CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年05月 | Main | 2013年07月»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2013年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

「夢は叶う」加藤丈夫さん講演記5 [2013年06月28日(Fri)]

25の小さな夢基金「夢は叶う」講演会、加藤丈夫さん講演の第5回目をお届けします。

皆さんが子どもの頃慣れ親しんだ漫画やアニメは、たった1人の「夢」から始まったと言っても過言ではないexclamation&question加藤さんのお父さんは、実は私たちの人生にも小さくない影響を与えた人だったのです。

>>>前回はこちら



titke.jpg


5.子どものために一生を捧げる―加藤謙一(かとうけんいち)の話
[後編]


雑誌にはいろいろな作品が掲載されるので、編集長の仕事というのは、小説家や詩人や画家や漫画家の中から、どんな人にどんなものを書いてもらうかを決めることです。
読んで面白いもの、役に立つものでなければ雑誌は売れないので、それを決める編集長の仕事はとても大切です。

当時の小説家や画家は大人向けのものは一生懸命書くけれど、子ども向けのものにはあまり力入れないのが普通でした。しかし謙一は「子どもは国の宝なのだから、子どもには一番良いものを与えなければならない」という信念を変えず、どんなに有名な作家や画家でも力を抜いた作品は「少年倶楽部]には採用しませんでした。

そして、謙一は若くて才能のある作家や漫画家を思い切って起用しましたが、その人たちの作品が素晴らしいという評判が全国に広まり、やがて「少年倶楽部」の発行部数は月に80万部を超えて日本一の雑誌になりました。

特に謙一は小説と漫画に力をいれましたが、小説は読者に元気と勇気を与えるし、漫画は家族が皆で読めて家が明るくなると考えていました。

その中で、「少年倶楽部」に掲載された「のらくろ」という漫画の主人公は日本中の人気者になり、「のらくろ」の絵の入った商品が全国に溢れるほどでした。

その後、謙一は講談社をやめて自分で学童社という会社を作り、そこで「漫画少年」という雑誌を発行しました。
 
その「漫画少年」で活躍したのが、手塚治虫や藤子不二雄などの漫画家です。

若い頃の手塚治虫には医者になりたいという希望があって医学博士にもなったのですが、謙一が手塚治虫の才能を見抜いて「ぜひ漫画家になりなさい」と強く勧め、それがきっかけで「ジャングル大帝」や「鉄腕アトム」など多くの漫画を描き、日本で一番有名な漫画家になりました。

藤子不二雄は「手塚治虫のようになりたい」と考えて少年のころから漫画を描くことに熱中していましたが、作品が謙一に認められて「漫画少年」に掲載されるようになり、プロの漫画家になる決心をしました。そして「ドラえもん」や「おばけのQ太郎」などの明るく楽しい漫画を描いて人気者になりました。

私が10才くらいの頃、手塚治虫や藤子不二雄は私の家を仕事場にしていたので、私は彼らが一生懸命漫画を描くのをそばで見て育ちました。
また、手塚治虫は漫画だけでなく、日本で初めてテレビのアニメーションを作りました。いま世界の多くの国で「鉄腕アトム」や「ドラえもん」のテレビ・アニメが放映されていますが、そのアニメの作者たちは謙一が漫画家になることを勧めた人が多いのです…

≪続く≫



DSC00909.JPG

加藤丈夫さん略歴 東京大学法学部卒業。富士電機株式会社に入社し、企画部長、人事勤労部長を務める。1989年に取締役就任後、取締役副社長、取締役会長を歴任。企業経営に携わるかたわら、企業年金連合会理事長、社団法人日本経済団体連合会労使関係委員会委員長、中央労働委員会使用者委員、学校法人開成学園理事長兼学園長などの要職も歴任した。



野球×教育支援!東京ドームでの熱闘に参戦! [2013年06月26日(Wed)]

625日午後、あまりお天気の芳しくない東京・水道橋に、協会スタッフの姿が…

実はこの日、東京ドーム日本ハム主催試合野球アジアンフェスタというイベントが併設され、我らが聯誼協会も出展することになったのですダッシュ(走り出すさま)

皆さんは日本ハムファイターズのスター陽岱鋼(よう だいかん)選手をご存知ですかexclamation&question

このイベントは陽選手の活躍を更に盛り上げようと、アジア各国が出展したり、アジア国籍のお客さんを優待する『アジアンウェルカムチケット』が発売されたりと、球場中をまさにアジア尽くしにしようというものグッド(上向き矢印)

