CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2009年02月 | Main | 2009年04月»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2009年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

「夢の壁」制作発表会―初鹿野理事長が出席 [2009年03月13日(Fri)]
張加貝監督作品『夢の壁』 制作発表記者会見に初鹿野理事長が出席


写真左二人目から張加貝監督、小林綾子さん、佐々木麻緒さん、
初鹿野理事長、(中央後)風間トオルさん


  昨年日本で公開され、協会でもご紹介した映画『さくらんぼ 母ときた道(原題『櫻桃』)』の張加貝監督が再びメガホンメガホンを取りました。今回は、終戦前後に北京で出会った中国人の少年男の子と日本人の少女女の子との心の交流を描いた芥川賞受賞作「夢の壁」を映画化。

  3月13日に制作発表記者会見が北京市内で行われ、原作者の加藤幸子さん、父親役の風間トオルさん、「おしん」で有名な、母親役の小林綾子さん、子役の佐々木麻緒さんなど日中両国の出演者の他、初鹿野理事長も出席しました。

  当協会では、初鹿野理事長がエグゼクティブ・プロデューサーとして、この映画撮影開始前に張加貝監督と共に企画・宣伝・資金調達を実施しました。また協会が支援した小学校の中から二人の子どもが脇役として出演し、会員の近藤釼一さんと三木秀隆さんからも多大なご支援をいただいていますびっくり

  6月の完成を目指して、河北省や甘粛省で撮影が行われています。張加貝監督は、「できれば日中で同時上映を実現させたい」と話しています。日本で公開される際には、ぜひご覧ください笑い音符
第11回雲南懇話会のお知らせ [2009年03月13日(Fri)]
第11回雲南懇話会 開催のご案内
―山旅・暮し・歴史の道 / 夢・好奇心―

雲南懇話会は、中国雲南省の最高峰・梅里雪山(6,740m)山を中心とする雲南・チベット地域に興味・関心を持つ人々が集い、様々に情報を交換し、お互いに研鑚・研究に励もうとする集まりで、2004年12月に発足しました。
京都大学学士山岳会(AACK)のOBメンバーが主となっており、以前には、懇話会にて当NPO法人 日本・雲南聯誼協会の初鹿野理事長が講演をしたり、当協会会員の中にも多くの雲南懇話会メンバーがいたりと、交流が盛んで、良い関係を築いている団体です笑い

「第11回雲南懇話会」のお知らせを、懇話会の代表幹事で、当協会の協力者でもあります前田栄三さんからいただきましたのでご案内します!笑顔

***********

第11回雲南懇話会開催概要

1.日 時:
  
2009年4月18日(土)13時00分〜17時30分 
  茶話会:17時30分〜18時30分
2.場 所:
  
JICA研究所国際会議場
  (旧国際協力総合研修所東京都新宿区市ヶ谷本村町10−5)
  茶話会は国際会議場前のロビーで行います。
※JR中央線・総武線「市ヶ谷駅」下車、東京メトロ有楽町線・南北線「市ヶ谷駅(6番出口)」下車、徒歩各10分。
3.懇話会の内容
(題名、順序等の変更の可能性があります。)

@「雲南の山地少数民族の村々を訪ねて、2008年秋」AACK前田 栄三
 −雲南懇話会/ 第5回フィールドワークより−雲南学究家 神山  巍

A「チベットの茶馬古道をゆく」
 写真家、AACK 小林 尚礼

B「中国西南部ナシ族とその柔軟な社会について」
 −知識人の活動と社会構造の2つの事例から−
 日本学術振興会特別研究員、国立民族学博物館   岡 晋

C「ヒマラヤ通いの自己体験」
 −2008年チュルー最東峰(6038m)登頂と2006年マナスルでの教訓など−
 関西学院大学山岳会   南井 英弘
                       
D「衛星画像による新疆/天山山脈の氷河の概要」
 −ウルムチNO.1氷河のAlbedo reduction について−        
 千葉大学大学院理学研究科修士課程  グリジャナテ アバケ

E「玄奘三蔵とパミール」            
 帝塚山大学名誉教授、AACK  酒井 敏明

4.懇話会参加費用:
  一人2,000円
  (ご夫婦の場合は、2人で3,000円、学生院生は無料)
  茶話会参加費用:一人1,500円
  (ご夫婦の場合は、2人で2,000円、学生院生は500円)

5.懇話会等参加申込:
  
→こちら←の雲南懇話会ページ問い合わせ先からお申し込みください。

当日参加も構いませんが、予め参加者名簿にお名前を記載出来ませんので、ご了承ください。懇話会では自然科学・社会科学を問わず、様々な分野で交流を進めたいと思っています。この為、対象地域は雲南・チベット地域を中心にラオス、ミャンマー、カンボジア、ベトナム、タイ、ブータン、インド、ネパール、パキスタン、四川省、青海省、新疆ウイグル自治区、モンゴル等などに及びます。

***********

雲南省少数民族の魅力 [2009年03月11日(Wed)]
皆さん、こんにちわ!
雲南省や少数民族に興味のある方に朗報です笑顔

協会との友好団体である工学院大学孔子学院では、
朝日カルチャーセンターと提携し、
「工学院大学・朝日カレッジ」を展開しています。
ビジネスマン向けの講座やサブカルチャー系など多彩な講座メモがありますが、
その中で4月から、日本人に似ているといわれる
中国西南・雲南省の少数民族の文化や風習について、
その道の専門家の先生方による講座が開講します。
雲南省に興味のある方、必見の講座ですびっくり
ぜひこの機会に珍しいお話や映像を満喫してください!


中国西南・雲南省の魅力 
   〜日本文化のルーツ?少数民族、神話〜


 1.中国西南の少数民族概説
  中国西南の少数民族が現在のようになった、
  その歴史的経緯も含めて

  日時:4月14日(火) 18:30〜20:00
  講師:川野明正先生 明治大学准教授

 2.ダイ族−雲南から国境を越えて
  中国西南地域からミャンマーへ、
  タイへ流れていった結果・・・

  日時:4月21日(火) 18:30〜20:00
  講師:クリスティアン・ダニエルス先生
  東京外国語大学アジアアフリカ研究所

 3.写真で見る雲南省少数民族
  雲南少数民族の最新映像をご覧いただきます

  日時:5月12日(火) 18:30〜20:00
  講師:川野明正先生 明治大学准教授

 4.ミャオ族−貴州を中心に 
  雲南省、東南アジアなども含めた苗族の全体像について

  日時:5月26日(火) 18:30〜20:00
  講師:曾士才先生 法政大学教授

 5.中国西南少数民族の神話
  イ ザナギ・イザナミ神話や七星神話など、
  多くの神話の原型は中国西南にあった

  日時:6月9日(火) 18:30〜20:00
  講師:岡部隆志先生 共立女子短期大学教授・アジア民族文化学会代表

 6.イ族−四川を中心に
  雲南省、貴州省なども含めた彝族の全体像

  日時:6月23日(火) 18:30〜20:00
  講師:清水享先生 日本大学、法政大学、明治大学、実践女子大学講師


お申し込み・会場:
   工学院大学 エクステンションセンター


     東京都新宿区西新宿1-24-2 
     TEL:03-3340-1457 FAX:03-3342-3150

受講料:全6回 12000円  1回2000円 

                                    (東京本部 あやぽん)