CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2008年08月 | Main | 2008年10月»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2008年09月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

パキスタン支援のNPO 協会員が現地視察 [2008年09月19日(Fri)]
当協会と同じように、パキスタンで子どもたちの教育支援と2005年10月に起きた北部大地震の復興支援に取り組んでいるNPOに 「日パ・ウェルフェアー・アソシエーション(NWA)」があります。
 そのNWAが9月19日から26日に開催した現地スタディツアーに、当協会の会員の峰尾勝美さん、萩原光廣さん、糸山敏和さん(糸山さんはNWA事務局次長でもあります)が参加しました。

 ツアーの主な目的は、この春、NWAがパキスタン北部のギルギットに開所した、母子健康管理センターの視察と、センターの整備、技術指導などでした。その他、2005年10月8日に発生した、パキスタン北部大地震の被災地の視察も予定していたそうですが、残念ながら、悪天候のため国内線の飛行機が飛ばず、ツアーとしての地震の被災地視察は見送られましたが、糸山さんが代表で被災地入りしたそうですびっくり

 さて、首都イスラマバードから北東に17時間ほど車車で走り、ギルギットに到着。ギルギットでは、現地の女性自立支援の一環として、縫製・刺繍教室や識字教室を開催、母子保健指導センターも建設し、衛生指導を行なっているそうです。今回当協会からは、同じ課題に取り組む仲間として、NWA現地代表の督永忠子さんに、水牛の皮に描いたぺー族の絵を贈呈しエールを送りました。そのお返しとして、督永さんからは現地の工芸品をいただきましたプレゼント>




    ギルギットの風景           絵の巻物を手渡す峰尾さん(左)
荒々しい山肌が迫ってきます            右は督永忠子さん
 



震源地付近に残る被災者支援のテント      督永さんからいただいた贈り物
                              エスニックな雰囲気が漂います


帰国後、糸山敏和さんが協会を訪れ、督永さんからの贈り物を持って来て下さいました。複雑な形をしたものは、一本の木から掘り出され、上の部分がらくだの頭、下がらくだの足の形になっているそうです。蛇腹のように折りたたむことができて感心してしまいました拍手キラキラ

 地震から3年が過ぎても、パキスタンはまだまだ復興が進んでいません悲しいNWAでは引き続き支援を続けていく予定とのことです。

 なお、糸山さんが「マスコミ市民」という雑誌に寄稿された文章を、ご本人の了承を得て抜粋して掲載させていただきます。  >>>詳細はこちらから
また、NWAのホームページもぜひご覧ください。
九訳を絶する… [2008年09月12日(Fri)]
国際協力・国際支援のありかたを模索する


【2】

「10・25・56」この数字が意味するものは…

− 九訳を絶するほどの広大さと多様さ −



▼かつて、まだ学生だった頃のこと、中国を代表する文人魯迅の著作(もちろん日本語訳)に「九訳を絶す」という言葉を見つけた。これは一体何かと思いきや、脚注に曰く、「九人の通訳を介してもなお意思疎通が不可能である」ことの意だという。要するに、この一言で中国の地理的な広大さと民族的・文化的な多様さを表しているのだ。

▼では、具体的に中国の国土はどれほど広大で、そこにはどれほど多くの人がどんなふうに暮らし、どれほど多様な文化や伝統が根付いているのだろうか。最近の統計(2007年)では、国土面積960万㎢、人口13.3億とある。
 と言われても、なかなかピンと来ない。そこで日本と比較してみると、日本の国土面積は38万㎢、人口は1.3憶だから、国土面積では中国は日本のざっと25倍、人口では日本のざっと10倍ということになる。地球全体で見てみると、世界の人口(約66.7億)の19.9%、つまりざっと5人に1人は中国人という計算だ。国土面積の広さは地球の陸地面積の7.9%に当たり、これはロシア、カナダに次いで第3位の広さだ。ちなみに日本の国土面積は地球の陸地面積の0.3%である。

▼このように統計上の数字をおおざっぱに見ただけでも「いやー、デカイね!」とつい溜息が漏れる中国である。実は、西欧列強が18〜19世紀に産業革命を成し遂げるなか相次いで中国を侵略した理由は、この「デカさ」−当時の世界において、資源、労働力、市場のどれをとってみても中国は桁違いにデカかった− にある。
 世界中の富をできれば独占しようと互いに鎬を削っていた西欧列強は、「眠れる獅子」とそれまでは恐れていた清朝が阿片戦争で脆くも敗北するや、戦争賠償や不平等条約を押し付け、寄ってたかって清朝の主権を侵害し中国の植民地化に着手した。なんともあさましい話だ。侵略された当の中国人にしてみたらこの上なく理不尽な犯罪的暴挙だ。

