CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 【東日本大震災支援交流】 | Main | 【「夢は叶う」講演3】池田弘一さん»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2017年03月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

昆明理工大学 韓寧先生ご一行交流会 [2017年02月13日(Mon)]
昨年、雲南で実行した「第4回日本雲南大学生交流グローバルリーダー育成プログラム」で大変、お世話になり、現在、来日中の昆明理工大学の韓寧先生一行が2月10日(金)の午後、8歳から14歳までの小中学生10名と保護者2名、昆明理工大学の日本人の先生、韓先生の学生1名、あわせて15名が協会を訪問し、交流会を行いました。

1.jpg


協会からは初鹿野理事長をはじめ、理事、会員、法人会員、協会活動に興味のある方、第4回日本雲南大学生交流グローバルリーダー育成プログラム参加日本人大学生の8名が参加exclamation

交流会では日本の遊びを体験してもらおうと、元雲南支部特命支部長の平田栄一さんのご指導で折り紙と福笑いを体験しましたexclamation×2

3.jpg

4.jpg


いつもご協力していただいている株式会社技術評論社からは生物に興味があるという子どもたちへ本本が贈られました。

5.jpg


プレゼントご協力・ご寄付(順不同、敬称略)
株式会社技術評論社、平田栄一


6.jpg

ワン・ワールド・フェスティバル2017 [2017年02月07日(Tue)]
西日本最大級の国際協力のお祭り「ワン・ワールド・フェスティバル」が24日(土)、5日(日)の2日間、北区民センター(大阪市)で開かれましたexclamation

同フェスティバルには2014年から毎年、関西に住む会員・ボランティアの皆さんの力をお借りして出展しています。
協会会員でベテランボランティアの平松ご夫妻のご提案で初の試みとして協会ブースにてプーアール茶の試飲を行ったところ、例年より多くの人が協会ブースに立ち寄ってくださいました。

関西在住の会員の皆さんも応援に駆けつけてくださり、とても盛り上がりました。

同フェスティバルはボランティアの皆さんのお力添えがなければ出展することができません。ご協力してくださった皆さんにこの場をお借りして御礼申し上げます。
ありがとうございましたexclamation×2


ボランティア協力【順不同・敬称略】
平松康弘、平松宏子、近藤聡、栗山美咲、大塚美央


1.JPG
ボランティアの皆さん、お疲れ様でしたexclamation

3.JPG

9.JPG

IMG_1107.JPG

10.JPG
協会設立15周年記念式典及び懇親会 [2015年08月31日(Mon)]
 2000年6月に設立された日本雲南聯誼協会は皆様の温かいご支援・ご協力・ご理解により本年、設立15周年を迎えました。

 皆様へ15年の感謝の気持ちをお伝えし、懇親を深めるため22日(土)に京王プラザホテル(東京都新宿区)で記念式典及び懇親会を開催致しました。

 式典及び懇親会には会員、支援者、協力など日本全国、中国北京、雲南から総勢130名以上が参加。
 中華人民共和国駐日本国大使館領事部 王軍総領事、馮振三等秘書、雲南からは雲南省人民政府僑務弁公室 楊波副主任他5名、式典にあわせて来日していた「25の小さな夢基金」昆明市女子中学春蕾クラス生徒8名と引率教師2名、「第3回日本雲南大学生交流スタディツアー」参加の雲南学生学生12名、日本学生4名、そして初鹿野惠蘭理事長の実姉 丁美蘭さんも雲南から駆けつけました。

0831懇親会 春蕾生.JPG

0831懇親会 余興2.JPG


 式典では特にご尽力・ご支援を頂いた14の企業・個人・団体に感謝状をお渡しし、その他、協会15年の歩みを映像で振り返りました。

◎感謝状贈呈者◎50音順、敬称略
・法人部門 
株式会社キッツ、川西商事株式会社、デンタルプロ株式会社、ハウス食品グループ本社株式会社
・個人部門 
木下千尋、鈴木良弘、三宅裕之(シナジープラス株式会社)、渡部優美
・特別感謝状 
雲南省人民政府僑務弁公室、周婧怡、肖涵予、丁美蘭、平田栄一、文家豪

0831式典 感謝状.JPG


 懇親会では寒水・能見ダンストゥループの華麗な歌と踊り、そして色鮮やかな民族衣装を身にまとった春蕾生の民族舞踊を見て、踊って楽しんで頂きました。

0831懇親会 余興.JPG


 これまでの15年間、本当に多くの皆様に支えられてきたことを改めて感じました。協会は小さなNPOではありますが、これからも雲南少数民族貧困児童のために誠実に活動を続けてまいりますので、今後も皆様の変わらぬ温かいご支援・ご協力・ご指導を宜しくお願い申し上げます。

