CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年01月 | Main | 2011年03月»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2011年02月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28          
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

平田特命支部長一時帰国中!! [2011年02月24日(Thu)]

 こんにちは!皆さんはじめまして!
1月末から東京事務局でアルバイトをしています。現在大学4年のたかはし女の子です!
どうぞよろしくお願いします!

さて、早速ですがニュースです★

つい先日、上野動物園に2頭のパンダがやって来ましたが…パンダハートパンダ
なんと、平田特命支部長も現在昆明から一時帰国されています!!



 平田さんは昨年9月より、当協会の支部がある雲南省昆明の大学に語学留学中で、日々昆明で奮闘されています!!そんな生活の様子や、学校での出来事、昆明の様子、日々のあれこれなどを赤裸々に綴った新聞、その名も『我在昆明』を定期的に東京事務局へ送ってくださっています!


こちらが平田さんによる『我在昆明』ですキラキラ


昨年11月28日の記事には、『100万回の手洗いプロジェクト』の支援校であり、『壁新聞プロジェクト』で山梨県小菅小学校の生徒さんの壁新聞を届けた学校でもある、建水県白雲小学校学校を訪問した際のことが書かれていました。
 
平田さんは、実際に生徒と会って、この手洗いプロジェクトを通して、子どもたちが食前やトイレ使用後に必ず「手洗い」をしていると知り、確実に衛生意識が定着してきていることを感じたそうです。しかし、まだまだ建水県は衛生面はもちろん、教育者や村民への教育など、様々な支援が必要だと、現地の教育局の方がおっしゃっていたそうです。

 このような現地の様子や現地の人の声など、行かなければわかりませんよね汗平田さんの新聞は、とってもリアリティがあって、考えさせられたり、驚かされたり、中国初心者の私にとって、とっても新鮮でおもしろいです。

 その他にも、大学での授業の様子や、大理古城への小旅行電車などなど、面白い記事が満載です笑顔現在、WEBや会報での掲載を検討中ですので、楽しみにお待ち下さい猫音符



 では、最後に先日行われた平田さんお帰りなさい&いってらっしゃいの会〓の様子をお届けしますカメラ



帰国中にお孫さんが誕生したと嬉しそうにお話しされていました赤ちゃん音符
平田さんご自身もお元気そうで何よりですびっくりお気をつけていってらっしゃいませ飛行機キラキラ



たかはし女の子

春節祭訪問記 [2011年02月19日(Sat)]
みなさんこんにちはびっくり相変わらず寒い日が続きますね困った
春節もすぎたことだし、きっと春はもうそこまで来ているはずダッシュ
寒さに負けず頑張りましょうまる 

さて、今日は、いつもとっておきの情報を教えてくださる城戸弘人さんから、春節イベントのレポートが届いたのでご紹介しますラブ
都内工学院大学と神奈川の桜美林大学で、
誰でも参加できる楽しいイベントがあったみたいですよまる




ウサギ城戸さんの春節祭訪問記ウサギ


春節時に一般の方も参加できる、オープンキャンパスを兼ねた催しを実施している孔子学院の工学院と桜美林大学の二校に参加してきた。現代中国のソフトパワーの世界進出としてよくメディアにとりあげられている孔子学院を知る良いチャンスでもあった笑顔

工学院は孔子学院サロンという一般にも参加が公開されている「中国の文化を学ぶ」というフリートークの場の拡大版で、1月29日(土) に「春節餃子宴」というタイトルで開催されました。参加者は一般50人プラス学院スタッフ学校

新宿京王プラザホテル脇の工学院大学8階のファカルティクラブにて、参加者一同で餃子作りから開始料理
餃子の仕上がりは腕により様々だが、日中共同作業の成果で

ハオチーキラキラまるキラキラ!!!!!

