CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2010年01月 | Main | 2010年03月»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2010年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

企画展示「雲南の地衣類」 [2010年02月24日(Wed)]

皆さんこんにちはびっくり
ここのところ急に春めいてきて、なんだか気持もウキウキしますねラブ
今日は、千葉県立中央博物館の原さんより素敵な催し物のお知らせが届いたので、皆様にご紹介したいと思います音符

-------------------------------------------

千葉県立中央博物館では2010年3月13日〜5月9日の期間、
企画展示「雲南の地衣類」を開催致します。
入場料は300円です。雲南に関心をお持ちの方々は、ぜひご覧ください。

展示の詳しい紹介は千葉県立中央博物館のウェブサイトでご覧になれます。

--------------------------------------------


さ、ここで気になるのが「地衣類」ですね。
「地衣類」って何だろうと思い、Yは調べてみました。

藻類と菌類との共生体で、菌類によって大部分が構成される地衣体を形成し、岩石や樹上に生育する植物群。地衣体が未分化で基物に固着するチズゴゲ、枝状のサルオガセ・リトマスゴケ、葉状のイワタケ・カブトゴケなど。地衣類。地衣。(大辞林第二版)

ということです。
うーん、菌類というからには、キノコの親戚なのですね。
キノコは雲南省の名物で、本当に数え切れないほどの種類があります。
キノコ鍋を中国語で「菌鍋」と書くのですが、
きっと地衣類も入っているに違いないびっくりと思っていたら


やっぱり食べてる笑い
これは「樹髪」という地衣類の料理で、千葉県立中央博物館の原田さんが
雲南省に調査に行かれた際に、実際に召しあがったそうです。美味しそうハート


他にもこんなのが。


これも地衣類で、ザクロゴケの一種だそうです。綺麗びっくりびっくり
こんな個性的な植物があちこちに生息しているなんて、
雲南省の自然の豊かさを感じずにはいられませんハイビスカス

それでは、ご案内の続きを。

-------------------------------------------

また、来る3月22日(月・祝)には、雲南に関するシンポジウムを開催します
(共催:東京情報大学)。2名の気鋭の研究者により雲南の植生・植物や、
茶を巡る生態環境史について、興味深い話題提供がなされます。
シンポジウム当日参加制、無料です。こちらもぜひ、ぜひ、ご参加ください。


自然誌シンポジウム「雲南の自然」

1.日時:2010年3月22日(月祝)13:00〜16:00

2.場所:千葉県立中央博物館講堂

3.定員200名(当日参加)

4.主催:千葉県立中央博物館

5.共催:東京情報大学

6.プログラム
 13:00-13:10 館長あいさつ
 13:10-13:20 開催趣旨の説明(原 正利)
 13:20-14:30 講演“雲南の森について―多様性、気候、地形―”
          (雲南大学教授 唐勤)
 14:30-14:40休憩
 14:40-15:40 講演“雲南の茶をめぐる生態環境史”
          (立教大学教授 上田信)
 15:40-16:00 質問・討論

7.演者紹介

 1)唐勤(Tang Jin) 雲南大学生態学・地植物学研究所教授。
 中国雲南省の植物、植生に関する気鋭の研究者であり、
 特に亜熱帯・暖温帯の森林植生(照葉樹林)に関する
 多数の論文を書かれています。
 
 2)上田信(うえだまこと) 立教大学文学部教授
専門は中国史で、中国の自然の変貌と人間の歴史との関係に明るく、
生態環境史を提唱されています。
「森と緑の中国史―エコロジカル・ヒストリーの試み―」、
「トラが語る中国史―エコロジカル・ヒストリーの可能性」、
「東ユーラシアの生態環境史」など、多数の著書を書かれています。

