CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« プログラム | Main | 地域資源»
湯原っしぃ2012  ガイドブックが出来ました!! [2012年09月02日(Sun)]
湯原っしぃ2012  ガイドブック

表紙は昨年から引き続き”はんざき”!!

A2サイズを十字折にしてA4サイズに
もうひとつ折ってA5サイズに、バックにやさしく収まります。
広げると全プログラムが一目で見る事ができます。

ご希望の方は下記、湯原っしぃ事務局までお電話ください。

0867-62-3485  湯原温泉ミュージアム内 受付10:00〜18:00 水曜休館日

DSC_1725.JPG
ガイドブックを配りながら・・・ [2011年10月04日(Tue)]
ドキドキ大 
 先週の土曜日から出来立てのガイドブックを真庭市内各地へお届けしています走る 
 土曜日は落合地区でこの度のガイドブックのデザインをフォローしてもらった坂手さんがお供してくださり・・ジェラートの醍醐桜さん アポロ美容室さん ソレイユさん ケーキ屋さん ユアサ薬局さん どちらも湯原っしぃの趣旨に共感いただいてガイドブックを置いてくださっています。 

 日曜日は勝山のてあさん ひのき草木染め工房さん カフェうえのだん 真庭観光連盟 久世の焼肉南大門さん イルターボロさん 本当にどちらも気持ちの良い方ばっかりでしたラブ 当初数人で思いをすり合わせた「湯原っしぃ」ですが、プログラムを作ってくださったパートナーさん ガイドブックを置いてくださるお店の皆さんへと・・どんどんその思いの輪は広がっています拍手 また日ごとに責任の重さも感じています 参加できて良かった 新しい仲間が出来て良かった 心よりそう思っています
  今日はここまでにいたします    おかみちゃんでしたウサギ
公式ガイドブック完成! [2011年09月30日(Fri)]
こんばんは。
湯原っしぃ事務局の石賀です。

長い時間と労力を積み重ね、湯原っしぃの各プログラムを紹介する公式ガイドブックがついに完成しました!!

実行委員をはじめ、多くの皆さんの協力をいただき出来上がったものは、やはり嬉しいもので愛着が湧きます。

ひとまず、関係者でガイドブックを手に持って完成を祝いました。


これからプログラムに参加いただける方を募るためにもガイドブックを多くの方に届けなければ!
頑張りましょう!
ガイドブックも大詰めに! [2011年08月23日(Tue)]
   

  湯原っしぃ実行委員会 委員長をしている上塩浩子と申しますラブ  ここへは初めて書かせていただくので少々緊張気味の私 困った  なんてったって委員長ですから! 

  この会は湯原のあっちやこっちにある”湯原らしいほんまもんの景色や歴史・文化・自然”をたくさん見つけ、各地で元気いっぱいに暮らしている老若男女に光を当てよう拍手という活動です。 体験プログラムや活動を続けているうちに、地元が大好きな人が増え・・ドキドキ大 

 やがて・・この地区の人口が増加に転じたらいうこと無いっす〓   そんなこんなで・・・ただいまは10月22日から11月13日までのオンパク「湯原っしぃ」の公式ガイドブックを作るのにてんやわんやしています怒り

 従来 町づくりのメンバーは各種団体の役員さんが名を連ねますが・・この会はそうじゃありませんびっくり  

  湯原温泉がありながら・・宿屋は私だけで、後はトマトと映画を作っている山崎君カメラと新聞屋さんの福ちゃん手紙・エコのお仕事をしているやまぐっちゃんサボテンに家具作りの元井ご夫婦・そして子育てママの朋ちゃんとみなみちゃん桃太郎 観光協会の伴ちゃん 旅館組合のしらちゃん音符 ちんどんの樋口さん〓
 みんなユーモアいっぱい元気と町づくりに思いのあるメンバーが自分の意思で参加していますドキドキ大

  そうそう忘れてはならないのが湯原支局の石賀君走る 前を向いて走りっぱなしの純粋な青年で・・彼の町づくりへの思いにみんな重い腰をあげたのかもしれませんね・・・
 う〜ん それに違いないぞ太陽

 委員長としましては・・こんな個性いっぱいの皆さんを束ねられるわけもなく、学ばせてもらうこともたくさん 一緒に歩もうと頑張っています。 時には議論で盛り上がります 時に感無量 
時にイライラ・・・ 
 でも本当に楽しんでます 仕事の後に集まって深夜まで会議もありますが・・みんなとなら乗り越えられそう そんな予感です。 まもなくプログラムも発表 1つずつ紹介してまいりま〜す。
 どうぞお楽しみに音符
 
 人間って面白いですね笑い
ガイドブックチーム [2011年08月01日(Mon)]
7月29日に想いの大筋をかたちにしたガイドブックチーム
今日も、またまた熱い意見が飛び交います。
つぎつぎと湧き出るアイディア!!完成が楽しみです。