の声が思わず出るびっくりタンゴ舞踊、中国舞踊、中国歌曲等々の余興があり、最後はビンゴで盛り上がった。中国語による数字の読み上げは聞き取りが大変だ。老師によると交通の利便性を生かし、また新しいコースを設けてもっともっと魅力的な教室にしたいとのこと。参加者も中国ファンという共通の意識があるため、和気あいあいハートのパーティーであった〓
                                            
         
餃子を老師と一緒に茹で上げる                     少数民族の舞踏





一方、神奈川県淵野辺にある桜美林大学孔子学院は「春節を祝う会」という名称で2月5日(土)に行われた。

今年は昨年を上回る300名以上の参加者があり、中国春節気分を満喫。会場は天井の高いガラス張りの大ホールで、京劇、二胡、漢詩、中国文化劇、ピアノ演奏、古筝等々の趣向をこらした演目が目白押し。開会時には外で爆竹炎による景気付け。

 お楽しみ抽選会ではユニークな景品が当たる度に当選者は大喜び笑い

 両校とも一般者参加可のスケールの大きい春節祭を実施していますので、中国語または文化に関心のある方は、来年是非参加されてはいかが音符


      
桜美林大学の広々とした会場                     京劇「三国志の張飛」             


(文・写真=城戸弘人さん)
よりよい市民活動を目指して‐NPO議連集会に参加! [2011年02月16日(Wed)]


昨日2月15日、わたくし事務局Yと協会佃監事は、衆議院議員会館で行われたNPO法改正に関する集会に参加して参りました。

実は今、NPOに関する「新寄付税制」と 「NPO法抜本改正」が今国会で実現するかの瀬戸際を迎えているのです。
これが実現すると、寄付金の税額控除制度導入や認定NPO制度の改正、法人名称の変更、会計基準の導入などが行われ、日本の市民活動の発展にとって大きな後押しとなります。
集会では全国から集まった250名を超えるNPO関係者が、超党派のNPO議員連盟からの最新報告をに耳を傾けるとともに、NPO関係者から議員へ直接法改正への期待と要望を伝える機会も設けられました。

とある議員の方も仰っていましたが、市民活動のジャンルに関して、日本はまだまだ後進国。奈良県で無縁社会の課題に取り組む団体の方は、「職員も給与や待遇面から疲弊しており、活動継続のため緊急対応を希望する」と議連の皆さんに熱く訴えかけられました。また、昨今のタイガーマスク現象によって寄付希望の問い合わせも増加しており、市民の社会貢献への関心に対応すべく制度上の発展を求めるという別の団体の意見もありました。

自民党の中谷元議員は、「国から地方へ、民間ができることは民間がやっていかないと、この国は立ちゆかない。もたれあいが今の日本の問題。自立することがこの国を救うことであり、そのためにNPOが大事」と仰いましたが、わたしたち聯誼協会のように国際協力を行うNPOとしても、支援者の皆さんひとりひとりの志を最大限活かすとともに活動を維持継続していくため、今回の税法&NPO法改正は欠かせないものです。当日参加された各政党の議員の皆さんも、日本の市民活動の発展促進について、それぞれが熱い思いを語ってくださいました。

新しい寄付税制とNPO法改正が実現し、日本の草の根活動がまた一歩前進しますように。只今開催中の第177回通常国会、皆さんも注目してくださいねびっくり


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
 

「新寄付税制&NPO法改正を求める2.15緊急院内集会」
主催:NPO/NGOに関する税・法人制度改革連絡会(NPO/NGO連絡会)
日時:2011年2月15日17:00〜18:30


※NPO/NGO連絡会とは、1999年に設立された全国36のNPO支援センターの全国ネットワーク。NPO法改正や認定NPO法人制度の改正について当事者の意見をまとめ、各地での制度改正の運動を展開している。

※NPO議員連盟とは、超党派の国会議員からなる議員連盟。2001年のNPO支援税制(認定NPO法人制度)創設を推進した他、03年の特定非営利活動促進法(NPO法)改正に当たって、議員立法での改正を実現。NPO法・税制改正を市民・NPOと共に進めている。


2011.2.18追記

当日の様子が報道されました!
時事通信社:NPO税制、分割も=超党派
朝日新聞社:NPO税制の審議「分割して成立を」自公議員ら


(事務局・Yブタ
私の故郷08-美しき瀘西 [2011年02月07日(Mon)]

みなさま、あけましておめでとうございます!!