0831式典 集合.jpg

特定非営利活動法人
日本雲南聯誼協会
役員・顧問一同
スタッフ一同
 第14回チャリティー忘年会 日本と雲南少数民族友好の夕べ [2014年12月23日(Tue)]
 12月20日(土)に恵比寿ガーデンプレイス内のビヤステーションでチャリティー忘年会が行われました。
 
 中華人民共和国駐日大使館一等書記官の王樹凡様、全日本鉄道労働組合総連合会執行副委員長の萩原光廣様をご来賓としてお迎えし、今年も100名以上の方々にご参加いただきました。

忘年会1.JPG
中華人民共和国駐日本国大使館領事部一等書記官 王樹凡様

忘年会2.JPG
全日本鉄道労働組合総連合会執行副委員長 萩原光廣様

 
 ご来賓の王様、萩原様からご挨拶を頂いたあと、映像で2014年の活動報告を行いました。

 雲南支部での大学生インターンシップ、「笑顔を君に」写真展(四万十市、半蔵門)、第1回日本雲南大学生交流スタディツアー、第10回チャリティーゴルフコンペ、2014日本・雲南省来日経済交流懇談会(東京、大阪)、雲南省3大学における「第3回日本文化理解研修」、「雲南春蕾連盟会」発足、「25の小さな夢基金」ふれあいの旅など、この他にもたくさんの活動を日本と中国において行うことができました。

 これも皆様のご支援・ご協力による賜物です。心より感謝申し上げます。

 活動報告のあとは、この一年、特に協会にご支援・ご協力いただいた6名の方への感謝状贈呈。乾杯のあとは、お食事やご歓談をしていただきながらの毎年恒例のブランニューダンスマーケットによるダンスとミニライブ。そして、参加者全員が雲南少数民族の踊り『チベット族の祝いの舞』を踊りました。そのほか、会員の王珊さんによる「ひょうたん笛」の演奏、お楽しみ抽選大会など盛りだくさんの内容で、参加者の皆様には楽しんでいただけたのではないかと思います。

忘年会3.JPG
この一年、特に協会にご支援・ご協力を頂いた方々に
感謝状を贈呈いたしました。

忘年会19.JPG
    『チベット族の祝いの舞』

忘年会21.JPG
ブランニューダンスマーケットによるヒップホップダンス

忘年会22.JPG
王珊さんによる“ひょうたん笛”の演奏

忘年会6.JPG

 今年のチャリティー忘年会でもたくさんの方々に抽選会の景品をご寄付いただき、また様々な面でご協力をいただきました。

 この場をお借りして、御礼申し上げます。
ありがとうございました。


来年のチャリティー忘年会は2015年12月19日(土)
会場は今年と同じビヤステーションです!
皆様、お忘れなく

【東京本部】

忘年会24.JPG
協会オリジナルのノートが完成いたしました!
トンパ文字をあしらったデザインと
子どもたちの笑顔が印刷されたものがあります
イベント等でご寄付頂いた方に贈呈いたします

理事長雲南出張のご報告 第1弾 [2014年10月20日(Mon)]
  10月13日から理事長が雲南出張中です。今回の出張の主な目的は、今年8月に地震の起きた昭通市魯甸の被災地視察と大学や政府機関等への「アジア未来への人材プロジェクト」説明、協力依頼です。

 2014年10月14日から16日にかけ、まずは雲南師範大学、雲南大学、雲南大学滇池学院、雲南民族大学の4つの大学を訪問し、大きな成果が得られました。

 理事長は各学校を訪問し、外国語学院の院長と会談、春蕾クラスでの日本語授業、日本文化理解研修、日本雲南大学生交流スタディツアー、大学生インターンシップなどの活動について理事長自らが説明をしました。滇池学院外国学院周院長は、「学生にとって良い実践の場です。今後は学院として、学生が参加しやすい環境づくりに努めたい」と述べ、早速提携の準備を進めています。雲南師範大学では今年結んだ「実習拠点」の契約書に新たにプロジェクトを追加することになりました。

 学校側にはこれまで行ってきた協会活動の成果に対する高い評価をいただくことができ、日中友好の架け橋となる若者を育てたいという協会と、学生のためとなる活動を広げたいという学校側の共通の目的を確認し、今後の活動に学校として積極的に協力、提携していくことで合意することができました。

 また、今回の会談を通して、雲南の大学は日本の大学との交換留学制度や日本語講師の研修制度などを特に期待していることがわかりました。そして、日本人と直接交流して相互理解できる活動を増やすことを要請されました。協会としても日本語を実践的に学べる機会を更に増やし、今ある活動をどんどんブラッシュアップさせていく必要性を感じました。

 いまや協会の活動は、雲南の大学生にとって無くてはならない存在になっています。協会の活動を通し、より多くの雲南と日本の学生たちが視野を広げ、互いの文化を理解し、将来は両国の架け橋になれるよう、協会は継続してプロジェクトを進めていきます。

被災地視察のご報告は第2弾にて!

