CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«春節の年賀状が届きました! | Main | よりよい市民活動を目指して‐NPO議連集会に参加!»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

私の故郷08-美しき瀘西 [2011年02月07日(Mon)]

みなさま、あけましておめでとうございます!!

新年快乐!!

日本ではちょうど節分でしたが、2月3日は中国の旧正月でした。
今ごろ雲南の子どもたちも、楽しい休暇を過ごしていることでしょう。
子どもたちをはじめ、みなさまが素晴らしい1年を過ごせますようにぴかぴか(新しい)

さて、今回も「25の小さな夢基金」春蕾クラスの女の子たち小顔が、
自分の故郷を紹介する連載「私の故郷」をお届けします。

第8回目は、紅河州ハニ族イ族自治州瀘西県出身の楊嘯ウんです目がハート





その8「美しき瀘西」



遠く離れた所にいても心は故郷を離れることなく、その美しさを相変わらず誇らしく思っています。故郷の家を離れて、ようやく

「露従今夜白 月是故郷明」
(露は今夜より白く、月はこれ故郷のが明るし)

という杜甫の詩の心情がわかりました。空にかかる満月、その周りで輝く満天の星、あちこちから聞こえてくるセミやカエルの鳴き声。静かで穏やかな気持ちになります。

瀘西県は経済的には発展してはいませんが、そこではみんな楽しく暮らしています。お祭りの日になると村々ではみんな仕事の手を止め、集まって楽しく過ごします。裕福ではないけれど、厚い人情を感じてとても温かな気持ちになります。
水には本来味はないけれど、心の持ち様で味があるように思うのでしょう。故郷の渓流の水は甘いです。

「小橋渓水人家」
(小さな橋の下を流れる渓流の傍には民家)

という情景は、多分私の故郷のために作られたのでしょう!魚たちが水中でたわむれ、水草がそよぎ、子供たちが川辺で遊び、トンボが水の上を飛んでいる…心温まる情景が目に浮かび、深い愛情が心から湧き起こります。

故郷は高原梨が有名です。農民たちは一年の間、除虫や除草、剪定など辛く大変な作業を行います。梨が木の枝いっぱいに実ったときは、みんな自然と楽しい気持ちになります。収穫期には、道ばたの露店に大きく果汁たっぷりで歯ごたえのよい梨が並び、包装済みの梨を目いっぱい積んだ車が道ばたにあふれ、みんなの嬉しそうな笑顔がこぼれています。評判の高原梨を味わおうとやってくる人もたくさんいて、車が道を忙しそうに行き来し、とてもにぎやかです。

ほおずきの実がなると素敵な事がやってきます。お役所から村に種が配られるので、村の畑はほおずきの実で埋まり、一面真っ赤に染まります。その中で写真を撮れば、永遠に心に残る思い出になります。工業上の原料に使われる作物だけれども、観光面でも価値があるのだから、一挙両得でしょう?




美しい瀘西・阿廬古洞の眺め


雲南で一番の洞窟――瀘西・阿廬古洞もあります。千年もの間にわたって作られた鍾乳洞で、中には不思議な形をした立派な岩がたくさんあり、明かりに照らし出された眺めはとても素晴らしいです。舟を漕いで遊覧するのもまた、とても風情があります。洞窟の外にはハス池があって、夏になるとハスの花が咲き、時々そよ風に揺られてその綺麗な首を外に向ける様子は、あでやかで美しいことこの上ありません。

私の故郷を知りたいと思ったら、ぜひ瀘西に来てください。一緒に故郷の脈拍を感じ、無限の美しさを伸びやかな歌声に変え、空いっぱいに歌声を響かせましょう。好奇心を抱いて訪れた後には、満たされた気持ちでお帰りいただけますよ!











文:楊噤i夢基金第3期生)
【翻訳:林秀子(ボランティア)】



★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


「私の故郷」バックナンバー

第07回 桃源郷―莽徳芬(ペー族)
第06回 隠れた名所!東川―彭安麗(漢族)
第05回 黄金色のふるさと―王丹丹(プイ族)
第04回 世界を愛するために―雷木門(チンポー族)
第03回 多種多彩!故郷の民族―雷会蘭(タイ族)
第02回 自己紹介―賀金菊(リス族)
第01回 棚田の故郷―呉仙(ハニ族)


★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
コメントする
コメント