CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

 おもちゃクリニック ゆりかご 日記

こわれたおもちゃを治すボランティア おもちゃクリニック ゆりかご


<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
カテゴリアーカイブ
ゆりかご日記の検索
検索語句
最新記事
タグクラウド
最新コメント
tanaka
【糸魚川】171125_26 巡回おもちゃ病院 (01/14) おもちゃDr.わたなべ
【糸魚川】171125_26 巡回おもちゃ病院 (01/13) おもちゃDr.わたなべ.M
おもちゃドクター募集! 「ゆりかご」 (01/08) おもちゃDr.わたなべ
「ゆりかご」デザイン便覧は、コチラです。 (01/02) おもちゃDr.わたなべ
おもちゃドクター訪問診療 というシステムは? (01/01) おもちゃDr.わたなべ
【糸魚川】171125_26 巡回おもちゃ病院 (01/01) おもちゃDr.わたなべ
「ゆりかご」の設置場所は、コチラです。 (01/01) おもちゃDr.わたなべ
公式 Facebookページ を始めました。 (12/26) おもちゃDr.わたなべ
171124 ゆりかご編オルゴール (12/09) おもちゃDr.わたなべ
170923 ひまわり病院・定期巡回 (11/03)
リンク集
※おもちゃの修理に関する技術的な情報は、下の電子カルテ(診療状況写真)に保管しています。
おもちゃドクターイラスト.jpg
プロフィール

 おもちゃクリニック ゆりかごさんの画像
http://blog.canpan.info/yurikago/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/yurikago/index2_0.xml
ゆりかごQR cmanで作成しました
こわれたおもちゃを無償で治すボランティア活動を通じて、こどもたちに感動を与えること。
保護者には環境や資源保護の意識を持っていただくこと。
おもちゃドクターの輪を広げ、3世代間の交流を促進することを、目的とする。

市内の幼稚園・保育園を中心に、こわれたり使わなくなったおもちゃを、巡回して回収。
分解点検・修理して治したおもちゃは、次回の巡回時に希望する園に返却、寄付する。
修理不能なおもちゃは、再生部品として活用するなどを、主な活動とする。
いくみ病院スタート
「ゆりかご」の設置場所は、コチラです。 [2018年02月21日(Wed)]

おもちゃリサイクル用の回収箱「ゆりかご」設置場所、追加募集中!
糸魚川市内で置かせていただける場所がありましたら、ぜひとも、お声掛けください!

 設置期間、巡回日時や訪問診療サービスも、ご相談に応じますので、ご検討願います。
 まずは、メールや電話にて、お気軽にご相談ください。


dr.watanabe.m@live.jp
TEL 025-512-7231
(留守電+FAX)


170923 ひまわり病院
大切に、お預かりします!

おもちゃリサイクル用の回収箱「ゆりかご」の実物は、この写真をご覧ください。
(透明プラスチック製の衣装ケース「命のゆりかご」に見立てて、こう呼んでいます。)

ゆりかごデコレーション

こわれたり使わなくなって、眠っているおもちゃ「ゆりかご」へ!
おもちゃドクターが定期巡回して、訪問診療します。


次の定期巡回は、3月24日(土) の予定です。
ただし いくみ病院 のみ、3月17日(第3土曜日)です。

なお、訪問診療は、FAXにて随時受付を継続しております。
別途日程調整します。)

(参考リンク、 ゆりかご本家はコチラ。
→ 慈恵病院「こうのとりのゆりかご」


「ゆりかご」案内図の一括印刷は、ココ。

カット.jpg
「ゆりかご」案内図PDF (621KB)


常時、「ゆりかご」が置いてある場所は、次の3か所…、
続きを読む...
おもちゃドクター募集! 「ゆりかご」 [2018年01月20日(Sat)]
(追記:ソフビ人形の治療例)

2017_Dr募集チラシおもちゃクリニック ゆりかご は、リサイクル回収箱。
巡回おもちゃ病院や 訪問診療をメインに、昨年から 糸魚川市内で活動を始め、現在は3か所「ゆりかご」を常設しています。

不用なおもちゃを回収し 修理をしてくれる ボランティアドクター随時募集中。資格・経験は不問。


お問い合わせは メール(または 電話)でお願いします。
Mail:dr.watanabe.m@live.jp
電話:025-512-7231(留守電+FAX)


メール(留守電やFAX)を確認後、折り返し 当方から 連絡申し上げます。
続きを読む...
【糸魚川】171125_26 巡回おもちゃ病院 [2018年01月11日(Thu)]
2017年11月25日(土)〜26日(日)、糸魚川市内3か所の
「ゆりかご」を、定期巡回しました。

