CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«2月11日 雲南フリーマーケット開催@品川 | Main | 春節祭訪問記2012その1»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

「夢は叶う」池田弘一さん講演記14 [2012年02月03日(Fri)]

こんにちは!
今日は節分ですね猫
これまで節分と言えば「豆まき」でしたが、最近では「恵方巻」が新たに加わり、今日もあちこちで売られているのを目にしました笑顔
今年の無病息災を願って恵方に向かって無言で食べ切らなければならないこの恵方巻き。今年の方角は「北北西」だそうですよびっくり


さて、今回は、昨年9月に「25の小さな夢基金」支援校である昆明女子中学校で行われた夢は叶う講演会第14回目をお届けします!

これまでの講演内容はこちらからどうぞびっくり






第14回 「夢に日付を打とう」「アサヒは西から昇る」


ここで、「夢に日付を」というお話をしたいと思います。

スーパードライでアサヒは復活したわけですが、まだまだ当時No.1のキリンビールには追いつけず、2番手でした。その後、新しい社長が「もう一度一番になりたい」と強い目標を打ち出し、全員で「夢に日付を打とう」を合言葉に、ビールNo.1への挑戦が始まったのです。

その頃、私は広島の支社長から九州・中国・四国を含む大きなエリアの責任者になりました。九州は自分の生まれ育ったところで、入社直後13年も過ごしたということもあって、強い愛着がありました。そのため、何とか全国に先駆けて一番になりたい、シェアトップになりたいと強く思い、社員たちにも訴えました。

当時、私が社員に向かって言ったのは「アサヒは西から昇る」という言葉です。これはある新聞に大きく取り上げられ、私たちのスローガンになりました

当時の社長も支援してくれました。アサヒは2001年に全国No.1になることができるのですが、社員やお得意先、卸の皆様が一致協力したことで、わたしたちはそれに先駆けて、1999年に地域No.1となることができたのです。

こうして、みんなが強く思ったことをうまくまとめれば必ず実現できるということを、自分の担当エリアの中で学ぶことができました。翌々年には、アサヒビール全体としても経験することができたわけですが、これは私の人生において本当に大きな出来事でした。まさしく当時の社長が言った「夢に日付を」ということが実現できたのであり、アサヒビールの夢は本当に叶ったのです。その当時は、大変な感激に浸ったものでした。




≪続く…≫




池田弘一さん略歴
アサヒグループホールディングス(株)相談役。1940年、福岡県生まれ。九州大学を卒業後アサヒビールに入社、九州・中国・関東などの営業に従事。1978年より千葉県酒販(株)出向、飲料営業部営業課長を経て1987年本社営業部部長。その後、各支店長・支社長を歴任し、1997年常務取締役、2002年に代表取締役社長となる。その後4年間会長を勤め、2010年3月より現職。


コメントする
コメント