8.その他
唐教授の講演については、原が日本語に逐次、通訳しつつ進めます。
内容についての問い合わせ等は原までお願いします。


-------------------------------------------


その他関連イベントも企画中だそうで、決定次第随時更新致しますねまる
興味を持たれた方は是非、千葉県立中央博物館へ足をお運びください音符
改めて雲南の奥深さを思い知らされること間違いなしです笑顔


Yブタ

※写真は全て千葉県立中央博物館植物研究科・原田浩様にご提供頂きました。
会報ができました! [2010年02月21日(Sun)]
皆さんこんにちはびっくり
まだまだ寒いですが、いかがお過ごしですかはてな

10日に無事帰国したわたくしYですが、
実は昆明でペープサートのお絵かきをしつつ
内職のようにコツコツと会報『彩雲の南』第32号の編集作業を進めており、
帰国後12日には入稿、印刷が出来上がるのをいまかいまかと待っておりました。


そして19日金曜日。とうとう会報がやってきたのです〜ドキドキ小



汗と涙の結晶3000部びっくり


19日には2009年度第4回役員会があったわけですが、開催に先だち
早めにいらっしゃった役員の皆さんに発送の準備作業をして頂きました笑い




そしてそして、まさかの即日550枚折り完了びっくり
役員方&インターン佐瀬さんの華麗なる働きの賜物でございます拍手


         



日曜の本日は6名のボランティアさんにご参加頂いて、
封筒詰め作業を行いました。


が。


間抜けなYは写真を撮り忘れたのですぅぅぅ困った
皆さん、どうもすみません汗

仕方が無いので本日ご参加頂いたメンバーを文字でご紹介。
皆様、想像力でお楽しみくださいまる


李贇くん・・・いちょう祭りにもご協力頂きました、上海出身の好青年。
長屋智実さん・・・いつもお世話になっております、雲南出身のバイリンガルな才女。
間香奈子さん・・・北京留学から戻ったばかりの才女、Yの大学の後輩でございます。
高宮善立さん・・・台湾ご出身で、日本で長く働いていらっしゃった元エンジニアのジェントルマン。
濱津義男さん・・・夢基金でもお世話になっております、日本語の先生でいらっしゃるジェントルマン。
大滝美佳さん・・・以前は翻訳でお世話になりました、色々なNGOでボランティアをやっていらっしゃる才女。


以上、素敵な6名のご尽力により、
会報32号はあっとう間に封筒に収まったのでしたキラキラ
いつもありがとうございますびっくりびっくりびっくり



         


会報誌『彩雲の南』第32号(2010年2月15日発行)は
今日より23日までの3日間で全発送作業を終える予定です。

今号も

メモ小学校建設の速報
メモ「100万回手洗いプロジェクト」第3回派遣活動速報
メモ「夢基金」卒業生インタビュー
メモ「小さな壁新聞プロジェクト」発足
メモ小菅小学校出張授業報告


などなど、内容盛りだくさん音符

間もなく皆様のお手元に届くことと思いますので、どうぞお楽しみに〜ハート



Yブタ

本日!「世界ふしぎ発見」雲南特集! [2010年02月13日(Sat)]

世界ふしぎ発見!

第1133回

雲南大紀行 天使の歌声と神秘の奇祭!


2010/02/13(土)21:00〜 TBS系列

 広大な中国には、実にさまざまな人たちが暮らしています。今回の「世界ふしぎ発見!」の舞台は、中国の55の少数民族のうち25の人びとが暮らす雲南省。少数民族の多くは、迫害を逃れ辿り着いた不便な山奥に暮らしています。しかしそんな悲しい歴史が、彼ら独自の文化を生み、そして山深い所だからこそ今に至るまでその伝統文化は守り伝えられてきました。番組では、少数民族の中でも芸能に長けた人たちをレポートします。



忘年会で皆様と踊った「花腰イ族」の踊りも登場するようですよ音符
必見ですびっくりびっくりびっくり


Yブタ

中国の春節 [2010年02月12日(Fri)]