新年快乐!!

日本ではちょうど節分でしたが、2月3日は中国の旧正月でした。
今ごろ雲南の子どもたちも、楽しい休暇を過ごしていることでしょう。
子どもたちをはじめ、みなさまが素晴らしい1年を過ごせますようにぴかぴか(新しい)

さて、今回も「25の小さな夢基金」春蕾クラスの女の子たち小顔が、
自分の故郷を紹介する連載「私の故郷」をお届けします。

第8回目は、紅河州ハニ族イ族自治州瀘西県出身の楊嘯ウんです目がハート





その8「美しき瀘西」



遠く離れた所にいても心は故郷を離れることなく、その美しさを相変わらず誇らしく思っています。故郷の家を離れて、ようやく

「露従今夜白 月是故郷明」
(露は今夜より白く、月はこれ故郷のが明るし)

という杜甫の詩の心情がわかりました。空にかかる満月、その周りで輝く満天の星、あちこちから聞こえてくるセミやカエルの鳴き声。静かで穏やかな気持ちになります。

瀘西県は経済的には発展してはいませんが、そこではみんな楽しく暮らしています。お祭りの日になると村々ではみんな仕事の手を止め、集まって楽しく過ごします。裕福ではないけれど、厚い人情を感じてとても温かな気持ちになります。
水には本来味はないけれど、心の持ち様で味があるように思うのでしょう。故郷の渓流の水は甘いです。

「小橋渓水人家」
(小さな橋の下を流れる渓流の傍には民家)

という情景は、多分私の故郷のために作られたのでしょう!魚たちが水中でたわむれ、水草がそよぎ、子供たちが川辺で遊び、トンボが水の上を飛んでいる…心温まる情景が目に浮かび、深い愛情が心から湧き起こります。

故郷は高原梨が有名です。農民たちは一年の間、除虫や除草、剪定など辛く大変な作業を行います。梨が木の枝いっぱいに実ったときは、みんな自然と楽しい気持ちになります。収穫期には、道ばたの露店に大きく果汁たっぷりで歯ごたえのよい梨が並び、包装済みの梨を目いっぱい積んだ車が道ばたにあふれ、みんなの嬉しそうな笑顔がこぼれています。評判の高原梨を味わおうとやってくる人もたくさんいて、車が道を忙しそうに行き来し、とてもにぎやかです。

ほおずきの実がなると素敵な事がやってきます。お役所から村に種が配られるので、村の畑はほおずきの実で埋まり、一面真っ赤に染まります。その中で写真を撮れば、永遠に心に残る思い出になります。工業上の原料に使われる作物だけれども、観光面でも価値があるのだから、一挙両得でしょう?




美しい瀘西・阿廬古洞の眺め


雲南で一番の洞窟――瀘西・阿廬古洞もあります。千年もの間にわたって作られた鍾乳洞で、中には不思議な形をした立派な岩がたくさんあり、明かりに照らし出された眺めはとても素晴らしいです。舟を漕いで遊覧するのもまた、とても風情があります。洞窟の外にはハス池があって、夏になるとハスの花が咲き、時々そよ風に揺られてその綺麗な首を外に向ける様子は、あでやかで美しいことこの上ありません。

私の故郷を知りたいと思ったら、ぜひ瀘西に来てください。一緒に故郷の脈拍を感じ、無限の美しさを伸びやかな歌声に変え、空いっぱいに歌声を響かせましょう。好奇心を抱いて訪れた後には、満たされた気持ちでお帰りいただけますよ!











文:楊噤i夢基金第3期生)
【翻訳:林秀子(ボランティア)】



★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


「私の故郷」バックナンバー

第07回 桃源郷―莽徳芬(ペー族)
第06回 隠れた名所!東川―彭安麗(漢族)
第05回 黄金色のふるさと―王丹丹(プイ族)
第04回 世界を愛するために―雷木門(チンポー族)
第03回 多種多彩!故郷の民族―雷会蘭(タイ族)
第02回 自己紹介―賀金菊(リス族)
第01回 棚田の故郷―呉仙(ハニ族)


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★