CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年04月 | Main | 2010年06月»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2010年05月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

「小さな壁新聞」日本版創刊号、完成! [2010年05月30日(Sun)]


昨年9月に始動した「小さな壁新聞プロジェクト」。
今日までに30名近いボランティアが参加し、ついに5月20日、「小さな壁新聞 日本小学校版」の創刊号が完成しました!

■プロジェクトの詳細はこちらをご参照ください
http://www.jyfa.org/4_activity/event/2010/0227.html

今回、「小さな新聞記者」となって、記事と絵を書いてくれたのは、山梨県にある小菅小学校の全校生徒28名です。集まった絵はどれも素晴らしいものばかりで、編集ボランティアは感心しきりでした!
小菅小学校の皆さん、熱心に協力してくださった先生方、ありがとうございました太陽

さてさて、子供たちの力作を、立派な壁新聞に大変身させるのは、ボランティアの役目! 3回もの準備会議を経て、いよいよ編集作業が始まりました!


日本版の壁新聞創刊号は、5月21日〜28日の日程で行われる「開校式ふれあいの旅」に合わせ、新たに開校を迎える「老村小学校」の子供たちに届ける予定です。
開校式前日までの一週間、急ピッチで作業が進められました。


5月20日の6時半、ついに壁新聞が完成ー!!拍手



別室では役員会が開かれていたので、乱入して、壁新聞の完成報告です音符

プロジェクト立案当初は、先行きがまったく予測できなかった壁新聞ですが、完成してみたら、なんとも立派なものができあがっていました!
これも、ボランティア一人ひとりの、大きな大きなご協力があったからにほかなりません。皆さま、本当にお疲れ様でした笑い

小菅小学校の子供たちと、協会ボランティアの思いが詰まった「小さな壁新聞」創刊号は、現在、開校式に参加予定のプロジェクトリーダー平田さんの手によって、老村小学校に配達中です。その模様は、改めてご報告いたしますキラキラ

駆け足ではありますが、まずはまずは、喜びたっぷりの速報でした!

なお、今回ご紹介した日本版創刊号と、6月に作成予定の雲南省版創刊号は、7月4日開催「10周年記念パーティ」で初展示を予定しています。
皆さまのご出席、心よりお待ちしております。

(小さな壁新聞プロジェクトリーダーその2 かのヒヨコ
小小撮影師にアルバムを届けよう! [2010年05月22日(Sat)]

雲南省の子供たちに使い切りカメラを渡したら、いったい何を撮るのだろう?
これまでも度々ご紹介してきた「小さなカメラマンプロジェクト」ですが、今回、21日からの「開校式ふれあいの旅」に合わせ、撮影した子供本人に、写真を届けることとなりました太陽

先週から、ボランティアの狩野さんと、わたくしとで、安くて、頑丈で、可愛いアルバムを探し、カメラ屋さんや文房具店をかけずりまわり!
ついに見つけたベストなアルバムに、写真を入れてゆく作業を行いましたキラキラ



万一にも、間違った写真を渡してしまっては、小さなカメラマンに申し訳ない!
慎重に、何度もチェックを重ねながら、アルバムに収めてゆきます。

予想外に時間がかかり、2日の作業は夜の9時半にまで及びました。
それでも、子供たちが喜ぶ顔を想像すれば、こんな苦労など、なんのその!?


総冊数、なんと50冊! とんでもない重量になっちゃいましたが、開校式に参加するスタッフさんが、ただいま、雲南省にお届け中です。
どうかどうか子供たちの手元に、無事に届きますよう、皆さんもお祈りしていてくださいハート

遅い時間まで、作業お疲れ様でしたー!

(ボランティア・かのヒヨコ
小さなカメラマン選考委員会、頑張りました! [2010年05月10日(Mon)]
会員、協力者、ボランティアの皆さまの支えがあって、協会もいよいよ来月6月24日に、設立10周年を迎えることとなりました。

 雲南省の貧しい少数民族の子供たちに平等な教育を、と、ただただ願い、走りつづけた10年。皆さまとともに歩んできた10年を振りかえり、これからの新たな10年を力強く進むために、協会設立前からの足取りを一冊の活動誌にまとめることとなりました。

 現在、東京本部では、協会パンフレットでもお馴染みのデザイナー・田中望さんにご協力をいただきながら、過去の資料と大格闘、編纂作業を行っています。
 先月には、ボランティア5名が「小さなカメラマン選考委員会」を発足! 活動誌に掲載するため、おなじみ「小さなカメラマンプロジェクト」にて子供たちが撮影した写真を、選んでいただきました。



 1000枚を超える写真の中から、委員は気にいった写真に票を入れていきます。
 「この写真、可愛いなー!」「これはいいですね」と、お喋りしながら、顔は真剣そのもの。
 5人で選んだ写真は、1票だけのお気に入り写真もあれば、最高3票を獲得した大人気写真もありました!
 活動誌では、多くの票を獲得した写真だけでなく、選考委員の個人的お気に入り写真(委員特別賞!?)も掲載する予定です。
 子供たちの感性豊かな写真と、選考委員会の鋭い眼力、そしてボランティアの皆さんの愛情たっぷりな選評を、どうぞ楽しみにしていてください!

 本日は、その中から一枚だけ、選考委員会よりすぐりの写真を、選評付きでご紹介しちゃいます太陽



ぼくといぬ
撮影者:第16校目「日中友好巴坡僑心小学校」児童

【選評】
ぼくは手に何を持っているのでしょう? 照れているような表情がとてもCuteです!
いぬも安心してすやすや寝ていて、このほのぼの感がとても好きです。(長谷部)

選考委員会の皆さん、お疲れ様でしたー!

(記念誌編集チーム かのヒヨコ