CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年12月 | Main | 2014年02月»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2014年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

明日明後日はワンワールドフェスタ!! [2014年01月31日(Fri)]
関西にお住まいの皆さ〜んexclamation

明日明後日は

ワン・ワールドフェスティバル2014

にJYFAが初出店しますよ〜exclamation

東京のグローバルフェスタと並んで、日本三大国際フェアと言われるワン・ワールド。
(残りのひとつはわかりません…わーい(嬉しい顔)

大阪の平松先生ご夫妻と滋賀の千々岩さんが中心となって、協会の初出展を盛り上げてくださいますグッド(上向き矢印)

色とりどりの民芸品や美味しいプーアル茶が手に入るのはもちろん、JYFAの教育支援活動や少数民族のこどもたちについて、色々知って頂くまたとない機会です手(チョキ)

会場は大阪国際交流センター、JYFAブースは2階43番ですexclamation


20140131.jpg

2月1日・2日10時〜17時 於大阪国際交流センター


大阪の皆さん、初めましてJYFAですexclamation
ご来場、お待ちしてま〜すわーい(嬉しい顔)


(事務局・Yぶた
暮らす・装う・彩る-中国少数民族衣裳展 [2014年01月28日(Tue)]

皆さんこんにちはわーい(嬉しい顔)
今日は2014年最初の"耳寄り情報"をお届けします〜グッド(上向き矢印)

明日から水道橋の日中友好会館美術館「暮らす・装う・彩る-中国少数民族衣裳展」が開催されるんですダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

中国西南部に住むミャオ族イ族ヤオ族(協会の仲間たちにはお馴染みの民族ですね)、そして海南島のリー族など少数民族の衣装が展示されるそうで、 長い間、布に関わってきた梅田美知子氏(「アートスペース繭」代表)が、手仕事の素朴なぬくもりに惹かれ集めた貴重なコレクションだということですわーい(嬉しい顔)

協会員はもちろん、雲南ファンの皆さんもこれを見逃す手はありませんよグッド(上向き矢印)


140128_1.jpg


140128_2.jpg


会場では13日の春節にあわせ、様々なイベントも開催されます。
水道橋は、協会事務局のある市ヶ谷からすぐ近くですし、聯誼協会と衣装展のはしごなどいかがでしょうかハートたち(複数ハート)exclamation&question


かわいい期間中のイベントかわいい

@ギャラリートーク
 1月29日(水)14:00〜(約30分)
 お話:梅田美知子さん(出展者)、坂井昌二さん(コレクション取集協力者)

A二胡ミニコンサート
 2月4日(火)12:30〜(約30分)
出演:田宇さん(二胡奏者)

B抽選会 中国グッズが当たります!
1月29日、30日(旧暦のおおみそか)、31日(春節=旧暦のお正月)、2月14日(元宵節=旧暦の1月15日)と会期中の土・日・祝に開催。

公式ホームページはこちら⇒



(事務局・Yぶた


私の故郷25-玉龍の愛すべき村人たち [2014年01月23日(Thu)]

皆さんこんにちはグッド(上向き矢印)
いよいよ中華文化圏の一大イベント「春節」が来週末に迫って参りましたぴかぴか(新しい)

25の小さな夢基金の昆明女子校"春蕾"クラスも今週から春節休みに入り、学生たちは皆故郷に戻って家族と新年を迎える準備をしています。

その夢基金生たちが、休みに入る前に日本のサポーターへ心のこもった年賀状を書いてくれました。その数なんと160人分180exclamation


140123.png


年賀状は総勢20人のボランティアさんのご協力で作成した日本語訳を添え、昨日から順次サポーターさんのもとへお送りしていますわーい(嬉しい顔)

夢基金サポーターの皆さん、どうぞ楽しみにお待ちくださいね揺れるハート

さて、雲南省全土からやってきている夢基金生の故郷をご紹介する連載、25回目の今日は、みなさんもよーく御存知のあの麗江です。

エッセイを書いてくれた和麗芬さんは現在高校3年生のナシ族
ナシ族は世界最古の現役象形文字「トンパ文字」を使うことで有名ですねペン
それでは、和さん自慢の故郷をご紹介します。





