CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2013年02月 | Main | 2013年04月»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

BIGMADE MUSICさんより3度目のご寄付を頂きました [2013年03月29日(Fri)]

協会の「東日本大震災支援交流プロジェクト」へご支援をくださっている音楽レーベルBIGMADE MUSICさんかわいい
2011年9月に発売された所属アーティストによるオムニバスCD “NEXT FRONTIER”をはじめとする様々な作品の売上の一部、また、ライブ会場での募金箱設置などを通して継続的なご支援を頂いていますぴかぴか(新しい)

今週水曜日、取締役副社長佐藤真治さんと、所属アーティストを代表して “COME AROUND”ヴォーカルJi-zoこと宮城克考さんが、プロジェクトへの3回目となるご寄付27,680円を持って事務所にお越しくださいましたexclamation×2
2年前の大震災を受け、中国雲南省の子どもたちを応援し続けてきた協会にも何かできることはないかと地道な活動を続けてまいりましたが、そこにはBIGMADE MUSICさんの多大なるご協力がございました。
佐藤さんはじめ全ての所属アーティストの皆さまに、
ぴかぴか(新しい)あらためて御礼申し上げますぴかぴか(新しい)

ブログ使用.jpg


1995年の阪神・淡路大震災を経験された代表の江藤雅樹氏を中心に、
所属アーティストをあげて社会貢献活動をされているBIGMADE MUSICさん晴れ
現在製作中の新曲 “雪解けの花”も、江藤氏の震災のご経験を通した「心の復興」をテーマにかかれています。

同曲のプロモーションビデオでは、【ダンボールメッセージプロジェクト】と題したプロジェクトを計画中だとのこと目
本プロジェクトでは、日本全国・世界各地の支援者から「被災地に送りたいメッセージ」を募集ひらめき同時に被災地の方々からも全国、世界中の人々へ伝えたいメッセージを募集し、それぞれのメッセージを書いたダンボールを手にした人びとの写真を映し出した映像が使用されるようですかわいい
全国・世界各地から画像の募集を呼びかけることを計画中だそうですexclamation×2
プロジェクトの詳細が判明しだい、改めてお知らせいたしますね手(チョキ)
そしてなんと"雪解けの花"の売上の収益の全額を東日本大震災支援交流プロジェクトへご寄付くださるということです
exclamation×2

「音楽」を通して被災地の方々を応援し続けるBIGMADE MUSICさんの活動が、多くの方々を勇気づけることができますようにぴかぴか(新しい)

★今回初めて事務局へお越しくださった、明るく穏やかな宮城さん。
所属する“COME AROUND”での素敵な歌声はこちらでお聴きいただけまするんるん






ツタかわいい
たくさんのプレゼントを抱え、会員の松田さんが雲南へ! [2013年03月25日(Mon)]

こんにちは。本日は雲南支部から嬉しいご報告ですかわいい
先週より、会員の松田雄馬さんが昆明へ遊びにいらしています。
なんとご友人や同僚の方に募り、協会が支援している子どもたちへ
大量のプレゼントを持ってきてくださいました黒ハート
ノートや色鉛筆、筆箱に可愛いメモ帳など・・・
大きなスーツケースはほとんどが協会へのプレゼントでしたぴかぴか(新しい)
遠く離れた雲南まで、重い荷物を運んで来てくださりありがとうございますわーい(嬉しい顔)

早速、松田様も連れだって平田支部長と雲南名物米線を食べに行き、
その帰りに雲南支部職員大好物の串焼き屋台へご案内手(チョキ)
「辛いもの、どんどん来い!」なんて最初はパクパク召し上がっていたのですが、最後は辛すぎて食べられなくなっていましたがく〜(落胆した顔)
もうスプライト一気飲み状態。慣れるとこれが辛くなくなるのですが…

ご寄付いただいたプレゼントは、協会が支援している昆明女子高校、小学校へお届けします。松田さん、そしてご協力くださったご友人や同僚の皆さま、
ご協力ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

image002.jpg


雲南支部 K・Nバー

雲南大学の学生がお手伝いに来ています [2013年03月22日(Fri)]