「中国の春節」


春節とは、旧暦の正月で、中国人が最も重要とする祝祭日です。中国でのもっとも古い伝統的な祭日であり、その歴史は商の時代(紀元前1600年)の祖先を祭る行事が由来とされています。2010年の春節は新暦2月14日です。中国国家の定める法定祝日は2月13日からの1週間ですが、春節に故郷に帰る人も多く、早くから休みをとる会社や店も少なくないようです。
(雲南支部も2月13日からの一週間お休みをいただきます。ラブ





本日は旧暦の12月29日、スーパーでは買い物客でごった返しています。買い物の量もはんぱではありません・・・・困った



キラキラ春節の伝統の行事キラキラ

旧暦12月23日:「送竈」

一家の行動を見守ってきた竈(かまど)の神が、報告の為に天に旅にでる日、人々は竈神のご機嫌をとって、良い報告をしてもらうように、飴をお供えする習慣もあります。

旧暦12月24日:「掃房日」
大掃除をします。

旧暦12月31日:「除夕」
竈の神様が帰って来る日です。お備えの餃子を一家で包みます。餃子に綺麗に洗ったコインを包みんでおき、一番先に食べ当てた人はその年金持ちになると言われています。またこの日に玄関の左右に春聯と呼ばれる赤い紙を貼ります。一家団欒で、夜を明かします。また、禁止されているところも多いですが、爆竹を鳴らす習慣があります。


                       ↑春聯




旧暦1月1日 :初一
家族団欒で正月料理を食べます。

旧暦1月2日 :初二
親戚、親友、隣人への年始回りを行います。

旧暦1月15日:元宵節
正月最後の行事が15日の「元宵節」です。元宵節には湯円を食べる習慣があります。湯円はもち米を原料とした団子で、中には様々な具をいれます。円満の意味あいがあります。

新年快楽!万事如意!


雲南支部より
速報!研修本番★最終日 [2010年02月09日(Tue)]

本日とうとう最終日びっくり感動の最終日、ダイジェストをどうぞびっくり


「100万回の手洗いプロジェクト」
第2回研修会(フォローアップ研修) 最終日

@講義:バイオガスが環境衛生を変える!(雲南エコネットワーク陳永明先生)
A籐誼小学校バイオガストイレ建設経過報告(薄田PM・陳先生)
B学校に戻ってからやって欲しいこと(薄田PM)
 ★配布した衛生授業スターターキットについて
  ★ポスター授業について(「君に石鹸を」を作製の上家に持ち帰って貰い、保護者に感想をもらう/手洗い6ステップは学校に掲示、など)
  ★キット内の報告書書式に衛生授業・パネルシアター・ペープサートの各実施状況を記録(6月の視察時にプロジェクト側が回収予定)

  昼休み

C発表
  ★ボランティア オリジナルペープサート
  ★白雲小学校 模擬授業・ペープサート
  ★遠福小学校 模擬授業・ペープサート
  ★匹河小学校 ペープサートで模擬授業
  ★選抜グループ ペープサート
  ★籐誼小学校 模擬授業・ペープサート
  ★遠福小学校 環境保護に関するペープサート(昨年学校で作ったものを演じてもらいました)
  ★プロジェクトチーム パネルシアター「100万回生きたネコ」
D研修評価・感想
E修了証授与・記念撮影






去年から色々準備してきたフォローアップ研修。
特に薄田PMの苦労は並々ならぬものがありました。
怒涛の3日間はあっという間に終了しましたが、
本当の本番は先生方が小学校に戻ってからキラキラ

「100万回の手洗いプロジェクト」、実はまだまだ道半ばです。
今年も張り切って行きましょう走るダッシュ

齋藤専門家と私はこの勢いのまま明日早朝帰国飛行機
今回の派遣活動については研修内容も含め、
帰国後改めて詳細にご報告致しますね音符

それでは、また東京でびっくり






皆さん、お疲れ様です&ありがとうございましたびっくり

って、ブラックライト撮り忘れましたごめんなさい〜
困った


Yブタ
速報!研修本番★2日目 [2010年02月08日(Mon)]