私の故郷は麗江、神秘的でとても美しいところです。
 
隆々とそびえる玉龍雪山のふもとに、素朴で善良なナシ族の人々が暮らしています。

ここには悠久の歴史をもつ麗江の古城(旧市街)、壮大で美しい雪山、そして幻想的で異彩を放つ素晴らしいトンパ文化があります。
古城の石畳を歩けば、ナシ族の暖かい民族風情を感じることができるでしょう。


140123_01.JPG
ナシ族トンパ教の聖地でもある玉龍雪山は、標高5596mの未踏峰です



ここには長江の激しい流れもあります。
私の家がある麗江市玉龍ナシ族自治県は、四方を山に囲まれた、まさに山清水秀(風光明媚)」な場所です。
ただ、自然のままの地形なので、交通は本当に不便ですが。

小さいころの私の夢は、山の外に出て故郷を変えることでした。
この夢を抱いてから10年以上が過ぎましたが、絶えず努力奮闘すれば、いつか実現できる夢だと信じています。
たちおくれた山奥ですので、教育環境は良いとはいえません。
教育を受けられない子供もたくさんいます。
ですから、私はとても恵まれた方です。


140123_03.JPG
玉龍県にあるナシ族村の素朴な風景



故郷の村の人々は皆、情熱的で人好きのする人ばかりです。
暮らしは決して豊かではありませんが、村に客人があれば、貴重なごちそうでもてなします。(それも普段は勿体無くて自分たちでは食べられないようなものです。)
山に囲まれたこの小さな村には、民族の香りが色濃く漂っています。


140123_02.JPG
ナシの村人たちは暖かくて優しいひとばかり!


貧しい暮らしではありますが、隣近所が仲良く互いに助け合い、平凡で慎ましい生活もまた幸せのひとつのかたちなのだと気づかせてくれます。
困ったことがあれば、みんなで助け合い、ともに困難を乗り越えるのです。

これが私の故郷、麗江です。美しく神秘的な故郷、私の愛する故郷です。
皆さんも是非一度お越しくださいね!



140123.jpg
文:和麗芬(25の小さな夢基金第6期生)
【翻訳:栗田久里子(ボランティア)】



★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

「私の故郷」バックナンバー

第24回 わたしの大好きな故郷―李永珍(ヤオ族)
第23回 獅子山と武定壮鶏―李佳蔚(イ族)
第22回 母なる川に抱かれて―多澤宏(タイ族)
第21回 喜びにあふれた平和な村―楊耀彩(ペー族)
第20回 心安らぐリス族のふるさと―李暁倩(リス族)
第19回 命がけの交通手段「溜索」―唐玲(漢族)
第18回 水かけ祭りで有名なタイ族―刁月(タイ族)
第17回 中国胡桃の里―字麗鳳(イ族)
第16回 故郷の空はいつも青色―儂全倩(チワン族)
第15回 雲南版枕草子―央初竹瑪(チベット族)
第14回 烏蒙の江南―顧優(回族)
第13回 連なる山に囲まれた美しい町―蔡文嬋(リス族)
第12回 魅力ある県「剣川」―李金萍(ペー族)
第11回 雲南のプイの郷―劉星蓮(プイ族)
第10回 泥んこ文化―尹悦(漢族)
第09回 雲南の風情―和約花(ヌー族)
第08回 美しき滬西―楊噤i漢族)
第07回 桃源郷―莽徳芬(ペー族)
第06回 隠れた名所!東川―彭安麗(漢族)
第05回 黄金色のふるさと―王丹丹(プイ族)
第04回 世界を愛するために―雷木門(チンポー族)
第03回 多種多彩!故郷の民族―雷会蘭(タイ族)
第02回 自己紹介―賀金菊(リス族)
第01回 棚田の故郷―呉仙(ハニ族)


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

"雲南プーアル茶の真髄"を味わって頂きました [2014年01月17日(Fri)]
皆さんこんにちはわーい(嬉しい顔)
今日の東京は日差しも出て、寒さが少し和らいだ過ごしやすい1日でしたグッド(上向き矢印)

