CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年03月 | Main | 2013年05月»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2013年04月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

第30回「墨美展」祝賀会 [2013年04月25日(Thu)]

すっきりと晴れわたった青空晴れ
緑の美しいここはいったいどこでしょう?
【1】.jpg


本日上野精養軒で行われた「墨美展」祝賀会にお邪魔して参りました。
「墨美展」とは、協会専務理事・杉谷隆志先生が会長を務めていらっしゃる「墨美会」主催の公募展です。本日は第30回「墨美展」そして祝賀会が行われ、協会一同お祝いにかけつけましたかわいい(第30回「墨美展」は4/30(火)まで東京都美術館にて開催中!詳細はこちら

【2】.jpg


事務局スタッフはもちろん、初鹿野理事長も民族衣装に変身し、張り切って会場へぴかぴか(新しい)片岡顧問をはじめ、小澤幹事、村松幹事、佃幹事、中村理事、会員の増山さん、そして名古屋からは、「墨美会」会員でもいらっしゃる協会名古屋支部の近藤支部長も参加されました。

「墨美会」には、協会の正会員や「25の小さな夢基金」でサポーターとして協会を応援して下さっている方もいらっしゃいます。本日は、8月に開催する「笑顔を君に 北海道特別展」の「ご寄付・ご協賛のお願い書類セット」を持参して参りましたが、「墨美会」会員でもあり協会会員でもいらっしゃる浦田さんがご来場の皆さまに積極的に協会の活動をご紹介下さいましたわーい(嬉しい顔)(浦田さんはチワン族とイ族、2人の生徒のサポーターとしても協会を応援して下さっています。)

【3】.JPG


2012年の協会チャリティ忘年会「特別功労賞」をお贈りした協会の長老・杉谷先生は、その朗らかな雰囲気と優しい笑顔、そしてユーモアで、「墨美会」会長としても大活躍されています目協会事務局スタッフとも、終始和やかにお話されていました。
【4】.JPG


祝賀会には、遥々上海より、水墨画の大家・胡振郎先生もお見えになりましたexclamation×2初鹿野理事長は急遽、胡振郎先生によるご挨拶の通訳として壇上へ!チベット族の鮮やかな衣装で、会場に華を添えました。

【5】.JPG

協会メンバーも大集合!顧問、幹事、理事、そして会員・・・杉谷先生を通して、こんなにもたくさんの方が繋がり、協会を支えて下さっているのですねかわいい
祝賀会の席上では、協会の活動について初鹿野理事長から皆さまへご紹介するお時間も頂きました。「13年間にわたって、中国雲南省の子どもたちの教育支援をしてきました。これまでに23校の小学校を建てました。」との言葉には、会場の皆さんは食事の手を止め大きな大きな温かい拍手を下さいました手(パー)

「何族の民族衣装なの?」と民族衣装に興味を持って下さる方も多く、このような機会を頂けたことにあらためて感謝の思いでいっぱいです。墨美会の皆さまありがとうございました黒ハート

東京近辺にお住まいの皆さま。ぜひお散歩がてらに、東京都美術館まで足をお運びくださいませわーい(嬉しい顔)

【6】.JPG




ツタかわいい
私の故郷16-故郷の空はいつも青色〜文山チワン族ミャオ族自治州麻栗坡県 [2013年04月24日(Wed)]

どんよりとしたお天気の東京曇り全国的にお天気がよくない一日のようですね雨
本日のブログは、「25の小さな夢基金」で協会が応援する「昆明女子中学・春蕾クラス」の女の子が故郷の暮らしや魅力を綴ったエッセイ「私の故郷」をお届けします。
エッセイを書いてくれたのは、3年生の儂全倩さん。文山チワン族ミャオ族自治州出身のチワン族ですかわいい文山チワン族ミャオ族自治州は雲南省東南部に位置し、東部は広西チワン族自治区と、南部を438kmにわたりベトナムと接しています。エッセイを読んでいると、彼女が故郷の自然や生き物ひとつひとつを大切に思い、そこから様々な力を感じとっていることが伝わってきますぴかぴか(新しい)




