CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 【東京本部】耳寄り情報 | Main | 【小さなカメラマン&壁新聞】»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

「25の小さな夢基金」第11期生卒業式 ふれあいの旅C [2019年08月01日(Thu)]
 73日は墨江に移動し、春雷第1期卒業生(2006年入学)の陳紹仙さん(ワ族)に会いに行きました車(セダン)
 彼女は出産を終えたばかりでまだ病院にて休養中。後日、かわいい赤ちゃんの写真が送られてきましたわーい(嬉しい顔)

DSC_9667.JPG


 母子ともに元気に退院できたそうですぴかぴか(新しい)
 これからすくすく元気に成長していくことを参加者一同心より願っています

ぴかぴか(新しい) ぴかぴか(新しい)
WeChat Image_20190730115430.jpg

ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


 翌4日(木)は昆明市政府と座談会を行い、雲南の基礎情報、教育、観光、友好都市との交流活動などについて詳しくお話していただきました。
 日雲のかけ橋として協会への大きな期待を感じました。

 昆明市政府の皆様、お忙しい中お時間を頂きありがとうございました。

WeChat Image_20190730115527.jpg

IMG_0727.JPG

IMG_0701.JPG


【東京本部】

「25の小さな夢基金」第11期生卒業式 ふれあいの旅B [2019年07月25日(Thu)]
 72日、昆明市からバスで6時間の場所に位置する紅河県に移動し、「50の小学校」プロジェクト支援第8校目 「日中友好紅河県他撤ハニ族僑心小学校」(2006年4月開校)を訪問しました。

※日中友好紅河県他撤ハニ族僑心小学校についてはこちら▼
http://www.jyfa.org/2_education/school/school_08/index.html


1.JPG


 同校の生徒は全員ハニ族で全校生徒は486名。参加者一行が到着するとシャイだけど明るい子供たちが笑顔で出迎えてくれましたわーい(嬉しい顔)

2.JPG


 協会が建設した施設は、13年経った現在でもパソコン室や音楽室として使われていました。学校完成時に飾られた石碑にはしっかりと協会の名前も残されていましたぴかぴか(新しい)

8.JPG
 
▲2年生と5年生の授業を授業参観


5年生は算数の授業中。少しだけ時間をもらい生徒たちに将来の夢を聞きました。

「算数の先生が大好きだから、先生になりたいexclamation
「お父さんが作る野菜が大好きだから、僕も美味しい野菜をつくる農家になりたいexclamation

 ちょっぴり恥ずかしそうに答える生徒たちでしたが、それぞれ素敵な夢を持っていました。

 その後、生徒たちの家を家庭訪問。生活状況などお話を伺うなど周辺環境についても理解を深めました。

 学校の先生方との座談会では今後どのように協会と学校の関係を強くし支援の形を展開していくのか具体的に話し合い、とても有意義な座談会となりましたビル

9.JPG

3.jpg
ボールやバドミントンのラケット・シャトルなどの
運動用具やピアニカなどの楽器を贈呈しました
5.JPG

 今回の小学校訪問では何年もの月日が流れ、子どもたちは少しずつ適切な環境で勉強することができるようになっていることを実感しました。また、先生方の「生徒達によりよい教育を」という高い志も見受けることができ、とても充実した学校訪問となりましたexclamation

10.JPG



【東京本部】


「25の小さな夢基金」第11期生卒業式 ふれあいの旅A [2019年07月18日(Thu)]
1.jpg 


 7月1日(月)はこの旅の一大イベント、当協会のプロジェクト「25の小さな夢基金」で支援している春蕾生の卒業式に参列しましたexclamation

 彼女たちは経済事情や伝統的な慣習などによって学校進学をあきらめなければならない中で、教育を受けることにを望んでいます。そんなバックグラウンドを持った彼女たちは少数民族の女の子たちを支援する制度を積極的に取り入れている「昆明市女子中学の春雷クラス」で勉強に臨むことができています。

2.JPG


 当協会は昆明市女子中学と協働し、2008年より支援を行ってきました。
改めて、ご支援を継続していただいているサポーターの皆様に感謝申し上げますぴかぴか(新しい)

