CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«夢は叶う―新井会長講演記G | Main | 夢は叶う―新井会長講演記H»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2019年06月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

5回目の現地派遣活動終了! [2010年09月27日(Mon)]

皆さんこんにちはびっくりいかがお過ごしですかはてな
東京事務局のYは100万回の手洗いプロジェクトのモニタリングのため、
25日まで雲南省におりました山

今回のモニタリングでは、プロジェクト対象の小学校を
ひとつひとつ訪問して参りました学校
今年2月に研修を受けた先生たちは、学校に戻って衛生授業をやってくれているはず音符果たして子どもたちの反応はどうだったのでしょう。そしてプロジェクトで設置した施設は有効利用されているのでしょうかはてなはてな以下、ご報告ですびっくり



★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


9月17日、私と雲南支部のLさんは紅河ハニ族イ族自治州建水県岔科鎮の白雲小学校を訪れました。
白雲へは、まず昆明から長距離バス自動車で3時間の建水に行き、そこから岔科行きの小さなバス自動車に乗り換えます。赤土の道をひたすら行くこと1時間、バス停の看板も見当たらないような三叉路で車を降り待っていると、白雲小学校の李国文校長先生が車で迎えに来てくれました笑い
車で10分ほど行けば、そこはもう人口100人ほどの小さな白雲村です音符
村の中心には、協会の支援で建てられた真っ白な小学校の校舎学校が、ひと際輝いて見えましたキラキラ




モニタリングは校長先生のインタビューから始まりました。
校長先生によれば、研修帰りの先生の授業は子どもたちにドキドキ小大好評ドキドキ小で、子どもたちの衛生意識も大きく変わったといいます笑い
プロジェクトで設置した太陽熱温水システムとシャワー室の使用も順調で、1日25人の子どもがシャワーを浴びられるようになりました温泉
手洗いの習慣も少しずつ身についていて、今ではほとんどの子どもが、食事前に手を洗うようになったそうです拍手





子どもたちはわんぱくで手洗い場の蛇口をよく壊し、
先生はもう30回以上も修理をしているそう困った
金曜日で授業が早く終わってしまったため子どもたちには会えませんでしたが、それでも何かが変わりつつあることを実感させてくれる、有意義な視察でしたラブ



★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


9月20日月曜日、プロジェクトのドナーであるJICAの視察団と合流し、今度は怒江リス族自治州の福貢県に向かいました。怒江には協会支援校籐誼小学校を始めとする、プロジェクト対象校4校があります学校キラキラ
まずは昆明から飛行機飛行機で保山まで飛び、そこから福貢までは車でなんと6時間の道のりダッシュ
視察は3日かがりで行われました月




午後8時前にようやく福貢に到着し、翌日早朝から視察開始です太陽
教育局を表敬訪問した後、その足で最初の訪問先・籐誼小学校へ向かいました足跡
籐誼小学校にはシャワー室・太陽熱温水システムの他、雲南省の学校初となるバイオガス設備を設置していますラブ
バイオガス設備はヒト走るを含めた動物馬ブタの糞尿うんちや有機物を発酵させてメタンガスを産出しますが、籐誼小学校では地下のタンクにたまったガスを炊事料理の熱エネルギーとして使っている他、ガスで電気を起こすための発電機を導入しました炎
この発電機によって、シャワー室と教室の電灯を灯すことかできるのです電球




校長先生との会談を終えると丁度お昼休みおにぎり
子どもたちが元気な笑顔を見せてくれました笑い

午後に訪ねたのは地域を束ねる遠福中心小学校と匹河中心小学校学校
プロジェクトが昨年8月と今年2月に昆明行った衛生授業研修には、2つの学校からのべ20人の先生が参加してくださいましたメモ

研修後、学校に戻った先生が行なった衛生授業はやはり子どもたちに大人気で、ほとんどの児童が自主的に手を洗うようになったといいますOKキラキラ
学校のあちこちに、プロジェクトが提案し実際に子どもたちが作った「君に石けんを」のポスターが貼られていましたまる

いずれの学校でも、少しずつ変化は起きているようラブ
この小さな一歩が、やがて大きな歩みになるまで皆さんと見守っていきましょうびっくり






★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


今回の視察は時間の制限もあって少々駆け足になってしまいましたが、11月の最終モニタリングでは、薄田プロジェクトマネージャー自らが再び現地へ赴き、じっくりと検証を行う予定ですラブ
1年8ヶ月のこのプロジェクトも、いよいよひとまずの終わりが近づいてきました。
プロジェクトには期限がありますが、手洗いには期限はありませんキラキラ
この先も子どもたちがずーっと元気に学校生活を送ることができるよう、引き続き現地の先生たちと一緒に試行錯誤していきたいと思います笑顔


(東京本部Yブタ
コメントする
コメント
松野先生ご無沙汰しております笑い
フォローアップ研修では大変お世話になりましたまる

先月25日に薄田PMが最後の視察から戻り、
JICA草の根技術協力事業としての
手洗いプロジェクトはいよいよ完了を迎えます。
プロジェクトを通した先生や子どもたちの変化について、
ご報告できるのももう間もなくだと思いますので、
楽しみにお待ちくださいねハート

子どもたちが作った「君に石鹸を」のポスターを見た時は
私も感動しました悲しい

遅まきながらホームページの報告コーナーも作ったので
合わせてごらんくださいませラブ

草の根技術協力事業ではなくなっても、
プロジェクトはまだまだ続きますよダッシュ
Posted by: Y  at 2010年12月02日(Thu) 16:16

こんにちは。松野@昆明です。
報告レポート、興味深く読みました。

特に、昆明での研修で、
小学校の先生たちが一生懸命描いていた
ポスターに再会できて、懐かしかったです。

「手洗いに期限はない」
ほんとですね。
Posted by: 松野  at 2010年11月28日(Sun) 16:06