CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年01月 | Main | 2014年03月»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2014年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28  
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

雲南支部、冬季インターンシップ終了! [2014年02月27日(Thu)]
当協会の雲南省昆明支部で今月、8名の大学生をインターン生として受け入れておりましたが、無事に2週間のインターンシップを終了しました!
(YU@東京事務局かわいい

======================================

 当協会は、夏季・冬季の年2回、雲南支部事務所にてインターンシップを実施しています。このインターンシップは、2012年より開始した「アジア未来への人材プロジェクト」の一環として、雲南で日本語を学ぶ学生たちに実践の場を提供し、アジアの架け橋となる人材を育成することを目的として、継続的に実施しています。
 今回は滇池学院日本語学科3年生2名、雲南師範大学日本語学科3年生6名が、2週間(2/10〜21)インターンシップに参加しました。

インターン生s.jpg

 期間中は主に企画書や改善案を作成してもらいました。
 まずは「25の小さな夢基金」プロジェクトで協会が主催している昆明女子高校生への日本語授業について。去年9月から雲南大学、雲南師範大学、雲南大学滇池学院の大学生が講師を担当していますが、3クラスそれぞれの成績や教え方にばらつきがあり、課題となりました。
 それから「25の小さな夢基金」プロジェクトの7年間をまとめた資料作成や、「アジア未来への人材プロジェクト」の一環で結成した雲南現地の学生ボランティア組織・雲日国際大学生協力会のマニュアル、そして今年8月に予定している日本雲南大学生ワークショップ事業(未公開、近日公開予定!!)の企画などを作成してもらいました。

 今回は8人もの学生がインターンシップに参加したこともあり、小グループに分かれて作業したあと、他のグループの人と共有するように心がけました。その結果、グループでは思いつかなかったアイディアややり方が見つかり、学校の枠を越えたチームワークが芽生えていました。
 また、協会のプロジェクトに携わることで、協会の活動を深く知ってもらうきっかけとなりました。最後の報告会では、インターンシップの機会をもっと増やしてほしい、2週間は短いとの意見が多く聞かれました。下記、学生の報告レポートから抜粋したものをご紹介します。


━━━━雲南師範大学3年 陳詩芸さん
今回のインターンシップは私にとって一生忘れられない。卒業したあともマナーを守り、仕事をしたい。これからも日本語をよく勉強し、日本のことを理解する。卒業後、日本に関わる仕事をしたい。また中日文化交流に貢献するつもりだ。

━━━━雲南師範大学3年 郭玉玉さん
今回のインターンシップで、社会人としてのマナーを身につけた。チームワークを学んだ。そして、自分が担当する仕事に繊細な気持ちを込めるとできるようになるということを学んだ。これから、日中交流の橋渡しとして、翻訳者になれるように努力する。

━━━━雲南師範大学3年 和四鳳さん
私は人見知りするので、人前で発表するなんて無理でした。でも、ここに来た後、毎日の仕事を終えたら、日本語で反省会があります。そのために、だんだんと自信を持って、よくできるようになりました。

━━━━雲南師範大学3年 劉正平さん
どんな状況でも、元気を出して、一生懸命に自分の仕事をすべきだと学んだ。日本雲南聯誼協会での2週間の仕事は、日本語学部の学生にとって、とてもいい経験だと思う。でも、たった2週間はちょっと短いと思う。もっと長いインターンシップなら、すごく嬉しいと思う。

━━━━雲南師範大学3年 于鳴寰さん
ビジネスマナーを勉強して、PPTとEXCELの使い方を学びました。今後もとても役に立つ能力です。東京本部と一緒に2回ネット会議をし、日系企業の会議を見学しました。この貴重な経験を受けて、日系企業の会議と日常の仕事の仕方を知りました。同時に、自分の日本語能力は一体どんなレベルなのかを知らされました。

━━━━雲南師範大学3年 徐玥雯さん
職場マナーや企画書の書き方、カリキュラムの作り方やチームワークで仕事をすること、責任感と真面目な態度を学び、日本語能力がアップした。将来は日本に留学したい。

━━━━雲南大学滇池学院3年 孫睿卿さん
春蕾クラスの卒業生に連絡し追跡調査をしました。協会はこれまでにたくさんの仕事をしてきました。多くの人を助けたと思います。『日本雲南聯誼協会』と言うと、春蕾の卒業生たちは一瞬で思い出ました。とても感動です。自分の不足がたくさんありますから、今後は大学院へ行って、続けて勉強したいと思います。