 今年は第11期生合計91名が卒業を迎えました。
 彼女たちの卒業後の進路はそれぞれで、家族が待つ故郷に帰る生徒、大学や専門学校への進学のため市を離れる生徒など卒業後全員で集合するのが難しくなってしまいます。
 そんな彼女たちの卒業式は、各クラスで制作した彼女たちの高校生活をぎゅっと詰め込んだVTRで始まりました。
 みんなで過ごした思い出を振り返りながら共に笑い、懐かしみ、涙する生徒もいました。
 親元を離れ、沢山の不安を抱えながら入学した生徒たちはこの3年間でかけがえのない仲間と共に成長し、更なる成長に向け、一人ひとりが抱いた夢を実現させるために次のステップに踏み出します。
 彼女たちの顔つきを見ていると、下級生と比べやはりどこか大人になるんだという覚悟が感じられました。

4.JPG

3.JPG

5.JPG



 貴重な卒業式に参加した後は、彼女たちの成長を見守り支援してきたサポーターの皆様と、生徒たちが交流する時間もありました。
サポーターの皆様は生徒たちから「爷爷(おじいちゃん)」や「 哥哥(お兄さん)」と呼ばれ、親しまれていました。
 3年間の支援に感謝の気持ちを抱きながら、最近学校であった楽しかった話などを共有し、終始和やかな雰囲気での会となりました。

8.jpg

7.JPG

6.JPG


 また、今回参加できなかったサポーターの皆様から頂いたプレゼントを生徒たちに届けました。生徒たちはプレゼントを手にしてとても喜んでいる様子でした。

10.jpg

9.jpg

12.jpg

11.jpg



今回、高校を卒業し、多くの生徒が大学に進学します。
その後は公務員になる生徒や、先生になる生徒もいます。
この夢は少数民族の女の子たちにとって少し前まではただの夢でした。
しかし今、昆明女子中学で教育を受けたことで、夢に近づけた女の子たちがどれだけいるのかと考えると、本当に素敵なことだと感じました。

 そんな沢山の夢が詰め込まれた中での卒業式はとてもキラキラしたものとなりましたぴかぴか(新しい)

【東京本部】
「25の小さな夢基金」第11期生卒業式 ふれあいの旅@ [2019年07月11日(Thu)]
 2019年6月29日から7月5日まで、「ふれあいの旅〜夢基金生卒業式と故郷を訪ねる旅〜」に行ってきましたわーい(嬉しい顔)

今回の旅では、市内観光をはじめ
満月貧困少数民族女子高生をサポートする「25の小さな夢基金」支援の昆明市女子中学春雷クラス卒業式参列
満月50の小学校」プロジェクト支援校第8校目「日中友好紅河県他撒ハニ族僑心小学校」フォローアップ訪問、及び幼稚園視察
満月春雷卒業生出産祝い訪問
満月昆明市政府との対談
など盛りだくさんの内容となりましたexclamation

これから、4回にわたり今回の旅を振りかえっていきます手(チョキ)

バス日 程 バス
1日目 6/29(土) 羽田空港から広州を経由し、昆明に移動飛行機
2日目 6/30(日) 昆明市内観光(雲南省博物館等)目
3日目 7/1(月) 春蕾第11期生卒業式参列、終了後、支援生徒と懇親会ぴかぴか(新しい)
4日目 7/2(火) 第8校目 「日中友好紅河県他撤ハニ族僑心小学校」訪問・交流、幼稚園訪問、棚田見学くつ
5日目 7/3(水) 墨江へ移動、春雷卒業生出産祝いのため訪問わーい(嬉しい顔)
6日目 7/4(木) 昆明市呈貢にて昆明政府の方との座談会ビル
7日目 7/5(金) 昆明から東京に帰国。お疲れ様でした飛行機


6/29に始まったこの旅は日本から昆明までおよそ3600kmの大移動から始まりました。
 朝、羽田空港に集合し、参加者同士自己紹介を済ませ、早速、出国しました。
 日本から昆明までは直行便が無いため今回は広東省・広州にてトランジット。
 昆明に到着したのは夜7時過ぎで、先に昆明に到着していたメンバーと合流し、翌日からの活動に備え、食事を楽しみましたわーい(嬉しい顔)
 特に雲南名物の麺料理「過橋米線」には参加者一同大満足でしたわーい(嬉しい顔)

 翌6/30は雲南の中心・昆明市を観光。「雲南省博物館」では雲南省に関する歴史を学び知識を深めました。
 また、四季を感じることのできることで有名な「翠湖公園」を散策。今の時期はハスの花が咲き現地の方も多く訪れ、大変にぎやかでした。園内の広場には少数民族の衣裳を身にまとった人々が集まり思い思い踊っており、とても和やかで雲南らしい一面を見ることが出来ました。
 夜は雲南少数民族の踊りを披露するエンターテイメントレストラン「雲南人家」を訪れ、雲南を満喫した一日となりました。

