CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«夢は叶う―新井会長講演記D | Main | 夢は叶う―新井会長講演記F»
『NPO法人 日本雲南聯誼協会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

<< 2019年08月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
Comment
Category
月別アーカイブ
Link

夢は叶う―新井会長講演記E [2010年09月08日(Wed)]
 皆様こんにちは!水曜に久々雨!と思いきや台風でした。少しは涼しくなったでしょうか
毎週金曜日に更新してお届けしております、新井さん「25の小さな夢基金」昆明女子高校での講演連載、第6回目です。笑顔 引き続きお楽しみ下さい♪ウサギ








第6回 

 将来の職業として新聞記者を志望したきっかけは、大学3年のときのゼミ活動です。経済学を専攻、ゼミナールは労働組合論でした。その一環で、当時、日本の底辺の労働者といわれた日雇い労務者の実態を調べたことがきっかけです。日雇い労務者というのは道路つくりなどの現場で働く、日給の労働者で、サラリーマンのような月給をもらう労働者ではありません。朝早起きして広場で仕事の口がかかるのを待つ。声がかからないとドヤといわれる簡易宿舎で1日中、寝て暮らす。声がかかれば、業者が差し向けた大型トラックの荷台に乗って現場に行く。私たち学生もこのドヤで彼らと一緒に1ヶ月同居して、何回かは工事現場で働きました。

 その体験をもとにレポートを書くのです。これは強烈な経験でした。経済学の教科書には全く載っていない経済実態でした。日雇い労務者はほとんどが地方から東京などの都会に働きに出てきたひとです。現在の中国でも地方から都会へ出稼ぎに行くケースが多いでしょうが、当時の成長する日本経済の底辺は、家族を現地に残し地方から出てきた人々が支えていたのです。本当の経済とはこれなのだ。こういう真実を書いて、みんなに読んで貰えたらうれしい。それが新聞記者、特に経済記者を志望した直接のきっかけです。

 日本経済新聞の記者を受験して合格したのが、1964年、ちょうど東京オリンピックの年でした。中国の北京オリンピックは昨年でした。オリンピックの開催は国の勢いがある年だなあ、というのが実感です。日本経済新聞というのは、中国に似たような新聞はないと思います。経済紙でありながら社会や文化もきちんと報道する。しかし、全体のトーンは経済に置いて、日本経済および世界経済の発展につながるニュースを大切にする。米国のウオールストリート・ジャーナルと英国のフアイナンシャル・タイムスを目標にしていますし、事実、提携関係を結んでいます。


≪続く…≫




新井淳一さん略歴

1940年、仙台市生まれ。東大経済学部を卒業後、日本経済新聞社に入社。金融担に始まり通商政策、外交、景気、財政などを担当、1975年にNY特派員。帰国後は雑誌編集・編集局経済部長・東京本社編集局長を歴任、2008年、代表取締役で日経を退社。現在は社団法人日本経済研究センターの会長を務める。日本雲南聯誼協会会員

コメントする
コメント