001.jpg
雲南民族大学 右から:何先生、後藤先生、理事長、馬院長


002.jpg
雲南大学 右から:董書記、徐院長、理事長、中洲


003.jpg
滇池学院 右から:潭先生、周院長、理事長、中洲、高明先生


004.jpg
雲南師範大学  右から:張副院長、理事長、張先生


【雲南支部】
今年のチャリティーコンペも盛り上がりました! [2014年10月17日(Fri)]
10月11日(土)、山梨県の大月カントリークラブで毎年恒例の「雲南省少数民族貧困児童・教育支援チャリティーコンペ」が行われました。
10回目となる記念大会の参加者は94名!
気持ちの良い秋空の下、理事長の挨拶、ルール説明などが簡単に行われ、雲南美女との記念撮影後、コンペがスタートされました。
PA110017.jpg

青々としたきれいなコースでは皆さん、日ごろの練習の成果を思う存分、発揮されていたようです。
PA110027.jpg


チャリティーコンペ名物の魔の18番では、雲南美女が人参ドリンクを持って待ち構え、ここでも皆さんと一緒に記念撮影。
今年も多くの皆様に「ナイスオン」を外していただき、温かいご寄付をいただきました。
PA110003.jpg

懇親パーティーでは順位が発表され、会場から「おー!」という歓声とともに笑い声が聞こえました。
今回も全員の方にお好きな賞品を選んでいただきましたが、皆さん、プレー以上に真剣に賞品を選んでいました。

今回のチャリティーコンペでもたくさんの温かいご寄付をいただき、今年も新たに3名の高校生を支援できるようになりました。
皆さん、本当にありがとうございました!!!

来年のチャリティーコンペの日程も早々に決定!
2015年10月10日(土)です!!

来年もまた皆さんと大月カントリークラブでプレーできるのを楽しみにしています!
PA110018.jpg


【東京事務局】
江戸川区子ども未来館・世界の国をくらべるトラベル♪ [2014年08月15日(Fri)]
 7月26日、子どもたちにとって待ちに待った夏休みが始まった頃、江戸川区子ども未来館のイベント・世界の国をくらべるトラベル♪に初鹿野理事長と協会スタッフ・ボランティアが参加しましたハートたち(複数ハート)

 このイベントは世界の国のことを子どもたちに知ってもらうことを目的に、江戸川区子ども未来館が毎年夏休みに小学校3年生〜6年生を対象に開催しています。
 今年は中国、イギリス、日本がテーマだったので、協会は中国と雲南省について子どもたちに紹介してきましたるんるん
 もちろんスタッフ一同民族衣装着用です!!


P1020921.JPG
▲ボランティアスタッフ・平田さんが中国の歴史を熱く語る

 ブースではボランティアスタッフ滝澤さんからプーアル茶が子どもたちに配られました。
 「にがーい。。。」と顔をしかめる子も多かったですが、これも文化体験!


P1020945.JPG
▲初めて見るトンパ文字にみんな興味津々


P1020968.JPG
▲めずらしい民族衣装に「かわいい!」の声


 午後からは伝統音楽と舞踊の紹介のコーナー。当協会からはウイグル族のアリアさんがボランティアで参加してくれました!
 アリアさん、とっても美しかったですかわいい


P1020978.JPG
▲異国情緒ある音楽とやわらかな動き

P1020995.JPG
▲子どもたちも全員参加


 子どもたち、最初は恥ずかしがっていましたが(特に男子)、最後はみんな楽しく踊っていましたよ!

 最後に、江戸川区子ども未来館の図書館にトンパ文字の本を寄贈しました。
 今回のイベントをきっかけに異文化に興味をもち、いつか雲南省にも行ってみてほしいです
ぴかぴか(新しい)
4835232_n.jpg
▲トンパ文字の本、皆読んでね!

