CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

コミュニティカフェゆめたいさんの画像
カテゴリー
<< 2016年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
tanaka
外国語の絵本フェア (07/06) tanaka
あみあみワークショップ (04/10) 拓也
「えぼし麻呂」に会ったぞよ (10/16) ゆめたいスタッフ
なつかしい故郷の味 (02/17) (有)神田葡萄園
なつかしい故郷の味 (02/15) ゆめたいスタッフ
「やさしいフラワーアレンジメント教室」 (01/29) 斎藤
「やさしいフラワーアレンジメント教室」 (01/23) ゆめたいスタッフ
クリスマスの余韻 (01/15) ゆめたいスタッフ
新年のご挨拶 (01/15) 斎藤 由紀子
クリスマスの余韻 (01/06)
リンク集



おかげさまで 7周年



小箱ショップとカフェをご利用いただいたお客さまに感謝をこめて

ささやかですが小さなプレゼントをさしあげています黒ハート



黒豆きなこあん [2016年12月02日(Fri)]

期間限定のたい焼き情報です!

昨日から発売中の「黒豆きなこあん たい焼き」
DSC01755.JPG

黒く見えるのが黒豆でして、

黒豆ってこんな味だったのかぁ…香ばしいな…ふむふむ

とか思いながらいただきました。

あんこがきな粉味でした。



たい焼きはやっぱり「つぶあん」だと思ってますが、

たまにはこんな味もありでしょう。。。


(ゆめたいでイートインなら麦茶サービス中)




「益城町復興サイダー」 [2016年11月21日(Mon)]

予報どおり、3時過ぎから冷たい雨になりました。

昨日はあんなに暖かかったのに。。。冷えてきそうです。
晩ごはんは、あったまるものにしよう!



さて、復興支援小箱コーナーは、今、熊本大地震の被災地を応援しています。
DSC01723.JPG

4月におきた「熊本大地震」・・・

熊本市の東方にある「益城町(ましきまち)」は大きな被害を受けました。

給食センターが倒壊して、子どもたちの給食がつくれなくなり、
代わりに宅配弁当が提供されているそうです。
宅配弁当は給食ほど安価ではないため、各家庭の負担が大きくなっています。
子どもたちの自宅だってもちろん被災しているはずなのに・・・

そこで、
地元スーパーが「サイダー」を売り出すことになりました。

サイダーの売り上げの一部(1本あたり10円)が、
益城町の子どもたちの給食費にあてられるそうですよ。

その「益城町復興サイダー」を、ゆめたいでも販売中!




地震からもうすでに半年がたちましたが、復興の道のりはまだまだ続いています。。。
小さな小さな応援ですが、わたしたちも続けます。










7周年を迎えました [2016年11月14日(Mon)]

ブログはだいぶご無沙汰しておりましたが…

コミュニティカフェゆめたいは、おかげさまで7周年を迎えました。

小箱ショップ&カフェの店番スタッフは10名を超えました。
たくさんの方のご協力をいただいて活動をつづけています。
スタッフはそれぞれ忙しい中で参加していますので、
停滞気味な分野の活動もありますが、
仲間をふやす活動もこれから少しずつ始めたいと思っています。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。



7周年記念として、
小箱ショップとカフェをご利用いたただいたお客さまに感謝の気持ちをこめて、
ささやかですが小さなプレゼントを差し上げています。

今年のプレゼントは、昨年に引き続き「ブルーベリー」さんのクッキーです。
「おさかな(鯛)」の形のクッキーをお願いしてみました。。。
(ブルーベリーさん、ムチャぶりごめんなさい〜)

で、届いたクッキーが カワ(・∀・)イイ!!
DSC01719.JPG

ちゃんと「おさかな」ですね〜。
ちょっと細身のイワシっぽいのもありますが(笑)
プレーンとココアの2色です。もちろん美味しい!
なくなり次第終了なので、どうぞお早めにご来店ください。

お待ちしています!




干しほや [2016年03月15日(Tue)]

スタッフKです。
今日は復興支援小箱の品物に値札をつけました。

「復興支援小箱ショップ」は東北の美味しいものを紹介する活動なのですが、
品物選びはけっこう悩みます。

帰省した時に購入したりネット通販で探したり、
茅ヶ崎ではあまり手に入らない珍しいものを探すことが多いのですが・・・

ほや って、ご存知ですか?

