CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年01月 | Main | 2012年03月»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2012年02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29      
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

「夢は叶う」池田弘一さん講演記16-17 [2012年02月17日(Fri)]


こんにちはびっくり
昨日から「笑顔を君に」in聖蹟桜ヶ丘が始まっていますキラキラ
雲南と日本の子どもたちが作った「小さな壁新聞」が一堂に会すのは初めてのこと。皆さん、このチャンスをどうぞお見逃しなく〜ラブ

さて、池田さん率いるアサヒビールは2001年、とうとう全国制覇を果たしますジョッキ
そして、世界への挑戦が始まるのですダッシュ
池田弘一さん講演、16回-17回分を一気にご紹介しますラブ
人間の情熱の前には、言葉の違いだって大した壁にはならないのかもしれません笑い






第16回-第17回 真の「コミュニケーション力」


康師傅には、魏さんという4兄弟が経営している台湾系の「頂新」という親会社がありますが、そこは当時インスタントラーメンで既に中国一の会社でした。その魏兄弟の長男・應州さんとお会いし、年末には合弁会社のサインをすることになりました。

この合弁会社は大変順調で、昨年はおそらく中国でコカ・コーラを抜いて飲料会社一番の売上を達成したのではないかと思います。今年も引き続き成長していて、アサヒビールに大きな寄与をしてくれています。

2009年のリーマンショックの時には、青島ビールの株取得に動くことになりました。当時、青島ビールにはアンハイザー・ブッシュという会社が1/4程出資していましたが、リーマンショックによりその株を放出するのではないかと考え、ベルギーのアンハイザー・ブッシュ・インベブCEOを訪ね、申し入れを行ったのです。

その後色々な経緯はありましたが、2010年に青島ビール株20%を無事取得しました。そして、青島ビールと我々は、戦略的パートナーとして中国で一緒にビール事業を行うことで合意したのです。

その他、オーストラリアやタイなど、様々な国で様々な事業がスタートしました。

私は日本語以外、英語も中国語も話せないのですが、「你好(ニイハオ)」「謝謝(シェイシェイ)」「再見(サイチェン)」でなんとかやってきました。色々な方のご支援があって、無事海外の方とビジネスをすることができたのです。







私が社長・会長を歴任する間に学んだたくさんのことから、少しだけお話させていただきます。

まずは、コミュニケーションの力、ということです。
今は大変世の中が便利になり、私は苦手ですが、様々な端末を使えばインターネット上にある世界中のあらゆる情報や知識が瞬時に手に入るようになりました。

知る、ということに関してはたちどころにできるようになりましたが、逆に、自分の考えや思いをどうやって他人に伝えるか、ということについては、昔と比べて劣ってきたのではないかと思います。

世の中、自分ひとりで全てのことができるわけではなく、様々な人の支えや応援で成り立っているのですから、自分というもの、自分の考え・思いを知ってもらうためのコミュニケーションは欠かせません。

もちろん、言葉が話せればそれに越したことはないのですが、言葉が話せないからといってコミュニケーションができないということはありません。コミュニケーションというのは、個人、あるいは会社の情熱をどのように伝えるかという、私の言葉で言いますと「全人格による力」が大切だと思っています。

人間で言えば、フェイスtoフェイスでコミュニケーションすることが何よりで、メールのやり取りだけでは熱い思いが伝わらないこともあるでしょう。コミュニケーション力には、それぞれの会社なり個人なりの深みがモノをいいます。それぞれの文化や歴史に裏打ちされた「全人格の力」が大切なのです。



≪続く…≫




池田弘一さん略歴
アサヒグループホールディングス(株)相談役。1940年、福岡県生まれ。九州大学を卒業後アサヒビールに入社、九州・中国・関東などの営業に従事。1978年より千葉県酒販(株)出向、飲料営業部営業課長を経て1987年本社営業部部長。その後、各支店長・支社長を歴任し、1997年常務取締役、2002年に代表取締役社長となる。その後4年間会長を勤め、2010年3月より現職。


本日スタート!写真展のお知らせ [2012年02月16日(Thu)]
こんにちは!
本日より全国巡回写真展「笑顔を君に」in聖蹟桜ヶ丘が開催です!