私の故郷は美しいところです。木がたくさん生えています。春になると柔らかな芽をつけ、命の再生を伝え、新しい始まりを告げ、無限の希望に溢れています。家の裏にある松の木は、一年中青々として、四季の変化にも関係なく、青さを保ち、風雨に動じることもなく立っています。松の木は、私に打たれ強さや、夢をかなえるためには強い気持ちを持ち続けることが大事だということを教えてくれます。

春になるとたくさんの鳥たちの姿を見かけます。鳥たちの歌声を聴いていると心が自然とわくわくします。鳥たちが木の上で追いかけっこをしているのを見ても、鳥たちの楽しい気持ちが伝わってきます。鳥たちの喜びは何にも束縛されない自由な生活にあふれています。

小川のせせらぎの音と透き通った水の色は、心の中まできれいにし、心の悩みなども洗い流してくれるようです。心に残るのは、自然に寄り添い、自然の声に耳を傾けることで生まれる充足感です。それは魂の満足感であり、魂の安らぎです。

故郷の人たちは、みな親切でお客様を迎えるのが大好きです。お客様を迎えるときは、みな笑顔で、自分たちもお客様も喜んでいます。みなとても素朴な人たちです。故郷の人たちは仕事に喜びを感じ、苦しい生活にも喜びを見出します。

故郷の空はいつも青いです。それはとても純粋な青です。時には動物のような形をした雲を見かけることがあります。子供たちはそれを見て大喜びです。子供たちは天真爛漫です。私も子供のころもそうでした。

399916032977.jpg

日本もとても美しい場所でしょうね。富士山はたくさんの人を引き付けています。それは美しいだけでなく、富士山が特別な山だからでしょう。日本の桜が満開のとき、心の中で桜の花びらが舞い散っている様子を想像しています。きっととてもきれいですね。花びらが風に散る様子は、とても美しいことでしょう。

それぞれの場所には、それぞれの美しいところがあり、観賞する価値があります。故郷の美しさを思うとき、それは無限の美しさだと感じます。私は故郷をとても愛しています。いつか是非お越しください。

image002.jpg

文:儂全倩(夢基金第6期生)
【翻訳:水主史子(ボランティア)】


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


「私の故郷」バックナンバー

第15回 雲南版枕草子―央初竹瑪(チベット族)
第14回 烏蒙の江南―顧優(回族)
第13回 連なる山に囲まれた美しい町―蔡文嬋(リス族)
第12回 魅力ある県「剣川」―李金萍(ペー族)
第11回 雲南のプイの郷―劉星蓮(プイ族)
第10回 泥んこ文化―尹悦(漢族)
第09回 雲南の風情―和約花(ヌー族)
第08回 美しき滬西―楊噤i漢族)
第07回 桃源郷―莽徳芬(ペー族)
第06回 隠れた名所!東川―彭安麗(漢族)
第05回 黄金色のふるさと―王丹丹(プイ族)
第04回 世界を愛するために―雷木門(チンポー族)
第03回 多種多彩!故郷の民族―雷会蘭(タイ族)
第02回 自己紹介―賀金菊(リス族)
第01回 棚田の故郷―呉仙(ハニ族)


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


「雲南と出会う」イベント★ご参加の皆さまからのご感想 [2013年04月19日(Fri)]

こんにちはかわいい早いものでもう金曜日目
東京はどんよりとした空に風もびゅーびゅー吹き台風冬に戻ってしまったようです雪
こんな寒い日に、冷えきった心を温めてくれるメッセージをご紹介わーい(嬉しい顔)
先日のブログでもお伝えした13日(土)のイベント参加者の皆さまが、ノートに残して下さったメッセージです。
本日のブログで皆さまからのメッセージを全てご紹介しちゃいまするんるん


IMG_1179.jpg


はるかな雲南ですが子供たちの笑顔がすがすがしいですね。


理事長の熱意と努力に感動致しました。目標が達成されますことをお祈り致します。

改めて素晴らしい支援活動をしていらっしゃるのですね。学校を建てたあとのフォローがあるのがとてもよいと思いました。

雲南省が日本と同じ広さということを知って驚きました。子供達の顔が皆同じに見えて美しいと思いました。

中村有里子さん、皆様
素てきな会にお声かけいただき、ありがとう!
私はソマリアの支援をしている会の手伝いをしていますが、支援が届き、成果を感じる事が出来る活動を、うらやましく思います。
雲南に行ってみたいです。 

今日は来れて良かったと思います。

日本に来ている雲南の方と知りあえてたいへんうれしかったです。

IMG_3805.JPG

很高兴可以参加这次活动。以后也请多多举办。
(今回のイベントに参加でき本当に嬉しいです。これからもたくさんの活動をしてください。)

今日は異なった文化を知ることを出来ました。おそばおいしかったです。

おいしかったです!!