研修2日目ダイジェストびっくり
本日も朝8時半から、盤龍ホテル3階会議室に大集合ダッシュ




「100万回の手洗いプロジェクト」第2回研修会(フォローアップ研修) 2日目

@選抜グループの編成(籐誼・白雲・遠福と果科合同チームの計4グループの他に、各校の代表1人ずつで作った選抜グループを加えた計5グループで明日の発表を行います)
A講義:物語を作ること―その意義と作り方(薄田PM)
 ★ブレーンストーミング、イメージの花火
Bグループ別オリジナルペープサートの製作開始びっくり
Cペープサートの技法紹介(薄田PM)

お昼休み

D講義:学校の先生が知っておきたい応急措置(齋藤専門家)
 ★風邪、喘息、やけどなどの対処法
 ★ボランティアによるパネルシアター「経口補水液の作り方」
 ★経口補水液体験(実際に作って、飲んでもらいました乾杯
 ★腰痛、嘔吐、痙攣などの対処法
E手洗い6ステップの復習(齋藤専門家)
F石鹸ネットの使い方と利便性(薄田PM)
Gおまけ:大災害を生き抜くマル秘サバイバル術(薄田PM)
H発表順番決定あみだくじ





★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★



本日の課程も無事終了し、解散のお声がかかったあと、
雲南支部職員Zに忍び寄る怪しい人影が。。。

籐誼小学校の某先生であった。

雲南方言でおもむろに話し出す某先生。

「おれたち授業計画書なんて書いたことないからどう書いていいかわかんないし、
計画書けないんだから明日模擬授業の発表なんかできないよ」










そういうことは早く言ってください_| ̄|○



果たして薄田PMの反応やいかにびっくりはてなどうなる最終日びっくりはてな


明日へ続くびっくり

Yブタ
速報!研修本番★1日目 [2010年02月07日(Sun)]

始まりました、研修本番びっくり
詳細なレポートは帰国後改めてお届けするとして、
まずはダイジェストでお送り致します
音符



「100万回の手洗いプロジェクト」
第2回研修会(フォローアップ研修) 初日

参加者:小学校の先生26人(籐誼小学校・白雲小学校・遠福小学校・匹河小学校・果科小学校)、ボランティア12人



@プロジェクト及び研修についての説明(薄田PM)
A僑務べん公室張処長のご挨拶
B第1回研修記録ビデオ鑑賞
C自己紹介&グループ分け
Dポスター「君に石鹸を」トレース&色塗り
Eボランティアによるロールプレイ(ポスターを使った家族間のコミュニケーション)

昼休み

F自作ポスターを使ったロールプレイの練習
Gパネルシアターとペープサートについての説明(薄田PM)
Hボランティアによるペープサートの実演(「君に石鹸を」「小さな衛生委員」)
Iリラックス体操
J「小さな衛生委員」ペープサートの作製
K研修を通した課題についての説明(学校毎に衛生授業計画とオリジナルペープサートを作製し、3日目の午後に発表する)



★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


本日先生方が作った「君に石鹸を」ポスター、一部をご紹介ハート




明日へ続くびっくり

Yブタ
準備完了! [2010年02月06日(Sat)]


いよいよ研修本番を明日に控えた本日午後、
道具の搬入と研修会場の設置を行いました音符



雲南支部事務所で、最後の確認。





大量の段ボールを20階の事務所から降ろし、
車を拾っていざ会場へびっくり






これで全ての準備が完了。
ここ2週間ほど、これから3日間のために頑張ってきました走る
さあ、間もなくフォローアップ研修が始まりますダッシュ








お ま け







Yブタ
只今リハーサル中★3日目 [2010年02月05日(Fri)]