(追記:ソフビ人形の治療が完了しました。)

171125_26 巡回報告「いくみ病院」=いくみ保育園は、いつも大雲寺(曹洞宗)の山門をくぐっての定期巡回です。11月25日は患者様の受付はなかったのですが、代わりに、お寺の庭に立つ大きな石碑について報告します。

171125_26 巡回報告

碑文は 金原省吾(きんばらせいご)先生の筆。
昭和期のアララギ派歌人にして帝国美術学校(現:武蔵野美術大学)教授の碑が、
なぜ此処にあるのでしょうか? それは・・・、

大雲寺塾卒業証書.JPG昭和22年当時、大雲寺の先代住職は若者の向学心を受けて、新潟大学の高田分校主任教授だった 金原先生 を招聘して、ここ大雲寺で自主夜学「大雲寺塾」を作りました。
1か月に連続6日間の夜間学習に通い、半年〜1年間で卒業し、以後も研究生として勉強できたそうです。

その塾長として 糸魚川における戦後教育の礎 を築かれた 金原先生 を顕彰する石碑なのです。

何と、Dr.わたなべ.M の亡実父は「大雲寺塾」第二期卒業でしたので、この 金原先生の石碑 を見るたびに、身が引き締まります!

今の住職(=園長先生)も、先代の「お寺は地域と共にあれ」という思いを、現代に引き継いでおられます。

171125_26 巡回報告

おもちゃクリニック ゆりかご に、一番最初に お声掛けいただきました。
感謝を込めて、技術研修の成果「ゆりかご編オルゴール」をプレゼント。

続きを読む...
「ゆりかご」デザイン便覧は、コチラです。 [2018年01月02日(Tue)]

おもちゃリサイクル用の回収箱「ゆりかご」
装飾デザイン置き場所など、活用方法は各病院にお任せしています。
→ 置き場所への案内図は、コチラ。


ここで「ゆりかご」デザインの一覧をご紹介。

モデル@、いくみ病院「ゆりかご」デザインは昨年度の年長さん。
デザイン_いくみ

     ものを大切にする気持ち、ちゃんと引き継がれています。
いくみ病院のご案内は、コチラ。



モデルA、のう病院「ゆりかご」デザインは館長先生です。
デザイン_のう

     がんばろう糸魚川!!

     児童館2階の、のう子育て支援センターにも「のう分院」として設置済。
デザイン_のう分院

     センターがお休みの日でも「ゆりかご」おもちゃを待っています!
のう病院のご案内は、コチラ。



モデルB、ひまわり病院「ゆりかご」デザインは園の先生方
デザイン_ひまわり

     その名のとおり、黄色のヒマワリが咲き誇っています!
ひまわり病院のご案内は、コチラ。

そしてアンコールに答え、特別参加でエントリーするのは…、
続きを読む...
おもちゃドクター訪問診療 というシステムは? [2017年12月31日(Sun)]
おもちゃドクター訪問診療 というシステムは、いかが?

お客様にお聞きしてみると、私ども「おもちゃドクター」の取り組みは、まだまだ、一般には知られていないことが分かります。
171028_ひまわり
ひまわり病院 → 訪問診療報告は コチラ

また、「おもちゃの病院」を実際に利用したいと思っても、開院情報が届かなかったり、場所が遠距離だと、つい億劫になってしまうという声も、聞かれます。


医者(おもちゃドクター)が患者様(こわれたおもちゃ)のところに出向いて、その場で診察・治療してくれるなら、喜んで診察を受けていただけるのではないでしょうか。

あなたの街にも、おもちゃドクターがやってくる!

おもちゃリサイクル用の回収箱「ゆりかご」
設置場所は、→ コチラ をご参照ください。

続きを読む...
171223 定期巡回、ひまわり病院で2件受付 [2017年12月24日(Sun)]
2017年12月23日(土)15:00〜16:30、
糸魚川市寺島の ひまわり保育園 =「ひまわり病院」

毎月第4土曜日は定期巡回の日です。

本日は2件受付、入院決定でドクターが大切にお預りします!
171223_ひまわり巡回


1件目、救急車の前輪のゴムタイヤが無くなってしまいました。
一体、どんな遊び方をしたら、こうなるのでしょう?

ともあれ治療開始。内径が少し小さいのですが、ミニ四駆のゴムタイヤを流用します。
ただし幅が半分しかないので、ゴムタイヤを片側に2本づつ並べて装着して治療完了とします。
171223_ひまわり巡回


171223_ひまわり巡回2件目、同じお客様、コンビのメリーが回らないとのこと。
他のおもちゃ病院でも、同様の症例報告があります。
やはり、これもピニオンギアが割れているのでは?