━━━━雲南大学滇池学院3年 汪錦鳳さん
この二週間のインターンシップの中で特に印象に残ったことはPPTを作ったことです。とても勉強になりました。今まで教科書からの知識しかなかったですが、今回のインターンシップを通して、新しい知識を得ると同時にたくさんの課題を知ることができ、本当に勉強になったと思っています。社会人になる前に、社会人として役に立つ知識やマナー、専門用語などについて勉強でき、とてもよかったと思います。

 皆さんお疲れ様でした!これからも協会の現地ボランティアとして協力してくださいね。今後の活躍を期待しています。

K・Nバー

子供たちの笑顔、いよいよ四国上陸! [2014年02月25日(Tue)]
top0220.jpg



2011年から全国の会員・ボランティアの皆さんのご協力により日本各地で開催してきた全国巡回写真展「笑顔を君に」

今年初めての、通算では16回目の「笑顔を君に」が、明日から高知県四万十市で開催されますexclamation×2

私たちJYFAが四国で主催活動を行うのは、これが初めて。
いよいよ四国の皆さんに、雲南のこと、少数民族のこと、そしてJYFAの教育支援活動のことを直接ご紹介することができますわーい(嬉しい顔)

開催に先立ち、ボランティアリーダーの滝澤崇さんが先程四万十に入りました。初鹿野理事長も32日〜4日まで現地に入りますぴかぴか(新しい)

今回の開催にあたっては、小澤文穂協会顧問、JYFA会員でもある宮本博行四万十市議をはじめ、本当にたくさんの方がご協力くださいました。この場を借りて御礼申し上げます。

いよいよ明日、少数民族の輝く笑顔に、生命力溢れる雲南に、どうぞ会いにいらしてくださいexclamation




全国巡回写真展「笑顔を君に」in四万十(通算16回目)

2014年2月26日〜3月4日9時〜19時(最終日は12時まで)
会場:四万十市中央公民館
後援:四万十市教育委員会、幡多ライフサポートセンター

⇒チラシのダウンロードはこちら



(事務局・Yぶた


第11回国際教育協力日本フォーラム 参加報告 [2014年02月21日(Fri)]

2014年2月19日(水)、
文部科学省講堂で開催されたフォーラムに
新人職員のYUが出席してまいりました!


01_0219JEF.jpg

ーーーフォーラムの紹介ーーー
正式名は

「第11回国際教育協力日本フォーラム
 −自立的教育開発に向けた国際協力−」

と、長ーいのですが、
英語では「Japan Education Forum(JEF)」といいます。
>>フォーラムの詳細はこちら

このフォーラム(通称JEF)は、
2004年3月に、日本の教育分野の国際貢献の一環として
官学協同で創設された年次フォーラムだそうです。
途上国自身による自立的な教育開発および
その自助努力を支援する国際教育協力のあり方について、

関係機関やNGOなどが自由に意見交換する場を提供することを
目的としています。

第11回となる2014年のテーマは
「グローバリゼーションと途上国の教育課題
 −我が国の教育協力−」で、
グローバリゼーションが途上国の教育に及ぼす影響や
グローバル社会における教育の役割について
専門家による講演が行われました。

開催日程:2014年2月19日(水)10:00-17:00
場所:文部科学省講堂
主催:文部科学省、外務省、広島大学、筑波大学
後援:JICA、九州大学
ーーーーーーーーーーーーーーー


02_0219JEF観客.JPG

当日の会場には、
およそ250名の方が集まっていました。
(途中出入りの人も入れると400名くらい?)
政府関係の方が多いのかなと思って行ってみると、
わりと若い女性や学生の1人参加も多く、日本にこれだけ、
国際的な教育支援分野に興味を持つ方々がいると知って
心強く感じました。手(グー)
ただ、フォーラムという形式上、聞くことがメインで
横のつながりを広げられなかったことがすこし残念でした。

私は今回、日本雲南聯誼協会のスタッフとして
初めてフォーラムに出席させていただきましたが、
一番興味深かったのは、JICAの水野敬子先生の
ラオスの教育現場を事例とした講演でした。