珍しい体験をさせていただき有意義な時を過ごすことが出来ました。

講演と写真もよかったですが、過橋米線もとてもおいしかったです。

米線初めて食べました。美味しかったです。

いろいろと準備をされたスタッフの方、大変だったと思います。初の知り合あいの方とも、すぐ親しくなれるこの会は、すばらしい。


IMG_3787.JPG

ご参加下さった皆さまに、雲南の魅力をお伝えすることができて本当によかったです。
今回のイベントをきっかけに協会の会員になってくださった方もいらっしゃいました。
これからも積極的な活動を続け、少しずつ協会の輪を広げていきたいと思います。


ツタかわいい


小さなカメラマンプロジェクト ブログ写真展その11 [2013年04月17日(Wed)]

130417_1.jpg

「はにかみ笑顔」(木杆林区小学校)

こんにちは晴れ ボランティアのかのアートです。
大盛況のうちに終わった日野のイベント、皆様はもうブログの記事はご覧になりましたか? ひとつ前の記事で取り上げていますので、ぜひ活気あふれるイベントの様子を合わせてご覧ください!
さて、本日は雲南省の子どもたちが使い切りカメラで撮影した写真をブログで公開する「ブログ写真展」第11弾です。


130417_2.jpg

「腕に抱いているのは」(天真小学校)

〈お母さんが笑顔で見つめるなか、男の子がある動物を腕に抱えてポーズをとっています。写真のサイズが小さいため、分かりにくいと思いますが、この動物、実は犬や猫ではなく、山羊の仔ども〉

130417_3.jpg

「働くお父さん」(吉能小学校)

〈シャングリラの大草原で、お父さんが大きな鎌を掲げ、木を切ろうとしています。むんずと木を掴んだお父さんの日に焼けた手が、逞しいですね〉

130417_4.jpg

「帰り道」(藤誼小学校)

〈燦々と降り注ぐ日差しのなか、女の子が微笑んでいます。学校の帰り道か、はたまた通学途中か、少数民族伝統のバッグを頭から下げています。背後では、ホースからの水で手を洗う男の子たち。子どもたちの楽しい毎日が伝わってくる一枚です〉

また次回もお楽しみにひらめき

●「小さなカメラマン」&「壁新聞」最新ニュース
130417_5.jpg

「老村小学校」の4人の子どもたちが撮影してくれた写真を、4冊の小さなアルバムにまとめました! プロジェクトリーダー鈴木さんと一緒に、アルバムにまとめてくださったのは、木本さんと林さん。アルバムは今後、「老村小学校」の撮影者のもとに届けられる予定です。
「老村小学校」にご用のある方は、ぜひvolunteer@jyfa.orgまでご連絡ください! アルバム配達も一緒にお願いいたしまーす晴れ(笑)
現像した写真が、子どもたちに夢を運んでくれますように!

(ボランティアかのアート
「少数民族の暮らすアジアの秘境〜雲南と出会う」イベント無事終了! [2013年04月15日(Mon)]

みなさんこんにちは!
ポカポカ陽気の週末晴れ協会では現在写真展「笑顔を君に」開催中の
「ひの社会教育センター」にてイベントを開催致しましたぴかぴか(新しい)
会場のある日野市はもちろん、遠くは品川区から計27名もの方がご参加下さいましたるんるん

頼もしいボランティアも8名集結exclamation×2(大宮支部から支部長寺内さん、川口さん、鳥羽さんもかけつけて下さいました!)