分解点検、内部はきれいですね。(この写真は修理後の組立途中)
やはり、手前の白い小さなギアが割れていました。
171223_ひまわり巡回


ギアBOX分解で、ギア割れ発見。割れやすい材質なんでしょうか?
それ以外は異状なし。ゴミ埃などの絡みは、全くありません。
ピニオンギア交換で、無事に生き返りました。
171223_ひまわり巡回


→ おもちゃ修理「電子カルテ集」へのリンクは、コチラ


続きを読む...
171207 クリスマス向けイルミネーションを寄贈 [2017年12月07日(Thu)]
クリスマス向きイルミネーション製作。
不用品リサイクルの一例を報告します。


171207_LED点滅

ガチャカプセルボトルキャップを使い、省エネのLEDイルミネーションを実現。
ちょうどクリスマスに間に合いました。週末に「ゆりかご」を臨時巡回して配布。

171207_LED点滅

左側基板上の部品は、中心が心臓部の IC 、豆粒みたいなコンデンサ、そしてスイッチが各1個のほか、細長い円柱状の抵抗と直径3ミリのLEDが各3個のみ、右側基板は、これを横にひっくり返したウラ面の配線状況です。


完成後のLED点滅状況は、次の動画をご参照ください。

続きを読む...
171124 ゆりかご編オルゴール [2017年11月26日(Sun)]
がんばろう! 糸魚川
(追記:お礼のコメントもご参照ください。)

171124_Orgel_6.JPG

2017年11月25日(土)、定期巡回でプレゼントを配布。
糸魚川ゆかりの相馬御風が作詞した 春よ来い、カチューシャの唄、
2曲を先頭に持って来て、大人も楽しめる懐かしい曲を選びました。


171125_オルゴールこの一年、技術研修としてPICで「電子オルゴール+音声再生」を勉強してきましたが、この「ゆりかご編オルゴール」にて、初めての「中間試験」に臨みます。
先輩ドクターをはじめ、当ブログをご覧の皆様方におかれましては、忌憚のないご意見を、コメント入力いただきたく、宜しくお願い申し上げます。


171125_オルゴール

フリスクケース、細長いスティック在庫品流用。
おもちゃらしく、"まほう"が仕掛けてあります。


171125_オルゴールミニゆりかご、バラの花飾りで、見栄えも上々。
Dr技術研修と言いつつも、主役は子どもたち。
試作品は、市内4か所に常置された「ゆりかご」の中に、日頃からの感謝を込めて、プレゼントします。

171125_26 巡回報告

フリスクケースから、試作品のサイズを判断してください。
今までの患者様は、男の子用が多かったのですが、このオルゴールなら、女の子にも喜ばれそう。
続きを読む...
171118 ひまわり病院で訪問診療 [2017年11月18日(Sat)]

11月15日(水)、ひまわり病院に訪問診療の予約が入りました。

「ゆりかご」常設場所のひまわり保育園からのFAXを受けて日程調整、Dr.わたなべ.Mが週末に訪問診療します。
171130_訪問診療

11月18日(土)、ひまわり病院に駆けつけてみると、音が出なくなった「メロディくまさん」が待っていました。
早速、診察申込書に記入された症状に基づき診察開始、今回は電池周辺の初期治療だけでは機能回復しません。お客様とは電話連絡で詳しい問診を行い、分解点検のため入院決定とします。


171130_訪問診療後

今回の訪問診療では分解点検の手術スペースが確保できなかったため、やむを得ず入院治療となりましたが、集中治療室(ドクター自宅)にて治療続行、すべてのスイッチを分解点検して接点復活剤で磨いた結果、見事に音が出るようになりました。
続きを読む...
171028 電池の正しい使い方や注意は? [2017年10月28日(Sat)]

原則、毎月第4土曜日は「ゆりかご」定期巡回の日。

カット.jpg2017年10月28日(土)、午前中に「いくみ病院」「ひまわり病院」、午後から「のう病院」へと巡回して、おもちゃリサイクル用の回収箱として置かれている「ゆりかご」を総点検。

久しぶりで3か所とも同日巡回。
各病院で「ゆりかご」の写真を撮影し、次の記事で紹介します。
「ゆりかご」デザイン便覧は、コチラです。


デザイン_いくみ
さて、まず「いくみ病院」の巡回報告から。
先月は休園日で2か月ぶりの巡回でした。
本日も、患者様はゼロ。(広報不足)
きれいに「ゆりかご」を清掃して記念撮影。

続いて、その足で「ひまわり病院」に向かいます。

171028_ひまわり
診察申込があった「サリー」「マイク」の横にも、小さなお客様が待っていました。(4個とも同じお客様から)

この場合は、診察申込書がある方を訪問診療として優先します。
171028_ひまわり


170923 ひまわり病院
その前に、先月からの宿題!

