CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

幸重社会福祉士事務所ぼちぼち日記

独立型社会福祉士事務所の日常をぼちぼち報告しています。


最新ブログ投稿
NEW 最新20件の表示
ブログカテゴリ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
NEW 最新30日の表示
シンポジウムでの報告 [2013年10月17日(Thu)]
9月23日(月・祝)に行われた、佛教大学福祉教育開発センターシンポジウム/同窓ネットワーク 夏季大学合同企画 「見えない貧困と向き合う」の第2部 パネルディスカッションで幸重さんが報告をしました。

第1部の「働くことと生きることー格差社会ー」の講演は、
雨宮 処凛さんと佛教大学卒業生の方との鼎談方式で行われました。

hinkon01.jpg

雨宮 処凛さんの「人に迷惑をかけておくほうが、人に迷惑をかけられやすくなる」という言葉が印象に残りました。
「がんばらなくてもいい場所があるから、頑張れる」というお話もあって、この事務所が地域の方にとって頑張らなくてもいい場所になれたらいいなと思いました。

第2部のパネルディスカッションは
「見えない貧困と向き合う ―子ども・若者・女性の貧困に私たちは何ができるのか―」がテーマでした。
コーディネーターは
加美 嘉史先生(佛教大学社会福祉学部准教授)
報告者は
中野 加奈子さん
(財団法人ソーシャルサービス協会 ワークセンター訪問相談員)
川久保 尭弘さん(NPO法人POSSE京都支部 代表)
幸重 忠孝(当事務所代表)でした。

hinkon03.jpg

多面的な角度から貧困のお話を聞くことができました。

私は山科醍醐こどものひろばの村井さんがやっておられた、書籍や活動に対するご寄付をいただくブースをお手伝いさせていただきました。
ゆっきーさんのお話を聞き、子どもの貧困に関心を持って、ブースに訪れてくださる方に多く出会えたので嬉しかったです。

様々な取り組みに関わっておられる方や先生方とお会いすることができたので、これからもつながり続けたいです。
私のことをブログで知ってくださっていた方もおられ、驚きました。
これからもよろしくお願いします!

すごくアットホームなシンポジウムで、わきあいあいとした雰囲気でした。
(とみか)
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。

この記事へのトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/898236
コメント
<< 2016年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
書籍のごあんない
book01.png
第1部
「こどもの貧困課題への挑戦」
幸重忠孝 執筆ペン
プロフィール

幸重さんの画像
ぼちぼち日記サーチ
検索語句
http://blog.canpan.info/yukishige/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/yukishige/index2_0.xml