今回の写真展は、これまで4ヶ所で開催してきた「笑顔を君に」とは一味違います笑いキラキラ

なんと、「小さな壁新聞」の展示もしているんです!
こちらがその様子びっくり


通路一面にずらーっと並ぶ壁新聞


実は、歴代の壁新聞、日本と雲南の小学校学校の物を全て展示しています。
その数なんと23枚!見ごたえたっぷりですまるキラキラ

そして、通路を挟んだ反対側には、協会がこれまでに出会った子どもたちの笑顔笑顔を中心とした写真を展示してあります。
これまでの巡回写真展「笑顔を君に」で展示してきた写真を少し入れ替えて、きれいな風景写真山も展示しております!



また、2月18日(土)には、地元のテレビ局、多摩テレビカメラの方から取材を受ける予定です拍手
詳細が決まり次第、ご連絡致します!

開催期間は2月20日(月)までです!
皆様、お買い物のついでに、お散歩代わりに、是非是非お立ち寄りください。
京王聖蹟桜ヶ丘駅直結ですキラキラ


【イベント詳細】

会場:京王聖蹟桜ヶ丘ショッピングセンター
    AB館5階連絡ブリッジギャラリー
    (東京都多摩市関戸1-10-1)

期間:2月16日(木)〜2月20日(月)
    10:00〜20:00 ※最終日は17:00まで




たかはしパンダ

NPO仲間が増えました! [2012年02月14日(Tue)]

みなさんこんにちはッびっくり
今日は寒い上にお天気も悪くて気がふさぎますね悲しい

そんなどんよりした雰囲気を吹き飛ばす素敵なお客様が、本日協会事務所にいらっしゃいました笑い

おいでくださったのは、福岡で生まれの児童劇団「NPO法人 劇団道化」の中村芳子さんキラキラ
劇団道化は1965年創立、年間400以上の舞台をこなすプロ集団です。
2004年に初参加した上海国際児童演劇祭でいきなりグランプリを受賞して以来、中国での公演や現地劇団との協働を積極的に行い、児童劇を通した、夢と希望の溢れる日中交流を行ってきました桃太郎

上海国際児童演劇祭でグランプリを取得した作品しょうぼうじどうしゃ じぷたは、今では中国でも最も有名な児童劇のひとつとなっていますラブ




こちらは2007年北京公演の際のチラシ車



そんな道化の皆さんが、日中国交正常化40周年の今年、中国国家直属の児童芸術劇院と合同で、雲南省少数民族地域での巡回公演を行うことを計画しているんですダッシュ

これまで北京や上海や四川の何千人もの子どもたちを夢中にさせた演劇が、少数民族の子こどもたちの元にやってくるなんて素敵すぎじゃありませんかびっくりはてな

今回、中村さんは、福岡での写真展で協会を知った方のご紹介で事務所においでになり、初鹿野理事長とすっかり意気投合、協会の活動にも大いに賛同してくださって、法人会員としてご入会くださいましたまる
協会としても、雲南公演へ向け、全面的にご協力させて頂きたいと思っています音符
活動が活動を呼ぶ、本当に素敵なご縁ですラブ



劇団道化・副理事長の中村芳子さん(右下)と協会の仲間たち!


中村さん、道化の皆さん、どうぞこれから末永く宜しくお願いいたしますすいません
早く雲南の子どもたちの喜ぶ顔が見たいですねびっくりびっくり




★劇団道化 プロフィール★

名称:特定非営利活動法人 劇団道化
代表:篠崎省吾
所在地:福岡県太宰府市朱雀6丁目3-18
電話/FAX:092-922-9738 / 092-922-9812
創立:1965年
劇団員:25名
ホームページ:http://www.douke.co.jp
年間上演数:390ステージ(2010年度実績)
年間観客数:112,020人(2010年度実績)
加盟組織:(社)日本劇団協議会/(社)日本児童演劇協会/日本児童・青少年演劇劇団協同組合/国際児童青少年演劇協会日本センター





(Yブタ)
雲南支部で活躍するインターンを紹介します! [2012年02月13日(Mon)]
こんにちは!
毎日寒〜い日本とは打って変わって、すっかり春花のような温かい日が続く、昆明!そんな雲南支部からHOTなニュースが届きましたぴかぴか(新しい)

実は、今年に入ってから雲南支部にインターンの方が来ています!
1ヶ月間の期間限定ですが、毎日翻訳のお仕事メモするなど、ばりばり働いて下さっています!日本語もとっても上手な彼女小顔本日は、そんな雲南支部インターンの杜佳さんが書いた自己紹介文を掲載しますぴかぴか(新しい)