こんにちは。雲南支部です。
今週より、雲南大学4年生の杜佳さんが昆明支部事務局にお手伝いに来てくれています目去年2月にもボランティアに来てくれた杜佳さんですが、
今年、格段に日本語レベルを上げて協会へ戻ってきましたexclamation×2
今週末から昆明女子高校で日本語授業が始まるため、準備を手伝ってくれて
ものすごーく助かっています。感謝、感謝かわいい
卒業論文で忙しくなる前の4月末まで協会でボランティアをしてくれます。


image002.jpg

こんにちは。
雲南大学日本語学科4年の杜佳です。また協会に遊びに来てますヾ ^_^♪
ちょ、ちょっと、遊びじゃなくて腕を磨くつもりです。はい、そうなんです。
実はまた林娜さんと中洲さんにお手数をおかけしてます。
今日は前のブログを読んだあと、林娜さんが書いたイスラム教についての知識が頭を入れて、よく習いました。
中洲さんが鬼教官と呼ばれて、なんだか、女王様の様子を頭に浮かべたのですけど。
中洲さんの力を借りて春蕾クラスへ日本文化を紹介するPPTを作って、
何回もやり直し、やっと完璧に終わりました。
先輩たちがじっくり腰をすえて仕事する態度以外にも、
いろいろなことを教えて頂き、ありがとうございますと話したいです。



K.Nバー
第1回 東京本部&大宮支部 懇親会 [2013年03月21日(Thu)]

19日火曜日、事務局に素敵なお客様がいらっしゃいましたぴかぴか(新しい)
寺内明子支部長を中心に、日頃から熱心に活動をしてくださっている
協会大宮支部のみなさま、そしていつも協会を支えて下さっている
東京本部のボランティア佐々木さん、中村理事、東郷顧問ですexclamation×2
お互いの活動を共有すると同時に、親睦をはかることを目的とした
合同会議および親睦会を開きました。

寺内さん.jpg
寺内大宮支部長(中央)からもご挨拶を頂きました

丸田さん服部さん.jpg
白熱した会議も笑顔が絶えません。左から大宮支部丸田さん、服部さん

午後6時からの懇親会に先だち2時間を予定していた合同会議。
はじめの自己紹介から大盛り上がりで、予定時間を大幅にオーバーしました目
「それぞれの趣味や特技を活かして活動している」という大宮支部。
「活動は楽しく」を信念とする初鹿野理事長はじめ、
東京本部一同もその言葉にうんうんと深く頷きますぴかぴか(新しい)
「寺内さんの一生懸命な姿に感銘を受け、応援せずにはいられなかった」
とおっしゃる皆さまは、何年にもわたって寺内さんを、そして協会支え続けて下さっています。

「雲南のことを知らない人に、2分間で雲南を知ってもらえる
ような資料を作っているんです」と分厚いファイルに入ったトンパ文字や
雲南の少数民族、また地理などについてまとめた資料をみせて下さった川口さん。
こうして雲南について調べているうちに、協会の活動もどんどんおもしろくなってきたのだそうかわいい
「雲南について多くの人に知って貰いたい」という気持ちを通して繋がっている私たち。大宮支部の皆さまの熱い思いと行動力に胸打たれましたわーい(嬉しい顔)
有里子理事を囲んで.jpg
左から大宮支部川口さん、中村理事、大宮支部鳥羽さん、東郷顧問

盛り上がった合同会議のあとはおまちかねの懇親会。
東京本部名物(?!)初鹿野理事長特製の「惠蘭蕎麦」
大宮支部の皆さまのお口にもあったもようかわいい
ご参加の皆さまからもたくさんの差し入れ、ありがとうございますexclamation×2
蕎麦 052.jpg
「惠蘭蕎麦」大好評でした!

