPO情報ネット」の「トピックス」からダウンロードできます。

住みよい地域のため奔走する各団体の
活動内容や想いがぎゅっと込められた仕上がりになっておりますので、
ぜひご覧ください。

※参照※
 2016年3月25日現在の宮城県内の認定・仮認定NPO法人数
 認定:15法人 仮認定:5法人 計20法人
(宮城県所管分 認定:4法人/仙台市所管分 認定:11法人 仮認定:5法人)
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 17:04 | 宮城県震災復興担い手NPO等支援事業 | この記事のURL | コメント(0)
NPOで高校生の夏ボラ体験2016 始動! [2016年04月08日(Fri)]
本日、NPOで高校生の夏ボラ体験2016 プログラム意見交換会を開催しました。
詳細は、こちら
https://kacco.kahoku.co.jp/blog/yururu/64236
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 18:47 | 夏ボラ | この記事のURL | コメント(0)
NPOでインターンシップ 挑戦してみませんか? [2016年03月31日(Thu)]
2016.JPG


4月23日から、「住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラムーインターンシップ奨励プログラム(※)」の公募を開始します。
今回宮城県でのインターン受入れ先は3団体。それぞれの団体がミッションを持って、日々活動しています。

「NPOって何?」、「活動に興味がある」、「一緒に仕事に取り組みたい」
と思った方、NPOでインターンシップ経験してみませんか?

(※)住友商事株式会社は、東日本大震災の被災地の地域再生と被災者の生活再建を願い、その再生過程に参加するユースを応援します。
このプログラムは、被災地で活動しているNPOを活動現場とし、長期にわたるユースのインターンシップ活動を応援するものです。

2012年度からプログラムを開始し、宮城県、福島県、岩手県の3県で展開しています。

*受け入れNPO、活動カリキュラム、
申込み詳細はWEBサイトでご確認ください。

http://www.civilfund.org/youth-challenge.html

※インターン修了生からのメッセージ
http://www.civilfund.org/grant/youth-message.html

※インターンシップ奨励プログラム・・・
今回の「住友商事 東日本再生ユースチャレンジ・プログラム」は、
インターンシップ奨励プログラムと活動研究助成の2つで構成されています。



●活動時期:2016年7月〜2017年3月(9ケ月間で200〜300時間程度)

●対象者:ユース世代(大学生/大学院生/専門学生など)、主に10代後半〜20代まで

●奨励金:活動1時間あたり800円(上限300時間)

●応募期間:2016年4月23日(土)〜5月16日(月)(当日必着)

●宮城県の受入れ団体:
認定NPO法人Switch(若者・障がい者支援)
認定NPO法人冒険あそび場-せんだい・みやぎネットワーク(子ども支援)
認定NPO法人杜の伝言板ゆるる(市民活動団体支援)


●主催:住友商事株式会社
http://www.sumitomocorp.co.jp/csr/contribution/recovery/youth_challenge/

●問合せ:NPO法人市民社会創造ファンド
〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-4-3 日本橋MIビル1階
TEL:03-5623-5055 E-mail:mshimoda@civilfund.org
http://www.civilfund.org/
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 13:48 | 住友商事インターンシッププログラム | この記事のURL | コメント(0)
3/27 「伝えたい!がんばる宮城のNPO」開催しました! [2016年03月31日(Thu)]
3/27(日)平成27年度「震災復興担い手NPO等支援事業」
に採択された13団体の『成果報告会・情報交換会』が
アエル21階TKPガーデンシティ仙台で行われました。

「伝えたい!がんばる宮城のNPO」と題し、
宮城県主催で行われた本催し。
アエル2階で同時開催された
『認定NPO法人の活動紹介』は杜の伝言板ゆるるが担いました。

看板.jpg

アエル2階という人通りの多い場所に、
県内の認定NPO法人(19団体)の展示コーナーを設け、
各団体が地域のために、どんな活動をしているのか、を
市民のみなさんに伝えるため、
団体紹介のパネルやパンフレットなどを設置しました。

全体.jpg

また、フリーアナウンサーの久保田祐子さんを司会者としてお迎えし、
団体概要や活動をPRする場として、
ステージ発表の時間もあり、
それぞれの想いを伝えられました。

久保田さん.JPG

ステージ発表.JPG

宮城県で、認定NPO法人をご紹介する催しは、
なんと、今回が初めて!

「NPO」という言葉は、
市民のみなさんの中には、あまり馴染みのない言葉なのかもしれないと、
街頭でご案内チラシを配布していて感じました。

その中でも、市民のみなさんが、
興味ある活動や団体のブースに足を止めてパンフレットを手したり、
団体のスタッフに話を聞いたりする場面もあり、

市民.jpg

自分達のまわりで行われている、
地域をよくしていこう!という活動があること、
そして、それを担っているNPOという存在があること。
それを知ってもらうきっかけづくりの第一歩となったのはないでしょうか。

縦展示ブース.jpg

「NPO」を知る人が少しずつ増えて、
それに参加しようと思う人が、また増えていく。

そんな機会を創出するツールのひとつとして、
杜の伝言板ゆるるができることは、我らの活動の柱である、
みやぎのボランティア・市民活動情報誌「月刊杜の伝言板ゆるる」
を発行し続けていくこと。

今回のイベントでちょっとでも「NPO」について関心を持たれた方は、
市民活動の手始めとして、月刊誌に目を通してみて下さい。
また新しい出会いが生まれるかもしれません。
Posted by NPO法人杜の伝言板ゆるる at 13:00 | 宮城県震災復興担い手NPO等支援事業 | この記事のURL | コメント(0)
| 次へ