CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年12月 | Main | 2011年02月»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2011年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

春節の年賀状が届きました! [2011年01月27日(Thu)]

春蕾の女の子たちの年賀状


みなさんこんにちはびっくり
そろそろ中国の春節(旧正月)が近づいてきましたウサギ
今年の春節は2月3日、中国の学校はすでにお正月休みに入っていますラブ

春節休みを前に、「25の小さな夢基金」の女の子からサポーターさんたちへ、心のこもった年賀状メールが届きましたまる

年賀状はボランティアさんたちの翻訳作業が終わり次第、順次サポーターさんのお手元へ届けられます。
今日は、たくさんの年賀状の中から、チャリティーゴルフコンペの寄付金で応援中のミャオ族の女の子・馮芳さんのお手紙をご紹介しますラブ
馮芳さんは、コンペ参加者の皆さんに向けてお手紙を書いてくださいました笑い



 ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 


親愛なるチャリティーゴルフ参加者の皆様

こんにちは。またお手紙を書けて喜んでいます。
最近いかがお過ごしでしょうか。
きっと楽しくお過ごしのことでしょう。
もうすぐ新年です。楽しい年でありますように。
新しい年には、2010年のいやなことは捨て去り、新しい生活に進んでいきましょう。
悩みについて言えば、悩みはあなた方のことを好いていないし、まとわりつくこともありません。
楽しみについて言えば、あなた方の良き友になろうとし、裏切りはしません。
みなさまとご家族の、ご健康やすべてのことが順調に行きますようお祈りしています。
ついこの前、専門課程の試験がありました。
悪くは無かったと思います。
学校生活は時にはつまらないと思う時もありますが、
話し相手をしてくれる友達がいて、
とてもとても楽しくなりました。もう心配いりません。
肩まであった長い髪を短く切りました。以前より活発になったと思います。何もかも順調です。

新年が楽しくありますように。
2011年も楽しく、またみなさまの友情が更に深まりますように。

中国の幸せな女の子 馮芳


花腰タイ族の小学校を視察してきました! [2011年01月21日(Fri)]

日本の皆さんこんにちは!
日本でも昆明でも、今年の冬はいつもより寒いみたいですね青ざめ


今月10日、雲南支部スタッフは初鹿野理事長と一緒に、支援校候補である雲南省玉渓市新平県学校戛洒鎮中心小学校学校に行ってきましたぴかぴか(新しい)



新平県の風景


新平県には色々な民族が住んでいますが、中でも多いのが花腰タイ族です。戛洒鎮中心小学校は、花腰タイ族の学校で、芸術や体育の教育をとても重視しています目がハート



花腰タイ族の踊りを練習する子どもたち



こちらは伝統の楽器「フルス」



合唱の練習もやっていましたメロディ


視察のご報告は、後日ホームページにアップ予定です!
どうぞお楽しみに〜OK!2



(雲南支部)


10周年記念誌「笑顔を君に」 [2011年01月14日(Fri)]
こんにちは! ボランティアのかのヒヨコです星

2000年に設立した協会も、いよいよ活動11年目に突入ですね。
ボランティアとして活動に参加してきた年月は、子どもたちと、協会で出会った方々の笑顔で溢れた日々でした。(我らボランティア一同としては、血と汗と涙の方が、より溢れかえっていたかも!?笑)

そんな10年間の活動が、なんと一冊の記念誌にまとまりました!

認定NPO法人
日本雲南聯誼協会発足10周年記念誌
「笑顔を君に」




A4変形版フルカラー、128頁の活動誌です。

未熟ながら、かのヒヨコが当誌の編集長をつとめさせていただきました。
2010年の協会主催「チャリティ忘年会」にて初配布された当誌は、編集チーム(編集長、広報担当、デザイナー)と、そして多くのボランティアの皆さんのご協力によって、作成されました。
編集作業は8ヶ月にも及び、使用した写真も550枚を超えます。
その550枚の写真も、恐らく2万枚近くはあるであろう膨大な写真の中から、選びに選び抜いたものばかりキラキラ

編集作業中、もっとも苦労したのは、この写真選びかもしれません……。
なぜって、会員、ボランティアの皆さんが、撮影した写真ときたら、どれも選べないほど素晴らしく……っ走る(じたばた)