普段なかなか顔を合わせて一緒に活動することができない東京本部と大宮支部。
場所は違えど、同じ思いを持って活動しているのですねひらめき
第2回、3回と続けていきたいと思います。
そしてもちろん、全国にいらっしゃる会員の皆さまお一人お一人が
それぞれの場で、「雲南」を日本中に広めて下さるかけがえのない力です。
今後ともどうぞよろしくお願いいたしますぴかぴか(新しい)
集合写真 085.jpg


大宮支部長寺内様は、協会きってのお料理上手exclamation×2
4月13日東京都日野市で行うイベントでは、
そんな寺内支部長が腕をふるい、雲南名物「過橋米線」を作ってくださいます。
みなさまぜひぜひ、ご家族・ご友人をお誘い合わせの上ご参加くださいね黒ハート
詳細はこちら



ツタかわいい

小さなカメラマンプロジェクト ブログ写真展その9 [2013年03月19日(Tue)]

xiao_0319_1.jpg

「縄跳び」(吉能小学校)

こんばんは晴れ ボランティアのかのアートです。
本日は、雲南省の子どもたちが使い切りカメラで撮影した写真をブログで公開する「ブログ写真展」第9弾です。


xiao_0319_2.jpg

「仲良し姉妹」(老木バ小学校)

〈姉妹でしょうか、素敵なカチューシャをつけて写真撮影です。お花を背負っているような構図にしたのが、女の子らしく可愛らしいですね〉

xiao_0319_3.jpg

「私たちの学び舎」(老村小学校)

〈1月に送られてきた、老村小学校の新作写真です。教室の風景を写してくれました。お天気が悪かったようで、少し薄暗い写真になってしまいましたが、この陰影もまた写真として良い雰囲気を醸し出しています〉

xiao_0319_4.jpg

「楽しい寮生活」(白雲小学校)

〈白雲小学校の寮生活を写した写真です。二段ベッドの下と上とで、お皿いっぱいに入れたごはんを美味しそうにほおばっています。生活の匂いのする一枚ですね〉

また次回もお楽しみにひらめき

●「小さなカメラマン」&「壁新聞」最新ニュース
「老村小学校」からの壁新聞がついに完成しました! 現在、4月の発行を目指して、最終調整をしています。「老村小学校」の壁新聞は、山梨県の交流校に届けられるほか、会員の皆様にも、小冊子の形でお届けする予定です。どうぞお楽しみに!

(ボランティアかのアート
ボランティアミーティング@滇池学院 [2013年03月14日(Thu)]

3月8日の昼下がり、いつも現地ボランティアとして協力していただいている
雲南大学滇池学院の先生と学生に集まっていただき、
今年度上半期の活動についてミーティングを開催いたしましたexclamation×2

まずは冬季インターンシップのご報告からぴかぴか(新しい)
インターンシップに参加した学生にも集まってもらい、直接先生方に感想や反省点などを述べました。
また、ボランティア協力が必要な一番直近の活動は、
323日からいよいよ始まる春蕾クラス日本語授業かわいい
平田支部長の補佐役として、学生ボランティアに協力を要請しました。

その他にも、5月開校式ふれあいの旅での通訳、
同じく5月に開催する学生フォーラムの準備、
6月開催予定の卒業式ふれあいの旅の準備兼通訳など・・・
ボランティアが必要な活動が目白押し目
現地活動における学生ボランティアの存在は、日増しに大きくなってきていますグッド(上向き矢印)

大学4年生は就職活動が本格的にスタートしたため、残る3年生が今後の活動の主役となります。雲南支部では、頼もしい学生や先生方と協力しながら、
今後も協会の現地活動をより一層盛り上げていこうと思います


image004.jpg

左から:譚盈盈先生、于瑋さん(雲南大学生協力会代表)、銭美珠さん、高明先生、譚娟さん、葉芝南さん(すべて日本語学科3年生)

【参加者】高明先生、譚盈盈先生、譚娟、葉芝南、銭美珠、于瑋、平田栄一、林娜、中洲慶子

K.Nバー
東日本大震災から2年 [2013年03月11日(Mon)]

みなさまこんにちは。

2011年3月11日、今の私たちと同じように間もなく迎える春を心待ちにしていた
日本中を悲しみと混乱に陥れた東日本大震災から、今日で丸2年が経ちました。

この2年間、「立ち上がろう」という被災地の方々の強い思いや
仕事そっちのけで現地へ何度も足を運びボランティア活動を続けてこられた方々・・・
その力がひとつになり、少しずつ復興に向かっているのかな、と思いたい一方
まだまだ解決しない問題に苦しんでいる方も多くいらっしゃいます。

