CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年12月 | Main | 2012年02月»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2012年01月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

「夢は叶う」池田弘一さん講演記13 [2012年01月27日(Fri)]
皆さんこんにちはびっくり寒い日が続きますね悲しい

23日は中国最大の祝日「春節(旧正月)」でしたOK
中国の年越しは例年夜を徹した花火や爆竹で本当に賑やかなのですが、今年はその花火と爆竹のやりすぎで、北京市では翌日の大気汚染が、通常の80倍にまでなったそうですよ困った
さすがは中国、スケールが違いますね炎

池田弘一さんの講演も、いよいよ佳境。
第13回目をお届けしますびっくり







第13回 一人の英雄より多彩な人材


一方、急成長の中で、色々な人材がアサヒビールに入ってくることになりました。急激に売り上げが広がったことで、特に営業部門が人員不足となり、パートタイムの女性社員を増員することになったのです。最盛期には全国で3,000名のパートタイム社員を各販売店頭に配置することになりました。

彼女たちは大体週に4日ほど、10時〜16時の勤務時間で、一人当たり小売店6軒〜10軒担当しました。アサヒの商品を他社よりも目立つように陳列したり、売れ行きや在庫の状況をこまめにチェックし、本社にすばやく情報を届ける仕組みを作りました。店頭での商品の動きを的確に把握できるようになったことは、アサヒにとって苛烈な競争を勝ち抜くための大きな助けになりました。素人の女性たちの草の根の力が、いかんなく発揮されたのです。

一方で、様々な会社からも様々な人が入ってきました。違った考え方、違った文化を持った人たちがアサヒの仲間になることで、一層活発な議論が起こるようになり、必然的に組織が活性化しました。

その後、アサヒビールは色々な会社を買収・合併し、現在は組織の1/3が中途入社の人材です。そのような中ですごしてきた私も、自然と様々な考え方を知ることになりました。





≪続く…≫




池田弘一さん略歴
アサヒグループホールディングス(株)相談役。1940年、福岡県生まれ。九州大学を卒業後アサヒビールに入社、九州・中国・関東などの営業に従事。1978年より千葉県酒販(株)出向、飲料営業部営業課長を経て1987年本社営業部部長。その後、各支店長・支社長を歴任し、1997年常務取締役、2002年に代表取締役社長となる。その後4年間会長を勤め、2010年3月より現職。