「グローバル社会における日本の国際教育協力のあり方
 ラオスを事例として」

                     水野敬子
(JICA国際協力専門員、ラオス国教育スポーツ省付政策アドバイザー)
03_0219JEF水野先生講演.JPG

ラオスは中国雲南省と接する地域で、
山岳地帯に多くの民族が共存しています。
水野先生の資料によれば、小学校への入学率は改善したものの、
中退率と留年率が高く、最終学年残存率は70%と横ばいだそうです。
その理由として、山岳地帯という地理的条件や母語の問題、
また少数民族女子に対する教育意識が低いという問題にも触れました。
これらの問題は、雲南省にも共通する部分です。

これらの問題にたいして水野先生は、
様々な提言をなさっていましたが、その中でもとくに
「ローカルレベルで喜ばれる支援をすること」
「発信することの大切さ。効果的に伝えていくこと」
ということが印象的でした。

私はまだまだこの分野にかんして知識が浅いですが、
これからどんどん勉強していきたいとおもいます。
みなさまご指導をよろしくお願いいたします。


(YU@東京事務局かわいい
城戸特派員のレポート「2014春節祭駆け歩る記」その2 [2014年02月14日(Fri)]
城戸さんのそばにいつも最新の中国情報有り(!?)
協会きっての中国通・城戸特派員が、今年も2014年春節を祝って各地で催された様々なイベントに参加されました。昨日今日と2回に分けてレポート。(^^
タイトルは、ずばり「2014春節祭駆け歩る記」!!
(YU@東京事務局かわいい

ーーー2014春節祭駆け歩る記ーーーー
昨年は長崎ランタンフェスティバルに遠征したが、今年は名古屋を始めとして東京、神奈川県の春節祝賀のイベントに老体に鞭打って参加した。その゛政冷民熱”の現場の印象記をお届けする。

<その2>北区日中友好協会

       春節祝賀祭(2月2日)
 
 このイベントは中国人の参加人数が多く、日中で200人以上になり、回数も20回ほどとなる。HP上でも和気あいあいとしたシーンが毎年紹介され、今年は是非参加したいと念願していた。自宅の藤沢から2時間以上かかるが、国歌作曲者ニエアール氏終焉の地、藤沢を宣伝したいとの思いもあったので出掛けてみた。

 北区の王子小学校の調理室をお借りして皮作りから始まり、具を包むまで日中共同作業となる。餃子の餃の字には交わるの文字があり、交流パーティの料理にはピッタリ。

2餃子.JPG
▲日中共同で餃子作り(於北区)


 中国女性は流石に作業が手馴れている。売り物になるような整った包み方をする方が多い。10台の大テーブルが会場に用意され、VIP,地元の中国歌舞学校の生徒、日中友好会館後楽寮の留学生の方以外は自由に席につく。テーブル上には餃子、お寿司、焼きそば、中国の油条等が並べられ、お酒類も色々あり中国のことわざ”美酒佳肴”の世界となる。
 地元中国歌舞学校の生徒さんによる中国歌曲の演奏も春節らしく華やかなムードを盛り上げる。ビンゴ大会も豪華賞品が当たるたびに大歓声があがる。

 歓談の2時間はアッという間に過ぎてしまったが、私は合間を見てできる限りしゃべったが、国家作曲者が藤沢で不慮の死を遂げたことを知っている方は数えるほでど皆驚いていた。
 参加者の中には高齢の帰化されたご婦人も多く、日本語が自然で、尋ねないと解からない。さすがに中国の昔の歌、俳優、ことわざに詳しく、もっと時間があればと残念至極。

・・・・・・・・・・・

 さて今年は以上に特記したイベント以外に池袋での国際交流新年会、新宿、淵野辺の孔子学院などにも参加したがどこでも開幕祝辞のスピーチには「日中関係は現在最悪ーーーー」の始まり。日中友好を願う者にとっては悲しいことであるが、逆に民間交流はできるだけ盛り上げたいという熱意は皆旺盛であった。


3会場.JPG
▲盛況な会場(於桜美林孔子学院)

 尚、淵野辺の孔子学院は1000人以上の来場者を、昨年を含めて記録し、取材陣も何社か来校していた。地の理は悪いが、中国の文化や春節の華やかさに魅了される方が多いというのは嬉しい限り。やはり春節を彩る赤は人の心を燃え立たせるものがある。