定刻を5分過ぎてのスタートでしたが、事前にご連絡頂いた方ほぼ全員が予定通り会場へお越しくださいました。
中国ツウ、雲南ツウの方から、協会の活動はもちろん雲南に関しても何もご存じないという方までいらっしゃり、スタッフも皆気合が入ります手(グー)

イベントは中村理事と初鹿野理事長によるトークセッションで幕開け目中村理事が目で見た、肌で感じた雲南を語ります。
中には「25の小さな夢基金」でご支援頂いている生徒とのホロリとくる秘話も・・・
参加者の皆さんは真剣な表情でお話を聞いて下さいました。
途中20分間、協会設立10周年を記念して作成した活動紹介のビデオも放映映画
雲南の魅力、子どもたちの生きる状況、そして協会が13年にわたり行なってきた活動が、少しずつ皆さんにも伝わっているような感触でしたかわいい
写真2-2.JPG
休憩時間は、座りっぱなしで凝った身体をほぐす意味もこめ、ミャオ族の四弦舞を踊りました。リズム感のない職員2人と、ボランティアリーダー滝澤さんによるリードでしたが、皆さんとても楽しそうです。盛り上がってきましたるんるん
写真3.JPG
しかしその頃、地下1階の調理室は大混乱ー(長音記号1)
30人分を超える「過橋米線」を準備する大宮支部長寺内さん。
そしてつきっきりで助手をつとめる大宮支部鳥羽さん、川口さん。
参加者として来て下さった理事や会員、なんと一般の参加者の方にまで
ご協力を頂き、なんとか「過橋米線」の準備完了exclamation×2
料理長寺内さんは、「雲南の食文化紹介」セッションも担当するため、
民族衣装に着替え急いで会場へグッド(上向き矢印)
写真4.JPG
地下1階で起こっている大混乱がじわじわと伝わってくる会場では、
寺内さんがたくさんの雲南料理の写真と共に、地域ごと、また民族ごとに特徴のある雲南の豊かな食文化について楽しくご紹介下さいましたぴかぴか(新しい)
会場では、メモをとりながらお話を聞いている方も・・・目
写真5.JPG
なんとか準備も整い「過橋米線」が皆さんのテーブルに運ばれていきます。
実は私職員Tも今回初めて本格的な「過橋米線」を見ました!
熱々の器に鶏のスープ、たっぷりの麺に、香菜(パクチー)やハムなど色とりどりの具材がのったお皿・・・
見た目にもキレイで本格的な「過橋米線」をいただきまーす!
写真6.JPG
あっという間に過ぎていった2時間。
参加者の皆さんからは「初めて食べた米線美味しかった」 「雲南のことが知れてよかった」
「中国にこんな場所があるとは知らなかった」など様々な感想を頂きました。

お越し下さった皆さま、お手伝いをして下さった皆さま、
本当にありがとうございましたexclamation×2
本年度は、写真展「笑顔を君に」含め、イベント盛りだくさんの予定です。
会場で多くの方にお目にかかれることを楽しみにしています。

※写真展「笑顔を君に」in日野は17日(水)の13時まで「ひの社会教育センター」1Fロビーにて開催中ですひらめき
IMG_3852.JPG


IMG_3857.JPG





ツタかわいい
いよいよ開催!第11回全国巡回写真展「笑顔を君に」in日野 [2013年04月10日(Wed)]

本年度第1弾となる全国巡回写真展「笑顔を君に」in日野が本日より始まりましたかわいい4月17日(水)までの一週間、JR豊田駅電車近くのひの社会教育センターにて開催されます。
全国巡回写真展「笑顔を君に」は毎回全国各地の会員の協力のもと行なっていますが、今回は協会発足の地である八王子市のすぐお隣、日野市黒ハート気合が入ります手(グー)

写真1.JPG
慣れた手つきで準備を進める滝澤さん


本日午前9時半からの搬入・設営には、事務局ボランティア林さんおなじみイベント部長兼ボランティアリーダー滝澤さん、そして理事の中村さんがお越しくださいましたexclamation×2
赤ちゃんを連れた若いお母さんや退職されたおじ様方、「何の写真展なの?目」と私たちの準備をする姿に興味を持ちお声かけくださる方々・・・平日の朝にも関わらず多くの人で賑わうセンターは、みるみるうちに「雲南」色に染まっていきますぴかぴか(新しい)
今回は「少数民族の暮らし」「学校生活」を中心に選んだ写真約20点を展示。多くの市民の方に、過酷な環境の中でもとびっきりの笑顔で心豊かに生きる雲南の子どもたちの姿を見てもらいたいですわーい(嬉しい顔)

