CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«速報!「50の小学校プロジェクト」第23校目が完成! | Main | 昆明のクリスマス»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

私の故郷13-連なる山に囲まれた美しい町〜保山市騰衝県 [2012年12月19日(Wed)]

今年一番の寒さが到来した日本列島雪
事務局のある東京都内も、昨日までとは比較にならない寒さですふらふら
皆様、体調を崩されていませんかexclamation&question
協会のチャリティ忘年会もいよいよ今週末に迫りましたかわいい
たくさんのボランティアさんや会員様のご協力のもと、
寒さに負けず盛り上がりたいと思いますぴかぴか(新しい)目

さて、今日は「私の故郷」第13弾、保山市騰衝県のご紹介です。
「25の小さな夢基金」でサポートしている昆明女子中学校・春蕾クラス在学中の
蔡文嬋
さんが美しい故郷を想い、書いてくれました。






私は保山市騰衝県猴橋鎮の辺鄙で小さな村の出身です。
四方は延々と起伏が続き、連綿と連なる山に囲まれていますぴかぴか(新しい)

故郷は辺鄙なところにあり都会に比べれば繁栄こそしていませんが、
故郷で育った私は、そこに深い思い入れがあります。
私は故郷の、鳥がさえずり花香る春の景色や緑したたる山、水の清らかな景色が大好きです。
また、このような景色は都会にはないものだと思いますexclamation×2
故郷は山々に囲まれているので、毎日早起きして窓を開け、
新鮮な空気を吸って、遠くの林を見ていると、とりわけ楽しい気分になってきますぴかぴか(新しい)

保山菜の花.jpg


故郷には琅玡山という有名な山があります。
冬になると雪が降り積もり、その様子は壮観です雪
ここには毎年、多くの旅行客が遊びにやってきたり、参拝しにきます。
また、この村の人は客をもてなすのがとても好きで、旅行客を家に呼び、
美味しい料理で歓迎しますかわいい

保山3.jpg


毎年、秋は農民たちにとって最も嬉しい季節です。
それは、収穫の季節だからです手(チョキ)
道の両側には大きな田野が広がっていますが、この季節は黄金色の稲穂がもう実っている頃で、
稲田では人々がかいがいしく収穫をしています。
天気が暑かろうが、とにかく皆、稲の刈り入れをします。
でも、人々は笑顔を絶やすことはありませんわーい(嬉しい顔)

この数年、故郷に少し変化がありました。
以前はぬかるんで、でこぼこだった小道が、
今では平坦なコンクリートの道になりました晴れ
また、村には新たな教室棟が、これまでの使い古された小さな教室棟に変わって建設されました。
これには皆、とても喜びましたぴかぴか(新しい)

これが私の故郷です。そして、私はそこで生活している一人の平凡な女の子です。


ブログ用image003.jpg
蔡文嬋さん

文:蔡文嬋(夢基金第6期生)
【翻訳:森田さくら(ボランティア)】


かわいいかわいい
「私の故郷」は、協会の[25の小さな夢基金」にご協力下さる会員様がサポートする昆明女子中学校・春蕾クラスで学ぶ生徒たちが、自身の言葉で綴った遠く離れた故郷についてのエッセイです。
協会では、生徒たちのエッセイを日本語に翻訳して下さる日本語ネイティブのボランティアさんを募集中です。
ご協力頂ける方は事務局・蔦(tsuta@jyfa.org)までご連絡ください。
かわいいかわいい

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


「私の故郷」バックナンバー

第12回 魅力ある県「剣川」―李金萍(ペー族)
第11回 雲南のプイの郷―劉星蓮(プイ族)
第10回 泥んこ文化―尹悦(漢族)
第09回 雲南の風情―和約花(ヌー族)
第08回 美しき滬西―楊噤i漢族)
第07回 桃源郷―莽徳芬(ペー族)
第06回 隠れた名所!東川―彭安麗(漢族)
第05回 黄金色のふるさと―王丹丹(プイ族)
第04回 世界を愛するために―雷木門(チンポー族)
第03回 多種多彩!故郷の民族―雷会蘭(タイ族)
第02回 自己紹介―賀金菊(リス族)
第01回 棚田の故郷―呉仙(ハニ族)


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


コメントする
コメント
大アさん、コメントを頂きありがとうございました。
自然豊かな故郷と愛に溢れた家族に育まれた蔡文嬋さん、大アさんからの優しさを受けてますます素敵に成長してゆくことと思います。これからも応援よろしくお願い致します。
Posted by: JYFA  at 2013年05月31日(Fri) 11:20

蔡文嬋さんの故郷の様子を知りました。自然豊かな落ちついたところですね。蔡さんは私の支援している生徒さんですが、今年の同窓会で初めて会うことができました。その折、その穏やかな笑顔に接しましたが、故郷の自然豊かな環境と仲睦まじいご家族の中で育まれてきたのですね。傈僳族出身と伺っています。写真と蔡さんの紹介文を読んで、ぜひ蔡さんの故郷を訪ねたいと思いました。春の稲を植えた時期か、秋の収穫期が素晴らしいでしょうね。蔡文嬋さん、豊かな自然と家族の愛情に育まれた自分を大切にし、ぜひぜひ大きく羽ばたいていってください。応援します。また、ぜひ日本にもやってきてください。私の住む旭川は日本での公式最低気温−41度を記録した町です。白銀の世界も経験してください。卒業式でまた会いましょう。
Posted by: 大ア功雄  at 2012年12月19日(Wed) 18:52