海のパイナップル?? 生臭い?
たしか魚屋さんの店先でバケツに入ったものを見た記憶があります。
なんとも形容しがたい物体(生き物)ですよね。

「売れないよ〜」「ニオイが苦手」
そんな声も聞かれたので候補から外れたはずなのですが、
週末にたまたま 気仙沼の物産展 に遭遇してしまいました。
そして出逢ってしまったんです「ほや」に。

大きな被害を受けた宮城県沿岸部の海の産業が、少しずつ再開されているのですね。
(取引先がなくなってしまって、とてもご苦労されているようですが)

お酒に合うという「干しほや」5つ仕入れてみました。



で、なんと今日、
ご婦人が1つお買い上げ!!!

 「主人が好物なの」 
 「なかなか売っていないから、出会えてよかったわ〜」

かなり喜んでいただきましたよ。

わぉぉ〜 勇気を出して買ってよかった。。。(ホッ)


チャレンジしてみます?(笑)
あと4つありますよ〜!



5年目の3月11日に思うこと [2016年03月15日(Tue)]

「東日本大震災」から5年・・・ 
    今、私たちに何ができるのでしょう。


あの日、東北沿岸に何が起きていたのかすぐにはわかりませんでした。
そして時間の経過とともに判明する想像を絶する被害に言葉を失いました。

警察庁と復興庁の発表によると、

   亡くなられた方 1万 5894人
   行方不明の方     2561人
   避難されている方 17万 4471人


3月11日が近づくと震災関連の報道が多くなります。
現在も大きな悲しみや苦しみの中にいる方がいらっしゃること、
なかなか進まない復興、
その中で明るく生活する方々の姿、
メディアが取り上げる「被災地の今」にがっかりしたりホッとしたり・・・

ただ、こんなに大きく報道される「震災」も、現在進行形の「原発の事故」でさえ、
実際にその場に居合わせる体験をしていない私は、
日々の生活を送るうちにどこか遠い世界の出来事のように感じることに気づくのです。
この小さな国の中で起きている出来事なのに・・・
「忘れる」ということに恐ろしさを感じます。



今、自分はなにができるのか考えます。
「知る」そして「想像する」「考える」ことを続けようと思います。
目先の損得を優先させるのではなく、よく考え行動しようと思います。
ちょっとだけ自分の欲や目先の損得を優先させるのをやめて行動することを続けられたら、
きっと豊かなで安心して暮らせる世界をつくることができると信じます。





  コミュニティカフェゆめたいは、

      東北のおいしいものを紹介し復興を応援します。









「猫の日」イベントレポート [2016年02月29日(Mon)]

「気まぐれ猫フェア」は、
はじめ「ゆめほん小箱」で猫の絵本を集めて販売する、というものでした。

   「ゆめほん小箱」・・・コミュニティカフェゆめたい自主企画。
            NPO法人セカンドブックアーチさんから提供していただいた
            リサイクル絵本を小箱ショップの一角で販売しています。


計画を進めていくうちに、絵本だけでなくほかの猫モノも集められないかな〜と、
猫好きなスタッフたちの話はどんどん盛り上がり・・・
IMG_0540 (2).jpg

なんと、「猫の日」にはデッキも店内も猫モノだらけ!!

DSC01490.JPG

小箱ショップのオーナーさんが猫作品を持ち寄ってくださったり、
コレクションしていた猫グッズを提供してくださる方がいらっしゃったりして、
猫好きなにはたまらない(笑)素敵なイベントになりました。


 「猫耳カチューシャ」     すっごく可愛い〜ハートたち(複数ハート)
DSC01503.png
ゆめたいワークパートナーのTさんがお子さんと作ってくれました。


小箱ショップのオーナーさんも
お子さんと一緒に遊びに来てくれましたよ。
DSC01509.JPG
             「猫耳」サイコーに似合うね〜黒ハート



「猫の日」は平日(月曜)だったのですが、
イベントを楽しみにしてくださった方が多数ご来店くださって、店内は終日大にぎわいでした。小箱ショップ作品もたくさんお買い上げいただきましたよ。(売上新記録かもぴかぴか(新しい)

(にぎやかな写真がない・・・)


店内壁面には、
子どもたちが折り紙でつくった にゃんこ がいっぱい!
MA330403 (2) のコピー.jpg
しばらく展示しておくことにします。



イベントをするためには、いろいろな準備や経費が必要です。
今回も、担当スタッフが何度も集まって相談したり、チラシを作って配ったり・・・
準備には時間も手間もけっこうかかりました。
いろいろな人が関わってイベントをしようとするとその手間はさらに増えてくるのですが、
そのぶんだけたくさんの方が楽しい時間を過ごせるはず、そう信じて活動しています。