写真2.jpg
林さんによる厳しい監督のもと、綺麗に写真が並べられていきます


午後からは日野ケーブルテレビの豊田さんが取材に来てくださいました映画取材は冗談も飛び交い終始和やかなムードで進みます。カメラを向けられ最初は少し緊張気味の初鹿野理事長も、「子どもたちの笑顔を通して、日本の人たちに雲南の現状を知ってもらえれば・・・日本のみなさん、これからも応援してください」と、力強く語り無事取材を終えましたかわいい
取材の様子は明日11日(木)18:00からの「デイリーひの」にて放送されます。ぜひご覧くださいねTV



写真4.jpg
13日(土)開催のイベントではゲストスピーカーとして大活躍予定の中村有里子理事(写真中央)


写真3.JPG
終始和やかなムードで楽しい取材でした


そして、今週土曜日(13日)に同じくひの社会教育センターで開催するイベント「少数民族の暮らすアジアの秘境〜雲南と出会う〜」への参加お申し込みが続々と増えてきていますexclamation×2ありがとうございまするんるん
お申し込みは12日(金)午前中までお電話かメールで受け付けています。

電話電話:03-5206-5260
メールmail to:tsuta@jyfa.org


まだまだ皆さまのご参加お待ちしています黒ハート

ツタかわいい



昆明支部ボランティア杜佳さん、今週で最後です [2013年04月08日(Mon)]

皆さまこんにちはぴかぴか(新しい)
春の嵐も去り、気持ちのよい小春日和の週明けとなりましたかわいい
本日は清明節休みあけの昆明支部より、3月から常駐ボランティアとして協会のお手伝いをしてくれてた杜佳さんの感想文が届いています目
3月18日からボランティアとして雲南支部のお手伝いをしてくれている杜佳さん。卒業論文で忙しくなるため、お手伝いは今週までとなりました。春蕾クラス日本語授業の教材を中心にお手伝いしてもらい、雲南支部はとても助かりましたexclamation×2
そんな杜佳さんからの日本の皆様へのお便りですmail to


昆明の春はどういう感じと言えば、風が強くて、非常に乾燥ですが、気温は暖かくて花が咲いて、生き生きと感じました。
6月のASEAN会議を迎えるために、昆明では幹線道路の改善工事が順調に進行しています。事務室から出ると、どちらへ行くでも工事中です。ほこりまみれで大変ですね。しかし、数カ月あとの新しい昆明を想像すれば、そのぐらいの不快も我慢できます。
また協会に来てから、いろいろな人々と出会い、いろいろな体験をして、それにより、自分の考え方も少しずつ変わってきました。未知のことに対して好奇心が沸き、心もだんだん明るく考え方が広くなりました。目に見えること、目に見えないことに対して、感動することがたくさんありました。「光陰矢のごとし。」この言葉が突然に頭にうかびました。

今回のボランティアに通して、NPOに対しての認識もさらに増えてきました。
そして、考えが浅い場合、予定のことは順調に行かない場合などは先輩たちがいろいろ教えてもらえました。世の中に何をしでも順風満帆とはありえない、心を込めて協調と適度に妥協は必要です。

--------------------------------------------------------------------
杜佳さんありがとうございましたかわいい
雲南支部も、東京本部も数多くのボランティアに支えられて成り立っています。
今後とも協会の活動に力を貸して下さる老若男女、数多くの方々との出会いがありますように
exclamation×2

image001.jpg

「春城」昆明には美しい花が咲き乱れています


雲南大学日本語学科4年生 杜佳

清明節 [2013年04月05日(Fri)]

清明節は、中国の伝統的な祭日で、“八大祭日”の一つですぴかぴか(新しい)
(八大祭日とは上元、清明、立夏、端午、中元、中秋、冬至、除夜のこと)
だいたい西暦の4月5日の前後20日以内が清明節です手(チョキ)
清明節を語るには、まず失われたある祭日〜寒食節について話さなければなりません。寒食節、または冷節とも言われ、冬至からおよそ108日目の、清明節と1、2日違う日になります。
寒食節の目的は火を禁じることで、その日は火を使ってはいけませんどんっ(衝撃)
食事は前日用意したものか火を使わずに調理したものを食べます目
その日は先祖への墓参りもしなければなりません。