1.JPG
▲いよいよ雲南へ向けて出発です飛行機
(羽田空港国際線ターミナル)
2.JPG
▲雲南省博物館
5.JPG
館内では雲南にお詳しい平田栄一さんと
雲南出身の季瑞穎さんの案内と解説で
たっぷりと雲南について見ました
6.JPG

7.jpg
昆明市内はあちらこちらで少数民族の
文化にふれることができます
8.jpg



【東京本部】

〜春雷生への贈り物〜 [2019年06月18日(Tue)]
 農村部の経済状況や、家庭で抱える問題、昔からの風習など様々な状況により、学校に通うことが困難な少数民族の女の子をサポートするプログラム「25の小さな夢基金」。

 彼女たちは昆明市女子中学の春雷班で多くの方々からサポートを得て日々授業を受けています。

 そんな春雷生に向けて今年もサポーターの皆様からの贈り物が東京本部事務局に沢山届いていますプレゼント
 多くのサポーターの皆様から届いた贈り物はノートや生徒たちの似顔絵など、一つ一つが愛情が込められており、毎年春雷生も待ちわびています。

 思いが込められた贈り物は、6月29日(土)から今年も開催される「ふれあいの旅」の参加者のみなさんと共に初鹿野恵蘭理事長が代表し春雷生に届けます飛行機

 沢山の方々の支援により、多くの少数民族の女の子が夢をかなえたいという思いを諦めなくて済み、存分に夢に向って勉強できる生活を送ることができています。

 ですが、まだまだ夢を諦めなければならない多くの女の子たちがいるのも実情で、支援を必要としています。

 今まで日本の大学生から中国の留学生、主婦の方、退職を迎えられた方など多様な方々にサポーターとして支援していただいています。

 本当にありがとうございますexclamation×2

25の小さな夢基金」についてご興味のある方は協会公式HPはご覧くださいexclamation
http://www.jyfa.org/2_education/edu_8.html

少しでも力になりたい、協会について更によく知りたい方はお気軽にお問い合わせください!

ご連絡お待ちしております電話

IMG_0309.JPG



【東京本部】
春蕾生からサポーターの皆さんへのお手紙を持ち帰りました [2019年01月23日(Wed)]
 今月11日から20日まで雲南に出張していた初鹿野惠蘭理事長らが「25の小さな夢基金」春蕾生からサポーターの皆さんへのお手紙を持ち帰りました。

頑張って日本語で書いたお手紙、かわいいイラスト付きのお手紙メール
彼女たちのサポーターの皆さんへの感謝の気持ちがこもったお手紙メール
サポーターの皆さんのお手元に届くまで、今しばらくお待ちくださいexclamation

50342221_2019129918177322_2965996649593176064_o.jpg

50688983_2019129868177327_1411284300225052672_o.jpg

50570750_2019130028177311_4220456296383512576_o.jpg

49745763_2019130061510641_9108646506826563584_o.jpg

50431441_2019129951510652_3148936490893967360_o.jpg



【東京本部】

「25の小さな夢基金」サポーターの皆さんからの贈り物とお手紙を届けました! [2019年01月17日(Thu)]
 雲南少数民族女子高生を113年間サポートし、彼女たちの「高校卒業」という夢を叶える「25の小さな夢基金」。サポーターの皆さんからの心のこもった贈り物とお手紙を雲南出張中の初鹿野惠蘭理事長らが昨夜、彼女たちに直接、届けましたメールプレゼントわーい(嬉しい顔)

49947584_2010999855656995_3409651966517706752_o.jpg

50408632_2011004278989886_5430207068789276672_o.jpg

49781678_2011001145656866_6793678560419643392_n.jpg

49948771_2011002248990089_8393545704856879104_o.jpg
サポーターの皆さんからの
心のこもった贈り物とお手紙
49384915_2011003352323312_179505993472802816_o.jpg

50431433_2011649338925380_3925305301988802560_o.jpg

49717404_2011649802258667_4409776865653293056_o.jpg
冬休み前の期末試験のため
毎晩、遅くまで勉強しています
50580399_2010998965657084_1899515038310334464_o.jpg


