CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

防災減災危機管理アドバイザー 学校防災 地域防災 吉田亮一 Disaster prevention adviser Ryoichi Yoshida

防災減災アドバイザー 学校防災 地域防災の経験と体験を講師として全国へ。平成18年から平成23年まで地域防災リーダの経験と実績・3・11の東日本大震災では避難所の責任者として小学生・中学生・高校生と様々な役割をこなした。学校防災と地域防災の経験と実績を全国の方々にお伝えし、今後の防災に協力をして行きたいとの、思いからYY防災ネットを立ち上げ防災応援プロジェクトを開始し、全国の自治会・町内会・小学校・中学校・高校へ講演・防災授業など、様々な活動をして行きたいと思います。
又、平成21年から27年まで総務省消防庁宮城県防災アドバイザーへ登録し、全国都道府県市町村の危機管理課よりご依頼を頂いています。
平成24年からは文部科学省実践的防災教育支援事業で全国の教育委員会からご依頼を頂いています。
又、全国で東日本大震災指定避難所の再現をしています。企画・計画から全て経験体験からの再現をいたします。

ジュニア防災リーダー育成事業のお知らせ
YY防災では2017年からジュニア防災リーダーを募集しています。
ジュニア防災リーダーとして語り部として体験を伝えて頂きます。
詳しくは下記の連絡先までお願いします。

連絡先
メール ohisamaryouichi@if-n.ne.jp
電 話 022-281-0517
090-1937-9545
※非通知設定。
※部署名・担当者名でお願い致します。
※こちらから、即時ご連絡を致します。



<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
学校防災 文部科学省実践的防災教育総合支援事業
平成27年度もご依頼を頂いています。 (04/05)
共助 [2016年04月19日(Tue)]
防災での共助。
地域防災訓練へは地域全世帯が参加を。
防災訓練の方法。
各家庭(家)から右矢印1一時避難場所(地域の公園)右矢印1指定避難所(学校)。

@家庭(家)
○身の安全確保。
○家族の安否確認。
○避難の準備。
○家族全員で避難を開始。

A一時避難場所(地域の公園)
○地域の安否確認る
○地域の被害状況の収集。
○指定避難所開設の報告を待つ。
○指定避難所開設の報告で避難を開始。

B指定避難所
○開設・設営・運営。

共助 [2016年04月19日(Tue)]
防災の共助とは地域全世帯で理解と協力で行う。
平成18年から5年間で行った共助と備え。
防災用品の購入と備蓄。
○インバーター付き発電機2台・ハロゲン投光器4機・業務用無線機5台
○テント二間×一・五間非1張り・アルミリヤカー1台
○ブルーシート10枚・車椅子2台・介護用トイレ2台
○飲料水・食品・炊き出し用品・薪・救急用品
○ヘルメット・ブルゾン・メガホン
○その他
※全て集会場倉庫へ備蓄。
※経費は全て町内会で。
プロフィール

防災減災危機管理学校地域防災アドバイザーさんの画像
防災減災危機管理学校地域防災アドバイザー
プロフィール
ブログ
リンク集
http://blog.canpan.info/youich/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/youich/index2_0.xml