CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«長崎の夜は紅い色に染まった | Main | ボランティアミーティング@滇池学院»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

東日本大震災から2年 [2013年03月11日(Mon)]

みなさまこんにちは。

2011年3月11日、今の私たちと同じように間もなく迎える春を心待ちにしていた
日本中を悲しみと混乱に陥れた東日本大震災から、今日で丸2年が経ちました。

この2年間、「立ち上がろう」という被災地の方々の強い思いや
仕事そっちのけで現地へ何度も足を運びボランティア活動を続けてこられた方々・・・
その力がひとつになり、少しずつ復興に向かっているのかな、と思いたい一方
まだまだ解決しない問題に苦しんでいる方も多くいらっしゃいます。

私たち日本雲南聯誼協会も、元を辿ればその始まりは大理で起きた大地震。
今回の震災に対して「私たちに何かできることはないか」と模索してきました。
会員の皆さまのお気持ちは、雲南の子どもたちだけではなく被災地の子どもたちにも向けられその結果協会では「東日本大震災支援交流プロジェクト」を立ち上げ、継続して参りました。

これまでに4回被災地の小学校を訪れ雲南の子どもたちの「日本加油!(頑張れ日本!)」の気持ちを届けて参りました。

雲南の子どもたちが被災地の子どもの為に書いてくれたお手紙はこちら⇒

この活動は、たとえ2年という時間がたっても完結するものではありません。
これからも微力ながら雲南の子どもたちと、被災地で懸命に頑張る子どもたちの
交流の機会を作り続けてまいりたいと考えております。
雲南の子どもたちとの交流を通して、子どもたちに顔にほんものの笑顔が溢れるように・・・
皆さまのお力をお借りしながら、その力になれるよう活動を続けて参ります
コメントする
コメント