★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★     ★


初めまして、雲南大学日本語科3年生の杜佳と申します。
どうぞよろしくお願いいたします。

この一ヶ月間、日本雲南聯誼協会の一員に加わることが出来て、大変光栄に思います。これまでは学生として学校で過ごしてきておりますので、雲南支部のインターンとして働くことに、あらためて身の引き締まる思いがしております。まだまだ未熟で、毎日学ぶことがたくさんあります。

協会の先輩たちは優しく、間違ったときは根気よく教えてくれます。まるで家族のようです。すばらしい先輩に恵まれて、幸せに感じます。

さて、簡単に自己紹介をさせていただきます。
わたしは昆明に生まれ、生まれ育った昆明を愛しています。
趣味は読書や映画を観ることです。時間をやりくりし、一人でゆったりと過ごすことも自分を保つために大切なことだと思います。好きな日本の作家は、京極夏彦と村上春樹。京極先生の妖怪推理小説はとても面白いと思います。
また、ある時、寺山修司先生の映画やドラマを見て、大きな衝撃を受けました。

普段はよく欧米と中国の音楽を聞いています。先週は白水というソロで活躍している歌手の中国民謡のコンサートに行きました。やはり音楽を聞くと、心が洗われます。

そして、最近は日本のデザインにすごく興味を持つようになりました。
現代の日本芸術は、世界的にみても独特な魅力があり、伝統芸術と現代の技術を組み合わせることで、かなり優秀なアーティストが多く誕生しています。

例えば、蜷川実花さんが撮影した様々な色をうまく使った作品や映画を見ると、なんだか、まるでマジックの世界に入りこんだような気分になりますし、宋時代の風景画のような深さを持つ森山大道先生の写真を見たら、無意識に涙ぐんでしまいます。また、草間彌生先生の作品は、自分の大好きな水玉を使った温かい絵で、見た人々を子供時代に戻してくれます。

美しいものは、人の心を癒したり、あるいは、時代を変えたりします。それが芸術の力だと思います。

最後に・・・私は人とお話しするのが大好きです。よろしくお願いします。



(翻訳作業をしている様子 左:杜佳 右:雲南支部スタッフ 王海琳)


雲南大学日本語科3年生 杜佳


「夢は叶う」池田弘一さん講演記15 [2012年02月10日(Fri)]

こんにちは!
来週は会報第40号の発送と写真展「笑顔を君に」in聖蹟桜ヶ丘の開催があり、事務所は準備に追われて大忙し走る汗今日もボランティアさんに色々とお仕事をして頂き、大助かり!大変心強いです笑顔キラキラ

さて、今回は、昨年9月に「25の小さな夢基金」支援校である昆明女子中学校で行われた夢は叶う講演会第15回目をお届けします!

これまでの講演内容はこちらからどうぞびっくり






第15回 社長としてのコミュニケーション力


その後、私は首都圏の営業責任者を経て本社の専務になり、2002年には社長に就任しました。

2002年というのは、日本のバブル景気崩壊から10年も続く苦しい時期の最中で、人口も横ばいで少子高齢化が始まり、国内の成長はむしろ縮小していたような時代でした。実際、日本全体のビールの消費量も1994年をピークに減少していました。しかし、アサヒは幸いなことに、「夢に日付を」の合言葉の下、スーパードライが他社のシェアを奪って成長、2001年にビールの最高売上量を達成していたのです。

つまり私は、最高の状況の中社長に就任したのです。これからのアサヒビールを、新しい目標の中でどのように成長させていくかが大事な役目となりました。

そこで構想したのは、ビール以外の色々な酒類を扱う総合酒類会社になる、ということです。飲料・食品等のグループ企業も強化することで、アサヒビールだけでなく、アサヒグループ全体で成長する、そのために、これまで手がけていなかった他の酒類や飲料や食品の会社とM&A(買収・合併)をしようと計画しました。実際、酒類で3社、飲料では数々の会社とM&Aをしていったのです。

一方で、飽和状態になっていた日本以外の市場も求めようと、初めて海外にも目を向けました。まずは、身近にある中国を初め、アジアやオセアニアの地域でアサヒの商品を売ることができないかと計画を練りました。