陽選手といえば、台湾の少数民族「アミ族」の出身。
なんとなくご縁を感じますよねーハートたち(複数ハート)


写真 1.JPG
左が少数民族の星・陽岱鋼選手。男前です〜グッド(上向き矢印)


今回の協会出展は、協会会員でもある中国国家観光局の山本晶さんのご依頼で実現しました手(チョキ)


写真 3.JPG


試合開始の18時から遡ること2時間弱、お客さんの入場開始早々から中国&協会ブースには人だかりがあせあせ(飛び散る汗)

たくさんの方が協会のパンフレットを受け取ってくださり、試合が始まる頃には、用意してきた全ての資料を配り終えてしまいましたわーい(嬉しい顔)



1001650_463905093699820_284676782_n.jpg

1045207_463905143699815_1530103049_n.jpg

1014329_463905107033152_1744538370_n.jpg
球団マスコットのポリーちゃんも応援に来てくれました


色鮮やかな民族衣装は、東京ドームでも大人気。普段なかなか接点のない野球ファンの皆さんに、雲南や協会のことを知って頂く貴重な機会になりました。

写真 4.JPG


なお、試合はといえば、日本ハムファイターズがソフトバンクホークスを大逆転劇でくだしました。ファイターズファンの歓喜の大声援がドーム中に轟いて大迫力ダッシュ(走り出すさま)
協会も少しは勝利に貢献できたかしらexclamation&question


こうして、アジアンフェスタ2013in東京ドームは無事終了。
ファイターズファンの皆さん、今度は8月、本拠地札幌で開催予定の協会写真展「笑顔を君に」でお会いできるといいですねわーい(嬉しい顔)



1011916_655913741102807_1323793841_n.jpg


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
参加者:初鹿野惠蘭、滝澤崇、林則幸、佐々木英介、劉翠、事務局(蔦、山田)
Special Thanks:山本晶

皆さん、ありがとうございました!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★







写真 5.JPG
ミーハーな職員Yは、イケメン陽選手にご執心

(事務局・Yぶた



「夢は叶う」加藤丈夫さん講演記4 [2013年06月21日(Fri)]

「25の小さな夢基金」プロジェクトで応援する昆明女子中学にて5月に開催した「夢は叶う」講演会
本日は加藤丈夫さんの講演第4回目です。  第3回記事は>>>こちら

お話の主人公は父・謙一さんに。「国の宝である子どもたちのために尽くす」という一人の教師の大きな夢は、やがて青森を飛び出しますぴかぴか(新しい)


titke.jpg


4.子どものために一生を捧げる―加藤謙一(かとうけんいち)の話
[前編]

  
謙一は1896年(今から117年前)に日本の東北地方の青森県で生まれました。

師範学校を卒業して地元で小学校の先生になり2年生(8才)のクラスの担任になりましたが、先生の仕事が大好きで、「子どもは国の宝だ。子供が良くならなければ日本は良くならない。この子どもたちのために尽くそう」と考えて仕事に励みました。

特に国語の授業に力をいれて、教科書のほかに自分で作った「なかよし」というクラス雑誌―そこには、自分が作った物語や生徒たちの作文や詩が載っていましたが、それを生徒たちに配ったところ子どもたちが目を輝かせて喜びました。

それを見ているうちに、謙一の心の中に「こんなに子供たちが喜ぶなら、この喜びを地方の一つのクラスのものだけでなく日本全国の子どもたちに広めたいものだ。そのためには東京に出て出版社に入り、少年雑誌を作ろう」という希望がわき上がり、それを抑えることができなくなってしまいました。

そこで、両親や生徒たちが別れを惜しむのを振り切って、東京に出てきました。
そのころは飛行機もなく、青森と東京は汽車で20時間以上かかったので、いまなら外国に飛び出すような気持ちだったのでしょう。

ところが、東京ではそれほど簡単に就職先を見つけることができず、3年間も決まった仕事のない苦しい生活が続きましたが、やっとのことで望みが叶って、講談社という大きな出版社に就職することができました。