乗用カートのハンドルが、すぐに外れて困っていました。そこで…、
171028_ひまわり

続きを読む...
171016 復活! それいけ!アンパンマン三輪車 アドバンスGOO! [2017年10月16日(Mon)]

2017年10月16日、「のう病院」に診察申込みがありました。
アンパンマンの三輪車音や光が出ない。

171016_三輪車アドバンスgooアンパンマン三輪車 アドバンスGOO!
ブザー付おでかけ三輪車 の(ハンドル部分)、おしゃべりICブザー故障です。

先月も、同じ症状の患者様が「ひまわり病院」から搬送され、能生児童館の事務室で集中治療したばかり。
今回主治医も ドクター Toyzawa さん。



171016_三輪車アドバンスgoo

やはり、経験は 大切 ですね。
診療記録の写真を撮る余裕も、手術成功の一因と言えます。
続きを読む...
170930 ひまわり病院で訪問診療の予約受付け [2017年10月02日(Mon)]
保育園から連絡を受けて、9月30日(土)、ひまわり病院で訪問診療

170930_シンガマジック!

先週退院した、アンパンマンの三輪車ハンドルのおもちゃと同じお客様からです。
このようなリピーターさん、大歓迎です!

今回の患者様は、英語の歌を歌う青い人形「ぬいぐるみ」
「音が止まらなくなった。」
とのこと。
診療には、ぬいぐるみを分解する必要があり、入院決定でお預りします。

170930_シンガマジック!タグ表記の「フィッシャープライス 2012」を手掛かりに、ネット上の画像検索なども駆使して、アメリカの マテル 社製の「シンガマジック!」という人気商品 と特定することができました。

本体の色によって声の高さが違い、なかまと一緒にコーラスを楽しめます。

170930_シンガマジック!
ちなみに、このシーグリーンテノール担当。
歌はネイティブ発音で、アメリカ民謡を歌います。

さすが本場物!
続きを読む...
170923 集中治療は、応接テーブル上で。 [2017年09月23日(Sat)]

今月の定期巡回は、9月23日(土)に実施。
ただし今回、「いくみ病院」お休み(休園のため)です。

午前中、「ひまわり病院」ひまわり保育園からの入院 2件、
「三輪車ハンドルのアンパンマン」と、「ウルトラの母」です。
→ 詳しくは、ココをクリック

「のう分院」能生子育て支援センターで予約 1件を受付済、
【レコぐるみ】もこもこベアー は、訪問診療で入院預りです。
→詳しくは、ココをクリック

「のう病院」で集中治療


他病院の「ゆりかご」から回収・お預りした患者様は、午後の「のう病院」能生児童館に集合し、2人のおもちゃドクターが連携して集中治療を尽くします。

170923_レコぐるみ診察は予約受付順で、最初は、☆もこもこベアー。
マイクコード断線とマイクユニット故障、基板パターン剥離と、かなり重症でしたが、即日完治!

→ 詳しくは、電子カルテ 参照

続きを読む...
170923 ひまわり病院・定期巡回 [2017年09月23日(Sat)]
2017年9月23日(土)、11:00〜11:30、初めての定期巡回です。

おもちゃクリニック ゆりかご「ひまわり病院」

糸魚川市寺島の複合施設「ヴィラオレッタ糸魚川」内の、ひまわり保育園に置かれている「ゆりかご」では、使われなくなったり壊れたおもちゃを、大切にお預かりします。
そして、毎月第4土曜日、おもちゃドクターが定期巡回して無料回収すると同時に、予約申込のあった患者様を訪問診療します。

170923 ひまわり病院



170923 ひまわり病院ひまわり保育園に常設された「ゆりかご」に、本日は2件の患者様。
大切に、お預かりします!

三輪車ハンドルに取り付けるおもちゃは、アンパンマンの声や音楽が鳴ってLEDが光るはずが、全く動きません。診察予約があります。
午後からの「のう病院」にて集中治療した結果、即日、治療完了!
月曜日にはお客様の元にお渡しできます。
Dr.トイザワさん、診察ありがとうございました。
続きを読む...
情報開示レベル、★★★★★(五つ星)を獲得! [2017年09月03日(Sun)]

うれしいニュースがあります。
日本財団 CANPAN FIELD では、登録団体の情報開示レベルや第三者認証を公開していますが、このたび「 おもちゃクリニック ゆりかごは、最高レベルの評価を獲得しました。

全国の五つ星(クリックで拡大)

★★★★★(五つ星)です!


続きを読む...
| 次へ