CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«大活躍の門真なみはや高校! | Main | 明日明後日はさいたま「国際友好フェア」!»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

雲南支部に日本人着任!開始早々苦戦の日々 [2012年04月25日(Wed)]
今月半ばに無事、雲南支部へ着任しました、K.Nこと中洲ですexclamation

4月16日から本格的に業務をスタートさせ、早2週間が過ぎようとしています。
昆明の気候は過ごしやすいですが、地下鉄や高速道路建設ラッシュで道が悪く、埃がものすごい量です。既に鼻と喉をやられました。

着任最初の仕事は、次回会報記事の作成。私が担当することになったのは、とっておきの写真をご紹介する『レンズの中の世界』です。

東京本部のYさんから「面白い写真を」とプレッシャーをかけられ、まず出かけたのは家電量販店。IHクッキングヒーターを買いに行ったのですが、店員さんから鍋と炊飯器、フライパンも付けると、大量のおまけの説明を受けました。驚愕のおまけに写真を一枚。

DSC01038_1.jpg

早速Yさんに送ったのですが、
「わかりにくいし、面白くない。しかも写真が悪い」バッサリがく〜(落胆した顔)
それならば、と思い次に向かったのはシーサンパンナ料理のお店。火も油も使わず、混ぜるだけの完全自然食料理です。

DSC01028_1.jpg

先日、少ない地元の友人に連れて行ってもらったのですが、その時の写真がいまいち良く撮れていなかったため、仕事帰りに再訪することにしました。
すると、前回のおじさん料理人ではなくおばさんが一人で営んでいました。つたない中国語で、わかったのかわかってもらえていないのか写真を撮りたいと話すと、「絶対ダメ!」と断られました。なぜダメなのか全く聞き取れず、また来ると告げ店を後に。
まだまだ発展途上の中国語に落ち込む。ふらふら

2日後、お昼なら前回のおじさんがおり理解してもらえるだろうと再訪。おじさんとおばさん2人で営業していました。今度は以前の会報も持参し、ここに掲載したいと撮影を嘆願。しかし、おばさんは頑なに「ダメ!」と言う。おじさんも「おばさんがダメだと言うならどうしようもない」と弱腰。こちらも2度目なので簡単には引き下がらずに粘る。
理由を聞くと、「今はまだ店が完成しておらず、内装がきれいじゃない。完成するのは3か月後くらい」ということが聞き取れました(なんとなく)。この何にもないかんじが面白いのに。とは思ったけれど、おばさんも怖いし、おじさんは頼りにならないし、結局断念して帰ることにしました。

いつか中国人と対等に言い合える日は来るのでしょうか。

苦戦を強いられた最初のお仕事。結局どんな写真を撮ったのか、結末は次回会報の写真をご覧ください!(次回じゃないかも)

(K・Nバー
コメントする
コメント