清明節の名前の由来は、中国旧暦の二十四節気のうち、清明節気から得たものですかわいい冬至から第108日目からは清明節気と言い、計15日間です。ちょうど春分の後になります。冬が去り、春は涼しく明るい天候で、大自然の至る所に活力が溢れています。その時期を「清明」と呼ぶのは最も相応しいでしょうわーい(嬉しい顔)

現在の清明節にお墓参りをする習慣は、もともとは清明節と期日をほぼ同じくした
寒食節の習慣からきました。昔は墓参りにきた子供たちが凧揚げをしている姿も見られましたよるんるん

image (2).jpeg

image (1).jpeg


雲南支部・林娜
小さなカメラマンプロジェクト ブログ写真展その10 [2013年04月02日(Tue)]

130402_1.jpg

「ばきゅーん!」(巴坡小学校)

こんばんは晴れ ボランティアのかのアートです。
本日は、雲南省の子どもたちが使い切りカメラで撮影した写真をブログで公開する「ブログ写真展」第10弾です。

130402_2.jpg

「喧嘩するほど仲がいい」(藤誼小学校)

〈とても動きのある写真です。楽しげな笑い声まで聞こえてきそうですね。子どもたちが撮影する写真には、よく同年代の子が写っているのですが、この写真の被写体は珍しく年長者。若い先生方でしょうか?〉

130402_3.jpg

「シャングリラの春」(吉能小学校)

〈ふんわりとした色合いが幻想的です。花芽吹くシャングリラの春の様子を写してくれました。花を手にポーズを決めてくれたのは、チベット族の男の子。決まってますね!〉

130402_4.jpg

「笛の音」(藤誼小学校)

〈笛をくわえて、鳴らすタイミングをうかがっている男の子。うまく鳴らして、男の子に気づかず背中を向けて歩いているおじさんを驚かせちゃおう!? 遠近感のある構図が巧みです〉

また次回もお楽しみにひらめき

(ボランティアかのアート
雲南イベントin日野いよいよ来週末にせまる!参加者まだまだ募集中 [2013年04月01日(Mon)]

みなさんこんにちは晴れ
今日から新年度ぴかぴか(新しい)協会は2012年度もみなさんの温かいご支援のもと
たくさんの有意義な活動を行うことができましたexclamation×2
今年度も変わらぬご支援を頂けますよう、お願い申しあげますかわいい

dc072301.jpg


協会2013年度のイベント第1弾は、以前からfacebook等でもお知らせしている
巡回写真展「笑顔を君に」in日野、そして13日(土)に同じく日野で行うイベントです。(イベントの締め切りは本日まででしたが、まだまだ参加者募集中なのですexclamation×2
イベントでは、初鹿野理事長と中村理事がざっくばらんに
「雲南」について「教育支援」について語り尽くします
ひらめき
また協会きっての料理上手・雲南出身の寺内明子大宮支部長は
雲南名物「過橋米線」に腕をふるいますかわいい

元陽の棚田や、世界遺産にも登録されている麗江旧市街・・・様々な魅力をもつ雲南。近頃ではテレビなどでも取りあげられその名前が日本でも知られてきていますよね目
しかし雲南での実体験や、雲南の子どもたちと触れ合った体験を通して雲南を知る機会は少ないのではないでしょうか手(グー)

CIMG2049.JPG
「前人未踏峰」の梅里雪山(迪慶チベット族自治州)


雲南に暮らす人々の生き方や、純粋な子どもたちの笑顔を通して、
写真には写らない雲南の美しさをもっと多くの人に知ってほしいぴかぴか(新しい)
そんな気持ちで開催する今回のイベントは、「雲南ってどこ?」
という雲南初心者の皆さまにこそ参加して頂きたい催しですexclamation×2

この春、雲南と新たな出会いをしてみませんかexclamation&question
ご家族、お友達、ご近所様をお誘い合わせの上
来週土曜日は是非ひの社会教育センターへおこしください。

mail toお申し込みはお電話かメールで下記までお願いします電話

TEL:03-5206-5260
メール::tsuta@jyfa.org
担当:滝澤・蔦


IMG_2950.jpg
言わずと知れた雲南名物「過橋米線」も召し上がれ!
その名の由来もイベントで明らかに・・・



ツタかわいい