【東京本部】

春蕾生からサポーターの皆さんへのお手紙が東京本部に届きました [2018年01月26日(Fri)]
 少数民族女子高生を11で支援する「25の小さな夢基金」では年数回のお手紙のやりとりを通じて、心と心の交流を行っていますメールぴかぴか(新しい)

 東京本部に春蕾生からサポーターの皆さんへ春節のお手紙がとどきましたわーい(嬉しい顔)
 春蕾生の皆さんはお手紙にサポーターの皆さんへご支援の感謝の気持ちや故郷のこと、家族のこと、将来の夢などをつづっていまするんるんるんるんるんるん

 サポーターの皆さんには順次、お手紙をお送り致しますので、楽しみにお待ちください郵便局

2.JPG

4.JPG

1.JPG

3.JPG

5.JPG


【東京本部】
春蕾生への贈り物が届いています [2017年12月13日(Wed)]
 少数民族女子高生を113年間、サポートする「25の小さな夢基金」。今年もサポーターの皆さんから支援している春蕾生への贈り物が東京本部事務局に続々と届いていますプレゼントプレゼントプレゼント

 サポーターの皆さんの温かい心のこもった贈り物は来週水曜日から初鹿野惠蘭理事長が雲南に持って行き、春蕾生に渡しますダッシュ(走り出すさま)

 春蕾生は贈り物をとても楽しみにしているのではないでしょうかexclamation&question

IMG_3229.JPG
たくさんの贈り物が届いています

【東京本部】
第5回日雲高校生国際交流プログラム [2017年07月25日(Tue)]
 今年も昆明市女子中学春蕾生と上海日本人学校高等部生徒が交流する日雲高校生国際交流プログラムが行われましたexclamation
 雲南支部元特命支部長の平田栄一さんからレポートが届きました。 


 酷暑が続く7月19日、昆明市女子中学の春蕾生8名が教師2名に引率され、上海日本人学校高等部を訪問。今年で5回目を迎えた日雲高校生国際交流プログラムに参加しました。前日には協会法人会員のメディネットインターナショナル三木秀隆社長と王事務長の案内で日系医療施設の森茂診療所を訪問。先端医療設備の一端と予防医学の重要性、中国の病院との違いなどについて見聞を広めました。
 午前9時少し前、同校全生徒約120名が参加して開会式が始まり、宮川隆史校長は春蕾生の訪問を歓迎し、この交流が長く続くことを祈念すると挨拶しました。来賓の在上海日本国総領事館の高岡智子領事からは、総領事館もこの民間ベースの交流事業を高く評価し、さらなる発展を応援したいとお言葉をいただきました。
 式典終了後、高等部生徒による柔道、剣道、空手の模範演技と合唱が披露され、春蕾生は日本の武術、なかでも剣道の迫力に目を丸くしていました。春蕾生は学校で日頃行っている体操と少数民族の歌と踊りを披露。高等部生徒は色鮮やかな民族衣装と優雅な踊りにため息をついていました。
 午前10時、最初の交流プログラム「日本文化体験」開始。高等部生徒が各教室に日本のアニメ、浴衣の試着、日本の遊び、折り紙などを準備し、春蕾生は二人一組で順に教室を巡りそれぞれを体験。どの教室でも中国語が堪能な高等部生徒は中国語で、中国語が苦手な生徒は英語で、どちらも苦手な生徒は英語と中国語のチャンポンで、春蕾生も高等部生徒に劣らず中国と英語を駆使して、学校や出身地、好きな食べ物、好きなスポーツなどを質問し合い、積極的に相互理解を深めていました。 
 昼食は、春蕾生も高等部生徒の輪に加わり、日本式のお弁当を食べながら自由交流。携帯電話のアドレス交換もしたようです。午後は高等部2年生の数学の授業に参加し、日本の学校を体験。わずか1日の短い時間でしたが、随所で活発且つ和やかな交流が行われ、春蕾生の一人は「日本人高校生の礼儀正しさと優しさがいちばん印象に残った」と言っていました。
 今回の訪問の中で、日本人学校高等部から念願の昆明訪問について、具体的な希望日程が示され、協会ではこれを基に今後両校と協議を重ね、昆明市女子中学とともに歓迎準備を進めることになりました。
会員・雲南支部元特命支部長 平田栄一


1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg


会場 上海日本人学校高等部
主催 認定NPO法人日本雲南聯誼協会
協賛 メディネットインターナショナル株式会社、上海日本人学校、昆明市女子中学
ご協力 平田栄一
(以上、順不同・敬称略)

【東京本部】
| 次へ