 日中関係改善の分野、努力は時間がかかりまた限られてしまうかもしれないが、必ずや雪解けになる時が来るであろう。

「冬来たりならば春遠からじ」という言葉もあるではないか。


【文・写真 城戸弘人様】
城戸特派員のレポート「2014春節祭駆け歩る記」その1 [2014年02月13日(Thu)]
城戸さんのそばにいつも最新の中国情報有り(!?)
協会きっての中国通・城戸特派員が、今年も2014年春節を祝って各地で催された様々なイベントに参加されました。今日明日と2回に分けてレポートを紹介します。(^^
タイトルは、ずばり「2014春節祭駆け歩る記」!!
(YU@東京事務局かわいい


ーーー2014春節祭駆け歩る記ーーーー
昨年は長崎ランタンフェスティバルに遠征したが、今年は名古屋を始めとして東京、神奈川県の春節祝賀のイベントに老体に鞭打って参加した。その゛政冷民熱”の現場の印象記をお届けする。

<その1>名古屋春節祭(1月11日)

 今年も日本橋三越の長崎展でランタンフェスティバルのパンフレットを入手し、イベント内容の豪華さに又心を動かされたが、昔から中国語の無料新聞に大きな広告が登場し、詳細なHPでも情報が得られる名古屋春節祭に今年は初遠征した。東京では知られていないがもう八回も開催されている。
 今年はあの障害者芸術団で有名になった”千手観音”が敦煌舞踏団によって見られるという。

 もう遠征するしかない。

 当日は新幹線で名古屋まで行き、地下鉄で久屋大通公園の会場に開幕式典開始ごろに到着したが、中央ステージ前の観客席は満席でいい写真を撮るのも難しい状況であった。晴天だったが、立ち止まると底冷えがしてくる。会場の回りには中国料理、中国語学校、中部国際空港セントレアに便を持つ中国航空会社、不動産会社、自動車教習所等のブースが50箇所ほど設けられ、中国の方が皆、流暢な日本語で熱心に呼び込みを行っていた。名古屋の大学に在学する中国留学生の姿も多く、バイトで参加していた。

 開幕式の後は特別ゲストの敦煌舞踏団の千手観音、二胡演奏、太極拳、中国舞踏等の演目が中央ステージで演じられた。
 さすが千手観音の演技になると、観客が満杯になり、望遠レンズの放列でカメラマン同士の肩が触れるほど。


1千手観音.JPG
▲金色の衣装が映える千手観音の華麗な演技(於名古屋)


 来日公演でお馴染みの障害者芸術団の千手観音の踊りの流れと音楽は同じだが、一糸乱れず何度みても感動する。期間中午前、午後の二回公演を行ったが何れも一番人気であった。シャチホコに代表される金が大好きなのが名古屋人の特徴と言われるが、千手観音の金色の衣装も多いに気にいったにちがいない。雑技的に人間で組み上げた金色シャチホコを演目に加えたら”どえりゃー パフォーマンス !!”と驚かれたろう。

 名古屋には中華街はないので、このような催しを定期的に行い、在名古屋中国人と日本人の交流活動を盛り上げるとの開催目的が設けられている。実際名古屋在住の中国人も多いのだが、日本有数の工場地帯なので、観光は少なく工場視察の中国人が非常に多いようだ。

 名古屋と中国の関係で私にとって思い出深いものは2005年の愛知万博の中国館見学である。特に特別ゲストのサニー・ガールズという古典楽器による中国現役音大生の演奏が大人気で展示品以上に深く印象に残ってしまった。今回の訪問も勝手が解らず様子見的な要素もあったが、中国人パワーを大いに感じさせるイベントで来年以降もその内容が期待できそう。


【文・写真 城戸弘人様】
雲南支部主催・冬季インターンシップがスタート [2014年02月10日(Mon)]
みなさまこんにちは!
昆明事務所からインターン生受け入れのレポートが入りました。
ぎっしり8名。協会の活動について、真剣に考えてくれていますね!(^^謝謝
(YU@東京事務局かわいい

===============================

今日から2週間の2014年冬季インターンシップが始まりました。
今回は、雲南師範大学と雲南大学滇池学院の学生計8名が参加しています。

---今回のインターン生たち紹介---
于 鳴寰くん(男性、雲南師範大学外国語学院日本語科3年)
劉 正平さん(女性、雲南師範大学外国語学院日本語科3年)
和 四鳳さん(女性、雲南師範大学外国語学院日本語科3年)
徐 玥雯さん(女性、雲南師範大学外国語学院日本語科3年)
陳 詩芸さん(女性、雲南師範大学外国語学院日本語科3年)
郭 玉玉さん(女性、雲南師範大学外国語学院日本語科3年)
孫 睿卿さん(女性、雲南大学滇池学院外国語学院日本語科3年)
汪 錦鳳さん(女性、雲南大学滇池学院外国語学院日本語科3年)