そして運の良いことに、入社して間もなく、社長に認められて「少年倶楽部」という子ども向けの雑誌の編集長につくことになりました。

その社長は、謙一が子どもに喜ばれる雑誌を作りたいと決心して故郷を飛び出し、3年間も苦労しながら、その気持ちを変えなかったことを知って、「この男ならやるだろう」と思って編集長にしたそうです。

ところが、編集長一人が張り切っても雑誌が売れるものでなく、最初の3〜4年は苦しい日々が続きました。
≪続く≫


CIMG3060.JPG


IMG_9246修正.jpg


加藤丈夫さん略歴 東京大学法学部卒業。富士電機株式会社に入社し、企画部長、人事勤労部長を務める。1989年に取締役就任後、取締役副社長、取締役会長を歴任。企業経営に携わるかたわら、企業年金連合会理事長、社団法人日本経済団体連合会労使関係委員会委員長、中央労働委員会使用者委員、学校法人開成学園理事長兼学園長などの要職も歴任した。
「25の小さな夢基金」春蕾クラス日本語授業、はじめの1学期が終了 [2013年06月19日(Wed)]

おはようございます晴れ
朝から風が強く、雨も降り出しそうな東京・市ヶ谷ですもうやだ〜(悲しい顔)
さて、昆明支部から「25の小さな夢基金」で応援している昆明女子中学春蕾クラス
日本語授業1クール目無事終了のレポートが届きましたかわいい



3月からスタートした春蕾クラス日本語授業も、あっという間に全8回の1学期が終了しました。
この日本語授業、様々な方に支えられて授業が成り立ってきました。平田栄一特命昆明支部長に主に講師を務めていただきましたが、協会会員の平松宏子さんご一行にも講師をお願いしたり、時にはゲストとして同じく会員の松田雄馬さん、遠藤州さんにも参観いただきました。
平田さん.jpg
また、授業で大いに活躍してくれたのは、雲日国際大学生協力会(雲南で協会のボランティアをしてくれている日本語学科の大学生組織)です。本授業では、通訳としてだけではなく、春蕾クラスの高校生たちから慕われるお姉さん、お兄さんとなりました。授業が始まる前、大学生が教室で準備をしていると、春蕾クラスの生徒たちが寄ってきて、「一緒に座ろう」「またお姉ちゃんに教えてもらいたい」と、生徒“お気に入り”の大学生を探していました。そんな可愛い妹たちを、大学生たちも親しみを持ってお世話してくれました。
杜佳さん4.jpg
最後の授業では、雲南大学4年生の杜佳さんが講師の通訳を務めました。


本授業では、ひらがなに始まり、日本語の挨拶、自己紹介を中心に学びました。そのほかに、歌「ふるさと」の練習、日本文化の紹介も行いました。
メガネさん.jpg
ふるさとはもう完璧に歌えます


日本文化コーナーは雲南支部職員が主に担当しました。アニメ文化日本伝統芸能には生徒たちも興味津津。
先日行われた夢は叶う講演会のアンケートにも、「日本に留学したい」「日本のアニメや漫画についてもっと知りたい」と書かれてあり、生徒たちの日本への親しみ、憧れを感じました。日本の地理、行事、高校、都市、食文化、漫画、伝統芸能を紹介してきましたので、来学期はどんな日本を紹介して生徒を歓喜させるか楽しみです。
リンナー.jpg
日本文化の紹介をする雲南支部職員・林娜


平田栄一支部長は、今学期で昆明を一旦離れることになります。来学期からの日本語授業に不安が残りますが、校長先生からは「来学期からは新1年生と2年生の2クラスを見て欲しい」と言われています。
今後もなんとか継続できるよう、皆さんの力、知恵をお借りしたいと思っています。ぜひご協力よろしくお願いいたします。

集合.jpg

全国巡回写真展「笑顔を君に」inさいたま 3rd 明日から開催! [2013年06月15日(Sat)]

おはようございますかわいい
連日35℃を超える地域もある一方、事務局のある東京では、じめじめしとしとと雨が振り続け、スッキリしないお天気のまま週末に突入です雨
でも!そんな憂鬱なお天気を吹き飛ばしてくれる雲南の子どもたちの笑顔が、明日から埼玉に上陸しますわーい(嬉しい顔)


大宮支部ブログ.jpg


第3回目となる全国巡回写真展「笑顔を君に」inさいたまの開催です。
【会期】6月16日(日)〜20日(木) (10:00〜17:00)
【会場】さいたま市市民活動サポートセンター(PARCOの9階) ★JR「浦和」駅東口下車すぐ
【その他】入場無料

