CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«福岡写真展開催中!明日NHKで放映されます! | Main | 写真展「笑顔を君に」in福岡 無事終了!»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

「夢は叶う」池田弘一さん講演記8 [2011年12月16日(Fri)]


第8回 卸への出向 〜経験が人を成長させる〜


そのような環境の中で、私は物事が順調に進んでいるときの人間の劇的な成長というものを目の当たりにすることができました。アサヒビールに残っていたならば、決してできなかっただろう素晴らしい経験を、出向することで得たのです。

例えば、毎月本社から予算100を達成しろといわれるとしたなら、私は支店長としてそれを6人の営業マンに割り振るわけですが、実際営業マンが引き受けられるのは、100のうち80〜90というのが普通です。これはおそらくアサヒビールに限らず、他の会社でも同じだったと思います。

ところが、新たな国際空港の開港により成田エリアは非常に活気づき、予算100のところを110〜115という実績が出るようになりました。その結果、皆が前向きな発想をするようになって、本社が要求した予算が100のところを皆で110という目標を立てるようになり、更にその目標も突破するというような勢いがついて、結果2年間足らずで売り上げ倍増という実績につながったのです。

6人の営業マンは、色々と考え方も前向きになり、新しい商品、新しい得意先、新しいアイデアが次から次に湧いて出てくるようになりました。思わず「それが半年前の君か!」と言ってしまうほどの、人間の大きな成長を共に経験することができたのです。

その後、6人の仲間はそれぞれ大変優秀な人材となり、後に社長も出ました。全員役員になり、重要なポジションで仕事をすることになりました。その人たちとは、いまだに大変親しく付き合っています。

もしあのとき、「左遷」に気を悪くして出向を拒んでいたら、このような経験はできませんでした。たとえ自分の思い通りではなくても、与えられた仕事を前向きに、積極的にすることで、大きなチャンスが得られるということ、また、人間がそういう環境におかれると、大いに成長するということを、身をもって学びました。


≪続く…≫






池田弘一さん略歴
アサヒグループホールディングス(株)相談役。1940年、福岡県生まれ。九州大学を卒業後アサヒビールに入社、九州・中国・関東などの営業に従事。1978年より千葉県酒販(株)出向、飲料営業部営業課長を経て1987年本社営業部部長。その後、各支店長・支社長を歴任し、1997年常務取締役、2002年に代表取締役社長となる。その後4年間会長を勤め、2010年3月より現職。


コメントする
コメント