CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«写真展「笑顔を君に」in福岡 無事終了! | Main | 協会会員出演情報!»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

「夢は叶う」池田弘一さん講演記9&10 [2011年12月22日(Thu)]
皆さんこんにちは笑い
年内最後の協会行事・チャリティー忘年会も無事終わり、いよいよ2011年も残りあとわずかとなりましたキラキラ
池田さんの「夢は叶う」講演も、今回が今年最後の更新。
明日23日は祝日のため、1日繰り上げての更新です走る
次回更新予定の1月13日まで日が開きますので、2回分をお届けいたしますラブ

いよいよ、皆さんもよくご存知の「スーパードライ」の登場ですよダッシュ






第9回 東京支店 営業時代、飲料出向時代


この卸会社に都合3年間勤めた後、1981年に私はアサヒビールに戻りました。それから4年間、東京支店で課長として営業を担当しました。

先程お話したとおり、当時のアサヒビールは業績が悪い流れに入っていました。特に、私が担当した東京のエリアはシェアの低いところで、日々苦労の連続でした。

全国的にも不振に陥っていたアサヒビールは、なんとか挽回を図るべく、色々な商品の開発や色々な社内教育などを行いましたが、なかなか思うように行きません。当時の社長は、後に「ナイアガラの滝のようにシェアが落ちていった」と著書で振り返っています。

そのような中で、私は1984年に初めてビールの仕事を外れ、飲料営業部というところに配属になりました。長年ビールの営業に携わっていたので、当時は未経験部門への配属に不満を持ったものですが、この飲料での3年間の仕事も、私にとって大事なキャリアとなったのです。

当時のアサヒビールはビールが非常に不振でしたが、飲料では「三ツ矢サイダー」という強いブランドを持っていました。この三ツ矢サイダーを拡販して飲料全体の業績を上げ、その利益でビールの挽回を図ろうということで、飲料部門には積極的な営業政策が求められていました。ちなみに、三ツ矢サイダーは現在も日本でNo.1の炭酸飲料ブランドです。

こういった事情により、色々な新しい取り組みを飲料部門で行うことができました。また、当時の飲料部門の責任者が素晴らしい上司で、私のその後の会社生活での目標・模範となりました。私はその人との交流を通し、様々な考え方、幅広い物の見方を学んだのです。






第10回 苦境はチャンスのスタートライン
−アサヒスーパードライ発売


私が飲料にいた3年の間、アサヒビールは創業100年を迎える1989年を節目に新たに生まれ変わろうと、ビールの再生計画を練っていました。

1986年に私たちは「アサヒ生ビール」という新商品を発売、それがそこそこお客様の信頼を得て、シェアが12%に回復しました。翌1987年には、「アサヒスーパードライ」という、今日まで日本No.1の売り上げを誇る素晴らしい商品を開発、それからアサヒビール奇跡の復活劇が始まりました。

私たちが非常に低迷しているとき、色々なマスコミは、「崖っぷちに立たされたアサヒビール」という表現を使ったものですが、当時社内にいた私たちは、崖っぷちどころか、既に踵は崖のそとに出ていて、前に進む他に道はない、という状況におかれていたのではないかと思います。

そんな大変苦しい時代にあって、社員ひとりひとりが何とかしなければ大変なことになると、強い危機感を持っていました。1989年の100周年を少しでも素晴らしい会社として迎えるために、新たな計画で新たなビールを創り出そうということがこのような商品開発につながったのですが、今にして考えれば、「自分たちのビールはやはりお客様に受け入れられていないのではないか」という当たり前のことを謙虚に反省し、もう一度お客様の求めている理想のビールについて考えなおそうと、東京と大阪で消費者調査を始めたことが契機でした。


≪続く…≫




池田弘一さん略歴
アサヒグループホールディングス(株)相談役。1940年、福岡県生まれ。九州大学を卒業後アサヒビールに入社、九州・中国・関東などの営業に従事。1978年より千葉県酒販(株)出向、飲料営業部営業課長を経て1987年本社営業部部長。その後、各支店長・支社長を歴任し、1997年常務取締役、2002年に代表取締役社長となる。その後4年間会長を勤め、2010年3月より現職。


コメントする
コメント