それでも、可能な限り、たくさんの写真を使用させていただきました!
数が数なだけに、撮影者様のお名前を、おひとりおひとり掲載できなかったのが残念でなりませんが、この場を借りて、心から感謝申し上げます。

また、皆さんが写っている写真も多数掲載しています。
こちらも会員の皆様全員を載せられなかったのが、悔やまれ……っ泳ぐ
けれど、この記念誌に掲載されている子どもたちの笑顔は、皆さんおひとりおひとりが子どもたちにプレゼントしたもの……10年分の皆さまの活動の歩みと、子どもたちの笑顔、ぜひお手にとってご覧ください。

現在、当記念誌の注文申込ページを、準備作成中です。
今月中には準備が終了しますので、楽しみにしていてください笑い



(ボランティア かのヒヨコ

私の故郷07-桃源郷 [2011年01月06日(Thu)]


皆さん、新年明けましておめでとうございます! お正月休みはいかがでしたか?
東京事務局は5日に無事仕事始めを迎えましたOK!2

さて、2011年のブログは、お久しぶり「25の小さな夢基金」春蕾クラスの女の子たち小顔が、自分の故郷を紹介する連載「私の故郷」第7弾からスタートマラソンダッシュ

今回はペー族の莽徳芬さんが、
ぴかぴか(新しい)大理州ぴかぴか(新しい)にある故郷の村を紹介してくださいます目がハート
まだ電気が通っていないというその故郷、
「桃源郷」のように素敵な場所だということですハート3(大きい&小さい)





その7「桃源郷」

 
は大理州雲龍県宝富郷の寒冷山岳地帯から来ました。そこは交通の行き来が少なく、まだ電気も通っていません。私の実家は標高の高い山の上にあるので、村人はみんなとうもろこし、くるみ、山椒などを作って、質素な農村生活を送っています。 ここはペー族(白族)の住む地域で、祝日になると皆集まって輪になり「覇王鞭」という踊りを踊ります。「農家楽(※旅行者向けの農村の雰囲気を味わえるようなリゾート施設)」はないけれど、村全体が楽しい気分で溢れます。


ー族の人々は皆とても親切で、よその土地から商売をしに人がくると、皆親切に歓迎して家に泊めてあげます。たとえよその土地の人たちの言語がわからなくても、商売に来た人たちをお客さんと同じように親切にもてなします。「来者是客(来る者は客)」とはつまりこのことです。雨の日には、もし別の人の田んぼが自分の家の近くにあれば、農作業をしている人たちを自分の家で雨宿りさせ、ご飯を食べさせたりして、お客さんのように扱います。これこそがよく言われる「下雨天来客,主人怪不得(雨の日に客が来るのを主人はとがめる訳にはいかない)」ということです。


になると村人は農作物の種まきをしてから、連れ立って山の上に草薬を摘みに行き、乾燥させてから街で売ります。実りの季節になると助け合って農作物を刈り取ります。村人たちはとても疲れますが、日中に刈り取りがおわらないと困るので一所懸命に働きます。


季にはみんな山に牛肝菌(※ポルチーニ茸)というキノコを採りに行って、いぶすか塩漬けにしてから街に出て売ります。けっこうよく売れるんですよ!この他にも、山椒や胡桃を摘んで売りにいったりして生計を立てています。まだあまり発展していないけれど、賑やかな所です。私の故郷はまるで桃源郷のようで、碧い水、青い空、そしてきれいな空気があって、人々はみんな陽がのぼるとともに動き出し、日が沈むとともに休み、とても味わい深い生活を送っています。けれど村人も、故郷に便利な情報やニュースが届いて“古い”生活スタイルを改善できるように、早く電気が通ることを願っています。私は私を育ててくれたこの土地を愛しています。もっと多くの人が私の故郷を知ってくれればいいなぁと思います。












文:莽徳芬(夢基金第4期生)
【翻訳:大滝美佳(ボランティア)】




★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

「私の故郷」バックナンバー

第06回 隠れた名所!東川―彭安麗(漢族)
第05回 黄金色のふるさと―王丹丹(プイ族)
第04回 世界を愛するために―雷木門(チンポー族)
第03回 多種多彩!故郷の民族―雷会蘭(タイ族)
第02回 自己紹介―賀金菊(リス族)
第01回 棚田の故郷―呉仙(ハニ族)


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★