ご協力いただいた小箱ショップのオーナーさん、
足を運んでくださったお客さま、
本当にありがとうございました。





スタッフの皆さん、おつかれさまでしたニャン。






〜 気まぐれ猫フェア 〜 [2016年02月22日(Mon)]

「空前の猫ブーム」やら「ネコノミクス」やらとだいぶ話題になっていますが、
2月22日は日本全国「猫の日」でございました。

そして、ゆめたいでも・・・ ただ今、絶賛開催中!
気まぐれ猫フェア.jpg


小箱ショップにもにゃんこ作品がたくさん集まりましたよ。
DSC01454.jpg

DSC01493.jpg

DSC01499.jpg

たい焼き屋さん側の入口から入って目の前に、
にゃんこ作品をピックアップして展示しました。
オーナーさんが、猫フェアのために制作してくださった作品もありますよ。
オリジナルの一点物ばかりなので、お求めはお早めにどうぞ〜。


「猫の日」のにゃんにゃんマーケットの様子は、あらためてレポートしますね。




〜 クリスマスローズ 〜 [2016年02月12日(Fri)]

お近くにお住まいの方が、
手作りされた「クリスマスローズ」の苗をデッキで販売されます。

DSCN9846.png

寒い季節に健気に咲く花は、うつむき加減で清楚な印象です。
今とても人気がある植物ですよね。
でも、花が咲くまでに3年ほどかかるということで、
園芸店ではそれなりの高価なお値段で販売されているのですが。。。

IMG_0428 のコピー.jpg【前回の様子】
                 
花の付いているものが 500円 〜 という値段設定。安い!
花の付いていないものは、なんと 100円 〜 150円 です。(花は来冬以降のお楽しみ)
クリスマスローズ初心者も気軽に挑戦できるお値段ですね。



2回目の販売日は、13 日(です。
暖かくなりそうなので、お散歩の途中にぜひお立ち寄りください!









春の休日はシルバーアクセサリー作り [2016年02月03日(Wed)]

小箱ショップオーナーさん主催のイベントのご紹介です。

 DSC01489.JPG

焼くと銀になる不思議な粘土で、
クールな印象のシルバーアクセサリーを手作りしちゃいませんか。

【日 時】  月  日(  @ 10:00 〜 12:00 A 13:00 〜 15:00

     * 準備や設備の都合上 定員がありますので、ご予約をおすすめします。

【体験費】 2,000円(材料費・講師料)

【教える人】小箱ショップ「JueとJulie」オーナー 大羽寿絵さん(銀粘土技能士)

【申込先】 コミュニティカフェゆめたい 0467-84-1877
          または 
      大羽さんのメールアドレス 2j2uli2e@gmail.com



今回モチーフにするのは「ナチュラルリーフ」・・・葉っぱですね!
葉脈を銀粘土に写し取って焼きあげます。
繊細な模様がくっきり写せるんですよ〜。スゴい!
同じように作っても、模様の出方は焼いてみないとわからないそうです。
世界に1つだけのオリジナルアクセサリーを作りながら、春の休日を過ごしませんか?

 出来上がりはこんな感じ。
 DSC01488.JPG

 DSC01485.JPG

金具(カニカン)を付けていただけるので、
すぐにペンダントやストラップにして楽しめます。(注意:チェーンは含まれません)




電動ミル と ダージリン [2016年01月28日(Thu)]

電動コーヒーミルが新しくなりました!
DSC01450.JPG

以前と同タイプのものなんですけどね。
豆を購入している「湘南珈琲」さんからお借りしています。

でも、さすが刃(?)が違う!?
スムーズで速い!! 
豆の挽き具合も均一な感じです。
丁寧にハンドドリップして淹れたコーヒーは、とってもマイルドですよるんるん



そして、紅茶はこちらを使用中。
DSC01452.JPG

「フェアトレードの紅茶」です。

フェアトレードとは、開発途上国の原料や製品を適正な価格で継続的に購入することにより、立場の弱い開発途上国の生産者や労働者の生活改善と自立を目指ざす「貿易のしくみ」を いいます。
【特定非営利活動法人フェアトレード・ラベル・ジャパン ホームページより】


売り上げの一部が、茶園で働く人々のために使われているそうですよ。
(学校や医療施設、託児所の整備など)

ポットサービスでカップ2杯分のご提供です。
紅茶の香りに癒されながら、小さな社会貢献をしませんか。







| 次へ