研修リハーサルB日目


本日もやる気満々大学生ボランティア8人と一緒に張り切って行きましょうダッシュ
実はボラさんの大部分が日本語専攻学校
日本好きをキーワードに会話も楽しく弾みます音符

最終日の今日は、午前中ロールプレイング・ペープサート・パネルシアターそれぞれの演技を撮影し、午後は衛生専門家の齋藤さんによる応急処置の模擬授業を行ったあと、ボランティアチームでオリジナルのペープサートを創作しました笑い


まずはロールプレイングからスタート。
椅子に座っているおじいさんとおばあさんに
孫娘が学校で描いたポスターを見せていると、家族皆が集まってきました音符



こちらはペープサート「小さな衛生委員」。
薄田監督、撮ってます。


午後イチの齋藤先生@救急法授業。
大学生たちが講義を受ける先生に成りきり、
学校での応急処置やインフルエンザの対処方を楽しく勉強しましたラブ

日本語のわかる陸さんや王さん、李さんが代わる代わる通訳し、
講義は順調に進みます音符


答案を日本語で書いてくれた人もメモキラキラ


1番の難関にして1番のお楽しみ、オリジナル作品の創作も快調ダッシュ


中国で大人気の某アニメキャラクターたちを操りつつ、
手洗いの重要性を上手いこと伝える見事な出来びっくり


明後日から始まる研修本番では、大学生たちにはロールプレイング、ペープサート2つ、パネルシアター、そして今日完成したオリジナル作品の全てを見本として演じてもらいます。果たして、先生たちの反応は如何にびっくりはてな笑い




★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 



そしてそして。

ついに、あの謎の物体の正体が明らかにびっくりびっくりびっくり











紹介しようびっくり
これこそパネルシアター「100万回生きたネコ」
薄田PMスペシャルバージョンびっくりびっくりびっくり


これを私たちプロジェクトチームが研修の最後に発表するのでしたキラキラ

乞うご期待びっくりびっくり


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 


おまけ。

こちらは糸で吊るパネルシアター・ブランコ編。



薄田PMの指示によって私が作り、
薄田PMによってボツになりましたとさ。



明日へ続くびっくり

Yブタ

只今リハーサル中★2日目 [2010年02月04日(Thu)]

(昨日のポスターはこんなことになったのでしたまる



 さてさて、研修リハーサル2日目音符
今日はプロジェクトの用意したシナリオのうち、
 @「君に石鹸を」(ペープサート)
 A「小さな衛生委員」(ペープサート)
 B「経口補水液の作り方」(パネルシアター)

の3つの人形を完成させ、実際に演じてみます。

@「君に石鹸を」は昨日のロールプレイングの内容ともちょっと関係していて、石鹸不足に悩む小学校の先生が子供たちに衛生ポスターを描かせ、それを家に持って帰ることで石鹸の提供を呼びかける、というお話。
A「小さな衛生委員」は、小学校の上級生が下級生にクイズを出しながら楽しく衛生知識を教えるという内容。(薄田PMのシナリオには、最後に「姚明風の先生」が登場というムチャぶりが…困った
B「経口補水液の作り方」は、手を洗わないで食事をしたことが原因でお腹を壊した子供に、先生が経口補水液を作ってあげるという、経口補水液の作り方と衛生観念の2つが学べる一挙両得なお話猫



それぞれ中国語の台本を参照しつつ、人形作りが始まりました笑顔




午後には3つのストーリー全ての人形が完成びっくり
今度は実際に人形を動かし、演じてみます笑顔


齋藤監督の演技指導の下、何度も繰り返すうちに
みんな段々上手になってきましたドキドキ小
研修本番では先生の先生になるわけですから、
是非ともその調子で頑張ってくださいね〜笑い







その頃、事務所の片隅では。




次回、謎が明らかにびっくり


          


昨日から協力してくれているボランティアさんをご紹介ダッシュ




明日もよろしくですドキドキ小


Yブタ

| 次へ