先週の八王子に続き、お買い物のついでに気軽に立ち寄れる場所での開催ですぴかぴか(新しい)
お誘い合わせの上、ぜひご来場ください黒ハート
今回の写真展は、先日東京本部との合同会議・懇親会を開催した寺内明子支部長率いる協会大宮支部主催です。
雲南省出身、太陽のように明るい協会の元気印!寺内明子さんをはじめ、活動を心から楽しみ、雲南の魅力やそこに生きる子どもたちの現状を皆さんにお伝えしたいという一心で、日々活動されているボランティアの皆さん目
大宮支部の元気と雲南の子どもたちの笑顔が、皆さんをお迎えしますexclamation×2


ツタかわいい
「夢は叶う」加藤丈夫さん講演記3 [2013年06月14日(Fri)]

25の小さな夢基金」加藤丈夫さんの講演第3回目です。
私たちのターニングポイントになった大震災から、実際に"夢を叶えた"という、加藤さんのとても身近なある方のお話へ…。講演は続きまするんるん

>>>前回はこちら


titke.jpg



3.エネルギー問題を見直す


二つ目は、「エネルギー問題を考えよう」という気持ちが強まったことです。
日本ではこれまで全体の電力使用量の約25%を原子力発電でまかなっていましたが、
今回の事故によって「原子力発電所の安全性を確かめるまで発電をストップしよう」ということになり、現在でも50基ある原子力発電所の中で、安全性が確認された2基だけが動いています。

不足する分は火力発電所などをフル回転させて補っていこうとしていますが、電力の使用量が供給量を少しでも上回ると大規模な停電が発生して人々の生活に大きな影響が出てしまいます。

いま私たちが検討している対策は、
@原子力発電所の安全性を高めること
A太陽光発電や風力発電などの安全なエネルギーを増やすこと
B人々が協力して使用する電力を節約すること
などですが、新しいエネルギーの普及には時間がかかるので、何といっても使用する電力を節約すること―“節電”が大切です。

実は、東日本大震災の後、昨年も一昨年も日本の夏は大変暑い日が続いたので電力が不足するのではないかと心配されました。しかし、家庭ではエアコンをできるだけ使わないようにしたり、工場では機械を動かす時間を調整したり、事務所では室内の温度を下げないで軽装で過ごすなど、さまざまな努力をして何とか電力不足にならないで乗り切ることができました。
さらに電力使用量の少ない電球や冷蔵庫、エアコンなどの普及も急速に進んでいます。
おそらく、エネルギーを上手に使うことは、これから日本だけでなく世界中の国々にとって大切な問題になると思いますが、その意味で日本はこの2年間貴重な経験をしたと考えています。

そこで本題の「夢を叶えた人」の話に入りますが、その人は実は私の父・加藤謙一です。身近と言えば、こんなに身近な人はいないでしょうが、ここでは父と言わずに「謙一」と呼ぶことにします。

≪続く≫


DSC00879.JPG

DSC00898.JPG


加藤丈夫さん略歴 東京大学法学部卒業。富士電機株式会社に入社し、企画部長、人事勤労部長を務める。1989年に取締役就任後、取締役副社長、取締役会長を歴任。企業経営に携わるかたわら、企業年金連合会理事長、社団法人日本経済団体連合会労使関係委員会委員長、中央労働委員会使用者委員、学校法人開成学園理事長兼学園長などの要職も歴任した。
合同写真展「アジアの子どもたち」ご来場者の感想、ボランティアのご紹介 [2013年06月11日(Tue)]

みなさまこんばんは三日月
昨年5月に続き6/6(木)〜9(日)の会期で行われた合同写真展「アジアの子どもたち」4日間で177名の方にご来場頂き無事終了致しましたるんるん
スリランカ、カンボジア、インド、そして雲南の子どもたちを支援する4団体で開催した今回の写真展。
会場にお越しくださったみなさま、本当にありがとうございましたかわいい
お越しくださった方が、ひとつひとつの写真や展示物に足を止め、
色々な質問をされながらゆっくりご覧下さっていたのが印象的でした目