私はそれまで日本国内でビールの営業をしていたので、海外で仕事をした経験は全くありません。個人的にもハワイやアメリカに旅行した程度で、中国には全く縁がありませんでした。そんな私でしたが、社長就任の年の秋、飲料の合弁事業の話が持ち上がり、天津の「康師傅」という皆さんにおなじみの会社を訪ねることになったのです。




≪続く…≫




池田弘一さん略歴
アサヒグループホールディングス(株)相談役。1940年、福岡県生まれ。九州大学を卒業後アサヒビールに入社、九州・中国・関東などの営業に従事。1978年より千葉県酒販(株)出向、飲料営業部営業課長を経て1987年本社営業部部長。その後、各支店長・支社長を歴任し、1997年常務取締役、2002年に代表取締役社長となる。その後4年間会長を勤め、2010年3月より現職。


春節祭訪問記2012その1 [2012年02月08日(Wed)]
皆さん、こんにちは!
相変わらず、寒い日が続きますね。インフルエンザなどの風邪も流行っています!
皆様、お気をつけて!!

さて、本日は、いつも中国関係のイベント情報を真っ先に教えてくださる会員の城戸弘人さんから、春節祭のレポートが2点届きましたので2回に分けてご紹介いたしますびっくり


ちなみに、昨年の城戸さんからのレポートはこちら

本日は、餃子パーティ〓のレポートをお届けいたしますびっくり


山城戸さん春節祭レポート山

その1.餃子パーティ

湘南日中友好協会主催の春節恒例の餃子パーティに1月21日に出席しました。

当協会は雲南玉渓出身の中国国歌作曲者二エアール氏との縁で藤沢で結成された。人との縁で生まれた団体は非常に珍しいと言われる。江ノ島桟橋から見渡せる秀峰富士に抱かれた相模湾はニエアール氏を呑み込んだとは思えないほど凪いだ静かな表情を今日も見せていた。

会場は県立かながわセンターで餃子作りは調理実習室で行われた。約50人ほど参加したが包丁使いに慣れてない男性陣はうどん粉の玉をたたくこととか餃子を包むことぐらいしか出る幕がない。


皆で黙々と皮を包む


日中合作の包み方が個性豊かな餃子を茹で上げ主催者の今年の催しの予定を聞きながら餃子を味わった。今年は藤沢ー昆明友好都市締結30年またニエアール氏生誕100年という節目の年なので色々イベントがあるようだ。

やはり日中友好の基盤はそれぞれが直接ふれあうこのような草の根外交が非常に重要と再認識したイベントでした。


(文・写真=城戸弘人さん)


「夢は叶う」池田弘一さん講演記14 [2012年02月03日(Fri)]

こんにちは!
今日は節分ですね猫
これまで節分と言えば「豆まき」でしたが、最近では「恵方巻」が新たに加わり、今日もあちこちで売られているのを目にしました笑顔
今年の無病息災を願って恵方に向かって無言で食べ切らなければならないこの恵方巻き。今年の方角は「北北西」だそうですよびっくり


さて、今回は、昨年9月に「25の小さな夢基金」支援校である昆明女子中学校で行われた夢は叶う講演会第14回目をお届けします!

これまでの講演内容はこちらからどうぞびっくり






第14回 「夢に日付を打とう」「アサヒは西から昇る」


ここで、「夢に日付を」というお話をしたいと思います。

スーパードライでアサヒは復活したわけですが、まだまだ当時No.1のキリンビールには追いつけず、2番手でした。その後、新しい社長が「もう一度一番になりたい」と強い目標を打ち出し、全員で「夢に日付を打とう」を合言葉に、ビールNo.1への挑戦が始まったのです。

その頃、私は広島の支社長から九州・中国・四国を含む大きなエリアの責任者になりました。九州は自分の生まれ育ったところで、入社直後13年も過ごしたということもあって、強い愛着がありました。そのため、何とか全国に先駆けて一番になりたい、シェアトップになりたいと強く思い、社員たちにも訴えました。

当時、私が社員に向かって言ったのは「アサヒは西から昇る」という言葉です。これはある新聞に大きく取り上げられ、私たちのスローガンになりました

当時の社長も支援してくれました。アサヒは2001年に全国No.1になることができるのですが、社員やお得意先、卸の皆様が一致協力したことで、わたしたちはそれに先駆けて、1999年に地域No.1となることができたのです。