さて、実は今日、麹町の六番町茶房さんで

「雲南プーアル茶の真髄を味わう会」

を開催してまいりました喫茶店


協会出展イベントなどでお馴染みの、あの超美味しい協会公認プーアル茶をもっと多くの人に知ってもらいたい(もちろん協会のことも!)ということで、

六番町茶房さんの全面協力の下、

協会事務局が誇るマルチプレーヤー"無給専従職員"林則幸さんが
雲南プーアル茶について講演、

参加者にはランチとともに、協会印のプーアル茶をお試しいただきましたハートたち(複数ハート)

(協会からは林さんとボランティアのT女史が参加したのですが、
六番町茶房のご主人・朝井マリさんお手製のごちそうに夢中になり、
肝心の試飲の様子を撮影し損ねた模様ふらふら
これもご愛嬌ということで、ここはひとつご容赦くださいあせあせ(飛び散る汗)



011705.JPG
林大先生によるプーアル茶の講義。(先生、後ろ姿ですみません!)


011704.JPG
皆さん、真剣に聞いてくださいました


011703.JPG
こちらが浅井さん特製の中華ランチ。プーアル茶との相性バッチリわーい(嬉しい顔)


011702.JPG
雲南少数民族手摘みのプーアル茶は大好評でした




プーアル茶は雲南が誇る一大特産品ですが、
協会印のプーアル茶は、自生する茶葉を現地少数民族が手摘みして丁寧に作った貴重なものぴかぴか(新しい)その美味しさはやみつきになること間違いなしですわーい(嬉しい顔)

しかも収益のほとんどが協会の教育支援活動に寄付されるという一粒で二度美味しい状態のこのプーアル茶、
協会イベントなどでお求め頂ける他、協会事務局でもご注文を取り次いでいます。

美味しいお茶を飲む支援活動に参加したいと思ったら、
是非協会事務局までご連絡くださいね〜グッド(上向き矢印)



(事務局・Yぶた


1300年の古都焼失の悲報 [2014年01月14日(Tue)]

昨日はまた雪が降り、冷え込んでいる昆明から悲しいニュースをお伝えします。

1月11日深夜1時過ぎ、雲南省の西・迪慶チベット族自治州の州都シャングリラ県の古城(旧市街)で火災が起き、242棟が全焼しました。

古城には歴史ある木造建築が密集しており、しかも交通が不便で消防設備も立ち遅れていたため、消防車両が火災現場に入れなかったそうです。

そのため、1300年の歴史ある古城の2/3が焼け、歴史的なチベット軸装仏画であるタンカなどの遺産も焼失してしまったそうです。本当に残念でなりません。



1401141.jpg

1401142.jpg
(写真:中国安全防護網より)

1401143.jpg
(写真:sohuニュースより)


私も秋に古城の旅館に泊まったので、あの旅館が無事か、そしてあの親切な店主が無事か気になります。まさに写真にある黄金のマニ車の麓で牛肉鍋を食べました…。あの鍋屋さんは焼けてしまったことが写真を見てもわかります。

亡くなった方がいないというのが、唯一の救いです。
続報がありましたら、またお知らせいたします。

K.N

私の故郷24-わたしの大好きな故郷 [2014年01月09日(Thu)]

2014年が始まりましたね。
今年が全ての皆さんにとって良い年になるようにお祈りしていますexclamation

さて、今年も「25の小さな夢基金」で応援する女の子たちに、自慢の故郷を紹介してもらいますグッド(上向き矢印)
日本と同じくらいの面積がある雲南省には、さまざまな気候や地形が有り、25の少数民族が独自の文化を継承しながら慎ましく暮らしています。

今日故郷を紹介してくれる李永珍さんヤオ族の出身。
ヤオ族といえば、南総里見八犬伝犬の元になったという伝説を持つ民族なんですよぴかぴか(新しい)

それでは、李さんの故郷を覗いてみましょうわーい(嬉しい顔)





山に囲まれた小さな村、それがわたしの生まれ育った紅河ハニ族イ族自治州河口ヤオ族自治県揺山郷です。

村には名所旧跡のような有名な景観はありませんが、やはり自分が生まれ育ったその土地がわたしは好きです。そこが美しいかどうかではなく、誰しも自分の故郷には特別な感情があるものです。


140109_2.jpg
揺山郷の女性たち。糯米で作ったヤオ族の酒は「水酒」と呼ばれます。(百度より)