かわいい芳名帳に残して下さった
メッセージの一部をご紹介します
かわいい


笑顔に元気をもらいました。会の活動すばらしいです。
地道で安定的な会の発展により、少数民族の方の笑顔がより輝きますように!!(Y)
  

子供たちの笑顔に元気をもらいボランティアに対して興味を持ちました。
やはり子供たちの笑顔は宝ですね。この宝をこれからも守らなければいけません。(I)


日本の支援の内容について深く知ることができました。写真を見ると子供たちのかがやく笑顔で自分もおもわず笑顔になってしまいました。
機会があればまた参加したいと思います (T)


東南アジアの子供達の瞳のきれいさに感動しました。貧しくともたくましさがあり、日本の子供たちとは違う何かが感じられました。 (H)


頂いたメッセージを読むと、私たちが写真展を通して伝えたかったことがそのまま皆さまに伝わっているような気がしましたわーい(嬉しい顔)
こうして少しずつ少しずつ、雲南に生きる子どもたち、
そしてアジアに生きる子どもたちに関心を持って下さる方が増えるよう活動を続けてゆこうと思います黒ハート



かわいい写真展を支えて下さったのは7名のボランティアさん。
ボランティアの皆さんの活躍の様子をご紹介します
かわいい

劉萃.jpg
大連出身の大学院生劉萃さん。初日の搬入から、夜遅くまで積極的に来場者に話しかけ、
活動のPRをしてくれました。

張帆.JPG
雲南出身の大学院生張帆さん。最終日、炎天下でのチラシ配りに励みます。
日本語で一生懸命話しかけ、たくさんの方にチラシを渡してくれました。

滝澤.JPG
協会イベントリーダー兼ボランティア部長の滝澤さん。会場下見から搬入搬出まで、全てにおいてみんなを引っ張って下さいました。ご寄付を頂いた来場者にお渡しするプーアル茶をパック詰めしています。

川口.jpg
大宮支部の川口邦夫さんです。「雲南のことを多くの人に知って欲しい」と自ら作成した「雲南虎の巻」を常に携帯されています。どんな角度から飛んでくる質問にも、全て答えて下さいます。

山本2.jpg
紫色のチワン族の民族衣装に身を包むのは、今回協会会員になってくださった山本晶さん。民族衣装姿がとってもキュートです。ハキハキと元気にご対応頂き、会場がパっと明るくなりました。

店網2.jpg
写真真ん中でかわいいチワン族の衣装を着ているのは、雲南へ留学予定の店網華子さん。民族学を勉強されているので、雲南に興味を持ってくれた来場者に、様々な面からご説明をしてくれました。

佐々木.jpg
佐々木英介さんは協会イベント総監督!ディスプレイの見せ方から、写真の選び方まで、いかに来場者を楽しませるかということを第一に考え、たくさんのアドバイスを下さいます。

鈴木.jpg
写真のプロ、鈴木肇さん。どこで写真展を開催しても、どんなに忙しくても、
必ず会場に駆けつけて下さいます。


次回の写真展は、なんと今週末からexclamation×2
協会大宮支部による開催です。
さいたま市市民活動サポートセンターにて6/16(日)〜20(木)の期間開催されますぴかぴか(新しい)
ご来場お待ちしております


みんな集合.jpg

【その他「アジアの子どもたち」にご協力くださった方々:林則幸さん、初鹿野仁さん、初鹿野薫さん、大宮支部支部長寺内明子さん】

ツタかわいい

「夢は叶う」加藤丈夫さん講演記2 [2013年06月07日(Fri)]

一昨年に日本を襲った東日本大震災は、私たち1人1人が”生きる”ということを見つめなおす大きなきっかけになりました。
同時にそれは、世界の人々とのつながりを実感する出来事だったのではないでしょうか。
今だからこそ、もう一度ゆっくり考えたいことですね。

加藤丈夫さんの「夢は叶う」講演、第2回目をお届けしますグッド(上向き矢印)