インターン生.jpg

インターンシップ史上最大の8人を受け入れたため、事務所は一気に賑やかになりました。女子7人に囲まれた雲南師範大学の于鳴寛くんが、男気たっぷりにリーダーシップを発揮しています。

今日は「25の小さな夢基金」で支援する昆明女子高校で実施している日本語授業の改善案ひらめきを作成しています。

2週間の間、その様子をブログで報告しますので、皆さんお楽しみに。


インターン生アップ.JPG
↑何やら考え込んでいる様子。。。

(雲南支部 林娜)
春節明けの昆明より [2014年02月07日(Fri)]
みなさまこんにちは!
今日は春節(旧正月)明けの昆明事務所からレポートが入りましたので紹介します。
昆明の青い空!そして林娜さんの突き抜けるようなダジャレ付きです。
(YU@東京事務局かわいい

===============================

春の昆明.jpg

 今日で春節も終わり。今年の春節はまるで昆明の街が空城(空っぽの街)になったように、帰省する人や出かける人で皆いなくなっちゃった。あの渋滞で動きにくい街がこの間、道でたまに走る車はラクラク。タクシー運転手さんの話だと、夢のようでどの車線で走っても運転できる、この気楽さが永遠の続くならどんなに嬉しいか、ということでした。

 私も嬉しい。どこに行っても渋滞を気にしなくて、好きな時間で行ける。ただ唯一不便なのは、普段あっちこっちで開いている店が全部しまって、外食するところを探すのが大変なことです。今日からはやっと食事場所に困らなくなりました。また、もう一つうれしいことは、立春がきたこと。昆明の天気も暖かくなってきているし、花も徐々に蕾を結び、若葉も枝から出てきて、今年は春が早く来るらしいです。

 でもニュースによると、ほかの省はまた雪が降って、休みの終わりに帰宅する人々は雪の影響で旅中に留まり、予定通りに戻れないまずい状態に陥って、
同情!道場。

空城の昆明.jpg                     
(雲南支部 林娜)
第一回「アジアの豊かなライフスタイル実現研究会」開催しました [2014年02月04日(Tue)]

みなさま、はじめまして!
最近協会のスタッフになりましたYUです。
どうぞよろしくお願いします。
初投稿は、この前の日曜日に開催されました研究会について報告させていただきます。
============================================

2月2日(日曜日)午後、協会の主催で
第一回「アジアの豊かなライフスタイル実現研究会〜日本雲南の国際交流を通して持続可能な事業を展開する会」が始まりました。

とっても長い名前の会になりましたが、、、その趣旨は
「日本の若い世代の方たちが、協会を土台として、雲南がどうしたら発展していくのか、何ができるか、を考える」
というものです。
(※発展とは。経済面での発展だけでなく、文化面、精神面も含めた発展を視野にいれています)

初回は、協会関係者を含め20名近くの方が集まり、
自己紹介と、今後の会の方向性について、熱い意見を出し合いました。


▼雲南省の現状についてレクチャーを行う林老幹事。
アジア研究会0講義.jpg
▼さっそくするどい質問が飛びます。
アジア研究会2質問.jpg

▼司会進行をする松田若幹事(研究職)
アジア研究会3雄馬さん.jpg
▼活発な意見が交わされました。
アジア研究会4話す人.jpg

アジア研究会5話す人.jpg

アジア研究会6理事長.jpg



ーーープログラムーーー
 □ 若幹事の松田さんよりご挨拶
 □ 日本雲南聯誼協会の活動紹介(初鹿野理事長)
 □ 雲南省入門講座(林老幹事)
 □ 質疑応答・意見交換
 □ 参加者自己紹介と、今後の研究会活動に関するご意見
ーーーーーーーーーーー
予定していた2時間を40分オーバーして、第一回の当会は終わりました。
その後、夜十時まで懇親会でも熱い議論が交わされ、
なんと計6時間にわたって活発な意見が出されました。

今後も毎月1回、日曜日に開催していきます。

皆様のご参加をお待ちいたしております!


★この会にご参加希望の方は、

ぜひ協会までご連絡ください★



(YU@東京事務局かわいい