こうして、みんなが強く思ったことをうまくまとめれば必ず実現できるということを、自分の担当エリアの中で学ぶことができました。翌々年には、アサヒビール全体としても経験することができたわけですが、これは私の人生において本当に大きな出来事でした。まさしく当時の社長が言った「夢に日付を」ということが実現できたのであり、アサヒビールの夢は本当に叶ったのです。その当時は、大変な感激に浸ったものでした。




≪続く…≫




池田弘一さん略歴
アサヒグループホールディングス(株)相談役。1940年、福岡県生まれ。九州大学を卒業後アサヒビールに入社、九州・中国・関東などの営業に従事。1978年より千葉県酒販(株)出向、飲料営業部営業課長を経て1987年本社営業部部長。その後、各支店長・支社長を歴任し、1997年常務取締役、2002年に代表取締役社長となる。その後4年間会長を勤め、2010年3月より現職。


2月11日 雲南フリーマーケット開催@品川 [2012年02月02日(Thu)]
みなさんこんにちは笑顔


初鹿野薫理事が代表を務める日本産業投資技術促進株式会社が運営する
楽天ショップから、雲南省のグッズをフリーマーケットで販売することになりましたびっくりびっくり



開催日時:2月11日(土)

品川インターシティ

屋内1階フロア

(※フリマは地下1階と地上1階で開催しています)


雲南省麗江古城のキラキラかわいいキラキラアクセサリーや雑貨、少数民族刺繍などを
お手頃価格で販売するそうです。

この機会を逃すと、次いつ開催するかわからないそうなので、
皆様お誘いあわせの上、ぜひ見に来てくださいね笑顔

K・Nグラス

今週日曜!天空の棚田に生きる〜秘境雲南〜 [2012年02月01日(Wed)]
皆さんこんにちはびっくり
久しぶりに協会・城戸特派員より超耳寄り情報のタレコミがありましたので、張り切ってお知らせいたしますダッシュ

我らが雲南をフューチャーした番組が、なんとびっくり
キラキラNHKスペシャルキラキラで放映されます〜まる

昨年は中国の少数民族や雲南関係の番組が比較的多く放映されましたが、CSやBSの番組がほとんどで、涙を呑んだ方も多かったはず…

びっくりご安心くださいびっくりびっくり

今回の番組は国営放送地上波びっくり
日本全国津々浦々、全ての皆様にご覧いただけますよ〜ラブテレビ

それでは、肝心の番組のご紹介です音符



NHKスペシャル「天空の棚田に生きる〜秘境 雲南〜」
2012年2月5日(日) 午後9時00分〜9時49分NHK総合テレビ


以下、公式ページからの引用です笑顔

中国・雲南省の山岳地帯に驚きの風景がある。険しい山肌に延々と連なる無数の水田。何万本もの畦の曲線が網の目のように重なり、稲穂のじゅうたんが波打つ。「紅河ハニ棚田」。総面積5万4千ヘクタール、国連食糧農業機関が世界農業遺産に認定した“世界最大の棚田群”である。

最大勾配75度にもなる急峻な斜面を、標高1800メートルまで切り拓いた“天空の棚田”。圧巻の光景は、いったいどんな営みによって支えられ、受け継がれてきたのだろうか?
世界一の棚田を、1300年かけて築き上げたのは、少数民族・ハニ族の人々。他民族に追われ、奥深いこの地にたどり着いた彼らは、気の遠くなるような労力で山肌を耕し、独自の灌漑技術と農法を磨いてきた。森や霧など自然を巧みに利用した棚田は、一つの巨大な循環システムでもある。

番組では、モーターハングライダーを駆使し、これまでにない壮大な美しい映像で棚田の全貌を描くとともに、秋から冬にかけ刻々と変化する表情を捉える。日本で里山が注目される今、自然と寄り添う暮らしの原点を“天空の棚田”に探る。




そんな元陽の棚田がこちらキラキラ





これは協会の元スタッフで、今はボランティアリーダーとして活躍する狩野さんが現地で実際に撮影した写真。

これをハングライダーで撮影したのだから、迫力満点にちがいありませんラブ
日曜日が待ち遠しいですねびっくり

城戸さん、いつも耳寄り情報ありがとうございますすいません


Yブタ