CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«「25の小さな夢基金」2013年卒業式ふれあいの旅レポートA | Main | 「25の小さな夢基金」2013年卒業式ふれあいの旅レポートB»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

「夢は叶う」加藤丈夫さん講演記7 [2013年07月12日(Fri)]

これまで6回に渡ってご紹介してきた25の小さな夢基金「夢は叶う」講演会・加藤丈夫さんの講演も、今回で最終回です。

夢基金生は皆貧しい山村の出身で、入学の際の調査票にはほとんどの女の子が「知識で運命を変えたい」と書いていました。
彼女たちにとっては、山奥から省都昆明に出て勉強するだけでも夢のようなこと。でも世界はもっと広く、無限の可能性に溢れています。

これから先、彼女たちがもっと大きな夢を抱いて、希望に満ちた人生を送ることができますようにexclamation



>>>前回はこちら



titke.jpg



7.自分の信念を貫く


こうして謙一の生き方を見ると、父が成功したのは、人生のある時期から「自分はどうしてもこれを成し遂げたい」という強い希望を抱いたことであり、それが自分の得意とすることにピッタリ合っていたことだと思います。

自分の得意なことに合った仕事を「天職」と言いますが、実は天職を見つけるのはそれほど簡単なことではありません。

幼いころから「やりたい仕事」を見つけて、それで成功する人もいるし、いくつも仕事を変えてみてようやく天職にたどりつく人もいるし、中には一生かかっても天職を見つけないで終わってしまう人もいます。

私自身の経験を言うと、私は幼い頃は藤子不二雄と同じように手塚治虫のような漫画家になりたいと思っていました。中学生のころは新聞記者になりたいと思っていたし、
大学に進んでからは学者になりたいと考えました。

最後は会社に入って経営者になりましたが、いまでは(もう変えようもありませんが)それが天職だったと思っています。

ただ、私のように年をとるにつれて考えが変るのは誰にでもあることで、むしろ幼いころから一つの道を決めて進む人は例外かもしれません。

私自身の経験から言えることは、自分が何をするかをあまり早く決めないで、周りの人たちの意見をできるだけ多く聞いて、その中から進む道を決めた方が良いと言うこと。

そして、ある時期に“これ”と決めたらすぐに投げ出さないで、時間をかけてそれに取り組んでみることだと思います。

いまお話した加藤謙一も「子どものために尽くしたい」という気持ちは変わらなかったけれど、それを実現するために学校の先生から雑誌の編集者になりました。

手塚治虫も医者になりたいと思っていたのに、まったく違う漫画家になりましたが、
この二人に共通していたには、悩んだあげくに「やろう」と決めたことを徹底してやり抜く強い気持ちだと思います。

今日は「夢は叶う」というテーマでお話しましたが、夢を叶えるにはまず「大きな夢を持つこと」が大切です。これから皆さんが大きな夢を持って、それに向かって元気に突き進んでいくことを期待しています。

≪終わり≫


CIMG3117.JPG

加藤丈夫さん略歴 東京大学法学部卒業。富士電機株式会社に入社し、企画部長、人事勤労部長を務める。1989年に取締役就任後、取締役副社長、取締役会長を歴任。企業経営に携わるかたわら、企業年金連合会理事長、社団法人日本経済団体連合会労使関係委員会委員長、中央労働委員会使用者委員、学校法人開成学園理事長兼学園長などの要職も歴任した。

コメントする
コメント