>>>連載第1回はこちら



titke.jpg



2.東日本大震災から学んだこと


昨年もここ雲南省で大きな地震が発生したというニュースが、日本でも大きく報道されて、皆が災害にあった人たちのことを心配していました。

一昨年(2011年)3月11日、日本の東北地方にマグニチュード9.0という大地震が発生し、その直後、海岸の近くに30メートルを越す大津波がおそいました。

さらに、地震と津波の影響により福島の原子力発電所が壊れ、放射能が外に漏れ出すという事故が起こりました。

地震と津波による死者・行方不明者は合わせて約1万9千人に上り、全壊した建物は約13万戸で、46万人以上の人が住む場所を失いました。

また、原子力発電所の事故では、発電所の近くに住む人たちが全員家を離れて避難することになり、広い範囲で水や食料が放射能でよごれるという被害が発生しました。
あれから2年、国は「大震災の被害からの復旧・復興」に全力をあげて取り組んでいますが、まだ多くの人が自宅を離れて不自由な生活を続けており、この地域が完全に立ち直るには長い時間がかかると予想されています。

それは日本にとって大変不幸な出来事でしたが、私はこの大震災によって「日本が大きく変わった」と思っています。日本が・・・というより「日本の人たちの気持ちが変わったと言った方が良いかもしれません。

その中で、私が強い印象を受けた二つのことをお話すると、その一つは、人々の“絆”が強まったということです。

震災の様子がテレビやインターネットで世界に報道されると、すぐに中国をはじめ世界中の国からたくさんの人たちが救援に駆けつけてくれました。

その人たちは大きな余震が続く中で、夜も寝ないで倒れた家の下敷きになっている人を助け出したり、怪我をした人の手当をしたり献身的な活動をしてくれました。

国内でも、消防隊や警察はもちろんですが、全国から何万人ものボランティアが来て壊れた家の片づけをしたり、水や食料を配ったり、住宅の建設を手伝ったりしました。
中でも若いボランティアの人たちの活躍が目立ちました。

また、国内だけでなく世界中の国々から多くの義捐金が寄せられましたが、ミュージシャンやスポーツ選手はコンサートやさまざまなイベントを開催して被災した人たちを励ましました。

こうした活動が、災害にあった人たちをどんなに元気づけたことでしょうか。
そして、救援に駆けつけた人たちや義捐金を出した人たちの中にも、「困ったときにはお互いに助け合うことが大切だ」という気持ちが強くなり、それは世界中の人々の“心の絆”を強めることにつながったと思います。

≪続く≫



DSC00871.JPG

CIMG3080.JPG


加藤丈夫さん略歴 東京大学法学部卒業。富士電機株式会社に入社し、企画部長、人事勤労部長を務める。1989年に取締役就任後、取締役副社長、取締役会長を歴任。企業経営に携わるかたわら、企業年金連合会理事長、社団法人日本経済団体連合会労使関係委員会委員長、中央労働委員会使用者委員、学校法人開成学園理事長兼学園長などの要職も歴任した。

明日から!写真展「アジアの子どもたち」 [2013年06月05日(Wed)]
皆さんこんにちはわーい(嬉しい顔)
梅雨らしくない晴天晴れが続いていますが、お元気におすごしですかexclamation&question

明日から東京の八王子で、写真展「アジアの子どもたち」が始まりますよーexclamation×2
写真展には、雲南を支援する協会をはじめ、カンボジアインドスリランカの子どもたちを支援する4団体が出展し、活動の中で出会った子どもたちのぴかぴか(新しい)輝く笑顔ぴかぴか(新しい)をご紹介しますグッド(上向き矢印)

会期はたったの4日間exclamation
梅雨の晴れ間に是非、子どもたちに会いに来てくださいねダッシュ(走り出すさま)

今日は特別に、協会が出展する写真をちょっとだけご紹介カメラ




P1000084.JPG
「わたしはイ族の女の子。今年の年賀状に載せてもらったよ!」



photo_183.jpg
苛酷な環境下でも明るく逞しく生きるトールン族の少年たち。



IMG_5791.JPG
ワ族の学校に初めて日本人のお客さんがやってきました。
すっごくドキドキするよ。


「皆さんが会いに来てくれるのをお待ちしていますダッシュ(走り出すさま)



かわいい写真展「アジアのこどもたち」かわいい

会期:2013年6月6日(木)〜9日(日)10時〜19時
    ※初日は14時から、最終日は14時まで
会場:八王子学園都市センター11階第2ギャラリーホール
    JR八王子駅北口・京王八王子駅から徒歩5分!
主催:認定NPO法人日本雲南聯誼協会
    NPO法人21世紀のカンボジアを支援する会
    NPO法人レインボー国際協会
    日本スリランカ国際文化社会開発協会



(事務局・Yぶた