私たち日本雲南聯誼協会も、元を辿ればその始まりは大理で起きた大地震。
今回の震災に対して「私たちに何かできることはないか」と模索してきました。
会員の皆さまのお気持ちは、雲南の子どもたちだけではなく被災地の子どもたちにも向けられその結果協会では「東日本大震災支援交流プロジェクト」を立ち上げ、継続して参りました。

これまでに4回被災地の小学校を訪れ雲南の子どもたちの「日本加油!(頑張れ日本!)」の気持ちを届けて参りました。

雲南の子どもたちが被災地の子どもの為に書いてくれたお手紙はこちら⇒

この活動は、たとえ2年という時間がたっても完結するものではありません。
これからも微力ながら雲南の子どもたちと、被災地で懸命に頑張る子どもたちの
交流の機会を作り続けてまいりたいと考えております。
雲南の子どもたちとの交流を通して、子どもたちに顔にほんものの笑顔が溢れるように・・・
皆さまのお力をお借りしながら、その力になれるよう活動を続けて参ります
長崎の夜は紅い色に染まった [2013年03月07日(Thu)]
みなさまこんにちはわーい(嬉しい顔)
とうとう東京にも春がやってきましたかわいい
これからまた寒くなってがっかりすることは必死ですが、それでもこうして
マフラーと手袋なしで外出できる日が増えてくると心が弾みます黒ハート
皆様の町にはもう春が挨拶にやってきましたかexclamation&question
本日のブログは、城戸特派員のイベントレポート最終回。
美しいランタンフェスティバルの様子をお伝え頂きますぴかぴか(新しい)



 (その3 最終回)念願の長崎ランフェス訪問

3.jpg

紅ランタンがビッシリと点灯


今年も長崎の冬を彩る一大風物詩長崎ランタンフェスティバル
が春節の2月10日から2週間開催された。

 毎年、都心のデパートで開かれる九州展で配布される豪華な長崎ランタンフェスティバルの資料を見るたび、見学に行けない悔しさを感じていたが今回なんとか見学が実現できた。

 宿も航空便もランフェスで勿論満杯。行くだけでも大変苦労した。

 ランフェスの会場は7箇所あり、隣の会場まで徒歩10分位の感じで配置されているが坂があり、日が落ち寒くなってくると体に応えるが
折角長崎くんだりまできたのだから加油!
と独り言を言いながら分刻みで移動。
主なイベントとランタンの見事な飾りの箇所は制覇した。

 中央公園の雑技は双人の変面が大人気。コマ回しや皿投げはかなりミスがでたがご愛敬。
7個の椅子の上での美女の倒立はハラハラドキドキで心臓に悪い。

 清朝の衣装での皇帝パレードを見たが衣装が赤系統のいろが多く、参加の人々も多様だ。昨年はジュディオングさんも皇后役で参加で大人気だったそうだ。

 一番端の孔子廟での変面ショウを飽きずに再度見たが
演者は何と地元大学の留学生!
動きにキレがあり観客も曲にあわせ手拍子。最後は観客とツーショットのサービス。
変面ショウは何度もみているが、レーザー光線に照らされた孔子廟がバックなので最高の迫力だった。
変面の秘密は国家機密といわれているが
いまだにネタバレがないのは大したもの。

 タクシーの運転手が「昔の小規模な祭りが今の全国的な祭りまで育ったことが信じられない」と語っていたのが印象に残った。また東京と違い場所取りなどで殺気立たないノンビリさも人気の要因と思う。

 また今回の旅で東京の九州展でお馴染の皿うどん店に行き皿うどんを食したが流石、本店の味は一味違いサッパリした感じ。
東京では辛子をつけるが長崎ではソースを入れる
 
というのが確認できた。

 ランフェスの魅力は書き尽くせないがランタンがどこでもビッシリと吊り下げられ,
間隔が接触するほど狭い。
通りなどは紅色でボーとなる ほどだ。
大型の動物や武将のランタン・オブジェは夜になり点灯されるとまた迫力が感じられる。