【東京事務局リボンあや】
GW・さいたま国際友好フェアに参加しました [2014年05月12日(Mon)]
GWに行われた、さいたまの国際友好フェアに当協会大宮支部が出展しました!
とてもいいお天気の中、楽しく活動できたようですかわいい
大宮支部からご報告が届きましたのでご覧下さい〜

-------------------------------------------------------------

去る5月3日(土)4日(日)さいたま市土呂、市民の森、見沼グリーンセンター
に於いて「国際友好フェア2014」が開かれました。
参加団体のブースは50余団体。ゴールデンウィークの真ん中。新緑の美しい公園は2日間ともに晴天に恵まれました。会場は子供連れのご家族、お友達同士やグループの来館者で賑わいました。


__ 1.JPG
▲ブース準備の様子。今回も色鮮やかな民族衣装で参加です。


雲南のブースでは、「子供たちの教育支援」「少数民族衣装の紹介」「雲南と日本との類似点や歴史的関係」等々を中心にご説明しました。

__ 2.JPG
▲多くの来場者と交流しました。


ボランテアの皆さんが頑張って頂けるように、昼食には茸ご飯を炊いてパック詰めにし、おかずにカブの漬物や新鮮なトマト等を持って行きました。2日間ともに夏日の暑さでしたが、皆さん喜んで食べてくれました。また、この暑さの中、ほとんど休息もなく皆さん頑張って戴きました。
今年は昨年よりボランテアも増え、明るい雰囲気の中で無事に、そして楽しい2日間を終えました。本当に皆さんご苦労様でした。ありがとうございました。

・今回「国際友好フェア」にご協力戴いた方々のお名前(敬称略)
川口邦夫、大泉国雄、市川由美子、高橋福子、白石誠、
青柳茂樹、佐藤正典、横山晋・高蓓ご夫妻、丸田智代、服部恵美子、
久継智弘、李峰、楊林梅、鳥羽清弘、寺内明子 

(東京事務局リボンあや)
夏休みに雲南へ行きたい日本大学生、募集開始! [2014年04月01日(Tue)]
みなさまこんにちは!東京事務局のYUですわーい(嬉しい顔)

さて、本日は4月1日、新しい年度が始まりましたね。
今年度最初となるブログ記事は、新しい事業のお知らせです。

2014年度から協会は
「アジア未来への人材プロジェク ト」の一環として
新たに日雲大学生の交流事業をスタートさせます。


study2014_omote.jpg

今年の夏、雲南省へのスタディツアーに参加したい日本
の大学生を、本日より4/30まで募集中です。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓  ↓
第一回日本雲南大学生交流スタディツアー
>>詳しくは協会HPをご覧くださ い!


●事業立ち上げの経緯について--------------------------
 日本雲南聯誼協会は、これまで 14年間に渡り、中国雲南省の少数民族地域へ教育支援を続けてきました。その活動は小学校の建設からはじ まり、少数民族女子高生への里親支援、そして近年は雲南の大学で日本語を学ぶ大学生を対象にした「アジア未来への人材プロジェクト」を展開し てきました。
 雲南現地では、協会の活動に賛同 する大学生が結成したボランティア組織「雲日国際大学生協力会」が協会の活動をささえています。

そして今回、
もっともっと日本の若者たちにも、協会の活動に参加していただき、
異文化の共存する雲南の魅力を知ってもらおう!

というわけで、このスタディツアーを企画・実施することになりました。

 このツアーでは、日本と雲南双方の大学生たちが共同でワークショップを行います。
 青年交流を通して相互理解を深め、豊かな国際感覚をもってアジアの未来に貢献しようとする若者を育成することを目的としていま す。


--------------------------------------------------------------

 もし皆様のまわりに、「アジアの未来に貢献したいぴかぴか(新しい)」と考える志の高い大学生の方がいましたら、ぜひ協会のスタディツアーをご紹介 ください!


【本スタディツアーの情報】
>>協会HPはこちら(応募シートダウンロード)
boshu2014.jpg


>>>facebookイベントペー ジはこちら


いつも日本雲南聯誼協会を応援してくださり、ありがとうございます。
今年度もどうぞよろしくお願い申し上げます!


(YU@東京事務局かわいい
明日明後日はワンワールドフェスタ!! [2014年01月31日(Fri)]
関西にお住まいの皆さ〜んexclamation

明日明後日は

ワン・ワールドフェスティバル2014

にJYFAが初出店しますよ〜exclamation

東京のグローバルフェスタと並んで、日本三大国際フェアと言われるワン・ワールド。
(残りのひとつはわかりません…わーい(嬉しい顔)

大阪の平松先生ご夫妻と滋賀の千々岩さんが中心となって、協会の初出展を盛り上げてくださいますグッド(上向き矢印)

色とりどりの民芸品や美味しいプーアル茶が手に入るのはもちろん、JYFAの教育支援活動や少数民族のこどもたちについて、色々知って頂くまたとない機会です手(チョキ)

会場は大阪国際交流センター、JYFAブースは2階43番ですexclamation


20140131.jpg

2月1日・2日10時〜17時 於大阪国際交流センター


大阪の皆さん、初めましてJYFAですexclamation
ご来場、お待ちしてま〜すわーい(嬉しい顔)


(事務局・Yぶた
| 次へ