は木々が新芽を吹き、あたり一面緑に覆われます。朝、まだ太陽が目を覚ましていない時間から人々は忙しく働き始め、ほどなく目を覚ました太陽はその光景を見て優しく微笑み暖かい光で大地を照らします。

が来ると焼けつくような太陽が大地を照らし、一歩外へ出れば背中に汗が流れます。この時期は誰しも空調の効いた部屋で過ごすところですが、わたしたちの村はそれほどの暑さを感じません。それは村の下に川が流れ、川の両側には青々とした木が茂ります。川の石は水流により丸く滑らかに形を変え、人々はいつでもそこで泳ぐことができるのです。

には美しい月が土地一面黄金色に染まった稲を悠々と照らします。この稲穂は農民の一年分の収穫になるのです。

は寒くはありますが雪が降ることはなく、私たちはこれまで雪を見たことがありません。一面の雪景色はどれほど美しいのだろう、と想像します。


140109_1.jpg
揺山郷の平和な風景


わたしの故郷は特別なものはないかもしれませんが、空気の新鮮さ、人々の気さくさが皆さんを迎えてくれることでしょう。ぜひわたしの故郷へ遊びに来てください。歓迎します。



140109_3.jpg
文:李永珍さん(夢基金第6期生)
【翻訳:久保さとみ(ボランティア)】


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

「私の故郷」バックナンバー

第23回 獅子山と武定壮鶏―李佳蔚(イ族)
第22回 母なる川に抱かれて―多澤宏(タイ族)
第21回 喜びにあふれた平和な村―楊耀彩(ペー族)
第20回 心安らぐリス族のふるさと―李暁倩(リス族)
第19回 命がけの交通手段「溜索」―唐玲(漢族)
第18回 水かけ祭りで有名なタイ族―刁月(タイ族)
第17回 中国胡桃の里―字麗鳳(イ族)
第16回 故郷の空はいつも青色―儂全倩(チワン族)
第15回 雲南版枕草子―央初竹瑪(チベット族)
第14回 烏蒙の江南―顧優(回族)
第13回 連なる山に囲まれた美しい町―蔡文嬋(リス族)
第12回 魅力ある県「剣川」―李金萍(ペー族)
第11回 雲南のプイの郷―劉星蓮(プイ族)
第10回 泥んこ文化―尹悦(漢族)
第09回 雲南の風情―和約花(ヌー族)
第08回 美しき滬西―楊噤i漢族)
第07回 桃源郷―莽徳芬(ペー族)
第06回 隠れた名所!東川―彭安麗(漢族)
第05回 黄金色のふるさと―王丹丹(プイ族)
第04回 世界を愛するために―雷木門(チンポー族)
第03回 多種多彩!故郷の民族―雷会蘭(タイ族)
第02回 自己紹介―賀金菊(リス族)
第01回 棚田の故郷―呉仙(ハニ族)


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
雲南より新年のご挨拶クイズです [2014年01月07日(Tue)]

今年中国では例年と違って、元日の休みが1日だけしかありませんでした。
そのせいか、皆新たに2014うまになったという実感もなく、普段通りに元日を過ごしました。

それはさておき、今年の春節(旧正月)は1月末なので、今から春節を迎えるためにどこの家庭でも年越し用品を買い出す様子が見られます。

スーパーやデパートには人がいっぱいで、「新しい年がもうすぐ来る」という雰囲気で溢れています。中国人の感覚では、やはり新年=春節なんですね。春節を過ごさないと新しい年が来た感じがしませんグッド(上向き矢印)

ただ今年から、中央政府の政策で各地方政府部門の忘年会ビールが禁じられ、例年政府関係の忘年会で大儲けしている高級レストランが大きなダメージを受けたようです。
仕方ないので値段を下げ、ターゲットを一般家庭へ変更した模様バッド(下向き矢印)
それでも民間の忘年会は中くらいのレベルのレストランに予約が殺到し、もうどこも一杯だとのニュースが飛びかっています。春節の到来がたのしみですわーい(嬉しい顔)


それでは、午年うまにかけて、雲南支部からおめでたい中国語クイズをグッド(上向き矢印)


140107.jpg


140107_2.jpg


あけましておめでとうございます!祝大家馬上有…



雲南支部職員一同