今回のランフェス訪問は将に念願を果たし
"江戸の仇を長崎で"となった。

【文・写真 城戸弘人様】

小さなカメラマンプロジェクト ブログ写真展その8 [2013年03月05日(Tue)]

130305_1.jpg

「足やすめ」(天真小学校)

こんばんは晴れ ボランティアのかのアートです。
伊豆の河津桜がそろそろ見ごろという話も、ちらほら聞こえてくるようになりましたが、皆様の地域はいかがでしょうか? 本日は、雲南省の子どもたちが使い切りカメラで撮影した写真をブログで公開する「ブログ写真展」第8弾です。


130305_2.jpg

「とうもろこしの絨毯」(白雲小学校)

〈とうもろこしの実をほぐすお仕事をしているお母さんの側で、二人の子どもが笑っています。とうもろこしの実は、家畜の餌用でしょうか。扉のこちら側から撮影したのが、面白い構図を生んでいます〉

130305_3.jpg

「影遊び」(秋(青)那桶小学校)

〈展示会でも人気の写真です。偶然の産物か、敢えて撮ったものなのか、縄跳びをする子どもの影が、躍動感豊かに写されています。肩から上が写っていないことで、想像力をかきたてる一枚になっています〉

130305_4.jpg

「花と私」(阿央谷小学校)

〈曇りの日なのか、日暮れ時なのか、薄暗い中、スポットライトを浴びたように輝く花畑。可愛らしい女の子が花束を両手に持ち、微笑んでいます。雑誌に載っている写真のように可愛く撮ってほしい……女心は日本と同じですね〉

また次回もお楽しみにひらめき

(ボランティアかのアート
城戸読破員のレポート2 桜美林大学孔子学院・春節晩会 [2013年03月04日(Mon)]
城戸さんレポート 2 


聯誼協会の専属特派員(exclamation&question)としてお馴染み城戸様の中国関連イベントレポートぴかぴか(新しい)
第2弾は、開催前にブログ上でも告知をさせて頂いた桜美林大学孔子学院での春節晩会です。


(その2)中国文化が更に凝縮!
桜美林大学孔子学院


今年は今までの
看(見る)体験に口乞(食べる)”春節晩会”
という表演をじっくり楽しむ時間が加わり、その上相模原市日中交流協会の共催ということで中身も濃くなった。

 オープニングは学院長の挨拶で始まり次にNHKの中国語講座で有名な京劇役者の殷先生が京劇の歌を見事に歌い上げ春節ムードが高まる。

 相模原市日中交流協会は友好都市無錫の資料展示とお茶のサービスでサポート。無錫は尾形大作の無錫旅情のヒットでよく知られている。

 ガラス張りのホールのなかでは農民画、切り紙体験、じゃんけん大会、漢詩朗読、二胡演奏等が昨年と同様実施された。

午後一番には当校名物の爆竹点火式が行われ春節ムードが最高となる。
 
 教室では親子中国語教室、太極拳教室、京劇衣装試着教室などが開催され試着教室では殷先生の指導で即席の楊貴妃と玄宗皇帝が見事出来上がる。完成直後は拍手喝采で記念撮影の行列が出現。

 屋外のテント内には地元の中国料理店による蒙古しゃぶしゃぶ、餃子などが供されここも行列となる。小生もしゃぶしゃぶを試食したがお世辞抜きでヘンハオチーだった。

 4時からは同じビルのプルヌスホールで1時間半の春節晩会という芸能大会が新しく開催された。演目は京劇、ピアノ、歌曲、二胡とピアノ、フルートの合奏などでホールの演目と違いじっくりと味あうもので観客も皆大満足となった。

 当校は交通不便であるが、普段は無料のオープンスクール、交流会など開催が多い。来年も賑やかな春節祭が期待されるので要チェックの最右翼だ。


2.jpg
二胡同好会による演奏

【文・写真 城戸公人様】

| 次へ