▼さて、中国の民族的・文化的な多様さはどんなものか。中国には漢民族のほかに55の少数民族(民族識別工作で分類される公的な民族数)がいるというから、つまり漢民族を加えて56の民族がいるということになる。ここで言う民族とはいわゆるネイティブで、戦後の中国に残留した日本人や租界返還後に残留した欧米人は含まない。
 が、一方の日本は?というと、日本を「単一民族」国家と自慢した総理大臣がかつていたほどこの辺の我々の認識はひどく曖昧だ。事実、韓国や日本は同一民族の割合が非常に高い国なのだが、実際にはアイヌ民族のような少数民族もいて、けっして「単一」とは言えない。が、我々日本人の多くは日常そのことをほとんど意識していない。
 というふうに考えると、民族的・文化的な多様性という点では、単純に捉えて中国は日本の56倍の大きさということになる。

▼日本と比較して、25倍の広大な国土に10倍の人口を擁し、しかも56倍の民族的・文化的多様性を有することを考えると、中国の中央集権的な政治的統一は我々日本人の想像を絶する困難な仕事であるように思えるのだが、…。


≪註≫
55の少数民族:
漢族以外の55の少数民族とは次の通り。

アチャン族   イー族     ウイグル族    ウズベク族
エヴェンキ族  オロチョン族  回族       カザフ族
キルギス族   高山族     コーラオ族    サラ族
ジーヌオ族   シェ族     シボ族      ジン族
スイ族     タジク族    タタール族    タイ族
ダウール族   チベット族   チャン族     朝鮮族
チワン族    チンプオ族   トウ族      トゥチャ族
ドアン族    トーロン族   トンシャン族   トン族
ナシ族     ヌー族     ハニ族      バオアン族
プーラン族   プイ族     プミ族      ペー族
ホジェン族   マオナン族   満州族      ミャオ族
メンパ族    蒙古族     モーラオ族    ヤオ族
ユグル族    ラフ族     リー族      リス族
ローバ族    オロス族    ワ族


梅本 霊邦(JYFA)
ご協力のお願い [2008年09月12日(Fri)]
ご協力のお願い


雲南の子ども達のために!
と、当協会に寄贈していただいた学習ノート1000冊を
雲南(昆明)まで送りたいと思います。


が、エアカーゴで送った場合
梱包などの諸経費を含め、ざっと
25万円の費用が必要になり
1冊当たり約250円の輸送費がかかります。
当協会の財政事情、それに最近はやりの「費用対効果」を勘案すると…。
どうしたものか、現在、思案投げ首の状態です。


そこでお願いがあります。

雲南へのご旅行を予定されている方
もし手荷物の重量に余裕があれば
15冊以上何冊でもけっこうです。
この学習ノートを
雲南の子ども達のために
雲南まで運んでいただけないでしょうか?

1冊のノートの
・サイズはA4版(210o×297o×5mm)、
・重量は272gです。
・15冊で4kg強の重さになります。

運んでいただく数量は
15冊以上何冊でもけっこうです、が
・15冊、30冊… と15冊単位で
お願いできれば助かります。

ご協力をいただける方は当協会までご連絡下さい。
よろしくお願いします。

特に、海外への輸送業務にかかわる企業の方から
一括輸送のお申し出があれば、大いに助かります。
ご一報をお待ちしております。

日本・雲南聯誼協会
担当 梅本

電話 03-5206-5261
eメール yunnan@jyfa.org
のっぽひまわり [2008年09月03日(Wed)]
 今日は会員の高橋福子さんからのお便りを紹介いたします。
 自分で蒔いた種が、はじめは発芽するかどうか、花が咲くかどうか半信半疑。でもやがて芽を出し、そして花を咲かせたときは、実に感動しますね。
 今日はその感動のおすそ分けです。中国は雲南からはるばる運んできた向日葵とのこと、熟した種はどんな味でしょう、その時期にはぜひ味わってみたいですね。




のっぽひまわり


みなさんこんにちは!

昨年夏、雲南省麗江市郊外の農家で沢山いただいたひまわりの種、5月1日に蒔いたのが4か月たってやっと花が咲きました。

幹回り15cm、高さは二階のベランダ(下から4.25m)よりさらに上、花は今のところ直径は22cmです。

日がたてばもっと大きくなるでしょう。




この一本は特別にのっぽ、でも他のも3m以上はあり、食用にする中国のひまわりはさすがに大きい。

びっくりです!

蒸し暑くうっとうしい日が続きますが、すっくと伸びて明るく咲いた花を見ると元気が出ます。

高橋 福子(会員)




追記:9/3

今朝は久しぶりに青空、花は直径30cmになりました。

蜂が蜜を吸いに来て花粉までよく見えるので、少し大きめで送ってみます。