CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

防災減災危機管理アドバイザー 学校防災 地域防災 吉田亮一 Disaster prevention adviser Ryoichi Yoshida

防災減災アドバイザー 学校防災 地域防災の経験と体験を講師として全国へ。平成18年から平成23年まで地域防災リーダの経験と実績・3・11の東日本大震災では避難所の責任者として小学生・中学生・高校生と様々な役割をこなした。学校防災と地域防災の経験と実績を全国の方々にお伝えし、今後の防災に協力をして行きたいとの、思いからYY防災ネットを立ち上げ防災応援プロジェクトを開始し、全国の自治会・町内会・小学校・中学校・高校へ講演・防災授業など、様々な活動をして行きたいと思います。
又、平成21年から27年まで総務省消防庁宮城県防災アドバイザーへ登録し、全国都道府県市町村の危機管理課よりご依頼を頂いています。
平成24年からは文部科学省実践的防災教育支援事業で全国の教育委員会からご依頼を頂いています。
又、全国で東日本大震災指定避難所の再現をしています。企画・計画から全て経験体験からの再現をいたします。

連絡先
メール ohisamaryouichi@if-n.ne.jp
電 話 022-281-0517
090-1937-9545
※非通知設定。
※部署名・担当者名でお願い致します。
※こちらから、即時ご連絡を致します。



<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
学校防災 文部科学省実践的防災教育総合支援事業
平成27年度もご依頼を頂いています。 (04/05)
自然災害 [2016年09月27日(Tue)]
自然災害を人災せ変えては成らない。
自然災害へは危機感と想定以上の備えが必要。


自然災害とは [2016年08月22日(Mon)]
自然災害はまさかが現実に起こる事も。大丈夫・心配し過ぎが危険。
危機感と想定以上の備えが自然災害に勝つ方法。
地震災害と気候 [2012年01月13日(Fri)]
地震は天候・季節を選びません。                             東日本大震災直後に雪がふり、気温も氷点下に成った地域も有りました。  
防災備品の備蓄も様々な天候や季節を考え準備をお願いします。
○吹雪・大雪の時に地震が発生したら。
○雨・大雨の時に地震が発生したら。
○台風の時に地震が発生したら。
災害から身を守るには。 [2011年09月03日(Sat)]
災害から身を守るには、危機感を持つ事が大切です。最近は五十年生きてきましたが、こんな事は初めてとか。人生初めてとか。とゆう話を、よく耳にしますが、そうゆう時代なのかもしれません。とにかく災害から身を守るには危機感をもち、いち早い避難をお願いします。大丈夫、まさかは、危機感が無い証拠です。
災害の備えとは。 [2011年08月25日(Thu)]
災害への備えは、速攻性の有る物を選びましょう。炊き出し用セットの燃料は、備蓄可能な物を。発電機は家庭医療器具やパソコンなどが使える物を。灯光機は、防水でスタンド式を。
けが人搬送用品は、重傷用と軽傷用の二種類を。担架は重傷者用、車椅子は軽傷者用。
情報連絡用品は、無線機がベスト(無線機の購入前に、使用する地域内でテストが必要。アフターケアーも重要)。
プロフィール

防災減災危機管理学校地域防災アドバイザーさんの画像
防災減災危機管理学校地域防災アドバイザー
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/youich/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/youich/index2_0.xml